記事検索 - 江戸

検索結果:7163件中 1〜10件
日本の教育が敗北した日  
…す。(日本):20XX年X月X日 00:00:00 ID:NeKouYo0(´・ω・`)<おすすめ記事だよ【衝撃】江戸時代で最も多かった仇討ちの実態をご覧くださいwwwwwwwwwww免許センターで白目で写真撮影した結果wwwwwww…
15/02/02 02:31 - http://netouyonews.net/archives/8701406.html
第691段:北海道ツーリング記(2014/7/30)(21)〜網走刑務所の位置を決めた男  
…48年)10月22日四国伊予大洲(おおず)、現在の愛媛県喜多郡大淵町で生まれた。14歳で西洋学修行に函館に赴き、その後、江戸、薩摩に遊学、長崎では蘭学も修めている。15歳でサンフランシスコへ渡り留学、貴重な国際感覚の持ち主として開拓使大主典…
15/02/02 02:13 - http://yamasan-log.cocolog-nifty.com/blog/2015/02/691201473021--1.html
尾形光琳「菊図屏風」  
…ろでしょうか。展覧会では琳派の祖である本阿弥光悦・俵屋宗達にはじまり、琳派の大成者である尾形光琳・乾山の兄弟、その系譜を江戸で花開かせた酒井抱一・鈴木其一、そして神坂雪佳から加山又造まで、琳派に影響を受けた近代日本画といった形で琳派400年…
15/02/02 01:57 - http://suesue201.blog64.fc2.com/blog-entry-1094.html
一幕 両替商 若妻お郁(そのおしまい)  
 そして十日後。 まだ十七で男を知らないお実ちゃんが、天下の江戸変態の地位向上のためと称し、よろず性的按摩の女揉み師の先駆けになりてえと、ややこしいことを言い出したその日、お郁さんが訪ねて来やがった。「先だってのお礼かたがた、性的按摩の…
15/02/02 01:31 - http://kaikannovel.blog.fc2.com/blog-entry-157.html
後藤さんは「報復」など望んでいない  
2015年2月2日(月)≪ 小瓶 落書 ≫落書は、平安時代から江戸時代にかけて政道批判の手段として流行した世相を風刺した落書き。小瓶は言うまでもなくshowbinの漢字表示。< 後藤さんは 「報復」など望んでいない >1月2…
15/02/02 01:00 - http://hiromu3.blog98.fc2.com/blog-entry-3358.html
【芸スポ速報+】江戸時代のキリシタン弾圧を描いたマーティン・スコセッシ監督の新作撮影現場で事故、3人死傷  
…。この作業中に屋根が崩落し作業員1名が死亡、2人が頭に傷を負ったり、脚を骨折するなどのけがをしたという。『サイレンス』は江戸時代初期のキリシタン弾圧を題材にした、故遠藤周作さんの小説「沈黙」を映画化 続きを読む
15/02/02 00:36 - http://2cheki-gsp.blog.jp/archives/21840738.html
【画像あり】【何度目の青空か?】乃木坂46★2220【本スレ】  
1: 47の素敵な(江戸・武蔵國)@\(^o^)/2015/02/02(月) 00:22:18.62 ID:eGMV1h4K0.net☆乃木坂46公式サイトhttp://www.nogizaka46.com/☆公式ブログhttp://blo…
15/02/02 00:33 - http://2cheki-idol.blog.jp/archives/21840637.html
江戸川越蔵造りの町並み  
☆川越熊野神社で参拝後、大正浪漫夢通りを抜け蔵造りの町並みへ。 通りの両脇には歴史的建物が。 約400メートルにおよぶ蔵造りの町並みは見応えあります(^−^) あ、歩道が狭く引っ切り無しに車が通るのでご注意を。
15/02/02 00:06 - http://blog.goo.ne.jp/rinta-rinta_001/e/f511705f34c044712c1f22cfb137646d?fm=rss
おじゃましました。  
今日は江戸の会さんにお邪魔してきました。本当にたくさんの方にお運びいただき、びっくりしました。昨年行った演奏のテーマについてのお話をとのことでしたので、雅楽の基本のご説明とあわせて明治時代の雅楽についてお話を。あっという間の3時間(後半1時…
15/02/01 23:59 - http://gagaku-asia.blog.jp/archives/52189514.html
如月です  
…もので 平安時代には 大晦日に行われていた宮中行事でした。 この儀式を『追儺(ついな)』『鬼遣い(おにやらい)』といい 江戸時代には 広く民間に伝わり 今の節分の日に行われるようになっていたといいます。 また節分の豆(まめ)は 魔を滅する『…
15/02/01 23:58 - http://blog1.ayaya-net.com/?eid=422