記事検索 - 三寒四温

検索結果:35件中 1〜10件
2014年 1年を振り返る 『春編』  
三寒四温の3月は、花粉が飛散してきて意気消沈するも 今年はかなり症状が軽かったので錫杖ヶ岳に12回登って体力維持に努めてました。 ちょうどこの頃、「里山資本主義』という本に出会い 自身の価値観とぴったりあった考え方にはまりました。 …
14/12/21 05:30 - http://blog.goo.ne.jp/toraai/e/18d5e8cb6fa0815f6947ae83dec52704?fm=rss
「寒波」に対抗  
…は12月から例年より寒く、県内の降雪も早く、当初の天気予想とは違う立ち上がりである。ともあれ、お天道様にはかなわないから三寒四温に逆らわず、春を待とう思う。さて寒波が襲うと道路(ロード)での運動は困難になる。今日は北海道を中心に台風並みの低…
14/12/17 10:16 - http://blog.livedoor.jp/marason321/archives/52413161.html
足を洗う(笑)  
…った愛車を エイヤっと気合を入れ洗った。 早くも明日は雨の予報だが とにかく汚れを 落としてあげたくて 頑張ってみた。 三寒四温って言葉があるけれど 三寒四寒だわね。 息抜きの四温がないもの この冬。 空は既に曇り空・・束の間の晴天を有意義…
14/12/15 15:39 - http://blog.goo.ne.jp/1657811/e/9e0c4a271c3cd73533b35273f852b4b4?fm=rss
Mr.Kの商品先物基礎講座 2014_12_15  
…取引方法を行っています。立会開始後から立会い終了前までの間において、売買注文が対当する都度約定させる方法のことです。 ◆三寒四温(さんかんしおん)大陸性の気候のように、上がったかと思えば下がり、下がったかと思えば上がるといったように、上下い…
14/12/15 08:00 - http://callself.blog.fc2.com/blog-entry-129.html
今朝も・・  
…の気温が上がらずままで・・・震えて・・肩・膝・親指の腱鞘炎の痛みが酷くて憂鬱な終日にて・・・何時まで続くのかこの寒波・・三寒四温・・って言うことわざも聞くが・・・ 初冬の風物詩?
14/12/14 18:32 - http://wagasha.com/~htanabe/hirolog/?p=5866
今週のメイン〜阪神JF、カペラS  
…る程度周期を持っているものです。 分かりやすいのは高気圧と低気圧が交互に通っていくことで、この周期は春先に良く使われる「三寒四温」という言葉が示す通りだいたい1週間になります。 冬になると「寒波襲来」という言葉が使われていますが、これは冷た…
14/12/13 23:40 - http://ryumah.blog44.fc2.com/blog-entry-1013.html
浅春の候の意味!いつごろの時期?季語や結びの使い方は?  
…軽暖の候 ・春暖の候 といったものもあります。   また、寒さと温かさが繰り返される時期でもあり、 「三寒四温」といった季語を取り入れたり、 「小春日和」という季語を入れて 春の文書に折り込まれる方がいらっしゃいます。 三…
14/12/11 20:01 - http://nanisore-club.com/sensyunnokou-3585
「巨人阪神」と同じイントネーションの言葉  
…風吹けば名無し@\(^o^)/ 2014/12/09(火) 22:49:00.98 ID:zi7TpkUP0.net 三寒四温 3: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2014/12/09(火) 22:49:11.90 ID:TR5xKp…
14/12/10 02:00 - http://hanshintigers72.seesaa.net/article/410381815.html
三寒四温(さんかんしおん)  
三寒四温【四字熟語-読み】(さんかんしおん)【四字熟語-意味】冬季に寒い日が三日ほど続くと、その後四日間ぐらいは暖かいということ。また、気候がだんだん暖かくなる意にも用いる。【四字熟語-解説】■出典:■英訳:■類義語:■対義語:
14/12/06 12:30 - http://yojijukugo.blog.jp/archives/18146635.html
サンカンシオン。  
…何て言った??? Sunkurntionなんて単語あるかぁ??? でも、そもそも英語なわけないよな〜。 正解は、 「三寒四温の社会には〜」と言っているのである。 歌詞カードにそう書いてあった(笑) 大変恥ずかしい話ですが、「三寒四温
14/12/02 19:23 - http://hibimeiban.blog.so-net.ne.jp/2014-12-02