※表示画像は掲載記事と関連性がない場合があります。
  • 日吉神社 神奈川県茅ヶ崎市西久保
    2017/12/15 15:00:46 http://www.buccyake-kojiki.com/archives/1068561605.html ぶっちゃけ古事記
    7月に浜降祭、参加神輿の中で最重量級、道祖神や庚申塔 [住所]神奈川県茅ヶ崎市西久保466 [電話]0467-82-6725 - 鶴嶺八幡社 続きを読む
  • 川上稲荷神社 東京都中央区東日本橋
    2017/12/15 09:00:57 http://www.buccyake-kojiki.com/archives/1068565341.html ぶっちゃけ古事記
    江戸前期創建、もとは将軍家の御上場、明治期に現在地に遷座 [住所]東京都中央区東日本橋2-2 [電話]- 続きを読む
  • 古墳は語る(11)〜いよいよ前方後円墳です
    2017/12/14 21:24:05 https://aomatsu123.blog.fc2.com/blog-entry-185.html 日本古代史つれづれブログ
    古墳の基礎知識を整理したところで、いよいよ皆様お待ちかねの「前方後円墳」に入ります。「前方後円墳」とは、何でしょうか?。読んで字の如しで、前が「方形」、後ろが「円形」の古墳です。語感から言うと、なんだ…
    オススメ!
  • 大国イギリスと小国日本が結んだ日英同盟の裏事情
    2017/12/14 20:24:22 http://rekishi-note.hatenablog.com/entry/2017/12/14/202422 日本史が好きになる?歴史ブログ
    日清戦争の結果、極東地域における日本の発言力が大幅に上がりました。 その一方で、清の弱体化により欧州各国が東アジア進出をもくろんでいました。 下関条約へのロシア、フランス、ドイツなどによる日本への三国…
  • 本社宮 神奈川県茅ヶ崎市矢畑
    2017/12/14 15:00:08 http://www.buccyake-kojiki.com/archives/1068561372.html ぶっちゃけ古事記
    鶴嶺・鶴岡の両八幡の元宮である懐島八幡宮、旧地は桜の名所 [住所]神奈川県茅ヶ崎市矢畑142 [電話]0467-82-6725 - 鶴嶺八幡社 続きを読む
  • 関東三雷神とは?
    2017/12/14 12:13:19 http://www.buccyake-kojiki.com/archives/1068872615.html ぶっちゃけ古事記
    雷多発地帯として知られる北関東に鎮座する三つの雷神社 関東三雷神(かんとうさんらいじん)とは、北関東に鎮座する三つの雷神を祀る神社の総称である。 続きを読む
  • 矢之庫稲荷神社 東京都中央区東日本橋
    2017/12/14 09:00:42 http://www.buccyake-kojiki.com/archives/1068565178.html ぶっちゃけ古事記
    谷野の米蔵の三社稲荷、最後まで残った谷野蔵稲荷の社号が変化 [住所]東京都中央区東日本橋2-6-8 [電話]- 続きを読む
  • キム・マンドク 清廉な商人の話
    2017/12/13 17:14:40 http://blog.goo.ne.jp/hiro40334033/e/0b8fa76efeaeaf2ee3d3abfa016c14bb?… ヤマトトトヒモモソヒメ徒然記
    面白い作品でした。 私の韓国ドラマ評の中でも上位に入る作品。 身分違いの恋の辛さを乗り越え、商人になったマンドク。 正しく富を分配し、聖なる商いに徹した。 韓国って何百年続く老舗がないイメージですが、…
    オススメ!
  • 海神の宮門の設定について 其の二
    2017/12/13 10:02:49 http://blog.goo.ne.jp/katodesuryoheidesu/e/afda162065aab145779d63113d9… 古事記・日本書紀・万葉集を読む
    (承前) 和名抄に、「髲 釈名に云はく、髲〈音被、加都良(かづら)、俗に鬘字を用ゆが非也。鬘は花鬘、花鬘は伽藍具に見ゆ〉は髪の少なき者、其の髪助けらるる所以也といふ。」とある。大野晋編『古典基礎語辞典…
  • 絵で見る・律令制への道【蘇我氏の台頭】
    2017/12/12 18:54:00 http://rekishi-note.hatenablog.com/entry/2017/12/12/185400 日本史が好きになる?歴史ブログ
    大化の改新のきっかけとしてお馴染みの蘇我氏。律令制という歴史的に見ても重要な制度が作られた背景を語る時、乙巳の変、大化の改新、白村江の戦いは避けて通れません。 ? そんな一連の政治改革に至った背景は近…
  • 日本の首都が東京ではなく広島だった時期があった!?
    2017/12/11 20:33:24 http://rekishi-note.hatenablog.com/entry/2017/12/11/203324 日本史が好きになる?歴史ブログ
    日清戦争は、朝鮮に対する宗主国として立場を主張する清とその宗主国を否定して朝鮮から清を排除しようとする日本との対立が主な原因です。 ? そして、その主戦場は朝鮮半島とその周辺海域になると誰もが予測して…
  • 大物主神は物部氏の神か?
    2017/12/10 14:07:23 https://ameblo.jp/makoto-kodama/entry-12329176979.html 邪馬台国探訪
    大国主命等による【豊芦原中国】の国造りが完成に差し掛かった頃、 共に国造りに取り組んできた少彦名命が粟の茎に弾かれ、常世の国に旅立たれました。 嘆き悲しむ大国主命は故郷の出雲に帰り着くと、独り海岸に佇…
    オススメ!
  • なぜ日本は不利と言われた日清戦争と日露戦争に勝てたのか?
    2017/12/09 22:35:22 http://rekishi-note.hatenablog.com/entry/2017/12/09/223522 日本史が好きになる?歴史ブログ
    明治維新から20年あまり、富国強兵により急速に国際化を進めてきた日本にとっては、近隣諸国との良好な関係構築は急ぎの課題でした。 ? しかし、周囲の国は政治的に不安定な朝鮮半島をめぐり日本と利権を争って…
  • 古墳は語る(10)〜こんなに多くの種類がある古墳
    2017/12/08 23:26:11 https://aomatsu123.blog.fc2.com/blog-entry-184.html 日本古代史つれづれブログ
    ここまで、墳墓の歴史から始まり、支石墓、甕棺墓、弥生墳丘墓などをみてきました。そして弥生時代後半頃から、次第に規模が大きい墳丘が作られるようになってきた、というところまでを、お話してきました。今回から…
    オススメ!
  • 大野寺、龍穴神社の写真 唐紅の秋
    2017/12/08 20:40:21 http://blog.goo.ne.jp/hiro40334033/e/9b58dc006a0c14bc6199a4d710af491e?… ヤマトトトヒモモソヒメ徒然記
    室生寺に行く前によった、大野寺でとった弥勒菩薩(磨崖仏)と龍穴神社の写真がありました。 大野寺から見る仏様です。 龍穴神社は神秘的でした。霊気立ち込めていました。 雨乞いの神様です。
  • 日本での最も古い国技・相撲の歴史について
    2017/12/06 21:52:21 http://rekishi-note.hatenablog.com/entry/2017/12/06/215221 日本史が好きになる?歴史ブログ
    わが国での相撲と言う競技は【国技】となっていますが、今のような土俵上で行われる形式が日本独自であることからそう呼ばれているそうです。 ? 相撲のように人が組合い、力比べすると言う意味では、人間の本能的…
  • 古墳は語る(9)-積石塚は前方後円墳の祖型?
    2017/12/02 19:14:13 https://aomatsu123.blog.fc2.com/blog-entry-192.html 日本古代史つれづれブログ
    前回、四隅突出型墳丘墓の祖型が積石塚であり、積石塚が朝鮮半島北部(高麗)に多いことから、四隅突出型墳丘墓は朝鮮半島由来ではないか、という大塚初重氏の説を紹介しました。大塚氏はさらに、前方後円墳の祖型は…
  • 海神の宮門の設定について 其の一
    2017/12/01 20:54:28 http://blog.goo.ne.jp/katodesuryoheidesu/e/89bf4ee32b502bc6d5da89511ed… 古事記・日本書紀・万葉集を読む
    海幸・山幸の話の展開に、釣針をなくして返せず、代わりのものではなくもとの鉤を返せと責め立てられて、途方に暮れて海辺をさ迷うことになっている。この第二段落は、山幸彦こと火遠理命(彦火火出見尊)が、塩椎神…
  • 葛城の道 葛城氏の本拠地をめぐる
    2017/11/30 07:05:48 http://blog.goo.ne.jp/hiro40334033/e/8946d5d418c4cc4ba4d60cd1c9184c7a?… ヤマトトトヒモモソヒメ徒然記
    御所市のボランティアガイドさんの案内ツアーに参加しました。 今年は御所市に行くのは4回目ですが、今回のハイキングは勉強になりました。 葛城古道は初めてですが、とてもいい道です。山の辺の道も大好きですが…
  • 蓮を描くと蓮を作る(陶磁器編)
    2017/11/28 20:42:57 http://blog.goo.ne.jp/katodesuryoheidesu/e/0272f506d6dfdc8da45ad598bc8… 古事記・日本書紀・万葉集を読む
    法花蓮池仙鶴文壺(中国、景徳鎮窯、明時代、15〜16世紀、高38.5cm、胴径36.0cm、松岡美術館展示品) 堂々たる風格の壺である。壺の外側に、湖の中に鉢が置かれてハスとオモダカが生えて鶴が舞って…