記事検索 - リチウムイオン

検索結果:191件中 1〜10件
USB扇風機  
…すがに暑い。ということで扇風機を持って行った。首振りとかできれば素晴らしいんだが、嵩張るということで、本品に落ち着いた。リチウムイオン電池が入っているので、スーツケースで持っていくときは電池を抜きました。
17/11/18 00:46 - http://qhfactory.seesaa.net/article/454954131.html
全固体電池はトヨタだけのものではない  
トヨタと東京工業大が開発する全固体電池は、リチウムイオン電池の3倍以上の出力特性をもつという記事を書いた。しかし、固体リチウム電池は、日立造船にも技術があるという記事があることが分かった。「現在の液体電池より「2倍の出力」を出せる性能がある…
17/11/17 22:19 - http://bunseki-kaisha.seesaa.net/article/454951944.html
スズキのモデルチェンジスケジュール&新車発売カレンダー2017-2018-2019  
….0kg・m)/4,400rpm K12C型エンジンに組み合わされるハイブリッドシステムは、マイルドハイブリッドでこれにリチウムイオン電池を搭載します。 そして最高燃費はJC08モード27.4km/Lです。これにトランスミッションは新設計の…
17/11/17 21:45 - http://xn--o9jy06g0wf78i643dpwj.biz/?p=7769
災害時も情報を止めない、テレビ局の安定稼働を蓄電池で支える  
奈良テレビ放送が自社の送信所に、無停電電源装置(UPS)を導入。ソニービジネスソリューションのリチウムイオン蓄電搭載のUPSを採用した。災害などによる停電時にも、デジタル送信システムを停止させないバックアップ用の電源として活用する。 <…
17/11/17 11:00 - https://portalkens.info/?p=4107
充電1分で800km以上の航続距離を実現した電気自動車が誕生 全固体電池最強説  
…ー氏によって新たに設立されたフィスカーだ。autoblogから引用ニュースによるとフィスカーが開発中の全固体電池は従来のリチウムイオン・バッテリー比で2.5倍のエネルギー密度があり約805kmの航続距離を実現可能としているんだとか。しかもそ…
17/11/17 00:07 - https://ameblo.jp/bz-125-norinori/entry-12328942333.html
電気自動車さん、1分の充電で800km走行可能にwwwwwwwwwwwwwwww  
…があるからだ。 中でも大きな長所が2つある。高いエネルギー密度と短い充電時間だ。フィスカーによると、開発中の電池は従来のリチウムイオン・バッテリー比で2.5倍のエネルギー密度があり、500マイル(約805km)の航続距離を実現可能としている…
17/11/16 20:30 - http://newsmitene.xyz/?p=27653
電気自動車さん、1分の充電で800km走行可能にwwwwwwwwwwwwwwww  
…があるからだ。 中でも大きな長所が2つある。高いエネルギー密度と短い充電時間だ。フィスカーによると、開発中の電池は従来のリチウムイオン・バッテリー比で2.5倍のエネルギー密度があり、500マイル(約805km)の航続距離を実現可能としている…
17/11/16 20:30 - http://blog.livedoor.jp/kinisoku/archives/4858828.html
不正疑惑でS安となったアカツキが翌日ストップ高で大復活!!不正疑惑をソースコードを開示して説明  
…ーマ株・材料株に特化したサイト」だと思っている。 ここがこれまでに読み当てているテーマ株・材料株のラインナップは凄いぞ。リチウムイオン電池関連銘柄:FDK(株価2.01倍)、サイバーセキュリティ関連銘柄:大興電子通信(株価2.08倍)、アプ…
17/11/16 20:20 - http://t-kabu.com/?p=10991
▼株で100万、200万、300万と資金を増やすために必要なことは!?  
…、「どういうテーマ株がきてるか」いち早く気付けるかどうかは大きいと思います。ここしばらくだと電気自動車(EV)関連銘柄やリチウムイオン電池関連銘柄や全固体電池関連銘柄などが注目されてきている印象ですが、買い材料から関連銘柄を見つけ上手くトレ…
17/11/16 19:36 - http://kabubaka2013.blog.fc2.com/blog-entry-1070.html
商い率5%以上のプラス銘柄です…? カーリット、ショーケース、ORCHESTRA、オハラ、リネットジャパン、双信電機、SKIYAKI  
…トヨタが東京モーターショーで、2020年代前半の全固体電池実用化を目指す方針を明らかにして以降、関心が高まる形に。同社はリチウムイオン電池の評価試験などを手掛けているが、同分野の研究開発にも注力しているとみられており、思惑が高まりやすくなっ…
17/11/16 16:16 - http://sb-i-taro.com/archives/5133621.html