聴楽記

登録ID
1025938
サイト名称
聴楽記
URL
http://quietplace2010.blog69.fc2.com/
紹介文
聴楽記へようこそ! 関心事を書き散らしています。
カテゴリ
  • 音楽(クラシック) (100%) - 24 / 409人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • 自然に耳に届く J.S.バッハ
    「心にしみる」という言葉を敢えて使いたくなりましたJ.S.バッハ J.S.Bach (1685-1750)トッカータホ短調BWV.914 Toccata E-Moll BWV.9146つの小前奏曲集BWV.933-938 Sechs Kle…09月29日 00時05分
  • 淡い色のついた音の靄 ブラームス
    時々、丁度よいタイミングで頭の中に流れる曲ですブラームス Johannes Brahms (1833-1897)3つの間奏曲から第1曲 アンダンテ・モデラートDrei Intermezzi Op.117 - 1 Andante modera…09月26日 00時05分
  • 暁の歌 シューマン
    シューマン晩年の作品を集めた渋い曲集から…☆シューマン Rebert Schumann (1810-1856)「暁の歌」作品133から第1曲ニ長調 落ち着いたテンポでGesänge der Frühe 1. Im ruhigen Tempo…09月23日 00時05分
  • チェロ協奏曲聴楽2題 ドヴォルザーク
    最近なぜかハマっている曲の短評もどきです先日出向いた中古店内でもかかってて嬉しくなってしまいました☆聴楽した順に書きますドヴォルザーク Antonín Dvořák (1841-1904)チェロ協奏曲ロ短調 作品104 Cello Conc…09月20日 00時05分
  • すっきりとしたチェロの第一声☆ ドヴォルザーク
    コッペイさんの協奏曲、しかもドヴォルザークとは意外☆ドヴォルザーク Antonín Dvořák (1841-1904)チェロ協奏曲ロ短調 作品104 Cello Concerto in B minor Op.104 (1896)マルク・コ…09月17日 13時35分
  • 一日の終わりに聴楽する3曲 J.S.バッハ + ショスタコーヴィチ
    私的一日の終わりに聴楽したい3曲ですできれば3曲書かれた順に聴きたいバッハ J.S.Bach (1685-1750)前奏曲嬰ハ長調 BWV.872 Prelude in C sharp major BWV.872平均律クラヴィーア曲集第2巻…09月14日 00時05分
  • 書くのは難しい☆
    このブログ、もう7年もやっていますがそれにしても、演奏の中身を文章で表現するのは難しいですねただ「文章で表現する」んじゃなくて「自分の文章で表現する」っていう風に…「そんなこと簡単じゃないか」という誘惑もある数多の音楽雑誌を読めば、それこそ…09月11日 19時50分
  • 曲を自分のものにする☆ エルガー
    一つの曲を何回も聴楽して理解していくこんなことはこの趣味の最初の頃以来ですね。嬉しい☆エルガー Sir Edward Elgar (1857-1934)チェロ協奏曲ホ短調 作品85 Cello Concerto in E minor Op.…09月08日 19時15分
  • 先輩大作曲家が透けて見える☆ ベートーヴェン
    前回は「田園」ネタだったので、今回はその一つ前の作品で☆ベートーヴェン Ludwig van Beethoven (1770-1827)交響曲第5番ハ短調 作品67《運命》 Symphony No.5 in C minor Op.67 “F…09月06日 21時20分
  • むしろ、こっちの方が「田園」かと☆ ベートーヴェン
    指揮のネルソンスは、とても短かった駆け出し時代みたいな感じかなここまで有名になるとは驚きですベートーヴェン Ludwig van Beethoven (1770-1827)ヴァイオリン協奏曲ニ長調 作品61 Violin Concerto …09月04日 21時10分
  • 最後の最後に浮かび上がる長調☆ ショスタコーヴィチ
    史上、1970年以降に作曲の交響曲中、最も演奏頻度が高いんじゃないかな☆ショスタコーヴィチ Dmitri Shostakovich (1906-1975)交響曲第15番イ長調 作品141 Symphony No.15 in A major …09月01日 20時40分