「懐かしい未来」

サイト名称
「懐かしい未来」
URL
http://nikkosunadokei.cocolog-nifty.com/blog/
紹介文
富岡洋一郎と「懐かしい未来」の会 夢のあるビジョン「懐かしい未来」に向けた日々の動き、ヒントや智恵などを報告する
カテゴリ
  • 栃木県 (100%) - 19 / 169人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • 晴耕雨読はいつになったら〜 修理・自治会・古書・議案・集会・居酒屋〜
    それにしても「晴耕雨読」がなかなか実現しない。本日も「リコール」があったマイカー・パジェロミニの運転席のライトのスイッチ関連の修理を済ませ、「車検」の打ち合わせを行い、 「霧降自治会」の回覧板づくりで霧降自治会館へ。さらに「平木ちさこさん」…03月26日 00時05分
  • 平木ちさこ県議を誕生させよう 私の目標は「応援カード100人」
    私も「平木ちさこ総決起集会」に参加したあと、夕飯代わりで居酒屋へ。そこで「応援カード」を頼み、さらに頼んだ「代行車」の方にも郵送付きの「応援カード」を頼みましたー。ただでは美酒を飲みません(笑い) ただいま「応援ガード」は56人分をいただき…03月25日 23時14分
  • 吉村昭の世界は素晴らしい 2日に一冊、読み進めています。
    吉村昭の物語がどれも面白く、このところ、2日に一冊の割合で読む進めています。 「漂流」、「零式戦闘機」、「戦艦武蔵」、「海も暮れきる」(俳人・尾崎放哉の最後の八ケ月)。。。 この分だと、いずれ、「霧降文庫」で「吉村昭の世界」の企画へ。それ…03月22日 22時17分
  • 「読書の春」にようこそ(笑い) 「霧降文庫」は元気です
    ようやく春めいてきたので、これからは「読書の春」に。「読書の秋」というが、春もいいと思う。長い冬が終わり、初夏に向かう気持ちのいい季節。ここはやはり読書でしょう。「いつ読むの?」「今でしょう」(笑い)。という、「霧降文庫」の宣伝へ。&nb…03月20日 23時42分
  • 21.22.23日は3連投です  「霧降文庫」(古書店兼図書室)
    たまには「宣伝」もー(笑い) 「霧降文庫」(古書店兼図書室)は、21(祝日)、22(日)、23(月)と 3連休〜・・・ではなく、3連投しておりますー。 3月のテーマは「3・11の<伝言>」です。 古書店1400冊、図書室210…03月19日 22時35分
  • とても忙しかった一日とは〜  治療・報告・修理・買物・読書・・・・ 
    「整体治療院」(3週間に一度)を終えて、今、話題の「政治資金収支報告書」(政治団体「富岡洋一郎と『懐かしい未来』の会)を県庁8階の県選挙管理委員会に届け(訂正印何か所か)、 宇都宮から日光への帰りに「平木ちさこ」さんの「応援カード」集めに…03月19日 00時00分
  • 吉村昭を次々と読破へ 今度は「戦艦武蔵」と「零式戦闘機」
      吉村昭の「漂流」が、時を忘れるほど、あまりに魅力的だったので、本日は、別の用事のついでに寄ったTSUTAYA今市店で、「戦艦武蔵」(70年ぶりに海底で発見されたというニュースも)と「零式戦闘機」を買い求めたのです。 その次は「…03月17日 23時15分
  • 時の経つのも忘れしまいます  吉村昭の長編「漂流」
      時の経つのも忘れてしまう長編の面白さー。ただいま、500頁のうち300頁ぐらいのところ。たまたたま先週の本屋でふと買い求めた「漂流」。 吉村昭の本では、今冬だと「総員起シ」と「帰艦セズ」も。これは短篇物だが、これもよかった。大…03月17日 00時28分
  • たぶん、4カ月ぶり、外で熱燗を飲むのは。本日は日光の「ヨイノチ」
    たぶん、4カ月ぶり、外で熱燗を飲むのは。本日は日光の「ヨイノチ」で。体調がかなり戻ってきたので、その「確認」?も含めて、 壁に架けてある「しゅんや」の絵の素晴らしいことー。買いたいが、高いだろうな〜(店主は「絶対、動かさない!」と、抵抗し…03月15日 23時30分
  • われわれは死者の言葉を読んでいる  池田晶子「幸福に死ぬための哲学」
    かつての哲学者たちは、今はみんな死んでいる人たちです。つまり、死者の言葉をわれわれは読んでいるわけです。哲学書に限らず、文学書を読むのもそうですが、われわれは死者の言葉を読んでいるのです。そうしてみると・・・・ 以上はこの本の「言葉 言葉…03月13日 22時57分
  • ピケティがさまざまな「波紋」 FACEBOOKに書き込んだもの
    「21世紀の資本」について、「ともだち」がFACEBOOKにかなり同意できる内容を書き込んでいたので、私もそれに少しコメントを。 もっとも、私は600頁のうち、まだ450頁まで。でも全体像はだいたいさまざまな書評でいかがえる。それにしても…03月12日 23時20分
  • 10冊を同時並行で読んでます?  次々と魅力的な新刊本がー
      次々と魅力的な新刊本が発刊されているので、「21世紀の資本」(ピケティ)と同時並行でこれらの本も読んでおりますー〜(積んでおります?)。 実際は、毎日、そんなに読書時間がとれるわけではないので、トホホ・・・〜の状態ではあります…03月10日 23時28分
  • ところが全然違う  作家 高村薫さんに聞く「原発と日本」
      「東日本大震災後、日本人は自分たちが築いた文明に懐疑的になり、立ち止まって考えると思った。ところが全然違う。一体、日本人は何人死んだら立ち止まるのか。1万5千人余りでは足らないのだろうか。だいたい太平洋戦争で300万人も亡く…03月09日 22時53分
  • 「霧降文庫」は図書室も兼ねてます 3月企画は「『3・11』の」
    「霧降文庫」は図書室でもあります(無料ノート貸し出し)。毎週、日、月と祝日にオープン。 9日(月)も、雨上がりの霧降高原で、ひっそりと(笑い)・・やってます。(道路の雪はまったくありません)。 日光市所野1541−2546のナビでやると、…03月08日 20時56分
  • 「3・11」の  「霧降文庫」、3月の企画テーマです
    古書店兼図書室「霧降文庫」の3月は8日(日)から始まります。3月のテーマは当然、「3・11」にちなむもの。4年目です。そこで今回は「3・11」の<伝言>をテーマに、厳選100冊を用意しました。関連本は400冊。今回は図書室の本…03月07日 23時00分
  • 沖縄の米軍基地はなくすべきだ 米国国務省が1946年に
    「沖縄のような大きな人口の地域を支配下におけば、アメリカは帝国主義だという批判にさらされることになる」。沖縄を「非軍事化」したうえで、つまり基本的に米軍基地をなくしたうえで、日本に返還すべきだと主張していた。それは太平洋憲章の「領土不拡大…03月06日 23時35分
  • 「敬意が生む関係の深さ」 むのたけじさんの「視点」ー
    朝日新聞岩手版で、元朝日新聞記者というか(「戦争責任」を感じて、朝日新聞社を退社)、その後「たいまつ」を主宰してきた「むのたけじ」さんの連載「再思三考」を、先輩に教えられた。最新のエッセイである「イスラム国」をめぐる内容もすごく切れ味がいい…03月04日 23時14分
  • この外国紙の記事は非常に鋭い  「イスラム国」人質殺害事件
    いやはや、きちんとした記事、すじが通った論理です。国内のメディアでは今まで私としては読んでいない見方です。説得力もありますね。シェアします   上記のようにFACEBOOKに書いたのでした。FACEBOOKでたまたまシェアされた…03月02日 22時54分
  • 初の自主講座がスタート 「『21世紀の資本』の世界(霧降文庫)
    「霧降文庫」主催の初めての自主講座が3月1日、スタートした。会場は日光の「霧降文庫」の薪ストーブの部屋。初回は今、話題の「21世紀の資本」をテーマにした「『21世紀の資本』の世界」。当日は報告者の内藤猛美さんと私、それに3人の計5人が午後…03月01日 23時31分
  • 浅川マキはこんないい唄をー。1970年の「かもめ」を発見〜
    浅川マキは「アングラの女王」と呼ばれた1970年代から2010年まで駆け抜けたシンガーだ。たまたまFACEBOOKで1970年代の歌について、コメントしていたら、急に浅川マキの唄が聴きたくなった。 これもたまたまだが、彼女の写真はたくさん…02月28日 23時07分
  • 自主講座は3月1日(日)です  「『21世紀の資本』の世界」・「霧降文庫」
    「霧降文庫」自主講座へ いざ、来たれ! 現代の「格差」論に論理的に迫った話題の書の世界について、報告を聴き、論じ合う、現代の「寺子屋」へ。 3月1日(日、午後1時〜2時半)、「霧降文庫」自主講座・「『21世紀の資本』の世界」(資料代珈琲付き…02月27日 23時50分
  • きょうは「2・26」だった。 あれから80年かーほんの80年前かー
    < p> http://youtu.be/40wkCkKAc30 きょうはあの「2・26事件」の日でした。軍靴の音が決定的になったその日です。 これから軍部が顔を効かす世の中へ。「昭和史の決定的瞬間」(坂野潤治さんにその書名の…02月26日 23時47分
  • 高等教育は無償にすべきだ ロバート・ライシュが「世界」3月号で
    「国民は皆、自分自身を最大限に活かすために機会均等を与えられるべきだ。高水準の教育は、すべての人に無償で利用可能となるべきだ。三歳から始めて、四年生大学か職業訓練まで与えられる必要がある。 クリントン政権時代の労働長官であるロバート・ライ…02月24日 23時53分
  • 予約を受け付けております 3月1日「霧降文庫」・「『21世紀の資本』の世界」
      3月1日(日、午後1時〜2時半)、「霧降文庫」自主講座・「『21世紀の資本』の世界」(資料代珈琲付き500円)まであと5日。 定員10人。予約を受け付けておりますよー。「現代の寺子屋」です。 写真は本日の朝日新聞、とにかくピケ…02月23日 23時31分
  • 「霧降文庫」は日、月、祝日ですー 2月は22,23日と3月1日
    「霧降文庫」の宣伝が少しおろそかになっていたので、改めて告知をさせていただきます。といっても、冬に入ってから、めっきり客足が遠のいている。多くはウインタースポーツへかな。それもそうだが、ほかに寒さや降雪で外出の機会が全体的に少なくなってい…02月21日 23時29分
  • 「『複眼のセンス』を歩こう  「詩と思想」5月号にエッセイ投稿
    この3日間は、詩誌「詩と思想」5月号エッセイの締め切り(2月20日のきょう!)に追われていたー。昨夜19日にメールでようやく送付したのです(ふ〜)。なので、FACEBOOKも数日間、ほとんど開店休業でした。以下はその原稿の一部です(全文を…02月20日 20時00分
  • 食事もそこここに一気読み 「戦後史の正体」など3冊
    「裏面史」がともかく面白いので、この数日、ネットから離れて、食事もそこそこに、一気に読み終えた3冊。 基本は戦後の構造と今の構造がどうできあがってきているか。隠されていた、いや、なかなか目に触れる機会が少ない「史実」から視た世の中の構図の…02月17日 00時19分
  • 「霧降文庫」が自主講座開設 初回は3月1日「『21世紀の資本』の世界」
    「霧降文庫」が自主講座を始めます 毎月1回、「霧降文庫」は企画テーマを立てており、2月は「身辺の<経済学>」。なので、今、話題のピケティ教授の「現代の資本論」と呼ばれてもいる「21世紀の資本」について。読み込んだ報告とそれを基…02月12日 00時40分
  • 11日(水)祝日、オープンしています 古書店兼図書室「霧降文庫」
    季節は冬の底ー。真冬ですが、「霧降文庫」は11日の祝日(水)もやっております。というか、日、月、祝日がオープン日ですから。 しかし、この冬に入ってから、客足がばったり止まりました。スキーやスケボー、あるいはスノーシュー。確かにこの時期はそ…02月10日 23時08分
  • 「霧降文庫も自主講座スタートへ  「『21世紀の資本』の世界」
    いやはや、今日8日(日)の東京新聞は、世界的ベストセラー「21世紀の資本」の著者、ピケティ教授ーパリ経済学校教授ーの「大展開」でした。 社説「ピケテイと暮しの明日」それだけかと思っていたら、書評「格差縮める累進課税提言」もあり、エッセイ「…02月08日 22時18分
  • 清水の舞台から飛び降りる〜 「21世紀の資本」を購入しました
      日光図書館の予約が列をつくっているので、清水の舞台から飛び降りるつもりで―笑いー、「21世紀の資本」(出版では高い評価がある「みすず書房」)を買い求めました。5950円。 かなり高い値段と本文608頁(全部だと約700頁)とい…02月02日 23時13分
  • 2日(月)も開店しております 別荘地の迷店?「霧降文庫」
    2月最初の「霧降文庫」の1日(日)は、夕方までに5組6人の「ともだち」が五月雨式に訪れましたがー 「霧降高原のスノーシューの帰路で」とか、「借りていた本の返却に。甘酒を持参しました」、あるいは「ごとうさんが殺されたこと、知ってる?ー」など…02月01日 22時27分