聴楽記

登録ID
1025938
サイト名称
聴楽記
URL
http://quietplace2010.blog69.fc2.com/
紹介文
聴楽記へようこそ! 関心事を書き散らしています。
カテゴリ
  • 音楽(クラシック) (100%) - 5 / 403人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • ここからが20世紀☆ ストラヴィンスキー
    快適なテンポで現代的な澄んだ音響が駆け抜ける約20分☆ストラヴィンスキー Igor Stravinsky (1882-1971)バレエ組曲《火の鳥》 (1919年版) The Firebird Suite 1919 versionミネソタ管…12月15日 18時25分
  • 一服の清涼剤☆
    時々、ホッとするものを見かける時がある東京限定の話ですんませんが先日、東京メトロ千代田線大手町駅に、それはあった時刻表や駅路線図はまだ未完成で代わりに、それらが記載されている大きな紙が貼ってある「乃木坂」の下にペンで「46」と落書きしてある…12月13日 19時40分
  • 空間を漂う弦と鍵盤 プロコフィエフ
    音響的に絶妙に設定された空間の中で室内楽の良さが実感出来ると思いますプロコフィエフ Sergey Prokofiev (1891-1953)ヴァイオリンソナタ第1番ヘ短調作品80 Violin Sonata No.1 in F minor …12月10日 14時05分
  • 超有名楽団による超有名曲に圧倒される☆ ムソルグスキー
    超有名オーケストラによる超定番曲さて、どんなことになるのでしょうか?ムソルグスキー Modest Mussorgsky (1839-1881)組曲《展覧会の絵》 (ラヴェル編) Pictures At An Exibition (arr. …12月06日 20時25分
  • ラグビー関東大学対抗戦 千秋楽☆
    12月の第1日曜日とは、年に一度、私が30年若返る日☆関東大学対抗戦明治大学〇29-19●早稲田大学(第93回定期戦。12月3日東京秩父宮ラグビー場)国内ラグビーシーンも佳境になって参りました現役時代は今はない国立競技場に見に行ったものです…12月04日 22時30分
  • 澄んだ大気の中で☆ エルガー
    たまたま出会った先鋭な演奏ですエルガー Edward Elgar (1857-1934)チェロ協奏曲ホ短調作品85 Cello Concerto in E minor Op.85リー・ウェイ・クィン (チェロ) Li-Wei Qin (ce…12月02日 20時10分
  • ラグビー日本代表フランス遠征 引き分け☆
    さて、ラグビー日本代表フランス遠征の大詰め。フランス代表戦です未勝利の相手。フランスはもしかしたら日本相手にメンバーを落として来るかもと思いましたが今回の試合が代表デビューの選手がいるものの今年の国際試合月間でまだ勝利がなく、何としても勝と…11月29日 21時30分
  • 華麗なる大演奏 ヤナーチェク
    スイスの渋いレーベルですが以前出していた盤の装丁を変えて発売していますね下のジャケットは装丁変更前のものですこの規模の曲に当てはめる言葉かどうか考えましたがこれはやはり「大演奏」だと思いますねヤナーチェク Leós Janáček? (18…11月28日 18時30分
  • 熱情ソナタ三題 ベートーヴェン
    このソナタの聴楽は実に久しぶり初聴楽が目の前の実演だったため物凄い衝撃が、今でも残ります☆ベートーヴェン Ludwig van Beethoven (1770-1827)ピアノソナタ第23番ヘ短調《熱情》 Piano Sonata No.2…11月24日 18時10分
  • 試合終了間際の大逆転トライ☆ オネゲル
    いざ投稿しようとしたら、カテゴリに「オネゲル」がなかったので追加何度か書いているような気がしたのですが意外オネゲル Arthur Honegger (1892-1955)《ラグビー》 交響的断章第2番 Rugby : Mouvement s…11月20日 18時45分
  • この愛しい大地は永遠に…☆ マーラー
    この曲は交響曲か否かという話題がありますが頭に「交響曲」と書くと座りがいいように感じるので、そうしますマーラー Gustav Mahler (1860-1911)交響曲 《大地の歌》 Das Lied von der Erde (1908)…11月16日 18時05分
  • テンポの絶妙なコントロール☆ リスト
    いざ、この曲を聴楽する気になると、必ず候補に上がる録音です☆リスト Franz Liszt (1811-1886)ピアノソナタ ロ短調 Piano Sonata in B minor S.178 (1852)エレーヌ・グリモー (ピアノ) …11月12日 13時15分
  • 大迫力☆「氷上の戦闘」 プロコフィエフ
    Oehmsというと、装丁にあまりお金をかけない印象がありますが中身が凄いことがありまして、久々の大ヒット☆プロコフィエフ Sergey Prokofiev (1891-1953)カンタータ 《アレクサンドル・ネフスキー》 作品78Alexa…11月07日 18時40分
  • パワフル☆ ドヴォルザーク
    何やら実に久しぶりの登場です☆ドヴォルザーク Antonín Dvořák (1841-1904)チェロ協奏曲ロ短調 作品104 Cello Concerto in B minor Op.104 (1896)スティーブン・イッサーリス (チ…11月03日 14時00分