注目の情報

問題:あなたは「A・B・C・D」のうちどこでこの株を買いますか?
大して期待はしないが、このシンプルな問題に対して正しい答えが出せる人はいったいどのくらいいるだろう。圧倒的多数派の投資家は、いつもスッ高値ばかり掴んでしまう典型的な負けパターンで損をしているのだから。