※表示画像は掲載記事と関連性がない場合があります。
  • 白い鴨
    2017/11/19 20:38:58 http://blog.goo.ne.jp/hahananakoko/e/f19e82fb61f9a5de3b04fa303b72b81b?… 何かをすてて 何かをひらおう 毎日楽しく。
    昨夜テレビを観ていると、栗林公園に白い鴨が飛来していてるというニュース。好奇心旺盛の私は早速栗林公園に行く。 公園の紅葉は始まったばかり。例年に比べて、鴨の数もまだ少ない。薄く紅葉した樹々の間から鴨が…
  • 古いポスト
    2017/11/19 19:04:46 http://nekomati.blog50.fc2.com/blog-entry-5300.html 猫まち
    もう使われていない、近所のポスト。こういうのって普通は撤去されるんじゃないかと思うんだけど、なぜこうして残っているのかは知らない。うっかり誰か間違えて投函しちゃったりしないんだろうか……
  • 直虎が竜宮小僧になる時四十四
    2017/11/19 17:35:11 http://blog.goo.ne.jp/7u6n4c1h4a9n7/e/2c60fbca235544616f02a0a0f7819022… kohは今日も元気です
    ? ?第44回 井伊谷のばら ? ? 直虎の母、祐椿尼さんにもいよいよの時が? ? これまで、何人もの大切な人を送ってきた直虎 母の死はあまりにも大きな悲しみになったはず ? 直虎は今まで何の親孝行も…
    オススメ!
  • 陶芸教室作品展 平成29年度
    2017/11/19 14:16:17 http://blog.goo.ne.jp/yonemaro1151/e/98538f624adc5580cb28d0c8f82727c9?… 写真詩歌集 雪割一華(ゆきわりいちげ)
    <陶芸教室作品展 平成29年度> 陶芸教室 今日の釉薬掛けで平成29年度の教室を終わる。あとは12月の作品展のみ 来年も抽選が当たれば参加したいとおもう。 今年の作品展のはがきとポスターをつくったので…
    オススメ!
  • 尾羽をうまく使い
    2017/11/19 14:08:54 http://www.hodaka.org/archives/11798 一日一句 奈良暮らしから
    小春日の鳶に気流ありにけり 風ひとつない頭上に鳶が輪を描いている。 どうやら、そこには鳶を舞い上げる気流がのぼっているらしい。 意外に低い位置で、様子は下からもよく見える。翼を広げたまま尾羽をひらひら…
  • 句集紹介〜残像
    2017/11/19 13:32:57 http://blog.goo.ne.jp/kyouen01/e/e53d75277262df018213bdde486f4054?fm=r… 俳女モニカの俳句日和
    少し前のブログでもご紹介しました 響焔60周年記念の刊行物「ポケット版響焔句集」 私の他に3名の方が名乗りを上げて 同時に出来上がりました 送って頂きました句集から順番に 少しだけご紹介いたします (…
    オススメ!
  • 振り向けば今来し山の大銀杏
    2017/11/19 12:12:10 http://konkon2.hama1.jp/e1557891.html ひびく
    昨日は雨を覚悟して臨んだマラニックでしが、今にも泣きだしそうな天気が最後まで持ちました。 「山北スカイロードマラニック」の句 ?SLの鉄路に桜紅葉かな ?実南天 古刹に祈る空模様 ?靴紐を直しピークへ…
    オススメ!
  • 松葉蟹
    2017/11/19 09:51:28 https://plaza.rakuten.co.jp/turu819/diary/201711190000/ 四季折々(俳句)
    一般にはずわい蟹で知られているが、越前では越前蟹、山陰では松葉蟹と呼ばれている。写真の蟹は松葉蟹の親蟹(越前ではせいこ蟹)で、主に蟹味噌を味わう。写真の親蟹は調布のパ...
    オススメ!
  • 第五段 薫、明石中宮に対面
    2017/11/19 09:50:42 http://ikaru-uta.blog.jp/archives/73238363.html 源氏物語 ・ おもしろ読み
    【現代語訳】 その日は過ごして、翌朝に大宮に参上なさる。いつものように、宮もいらっしゃった。丁子色に深く染めた薄物の単衣を、濃い縹色の直衣の下に召していらっしゃったのが、たいそう好い感じである。女宮の…
  • 大事なトキメキ
    2017/11/19 08:59:21 https://blogs.yahoo.co.jp/baronwitty/65834676.html 三猿の川柳プラスα
    久しぶりで会った友達が、これから若い女性とデートだと言う。「お前まだそんなことやってるのか」と言えば、「オレたちの歳じゃ、ほとんどが若い女性だからな」と答える。若い女性とデートと言えば聞こえがいいが、…
    オススメ!
  • (今日の短歌)日曜の朝に
    2017/11/19 08:14:43 https://inosann1.blog.fc2.com/blog-entry-391.html 定年退職後の暮らし(時々短歌と時々就活)
    秒針がチクタクの音に伝え来る人生の重さ 日曜の朝に日曜の朝は静かです、テレビもつけていないと秒針の音がズシリズシリと響いて来ました
    オススメ!
  • 鱈/今日の俳句 ≪第2690号≫
    2017/11/19 07:26:52 http://blog.goo.ne.jp/snzekoyoushi/e/968605b090bd0ece21f33a90240fc475?… 三世の四季
    ≪2017年(平成29年)11月19日(日)≫(旧暦10/2) 鱈食へば下北半島吹雪くかな 草間時彦 塩鱈を真水にもどす月あかり 保坂敏子 子持鱈口閉ぢ雄鱈口開く 右城暮石 はらら子のこぼるるもあり鱈…
  • 整髪料
    2017/11/19 07:11:05 http://takamathika7.blog.fc2.com/blog-entry-42.html 白玉楼への一里塚
    初雪や ポマードを三本指で季語:初雪寒さが身に沁みる今日この頃…というより、今日があまりに寒すぎて、なんとせっかくの日曜日に5時に目が覚めてしまいました。あまりに癪だったものですから、予定外にも句作を…
  • 11月の句会 メンバーの1句
    2017/11/19 07:00:49 http://azabu575.blog.jp/archives/5354009.html 麻布俳句教室
    11日に開催した11月の句会。今日はメンバーの句をご紹介します。吟行地は、国立科学博物館附属自然教育園。兼題は、紅葉且つ散る と 下り簗 でした。いずれの兼題も「なかなか難しかったです」(香深弁)。で…
  • 落ち葉の詩
    2017/11/19 06:30:00 http://blog.goo.ne.jp/yonemaro1151/e/b7760603a153279b9f3a3e79be389a15?… 写真詩歌集 雪割一華(ゆきわりいちげ)
    <落ち葉の詩> おはよう地球。寒い朝・・・ 桜の落ち葉がすいばの寝床でふわりと眠っている。その鮮やかな色は勝手の美しい 時をほうふつとさせ未だその色気を保っている。きっとみんなに愛され、みんなを 愛し…
  • 万葉短歌2657 神なびに2469
    2017/11/19 06:00:00 http://blog.goo.ne.jp/yjm840/e/eb9d54e1d42758b6ea5cc494976b3255?fm=rss 万葉短歌-悠山人編
    2017-1119-man2657万葉短歌2657 神なびに2469 神なびに ひもろき立てて 斎へども人の心は まもりあへぬもの ○ 2469 万葉短歌2657 ShuF300 2017-1119-…
  • 人生は予測不能*19/11/17
    2017/11/19 06:00:00 http://blog.livedoor.jp/livedaiza_101918aiza/archives/73507590.html Hike de 俳句
    ■返り花 人生何が起こるやら ………… かえりばな じんせいなにがおこるやら No.1022 ………… ◆ジャズ・ピアニスト"松居慶子"…。先日、彼女を描いた(?!)素晴らしい番組にインパクトを受けた…
    オススメ!
  • 11月18日(土)のつぶやき
    2017/11/19 03:55:48 http://blog.goo.ne.jp/awa1993/e/5a520ff840134741ae1befa748fa83b0?fm=rs… 阿波の局のブログ
    コウノドリで描かれていることは、ほとんど現実。 他の医療ドラマと違って、文句をつける部分がほとんどない。 ? 産婦人科医 (@syutoken_sanka) 2017年11月17日 - 22:07 【…
  • 回文は行く その四千三百八十六
    2017/11/19 01:06:50 http://blog.goo.ne.jp/gororin_1956/e/4747500b0ddb725b3c5560eece7d8c17?… 死んだら談志
    凍て滝西から笑かしに来た態
  • 告白
    2017/11/19 00:37:59 http://blog.goo.ne.jp/kyouen01/e/9c9ff8da5107b9485f4e48ec70b2255a?fm=r… 俳女モニカの俳句日和
    季節はずれですみません
  • シューベルトの絶望の果てに まだつづく ・・・
    2017/11/19 00:00:43 http://blog.livedoor.jp/rh1-manyo/archives/52458555.html 万葉歳時記 一日一葉
    【旧 十月二日 大安】立冬・金盞香(きんせんかさく) 1797年、オーストリア、ウィーン郊外のリヒテンタールに生まれシューベルトがベートーヴェンに初めて逢ったのは25歳の時。ベートーヴェンはシューベル…
    オススメ!
  • カラマツと白樺と空・・・by 空倶楽部
    2017/11/19 00:00:20 http://syouko.3rin.net/%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%88%E4%BF%B3%E5%8F%A520… 笑子のフォト俳句ブログ
    冬に入る旅のパンフの色映えて 笑子 ふゆにいるたびのぱんふのいろはえて 11月5日 13:00ごろ 八千穂高原 「9」が付く日に空の写真をアップしています詳しくは・・・かず某さん、chacha○さん …
    オススメ!
  • 街灯
    2017/11/19 00:00:00 http://blog.livedoor.jp/taiga_renka/archives/52084765.html アイジンキシツ
    寒がりのスノーマンだねマフラーと手袋をして街灯の下まだ11月の半ばなのに完全防備なんて早くない?私より寒がりだったんだね、知らなかったよ。怪しい画像ではありません。人気ブログランキング参加中。ワンクリ…
    オススメ!
  • 冬菊
    2017/11/18 23:58:00 http://blue.ap.teacup.com/819maker/3502.html 俳句の風景
    [画像] 冬菊に自転車止めて眩しみぬ [にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ] [画像] キク科の多年草。 [画像] 普通種の遅咲きのものをいう。 [画像] 寒菊とは別。 [画像] 〈冬菊のまとふはお…
    オススメ!
  • 銀杏黄葉
    2017/11/18 23:29:33 http://blog.goo.ne.jp/kanekuti3515/e/a554269587de7e6fcce7585de547c84d?… ちわきの俳句の部屋
    今日はまた一段と寒い日で、木枯しが街路樹の銀杏の葉をはらはらと散らし、そのうち黄色の絨毯を敷き詰めることでしょう。 今日は本当に忙しい1日でした。まず午前中は明日の文化祭のための展示準備に行き、帰りは…
  • お久しぶり
    2017/11/18 22:00:00 http://shinkatanka.blog.fc2.com/blog-entry-1135.html 歌をしるべに −短歌で綴る迷い道−
    【数か月クローゼットに押し込まれ思い出してはもらえぬセーター】一気に冷え込んだので着るものに困りクローゼットをあさる。何を着たらいいのかわからないまま引っ張り出して、そういやこんなのあったなぁ、なんて…
  • 惑わされるもの
    2017/11/18 20:01:14 http://www.hodaka.org/archives/11795 一日一句 奈良暮らしから
    無惨でもあり麗人の木の葉髪 見なかったふりもはばかり木の葉髪 会釈などで思わず目に止まる景色。 これが麗婦人ならば、もう気が動転してしまっていけない。 何も見なかった顔して話を続けてみても、ちっとも身…
  • 回文は行く その四千三百八十五
    2017/11/18 19:50:48 http://blog.goo.ne.jp/gororin_1956/e/132aa9567755a57d045142a4d85f240f?… 死んだら談志
    干拓も禁止ご新規木炭か
  • 松尾隆信『上田五千石私論』。
    2017/11/18 19:00:00 http://maekitakaoru.blog100.fc2.com/blog-entry-2965.html 俳諧師 前北かおる
    「松の花」主宰の松尾隆信さんから『上田五千石私論』(平成29年10月、東京四季出版刊)をいただきました。ありがとうございました。 本書の中心をなすのは第1章の「眼前直覚の推移」で、五千石の第二句集『森…
  • 藪の中の日馬富士事件
    2017/11/18 17:00:01 https://blogs.yahoo.co.jp/baronwitty/65834016.html 三猿の川柳プラスα
    外国の映画賞でグランプリを取った、黒澤明の「羅生門」という映画があった。三船敏郎、森雅之、京マチ子主演で、原作は芥川龍之介の「藪の中」であった。盗賊によって目の前で妻を犯され殺された男の、盗賊、殺され…
  • やっと縫えた
    2017/11/18 16:11:00 http://blog.goo.ne.jp/hahananakoko/e/ca6d3e500711102e1eba594e91774ab2?… 何かをすてて 何かをひらおう 毎日楽しく。
    朝晩はストーブを焚き始めた。この家は寒い。夏は涼しくて良いが、海からの風を受けて冬は寒い。二階の部屋は日中は暖かい。パソコンを打ったりお裁縫をするのには問題が無い。階下の寒さに 割烹着を厚めの生地で縫…
  • 冬紅葉
    2017/11/18 16:10:44 https://plaza.rakuten.co.jp/turu819/diary/201711180000/ 四季折々(俳句)
    野川の神明橋朴の木からすこし我が家よりに神明橋が架かっている。このあたりは谷戸といっても良いくらい川面と川沿いの道に落差...
  • 茶髪
    2017/11/18 16:02:15 http://nekomati.blog50.fc2.com/blog-entry-5299.html 猫まち
    大阪府立高校の女子生徒が生まれつき茶色い髪を学校から黒く染めるよう強要されたとして裁判で府を訴えている、というのが話題になっている。それで、ふっと思い出したのだけど、幼い頃の弟は茶というか栗色くらいな…
  • 夕時雨
    2017/11/18 12:24:23 https://ameblo.jp/san-flower/entry-12329347743.html 短歌と俳句の日々
    夕時雨冷たく光る木守柿一つ寂しく鳥を待つらし久しぶりの雨に木守柿が濡れている。つい数日前までは鈴なりになっていたのに、今は一つ。寂しげな柿を見ると、こちらも寂しくなる。木守柿は日本の心が目に見える風景…
    オススメ!
  • ラ・フランス
    2017/11/18 10:35:26 http://unburro.exblog.jp/27702694/ 驢馬の耳
    黄昏の後姿やラ・フランス 驢ノ670 駄句である。 洋梨の季節は、黄昏時が美しい季節だ。 黄昏、後姿、ラ・フランス。 情緒だけで並べた言葉は、三題噺の「お題」のようで、 何がどこに掛かるのか、それがど…
    オススメ!
  • 穴釣り2
    2017/11/18 09:41:04 http://blog.goo.ne.jp/154649ne/e/424d57a72e93163b0f87fa2d78d426b4?fm=r… 波乱の海をぶじ目的地へ
    ☆ 穴釣りや 隣は何を する人ぞ ☆
  • 第四段 薫と女二宮との夫婦仲
    2017/11/18 09:23:01 http://ikaru-uta.blog.jp/archives/73223534.html 源氏物語 ・ おもしろ読み
    【現代語訳】 翌朝、お起きになった女宮の御器量がとても美しくいらっしゃるように見えて、 「こちらよりも必ずまさっていらっしゃるというわけではない」と思いながら、 「まったく似ていらっしゃらない。驚くほ…
  • 「たちつてと」
    2017/11/18 09:22:28 http://blog.livedoor.jp/mk4989/archives/52461145.html 軽井沢で短歌と写真と
    「たちつてと」          *たけくらべ 千草を愛でて 土筆の子 手に握りつつ 友と遊べり 寄り添って生…
    オススメ!
  • 身体のこと
    2017/11/18 09:10:27 https://blogs.yahoo.co.jp/baronwitty/65833583.html 三猿の川柳プラスα
    親戚とか知人に病気で入院している人が多い。周囲がみんな高齢者が多いから、仕方がないと言えば仕方がないことだ。病期にも慢性のものと急性のものの二通りがある。慢性はじわじわ来るから、それなりに対策も講じや…
  • 晩秋の一日
    2017/11/18 08:33:02 http://blog.goo.ne.jp/edojin555/e/9ef7c558b5848451b182e0b43a94bc7f?fm=… きょう一日を生きた吾歌誌(あかし)
    ◇ 予報外れ ◇ 予報やや外れて 寒気は強からず 雨も少なき 一日となれり ◇ ランチ会 ◇ グループの 忘年会の予約をし そのまま ランチの会となりたり ◇ 一人歩き ◇ ぶらぶらと 古書店街を 覗…
  • (今日の短歌)水撒き
    2017/11/18 07:54:59 https://inosann1.blog.fc2.com/blog-entry-390.html 定年退職後の暮らし(時々短歌と時々就活)
    庭先に明けても暮れても水を撒く猫の糞した砂利を目掛けて当の猫はコタツで丸くなっているかも・・
  • 武蔵国分寺跡吟行句会3(武蔵国分僧寺跡)
    2017/11/18 07:00:59 http://yanesen7.blog105.fc2.com/blog-entry-1378.html おたまおばさんの谷中・根津・千駄木散歩
    武蔵国分僧寺跡。土台の瓦も当時のものは、このあたりに残るだけ。あとは、当時の瓦を見本に作ったものと管理の方が教えてくださいました。右側は当時のもの。左側は新しいもの。鈴掛の木があり、大きな実が落ちてい…
  • 鴛鴦のような夫婦の間合いかな
    2017/11/18 06:50:58 http://chi-san-haiku.blog.jp/archives/22134431.html 写真俳句ブログ/チーさん/初心者
    2017年11月 びん沼自然公園/季語:鴛鴦鴛鴦夫婦と言われるが、最も自然界ではそんなことはないようだ。しかし、そんな間合いがあるつかず離れずの間合いのある余裕のある夫婦になりたいものだ。そんな願望も…
    オススメ!
  • 視界良好。
    2017/11/18 06:30:00 http://blog.goo.ne.jp/yonemaro1151/e/0c13fc9c88d1fabd468af5cc668a81ff?… 写真詩歌集 雪割一華(ゆきわりいちげ)
    <視界良好> 月がかすかに溶け高く昇ってゆくともうすぐ日の出。これは17日金曜日の朝。18日 が全国的に冬型の雨予報なのであえて17日快晴の夜明けを取り上げる。 オレンジ からイエローへと変わってゆく…
  • 台風 (平成29年11月23〜24日)
    2017/11/18 06:23:33 http://69969577.at.webry.info/201711/article_13.html 飯島治蝶の俳句ブログ
    ◎ 平成二十九年十一月二十三〜二十四日 台風
    オススメ!
  • 万葉短歌2656 天飛ぶや2468
    2017/11/18 06:00:00 http://blog.goo.ne.jp/yjm840/e/df6c811cd7c353d9307d22c84d752e10?fm=rss 万葉短歌-悠山人編
    2017-1118-man2656万葉短歌2656 天飛ぶや2468 天飛ぶや 軽の社の 斎ひ槻幾代まであらむ 隠り妻ぞも ○ 2468 万葉短歌2656 ShuF300 2017-1118-man2…
  • 山北は雨雨小雨また雨小
    2017/11/18 05:28:20 http://konkon2.hama1.jp/e1557850.html ひびく
    雨だけど楽しもう ↓ 山北の雨雲予想 ? 押してね https://tenki.jp/radar/3/17/rainmesh.html
  • 撮影旅行・豊川稲荷と神島ー?まだ根性は残ってたんや(続き)〜…
    2017/11/18 05:10:20 https://ameblo.jp/raika-ha-monika/entry-12328970921.html なつかしがりやの気ままなブログ
    前回(11/16)のブログのどこにもタイトルの根性の話がでてこなくて不審に思ってた皆さん、するどいです たぶん今日でてきます。今日の話は長いので、お時間のある時に読んでね。 神島は三島由紀夫が書いた『…
    オススメ!
  • 〈小説「新・人間革命」〉
    2017/11/18 04:40:00 http://blog.goo.ne.jp/snzekoyoushi/e/f19a23b8c21699336007cf962b6e31d9?… 三世の四季
    暁鐘 六十六 法悟空 内田健一郎 画 (6227) 心が定まれば、生き方の軸ができる。その一人が組織の軸となって、広宣流布の歯車は回転を始めていく。 山本伸一は、さらに、テルコ・イズミヤの夫のヒロシの…
  • 【人間の起源】人類文明の深層にある《普遍的自然》の在処を探る…
    2017/11/18 03:20:20 http://blog.goo.ne.jp/shmzshg3/e/cb57262804ccc4d9c36b1c81e83c011b?fm=r… まほろば俳句日記
    中米のマヤ・アステカに先立つ文明は、メキシコ湾岸の【オルメカ】が知られる。紀元前1200年頃の都市国家ラ・ベンダの人頭(戦士)像が有名である。その容貌があまりにもアフリカ人に似ているので、大西洋を挟ん…