記事検索 - 金融緩和

検索結果:2203件中 1〜10件
攻撃継続には結果が伴うとプーチン 《あさイチ04.25》  
…同総裁は24日アムステルダムで講演し、そのような場合の資産購入の目的は「現行姿勢の緩和レベルを維持することよりもむしろ、金融緩和の度合いを大いに高めることになろう」と発言。「ECBの責務を果たすため政策委員会は全会一致で、低インフレが過度に…
14/04/25 08:25 - http://blog.livedoor.jp/full3661/archives/52340649.html
【コラム】お金の流れは自然現象と同じく、揺らぐ。(4)  
JUGEMテーマ:ビジネス 少し例えがずれますが、 異次元金融緩和は、 人間が元気になるように、異次元の量の輸血を行っている という状態です。 当然、副作用も覚悟の上で、いまそうしないと元気に なる可能性が消えてしまうからそう…
14/04/25 06:34 - http://fpoffice.hiro-tom.com/?eid=1291800
米国主要経済指標(4/24)  
… 3795      2013年12月 3820【米住宅着工】 (千戸)  前月比 2.41%  前年比 ▲6.04% 金融緩和→金利低下→住宅着工件数増加→景気の拡大→ →金融引締→金利上昇→住宅着工件数減少→景気の後退    2014年…
14/04/25 00:11 - http://blog.livedoor.jp/fpmbox/archives/50725994.html
シンゾー&バラクの蜜月コントを終え・・・  
…決算は気掛かりです ということなので、今のところ国内にはこれといった好材料が見当たらず、 ふわ〜っとした黒い会合での追加金融緩和期待(期待薄)、 安倍ちゃんの6月の政策期待くらいなので、 来週の黒い会合までは、海の向こう次第ということになり…
14/04/24 21:03 - http://inokumatoratanuki.blog135.fc2.com/blog-entry-2187.html
ともり始めた天井サイン  
…末につけた過去最高値を一時上回り、足元もなお高い水準で推移しています。本来なら景気が絶好調のときのような高値であり、量的金融緩和やゼロ金利政策を続けなければならない経済環境での株価ではありません。 しかも米国の株価を押し上げているのは、ほか…
14/04/24 19:50 - http://daytranews.seesaa.net/article/395461853.html
【経済】東京株式市場、日米首脳会談を受けて値下がり…TPP交渉の大きな進展を期待していた投資家が失望売り  
… 下げは リーマンショックや東日本大震災(得に東電)の値下がり、 ウクライナ情勢悪化など 上げは 異次元・金融緩和、アメリカ好景気など こういう強い材料は分かるけど、TPPはそこまで行かない ユダヤが御執心なだけでアメ…
14/04/24 18:15 - http://2chnewsblog.blog.jp/archives/1002120312.html
日米TPP合意なく市場は失望、「第3の矢」の期待感後退  
…高時代に逆戻りしてしまうおそれがある。通常は、企業業績が上昇して、株価が上昇するという流れになるが、今回は逆だ。大 胆な金融緩和などによって株高・円安が進み、それが資産効果による消費増大と円安によ る輸出企業の業績拡大をもたらしている。日本…
14/04/24 17:09 - http://jpken.weblog.to/archives/52368573.html
[2014/04/24]今後の日経平均の見通し  
…による日本経済のデフレ脱却の可能性」、「世界の景気と金・穀物・原油価格の動き」、「米国の景気、雇用状況、住宅市況」、「米金融緩和縮小に伴う新興国市場の減速懸念」、「ウクライナ情勢を巡る地政学リスク」、「為替の動向」といった事柄を材料としてい…
14/04/24 16:58 - http://yslab.blogspot.com/2014/04/20140424.html
【速報】早耳筋より独占入手!金融緩和、大化け銘柄候補一覧 - 株式・FX  
『東証1部×2銘東証2部×1銘柄東証マザーズ×5銘柄特に東証マザーズの新興株5銘柄に大注目!値が軽い分、動き出したら一気に上値取りへ向かう。銘柄と詳細を書く。1日1回クリックして頂けますと数多く銘柄を記載していきたいと思っておりますので、知…
14/04/24 13:26 - http://antenna.publog.jp/archives/1002109574.html
RBNZは市場予想通り0.25%の利上げに踏み切る  
…価の下落を通じてCPIを下押しします。RBAにとっては利上げに踏み込むかどうか悩ましい環境と言えるでしょう。未ださらなる金融緩和を決めかねているECBの態度を併せて考えると、本格的な下落トレンド再開までには時間が掛かるかも知れません。  …
14/04/24 12:52 - http://planextrade.blog.fc2.com/blog-entry-432.html