記事検索 - 江戸

検索結果:11460件中 1〜10件
江戸 川越の街シリーズ 1  時の鐘   
先日、デジタルフォト研究会の撮影会で川越に行ってきました。小江戸川越と言われるだけあって趣のある街並みを楽しみました。 小江戸のメインストリートである一番街の中央に堂々とそびえ立つ時の鐘(川越タワー)です。 デジタルフォトアート…
15/04/21 10:58 - http://photopaint.exblog.jp/23923949/
正法眼蔵 四禅比丘 23  
…え方が出ていますが、こういう日本の過去の教育理念というものと、この教えとを先生はいかがお考えでしょうか。先生その点では、江戸時代の実情までさかのぼって考えてみると。わりあい理解が早いと思います。それは、徳川家康が天下を取る以前には、いわゆる…
15/04/21 10:41 - http://honjoutarou.blog107.fc2.com/blog-entry-1601.html
八重山諸島で城跡や史跡を訪ねてみた(1)【石垣島その1】  
…離島ターミナルへ向かう途中に、火番盛の1つであるナンツィアムリィがあります。  国指定史跡である「先島諸島火番盛」とは、江戸時代末期に、薩摩藩の要請を受けた琉球王朝が、異国船監視の目的で設けた番所であり、各島に狼煙台的な番所が置かれていまし…
15/04/21 09:55 - http://jibusakon.jp/shiromeguri/kyushu-shiro/okinawa-shiro/ishigaki1
実践女子学園創立120周年記念シンポジウム「女性と美術」(2015年4月25日(土)、渋谷キャンパス)  
…。 本催しは、4月18日から6月21日まで山種美術館との連携企画で行われる「実践女子学園120周年記念特別展 華麗なる江戸の女性画家たち」との関連事業です。 【お問い合わせ】香雪記念資料館 
15/04/21 09:53 - http://kasamashoin.jp/2015/04/1202015425.html
高砂市を歩く(193) 池大神社(阿弥陀町南池)?  
…習です。  南池地区は『播磨風土記』のいう「池の原」のようです。  現在の阿弥陀町中筋から南池・北池のあたりに、古代から江戸時代初めの頃まで、大きな池がありました。  慶長10年(1605)の頃、池田輝政は、姫路藩の治水・灌慨のための土木工…
15/04/21 09:14 - http://blog.goo.ne.jp/hirokazu0630/e/90af77896cfe3b7522a9d52b6988b185?fm=rss
京都ぶらり女の1旅 新緑の京都庭園鑑賞  
…面の儀式で使用される座観の庭という様式を持っており、寺院方丈にも展開していきます。 園(安土・桃山時代)、南禅寺金地院(江戸初期)  一方で公家が王朝時代の風流を受け継ぎ、池庭に茶室を建て、連歌等を楽しむ「回遊式庭園」を営…
15/04/21 09:05 - http://blog.goo.ne.jp/seiko_003/e/39fb7b45d1faf28e54bca1482157a2a3?fm=rss
4月のマンスリーは「桜」!小江戸川越バウムクーヘン ノリスケさん  
江戸川越バウムクーヘン ノリスケさん4月のマンスリーバウムは新登場の桜♪塩漬けの桜の花びらと葉っぱを練り込んだバウムクーヘン。桜の香りと、甘じょっぱさが絶妙なおいしさ!これはマンスリーバウムの中でもすごく好きな味。抹茶のバウムクーヘン…
15/04/21 09:00 - http://ameblo.jp/karin0321/entry-12016545552.html
鍼治療を受けながら考えた江戸時代の人々と現代人の幸せの違い  
…んて僕にはないんですが、鍼治療を受けながら僕がぼんやり考えていたのは、医学(東西問わず)が今ほど発達していない昔、例えば江戸時代とかそれ以前でもいいけど、その昔の人々と現代人では「幸せ」にどんな違いがあったんだろうということ。 当然今ほど医…
15/04/21 08:54 - http://bochronicle.hatenablog.com/entry/2015/04/21/085445
バケツ弁当  
曇り空のお江戸方面昨日は強風で傘が役にたちそうになかったので合羽レインコートだけでしのぎました雨が降った翌日は梅雨を思わせる湿度の高さ娘ちゃんからさっぱりしたお弁当をリクエストされたので本日のお弁当はパスタサラダさっぱりしすぎ?冷水でし…
15/04/21 08:49 - http://ameblo.jp/shihomom-m/entry-12016922286.html
伊勢神宮内宮の奥の院 金剛證寺(こんごうしょうじ)  
…であり、嘉隆にまつわる所蔵品がいくつかある。嘉隆の三男有慶は嘉隆の菩提を弔い金剛證寺に出家し、金剛證寺第12世となった。江戸時代には徳川幕府が伊勢神宮と絡んで重視し、援助した。1609年(慶長14年)には播磨国姫路城主で豊臣秀吉の七将の一人…
15/04/21 08:38 - http://ameblo.jp/taishi6764/entry-11934156225.html