記事検索 - うつ病

検索結果:2375件中 1〜10件
出会いと家族と別れと生きること  
…能」と改めて感じました。うらやましいです。家族を思うと・・・。は〜。私まだ生きてる。ちゃんと生きなきゃな。にほんブログ村うつ病 ブログランキングへご訪問ありがとうございました。
17/06/24 23:30 - http://ssriyameteyaru.blog.fc2.com/blog-entry-636.html
心の闇の先に Trial Version? プレイ動画〜part3〜  
…。?理解者無し、繋がり無し、運動神経無し、取り柄無し。無能、無気力、無興味無関心、五体満足とは思えない日々。引きこもり、うつ病、アダルトチルドレン、対人恐怖症。馬鹿、人間不信、犯罪、自殺。現実の世界は不公平だ。人生というものを生み出した存在…
17/06/24 23:27 - http://ameblo.jp/refrain-against/entry-12286566531.html
熊谷君は、旧日本社会党狂信者の小姑こと、秋山の襖返しと重箱殺しでやられた。  
…んや!熊谷君は、常に秋山から、襖返しを掛けられていた。大技の重箱殺しもやられていた。神経が持たん。このまま勤めていたら、うつ病か、パニック症になっていた。秋山は、福島瑞穂みたいに被害妄想劇に走り、己の言うていることは、正しいと信じきっている…
17/06/24 22:49 - http://blog.goo.ne.jp/vivaldi1678-1741/e/340ffe31459f2aec5ff28f91476abd0c?fm=rss
給料をもらって謝る練習  
…らせることは充分にあり、「発達障害」の診断を公表することで、自分も周囲も楽になれます。また、発達障害の二次症状として、「うつ病」があります。怒られてばかりで「うつ病」の疑いがある人は、それ以上状況が悪化する前に、発達障害について調べるのもあ…
17/06/24 21:53 - http://aisarenairiyu.blogspot.com/2017/06/blog-post_24.html
胃もたれや食欲不振も更年期障害で多い症状、その原因と対策は?  
…影響を強く受ける臓器で、自律神経のバランスが乱れることで、胃には強いストレスがかかります。 だから自律神経失調症の人や、うつ病傾向の人には、胃腸不良に悩む人も多い特徴が。 さらに追い打ちをかけるのが、更年期の世代には、多くのストレスに関する…
17/06/24 21:11 - http://health-control.net/stomach-poor/
【 チョイスするのは、あなたですから 】  
…る始末。自分で決断ができませんでした。自分で出した答えに自信がなったんですね。超がつくほどネガティブ人間の成れの果てが、うつ病になったことでした。まあ、結局はそのネガティブ思考も病院では治らず、自分で決断し、自分で治しました。一時は、本当に…
17/06/24 21:00 - http://ameblo.jp/aromafengshui861/entry-12127646877.html
両親が占いにハマって、何をするにも方位や星回りで行動を制限してくる  
…か「星回りが悪い」等言って制限してくる。平安時代並に占いで行動を決めようとしてくる。 私が学生時代に一人暮らしをしていてうつ病になったときも「あれはきっとアパートの方位が悪かったせいだ」と納得している。 実際は単に人間関係や勉強の忙しさや親…
17/06/24 19:02 - http://if9.me/?p=1232
両親が占いにハマって、何をするにも方位や星回りで行動を制限してくる  
…とか「星回りが悪い」等言って制限してくる。平安時代並に占いで行動を決めようとしてくる。私が学生時代に一人暮らしをしていてうつ病になったときも「あれはきっとアパートの方位が悪かったせいだ」と納得している。実際は単に人間関係や勉強の忙しさや親の…
17/06/24 19:02 - http://antena.daynight.jp/20170624/219381/
両親が占いにハマって、何をするにも方位や星回りで行動を制限してくる  
…とか「星回りが悪い」等言って制限してくる。平安時代並に占いで行動を決めようとしてくる。私が学生時代に一人暮らしをしていてうつ病になったときも「あれはきっとアパートの方位が悪かったせいだ」と納得している。実際は単に人間関係や勉強の忙しさや親の…
17/06/24 19:02 - http://ouchinews.doorblog.jp/archives/51550572.html
リウマチの薬にうつ病治療効果か 千葉大学の研究  
…大学などの研究グループは、関節リウマチの治療薬として既に利用されているインターロイキン(IL)-6受容体抗体が、ある種のうつ病患者に有効である可能性が示されたと発表した。 うつ病は、非常によく知られたメジャーな精神疾患であるが、その生理学的…
17/06/24 18:00 - http://kennkounews.com/?p=7446