記事検索 - ニュージーランド

検索結果:3495件中 1〜10件
マンボウの新種発見、125年ぶり、カクレマンボウ | ナショナルジオグラフィック日本版サイト - はてなブックマーク - 人気エントリー - 学び  
… | ナショナルジオグラフィック日本版サイト浜に打ち上げられたカクレマンボウとマリアン・ナイエガード氏。2014年5月、ニュージーランドのクライストチャーチに近いバードリングス・フラットの海岸で。(PHOTOGRAPH COURTESY M…
17/07/24 15:38 - http://oyazi.weblog.to/archives/23953465.html
2017年07月24日の体調記録  
…でM4.6。日付が変わり14時00分までイランでM5.2。トンガから北東の海でM5。ブーケンビル島から西の海でM4.8。ニュージーランドから北の海でM4.8。★昨日の宇宙は太陽風の速度が高くなっていました。放射線帯電子がやや強くなっていまし…
17/07/24 15:19 - http://fuumudensetu.blog.fc2.com/blog-entry-2508.html
オスプレイ「ファレは許せない」、ジェイ・ホワイト「黙ってろ」  
…行くと悪者になってしまうという事がまた証明されてしまった… ジェイ・ホワイト選手にとって、バッドラック・ファレ選手は同じニュージーランドで育ち、新日本プロレスに導いてくれた恩人のひとり。 今回の件も含め、ジェイ・ホワイト選手の未来はやはりバ…
17/07/24 15:00 - http://juuninntoiro.xyz/archives/10500
ローザンベリー多和田特集  
…り。こんなに上手にできましたお土産にはショップ「はぜの木」で、はちみつ「マヌカハニー」のキャンディーを是非大沢ワインズ「ニュージーランドワインショップ」ニュージーランドでぶどうから育てているワイナリーをもつ同園のオリジナルラベル白ワインと赤…
17/07/24 14:45 - http://dokidokithanks.blog.fc2.com/blog-entry-127.html
EXO、ニューアルバム『The War』が各種アルバムチャートで1位に!!  
…i musicの韓国音楽チャートでは6日間1位を守った。「THE WAR」はまた、アメリカをはじめとするオーストラリア、ニュージーランドなど18の地域でapple musicのエディター達が毎週全世界すべての音楽を対象に人気がある曲を選んで…
17/07/24 14:40 - http://ameblo.jp/vipsbigbang/entry-12295462716.html
EXO、ニューアルバム『The War』が各種アルバムチャートで1位に!!  
…i musicの韓国音楽チャートでは6日間1位を守った。「THE WAR」はまた、アメリカをはじめとするオーストラリア、ニュージーランドなど18の地域でapple musicのエディター達が毎週全世界すべての音楽を対象に人気がある曲を選んで…
17/07/24 14:40 - http://ameblo.jp/vipsbigbang/entry-12295462716.html
7月23日 入れ込み過ぎ、ハマり過ぎ、好き過ぎ。他人は変えられないが、人は変われる。  
…悪くなった。NBAのカードやポスター、部屋に100枚くらい貼り付けてた。洋服、HAREのものしか持ってなかった。スノボ、ニュージーランドからカナダまで1年続けて雪山で仕事した。書籍、絶対に借りずに、文庫本で買わずに、単行本の新品。筋トレ、永…
17/07/24 13:21 - http://huslife.jp/blog-entry-1897.html
水を得た魚  
2017.7.24(8歳と3ヶ月)※ニュージーランド在住のブロ友さんから頂いたメッセージ↓ 日本より紫外線が多いため、わんこの鼻の頭の部分にも日焼け止めを塗るのだそうだ。 鼻の頭は皮膚癌になっても取り除きにくいから、 わんこが舐め取ったとし…
17/07/24 13:00 - http://bbichiro.blog66.fc2.com/blog-entry-2268.html
自警団その2  
…国家や独裁主義国家だったのである。 ただ番組を見終わって少し英国のほうがましだなと感じたのは二つある。 一つは、僕が住むニュージーランドでは今も裁判所や司法関係には1970年代にマリファナを吸って無政府主義を訴えてた左翼ヒッピーの生き残りが…
17/07/24 11:50 - http://tom.livedoor.biz/archives/52242989.html
【中国】なぜ日本は少子化が進むのか 「豊かになって女性の社会進出が進んだから」  
…なぜ日本はこんなにも若い世代が少ないのだろうか。記事は、世界銀行がまとめたデータを紹介し、日本、英国、ドイツ、イタリア、ニュージーランド、マレーシア、韓国など、国土や人口、環境や経済発展が同じようなすべての国で出生率が低下していることを、グ…
17/07/24 11:40 - http://chantome-2ch.doorblog.jp/archives/51751123.html