記事検索 - 安倍政権

検索結果:3701件中 1〜10件
変態毎日新聞「日本ファーストの会は米国第一のコピペ。排外主義」  
…も検討するという。 7月2日の東京都議選で、都民ファーストはいきなり第1党に躍り出た。通常国会では「加計学園」問題などで安倍政権が安倍晋三首相の周辺を優遇した疑いが浮上。千葉大の水島治郎教授(政治学)は「利益誘導型の旧来の自民党政治が顔を出…
17/08/22 01:55 - http://i7ypkstjzh60l.96.lt/?p=1316
「ひるおび」で出演者が『韓国を嘲笑う発言をして』不穏な空気が流れた模様。韓国地下鉄のどこが優秀なんだ?  
…ろうか? 「八代は元々、空気を読まず正論を言ってしまうタイプ。きわめつけは7月13日の放送で、制作サイドの加計学園問題で安倍政権を糾弾しようとする方針に、イラついたように『総理が悪いことしたというが、何も事実は出てない。総理が否定しているの…
17/08/22 01:02 - http://u1sokuhou.ldblog.jp/archives/50502498.html
【毎日新聞】上智大・中野晃一「日本ファーストは近隣諸国からどうみられるか。排外主義を連想するなという方が無理だ」  
…も検討するという。 7月2日の東京都議選で、都民ファーストはいきなり第1党に躍り出た。通常国会では「加計学園」問題などで安倍政権が安倍晋三首相の周辺を優遇した疑いが浮上。千葉大の水島治郎教授(政治学)は「利益誘導型の旧来の自民党政治が顔を出…
17/08/22 01:00 - http://i7ypkstjzh60l.96.lt/?p=1315
ニュース女子 8月21日  
ニュース女子2017年8月21日 170821内容:窮地に追い込まれた安倍政権!内閣改造で危機を脱せるのか? 好機のはずの民進党も代表辞任で分裂の危機!?これで日本の政治は大丈続きはこちら(元サイトへ)
17/08/22 00:25 - http://kabusikimatoe.blog.jp/archives/71894302.html
安倍政権の完全勝利に『パヨクが若者を激しく罵倒する』末期的光景が爆誕。左翼の立ち枯れは不可避な模様  
1:名無しさん@涙目です。:NG NG BE:135853815-PLT(12000).net 【産経・FNN合同世論調査】 続く安倍内閣支持率「男高女低」 男性は支持48・3%、不支持46・1%を上回る 19、20両日に実施した産経新聞社…
17/08/22 00:17 - http://u1sokuhou.ldblog.jp/archives/50502497.html
2017年08月21日のツイート  
…鶴田まこみさんが勝ったら、国政への大きな圧力となるでしょうね。 市民と野党共闘が勝った事になるし、反原発という国民の声が安倍政権に迫ります。… 2017-08-21 00:16:39 via Twitter for Android @Wat…
17/08/22 00:11 - http://d.hatena.ne.jp/labokiohara/20170821/1503328305
誰が、アベに引導を渡すのか。国民よ。国家を護りぬこう。  
…であり、しかも各地で墜落などの重大事故を起こしまくっている未亡人製造機の配備など論外だ!75歳まで働かされるニッポン… 安倍政権が叫ぶ『死ぬまで働け』政策。年金受給開始年齢の 「75歳選択制」が年内にも閣議決定される方針。一億総活躍社会なん…
17/08/22 00:00 - http://blog.livedoor.jp/eigyou444sekiyann/archives/24677391.html
カナダ「南京大虐殺記念日」制定か。朝鮮人議員「日本軍は30万人も虐殺し、2万人もレイプした人類史上最も大規模な非人道的虐殺」。  
…は拙ブログでも書いた。 また、これと連動していると思えるのが日本のテレビ局、ワイドショーの倒閣運動である。彼らはいつでも安倍政権を潰したいと思っている。 それほどまでにシナや朝鮮にとって安倍総理は嫌な存在である。それを日本にいる内なる敵を使…
17/08/21 23:43 - https://blogs.yahoo.co.jp/bonbori098/34858607.html
碌なことしない安倍政権  
…ww.nikkei.com/article/DGXLASFS04H31_U7A400C1EE8000/ ハイ、出ました。安倍政権の労働者虐め政策。 これがまかり通ると、年収が大きくなる40〜55歳の男性労働者を不当解雇して、一時金支払うこと…
17/08/21 23:31 - http://ameblo.jp/masato1982/entry-12303551416.html