記事検索 - 地蔵

検索結果:911件中 1〜10件
聖徳太子ゆかりの地  
…徳太子の妃、膳夫姫が創建した膳夫寺の後身と伝わる。 ・興福寺 585年に物部守屋が橘寺に放火した時、金堂に安置してあった地蔵菩薩が、火から香具山の頂上に逃れて行き、それを知った聖徳太子が香具山の山麓に寺を建立して地蔵を祀ったと伝わる。 ・和…
18/04/20 01:05 - http://www.nara-cycling.ilovemanta.jp/?p=436
散歩コース  
…犬のようにトボトボ歩いては止まるを繰り返しそしてでたよ・・・・。(-_-;)足が痛そうなふりして途中座ってみたり。で、お地蔵さんのように動かなくなり・・・・。┐( -"-)┌ヤレヤレ...しかたなく7キロを抱っこ。でも、かーちゃんは知ってい…
18/04/20 00:00 - http://hoppy1110.com/blog-entry-4186.html
補陀落渡海ツアー 6 榛名神社  
…もつ寺がありました。 三重塔で、有名な寺だそうです。 この塔の前には、「三つの石」が置かれていました。 境内には、「延命地蔵尊」と書かれた石碑があります。「延命」というのは、「補陀落渡海」のことを、意味しているのかもしれませんね。 本堂です…
18/04/19 22:46 - https://ameblo.jp/tomaatlas21/entry-12369477842.html
友愛の家 3-木 たのしい絵手紙 4月/2018  
…そうでしたので今日はクレヨンで色付けしてもらいましたが集中して描けていましたお母さんと一緒の時間も楽しそうでしたね。 お地蔵様も優しいお顔で素敵ですが…今回のハナミズキは本当にいい感じです。お花を見て大きく描けています 枝の付き方が気に入ら…
18/04/19 22:16 - https://ameblo.jp/kazu-moto/entry-12360993309.html
京都市南区の区境を探検しよう。その3。  
…00m程下がった東側にあります。 グーグルマップにも表示されません。この道の前を何百回通ったかわからないですが、普通のお地蔵さんと思ってました。新しい発見がありました。 狐塚墓地 狐塚(きつねづか)は幕末維新の「都城六勇士」の墓です。 都城…
18/04/19 21:37 - https://mount-jp.com/blog/explore-minamiku-3/
一支国から博多へ戻る  
・壱岐島、北端の勝本から芦辺を目指しますこんな道やこんな道や何回迷ったことだろう着きましたはらほげ地蔵オモロイ北海道みたいな景色を楽しみながら着きました一支国博物館原の辻遺跡魏志倭人伝、一支国と記述された場所諸般の事情により、対馬は中止して…
18/04/19 20:25 - http://karekichari.blog112.fc2.com/blog-entry-2105.html
松尾IKKOが長田と国際通りをブラブラ、シーサーや洗顔地蔵とパシャリ  
本日4月19日、「島ぜんぶでおーきな祭 第10回沖縄国際映画祭」が開幕。チョコレートプラネットが“ナビゲート芸人"として那覇市の国際通りを散策した。 Source: おもしろ?
18/04/19 20:09 - http://amasulu.com/?p=145115
京都観光猫とツツジ  
…〜 シャクナゲもきれい〜 4月は21日・22日・28日・29日・30日 皐月の公開:5月2日から6日まで *2日 くさの地蔵縁日 26日・27日 開門9時半〜閉門16時半 拝観料500円 特別公開してはりますえ それからお昼はあの有名な ラ…
18/04/19 18:24 - https://blog.goo.ne.jp/mikiroposu/e/0e2c5a9973d47620974e7661a394c862?fm=rss
ワイ(7)「あっくんのコクーン、ニビシティなのにレベル100!?すごい!」  
…れです… 31:風吹けば名無し:2018/04/16(月) 03:56:42.96 ID:jpLi3tcIa.net お地蔵バッチはなんやったんや 32:風吹けば名無し:2018/04/16(月) 03:57:19.87 ID:kTHDMn…
18/04/19 18:00 - http://antena1.info/?p=70094
ワイ(7)「あっくんのコクーン、ニビシティなのにレベル100!?すごい!」  
…れです… 31:風吹けば名無し:2018/04/16(月) 03:56:42.96 ID:jpLi3tcIa.net お地蔵バッチはなんやったんや 32:風吹けば名無し:2018/04/16(月) 03:57:19.87 ID:kTHDMn…
18/04/19 18:00 - http://kandatasokuho.blog.fc2.com/blog-entry-17656.html