記事検索 - アカデミー賞

検索結果:1191件中 1〜10件
【音楽】美女と野獣-演奏動画がすばらしい!-  
…バージョンあるよ!-今回は「美女と野獣」だ!1991年に制作されたディズニーの長編アニメーション映画。アニメ映画史上初のアカデミー賞作品賞ノミネート作品らしいぞ!そんな「美女と野獣(Beauty and the Beast)」をちょっと紹介…
14/10/20 19:04 - http://ameblo.jp/abe-angrycats/entry-11941601680.html
永作博美 丸裸! きれいすぎる44歳の女性器と白磁の乳房  
…ケンが思わず“キレイ"と言ったという伝説が残っています」(前出・映画誌記者) もちろん、『八日目の蝉』('11年)で日本アカデミー賞・最優秀助演女優賞に輝いたように、演技力にもますます磨きがかかってきた。ところで、永作といえば、切っても切り…
14/10/20 16:30 - http://cle.blog.jp/archives/1011872906.html
『エクスペンダブルズ3 ワールドミッション』 (2014)  
…でも、やはりちょっと荷が重かったように思う。ここは当初の目論見通り、メル・ギブソンに監督をしてほしかった。いわずと知れたアカデミー賞監督賞を受賞した名匠である。どんな作品に仕上げたのか、想像すると胸が躍るではないか。 次作はぜひ、メルギブ監…
14/10/20 10:41 - http://blog.goo.ne.jp/youhiyenro/e/5b5af7d7dc0d824d93054efeea37c080?fm=rss
【丸裸】永作博美の綺麗過ぎる女性器と白磁の乳房キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!【wjn】  
…わず“キレイ"と言ったという伝説が残っています」(前出・映画誌記者)  もちろん、『八日目の蝉』('11年)で日本アカデミー賞・最優秀助演女優賞に輝いたように、 演技力にもますます磨きがかかってきた。ところで、永作といえば、切っても…
14/10/20 09:21 - http://dmgt.blog.jp/archives/1011861402.html
想い出の微笑  
… スタッフ・キャスト/製作年/ 製作費/上映時間/興行収入 アカデミー賞 全ストーリー(ラストあり) 見どころ(簡略ストーリー) …
14/10/20 06:54 - http://ethanedwards.blog51.fc2.com/blog-entry-1858.html
内田裕也 Cイーストウッド目指す  
…内田は「渡辺謙に聞いた話に感動してね。今は80歳を超えたクリント・イーストウッドは70代以降もすばらしい作品を連打して、アカデミー賞監督賞を取った。作品一作ずつが本当にレベルアップしているという感じを受けた」と感銘を受けたことを明かした。 …
14/10/20 01:34 - http://ryoumanoshikou.blog.fc2.com/blog-entry-3315.html
「マダム・マロリーと魔法のスパイス」⇒ディズニーが贈る料理映画  
…作品になっとります。 役者陣について。ヒロインのヘレン・ミレンはん。 終始落ち着いた演技ぶりを、披露しはります。 アカデミー賞主演女優賞ゲットの「クィーン」(2006年)と、同様のスタイルやけど、イギリス女優としての品格も兼ね備えた演…
14/10/20 00:05 - http://maseiga.cocolog-nifty.com/blog/2014/10/post-44fc.html
映画ニュース 2014年10月19日   
…わちん、向井理のものまねメイクを初披露!「Cinema☆Cinema No.53」発売中!マイケル・キートンが完全復活!アカデミー賞主演男優賞最有力候補の新作『バードマン』とは?「ツイン・ピークス」続編放送の前にキャラクターたちのその後を説…
14/10/19 21:17 - http://cinemantena.blog.fc2.com/blog-entry-2764.html
マイケル・キートンが完全復活!アカデミー賞主演男優賞最有力候補の新作『バードマン』とは?  
…分マイケル・キートン&アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督 ニューヨーク映画祭(N.Y.F.F 52)で上映されたアカデミー賞有力候補の話題作『バードマン(原題) / Birdman』について、アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監…
14/10/19 21:11 - http://hihigt.blog.fc2.com/blog-entry-1715.html
貞淑美女タレントの性白書 永作博美 丸裸! きれいすぎる44歳の女性器と白磁の乳房(2)  
…イ"と言ったという伝説が残っています」(前出・映画誌記者) もちろん、『八日目の蝉』('11年)で日本アカデミー賞・最優秀助演女優賞に輝いたように、演技力にもますます磨きがかかってきた。ところで、永作といえば、切っても切り…
14/10/19 20:01 - http://blog.livedoor.jp/pnandemonews/archives/41435827.html