記事検索 - キリスト

検索結果:7358件中 1〜10件
長島愛生園  黒川 眸さん  
…眸(ひとみ)さんの略歴母子家庭に育ち母を養うため幼にして働いたが母の最期を看取った後、昭和3年秋21歳で全生病院に入院。キリスト教に入信。エスぺラントを学びシエロ・シェブスキーの『悲惨のどん底』(昭和5年長崎書店)を翻訳。昭和6年3月27日…
15/05/29 22:13 - http://terayama2009.blog79.fc2.com/blog-entry-3250.html
【FF14】もうちょっとしたらコンビニにいって広報部にFAXしてきます。  
…ニにいって広報部にFAXしてきます。どうか碓井くんのせいで大学および無関係の学生に謂われなき誹謗中傷が向きませんように(キリストに祈る) 続きを読む
15/05/29 22:09 - http://sinnamaff14.com/archives/1029078142.html
神をほめよ   
…す。 どうして聖書は 「 神をほめよ 」「 神を賛美せよ 」 というのでしょうか。 第一は、神にこれほど愛され、イエス・キリストの十字架の血潮と言う代価によって救われた私たちが 「 喜んで 」 いたら、神は本当に喜んでくださるでしょう。しか…
15/05/29 21:59 - http://blog.goo.ne.jp/malanata/e/1e61d9b44b7873efcfa332d582f925d9?fm=rss
洋風神道系列  
…2.com/blog-entry-23.html・国家神道=天皇一神教の元ネタは江戸時代の国学者平田篤胤の平田神道=和風キリスト教。平田篤胤はクリスチャンで神=善神に一元化。1806年の『本教外篇』で本教=和風キリスト教=神道にした。国学者…
15/05/29 21:02 - http://ameblo.jp/saikis/entry-12032639016.html
芸能事務所ポラリスのイ・ギュテ会長とは何者か?  
…ないのが事実だ。しかし、イ会長は、目立った事業的成功を成し遂げ、多様な分野で活発な活動を繰り広げている。 イ会長は敬虔なキリスト教信者として知られている。日光共栄も「キリストの光で社会に貢献する」という意味を持っている。彼は、ソウル城北区敦…
15/05/29 20:56 - http://seouljinseigekijo.com/?p=2812
パイプオルガン・リサイタル@ St Chad's Cathedral  
…ろん、建築年、建築様式による違いはありますが、流派による違いも興味深いものです。彼らの思想の違いが、空間の使い方の違い、キリスト、聖職者、信者との距離感などに現れているのだと思います。音楽だけでなく、いろいろと興味深い教会訪問でした。
15/05/29 20:49 - http://ameblo.jp/e-waldorf/entry-12032605697.html
中国、2030年には「世界最大のキリスト教国」に?  
中国はキリスト教という印象がなかったのですが、ひょっとしてと思い調べてみるとでてきましたね。やっと森が見えてきたようです。ユダヤのNWOは仮の姿で「イエズス会、バチカンによるキリスト教世界統一」が本当の目的かな。ロシアもキリスト教国家な…
15/05/29 19:16 - http://ameblo.jp/saikis/entry-12032571997.html
司法関係通報事案  
…10月7日 「在日の子どもたちへの迫害を許さない! 緊急集会」(反差別国際運動日本委員会他主催)参加・アピール賛同(日本キリスト教会館)参加 11月21日 「地域社会から「共生」と「平和」を!11.21東京集会」賛同,参加(在日本韓国YM…
15/05/29 18:23 - http://eastasianews.net/?p=287844
メッセージ・ボードについて  
…クして頂くとストレスや心の疲れに対応した記事の数々がご覧頂けますまた、青字で書かれたバイブル・タイムをクリックして頂くとキリスト聖書に基づく様々なお話や日本のキリスト教会( プロテスタント教会 )に関する提言の数々をご覧頂けますなお、タイト…
15/05/29 18:00 - http://ameblo.jp/hagurebokushi/entry-12032533120.html
グエルチーノ展 in 上野国立西洋美術館  
…か購入してきました。 私の一番のお気に入りはコレ! ゲーテも大絶賛の。。。 グエルチーノ《聖母のもとに現れる復活したキリスト》1628-30年  油彩/カンヴァス チェント市立絵画館 パンフレットにもなっていますが・・・ この絵の…
15/05/29 17:28 - http://fiorita.exblog.jp/24075474/