記事検索 - うつ病

検索結果:2668件中 1〜10件
昨夜は9時間半近くの睡眠が採れました。(2/13-2/14)労災・退職  
…きっかけで病にかかった奮闘記  http://super-fortress.partnerx.jp/ にほんブログ村 うつ病 ブログランキングへ
16/02/14 15:54 - http://blog.goo.ne.jp/super-fortress/e/ad58f2fe1f73e5353f06b4689b3f61e0?fm=rss
うつ病からの復職後、不遇な評価を受け続けた話  
1度目のうつ病で休職後、私は同じ会社へ復職しました。 しかしながら、このうつ病で休職という経験により、長きにわたり会社で不遇な評価を受け続けることになりました。 復職後の働きぶり 復職後の1年程度は、再発の危険性を認識していたため、ある意…
16/02/14 15:19 - http://utsu-kaifuku.com/difficulty-after-return-work/
2月13日(土) 怒り発作  
…も何度も傷つけてしまう。こんなことを続けていたら、最後には離婚になるのはわかっている。でも、自分を抑えられない。。。 躁うつ病(双極性障害) ブログランキングへ 対人恐怖症 ブログランキングへ 子供がいない主婦 ブログランキングへ
16/02/14 14:54 - http://ameblo.jp/bipolarnahibi/entry-12128219871.html
【第2回】うつ病を引き起こした要因は? 病院・クリニックの受診タイミングについて  
治療noteより【第2回】うつ病を引き起こした要因は? 病院・クリニックの受診タイミングについてグラフィックデザイナーであり、ご自身の「うつ病」経験を活かして講演活動
16/02/14 14:07 - http://utumoti.blog100.fc2.com/blog-entry-1327.html
うつ病患者は体調が悪い時に休めないようでは仕事は長続きしない  
…はどんなに体調が悪くても、絶対に休むということは「できない」と思い込んでいましたし、休むことはしませんでした。 しかし、うつ病と仕事を両立させて克服を目指すのであれば、自分の体調を第一に考えて時には休むという選択肢を取ることも重要です。 …
16/02/14 12:00 - http://utu-work.com/compatibility/absent-from-work/
その、うつ病、本当はウソでしょ?  
質問その、うつ病、本当はウソでしょ? 2016年02月14日 11:05ベストアンサーに選ばれた回答バレてましたか。お恥ずかしい。2016年02月14日 11:06
16/02/14 11:55 - http://medicalqanda.blog.jp/archives/54719654.html
【業務】厚労省「うつブログ社労士」業務停止3か月へ  
 愛知県内の社会保険労務士が「社員をうつ病に罹患(りかん)させる方法」などと題した文章をブログで公開した問題で、厚生労働省は12日、この社労士を業務停止3カ月の懲戒処分にした。継続的に不適切な内容を発信したことでの処分は [&#82…
16/02/14 11:51 - http://nenkinadvice.com/?p=8782
ストレス社会と鬱  
ストレス社会と言われていますが、会社内でも、うつ病社員が多くなりました。多分昔もあったんでしょうね。でも、明確にうつ病という病と診断されなかっただけなのでしょう。とかくストレスのたまる世の中ですが、やっぱり、会社では人間関係が一番の理由に…
16/02/14 11:17 - http://net-nobita.seesaa.net/article/433796772.html
【レポート公開】転勤族の妻の悩みに答えるレポートをXAMで公開中!  
…mp;nbsp; 気になるあなたは、まず目次を確認しよう。 目次 1.転勤で親密な人間関係が出来ない? 2.転勤族の妻のうつ病克服のカギとは? 3.転勤族は荷物が持てないという悩み 4.転校・転園させられる子供が可愛そう 5.転勤族の妻は正…
16/02/14 10:57 - http://mansyonpro.com/wp/archives/1186
見逃される高齢者の「うつ病」は認知症の誤診が招く  
「高齢者のうつ病を認知症と誤診しているケースが多い」と指摘するのは、くどうちあき脳神経外科クリニックの工藤千秋院長(日本認知症学会認定医・指導医)。それが取り返しのつかない結果を招いていることがある。 「物事を覚えられなくなった」「変な…
16/02/14 09:54 - http://gojokai377.blog.fc2.com/blog-entry-31008.html