記事検索 - 東京電力

検索結果:275件中 1〜10件
丸山桂里奈の元カレの俳優が誰なのか検証!ブサイクなのに勘違い女?  
…としか言いようのない大活躍を見せていくことに。 日本体育大学を卒業した丸山桂里奈さんは、東日本大震災で問題視された、あの東京電力へ進みます。 出典:http://f.hatena.ne.jp/ かなりおどろくべき話でしょうが、ずばり、福島第…
17/11/19 15:17 - https://entame-splash.com/1085.html
東日本大震災のトモダチ作戦の米兵たち  
…。 米兵の被曝は震災後比較的早い段階から問題にされてはいたが、その後の実態はほとんど日本では問題にされていない。 現在、東京電力を提訴している原告は402人。空母ロナルド・レーガンの航海日誌を検証すると、水蒸気爆発後の放射性プルームに突入し…
17/11/19 09:08 - https://ameblo.jp/tama5564/entry-12328375563.html
東日本大震災の6年目の真実!?:by 井口ブログ  
…るわけですナ。また、その販売員が日本女性の好きそうな顔しているんでやんの? 心理的弱点や盲点をついてくるわけだ。だから、東京電力の場合も、グローバリゼーションだとか、近代化、インターネット化とか、最先端セキュリティー化とか、体よく圧力をかけ…
17/11/19 07:49 - http://blog.livedoor.jp/pegasus2011/archives/9009979.html
世界一受けたい授業・坂本トレーナーのマラソン完走法のコツと内容紹介!  
…トレーナーは1947年生まれの御年70歳。 29歳の時に独学でマラソンを始めたかとか。 理由は健康の為だそうです。 また東京電力陸上部の監督で素人同然のランナーをフルマラソンのエリートと言われる サブ3ランナー(42.195kを3時間以内に…
17/11/18 23:10 - http://mangetu0619.com/karada/post-1411/
福島原発の汚染水が10月の台風のせいで1万トン増加…建屋内に地下水も流入してた  
東京電力福島第1原発1〜4号機の建屋地下に流入する地下水の量が、10月の台風に伴う降雨の影響により、同月の1カ月間で推定約1万トン近くに上ったことが16日、分かった。流入した地下水は建屋地下にたまっている汚染水と混ざり新たな汚染水になったと…
17/11/18 18:21 - http://jishin-yogen.com/blog-entry-10958.html
慣れ親しんだ事業が成熟してくると、状況を変えようとして大型投資に走るわけです。これが多くの失敗の共通点です  
…発のビジネス手法が異なる 三品:同じテレビ事業でも、ブラウン管と液晶ではビジネスのやり方が全く異なります。原発でも相手が東京電力なのか米国の電力会社なのかで、やり方は大きく変わらざるを得ない。自らが事業主体となるMRJでは、ボーイングの下請…
17/11/18 14:31 - http://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/9e7673aa5f2d69d8a51347c6db2433c8?fm=rss
廃炉費、原発建設に流用  
…め、総額1800億円前後の解体引当金がある計算だが、「大半を流用してしまった」(関係者)という。 複数の関係者によると、東京電力福島第一原発事故の前、原電は解体引当金を敦賀3、4号機(建設中)の建設費に流用することを決めた。金融機関からの借…
17/11/18 06:01 - http://blog.goo.ne.jp/tagomago1021/e/2b4955200bca78c9411cad02f5580926?fm=rss
100年後でも新鮮エロス(規制ネタ:2017年11月17日号)  
…廃止に関するものに加えて、アメリカなどが、放送法の一部を見直し、報道機関の独立性を確保するよう求めたほか、ドイツなどが、東京電力福島第一原子力発電所の事故の影響を受けた住民や自主避難者への支援を継続するよう求めた勧告もあります。 自民党員の…
17/11/18 05:53 - http://mangamanga.blog79.fc2.com/blog-entry-3473.html
日本原子力発電 原電の廃炉費、大幅不足 原発建設に流用、全基停止後も[11/17]  
…め、総額1800億円前後の解体引当金がある計算だが、「大半を流用してしまった」(関係者)という。 複数の関係者によると、東京電力福島第一原発事故の前、原電は解体引当金を敦賀3、4号機(建設中)の建設費に流用することを決めた。金融機関からの借…
17/11/18 02:22 - http://www.kokunanmonomousu.com/archives/73219712.html