記事検索 - 花粉症

検索結果:6450件中 1〜10件
あなたの目は大丈夫? 目が充血する3つの理由  
…しないようにしましょう。Q.炎症や病気による充血、どう対処したらいいですか。ここで挙げられる例は以下のようなものです。・花粉症などのアレルギー性結膜炎・ウイルス・細菌による感染性結膜炎・ドライアイ など治るまでに時間がかかることがあり、場合…
16/05/26 02:17 - http://gojokai377.blog.fc2.com/blog-entry-33423.html
●あなたの眠っている可能性を引き出す!メディカルアロマの基本講座  
…具体的なケアに使えるんですよ  インフルエンザや風邪の予防ケア眠りが浅い、寝つきが悪いなどの眠りのケア花粉症、鼻炎、ぜんそくなどの、気管支のケア生理不順、PMS、更年期障害などの、女性ホルモンのケア肩こり、腰痛、ひざ痛など…
16/05/25 23:16 - http://ameblo.jp/manamahalo-lomilomi/entry-12068609928.html
【成長過程】デタラメ英語  
こんばんはどうでもいい話ですが・・・私、今花粉症(イネ花粉)に苛まれております今日はマスク着用、目が過敏な状態のためコンタクト&アイメイクも不可でメガネ着用、日焼け対策必須で深々と帽子も着用という出で立ちで、お願いだから知ってる人に会い…
16/05/25 22:52 - http://ameblo.jp/saya-monmon/entry-12164101096.html
体調絶好調と「キレイ」を手に入れる、美スタイル・美肌・美髪講座  
…、美髪を手に入れる方法を会得しました。【実績は、私自身です。】今年53歳になりましたが、身体の不調はどこにもありません。花粉症も、去年治ってしまいました。もう何年も、風邪一つひきません。ノーファンデです。(気が向けば、紅だけつけます)ノー白…
16/05/25 22:42 - http://ameblo.jp/bijindo-anti-aging/entry-12164094518.html
私の半生(27)診断は脳性麻痺  
…の時の私にやれる事事はこんな事しかなかった。私の不幸が娘に伝染したと思っていた。孫はうちの近所の病院に入院していた。私は花粉症から移行した喘息の咳がずっと治らず孫の面会は禁止されていた。咳あげもひどく夜はほとんど眠れなかった。薬は全く効かな…
16/05/25 22:33 - http://ameblo.jp/archangel-ayahime/entry-12153908579.html
「ニッタバイオラボ」様の「ニューシルバー・クールアガー」 ニシガイのガーリックソテー   
…。みんなが好きなおかずが並んで、とっても喜んでくれました。さてさて、独り言です・・・・・・・・・・・我が家の主人と三男は花粉症で、2月の終わりくらいから症状が出て4月には治まるって感じ・・・長男は鼻炎があります。私と次男は大丈夫なの。大丈夫…
16/05/25 20:34 - http://sakananoshokutaku.blog.fc2.com/blog-entry-3120.html
緊急です。教えていただきたい事があります。  
…は命の危険がありますから、この回答を見たなら、今すぐ病院に行って下さい。補足アレルギーって食物アレルギーですか?それとも花粉症みたいな感じですか?文面を見る限りアレルギーは関係ないと思います。文面の症状だとアナフィラキシーの症状ではないです…
16/05/25 20:26 - http://medicalqanda.blog.jp/archives/60554239.html
足もみで体質改善、ハンドケアでリラックス!  
…のは、娘のアレルギーがきっかけでした。足もみをしてから、娘のアレルギーは完全に治っているのかもしれないと思えるほどです。花粉症にも、気管支ぜんそくにも、悩まされることはなくなりました。 そして私はというと、やっぱり一番の成…
16/05/25 19:54 - http://ameblo.jp/web-nomado/entry-12164030961.html
それでも私は働きたい  
今日もイネ花粉症にやられているすうです、こんにちは。今年のイネ花粉飛散は、殺人的だと思います……。2009年秋、関連会社から本社へ出向していた私は、上司の勧めで本社の中途採用試験を受けました。特別な登用ルートがあるわけではないので、外部…
16/05/25 19:22 - http://kaiyugyousa.blog.fc2.com/blog-entry-153.html
【情報】薬の副作用で太ってしまう!?【ダイエット妨害】  
抗ヒスタミン薬の副作用で太る??花粉症の薬の副作用といえば、“眠くなる"ことが一番多くあげられます。第2世代抗ヒスタミン薬の中でも比較的に眠気の副作用が強いのが、パブロン鼻炎カプセルZです。アレグラやアルロックなどは眠気の副作用は弱いです。…
16/05/25 19:00 - http://blog.livedoor.jp/kintorex/archives/6606388.html