東久留米みてある記

登録ID
1042258
サイト名称
東久留米みてある記
URL
http://kurome.asablo.jp/blog/
紹介文
鳥や植物、昆虫などを写真で紹介します。 東京都東久留米市。黒目川、落合川などで見かける鳥や花などを紹介します
カテゴリ
  • 鳥写真 (100%) - 30 / 162人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • ツバメの空中給餌 その2
    引く続きツバメの給餌写真です。親ツバメの嘴から虫が見えること。ヒナの口に入る直前であること。ヒナの並び方が揃っていること。この3条をクリアすべく、努力中。1枚目と2枚目は目標に近づいてきた感じもしますが、成功する前にヒナたちが巣立ってしまい…07月21日 22時51分
  • ツバメの給餌
    親がヒナに餌を与える直前の瞬間を狙っているのですが、撮れません。親ツバメの嘴から虫が見えること。ヒナの口に入る直前であること。ヒナの並び方が揃っていること。この3条件がクリアできずにいます。難しい!《Panasonic Lumix-G7 +…07月21日 01時10分
  • くてっとした顔がかわいい ツバメのヒナ
    きょうのツバメのヒナたちは、初めての紹介です。だいぶ大きくなっていますが、巣立ちまでまだ間がありそうです。近くから写真が撮れる。角度もそれほど悪くない。すてがたい巣なのですが、いかんせん暗い。かなり高感度に強いカメラを使わないと、動く姿が撮…07月20日 00時22分
  • アオサギに出し抜かれた!
    暑いし鳥はいないしと思って、コンデジ1つをカバンに入れて駅に向かいました。黒目川遊歩道を自転車で走行していると、アオサギが見えました。橋の真ん中からよく見えそうです。時間に若干余裕があったので、自転車を止めてアオサギを見ていました。念のため…07月18日 22時00分
  • ツバメの空中給餌
    ツバメのヒナたちの成長ははやく、ちょっと見ないうちにかなり成長しています。7月14日に紹介したヒナは、17日には写真のようになっていました。 親鳥はあっという間に餌を与えて飛び去ります。空中給餌を繰り返していたので、なんとか写真にしたいもの…07月17日 22時00分
  • オイカワのオス 産卵便乗派
    オイカワの産卵が続いています。水量が増えて濁りもあるため、写真が撮りにくくなりました。産卵を始めると、必ず別のオスがやってきて便乗しようとします。そうなると、もうぐちゃぐちゃ。わけがわからない事態になってしまいます。 1枚目の写真は、オスの…07月16日 23時37分
  • 黒いアゲハ
    夕方の雑木林。道路と接する外縁部を黒いアゲハが舞っていました。草にとまったかと思うとすぐに飛び立ち、円を描いて戻ってきます。また草にとまって飛び立って。ひたすらその行動を繰り返していました。何をやっているんでしょうか。とまった姿を写真にした…07月16日 01時04分
  • わが子とドッキング ツバメ
    親鳥が虫をくわえて飛んで来て、ヒナに餌を与える瞬間を撮るのが楽しみですが、なかなかうまくいきません。虫が見えるように撮るのが難しい。その虫が親の嘴ととにヒナの口の中に入る瞬間も難しい。親は頻繁に飛んで来るのでチャンスはたくさんあるものの、入…07月14日 23時21分
  • ツバメ少年少女合唱団
    駅で子育てするツバメ。ヒナたちは、親が近づくと大口を開けて「餌をくれ〜」とせがみます。その姿を見ながら、古い歌を思い出してしまいました。デューク・エイセスが歌った「筑波山麓合唱団」。作曲は、いずみたく。作詞は、永六輔。この合唱団はカエルなん…07月14日 00時10分
  • ツバメの子育て 第2ラウンド
    ツバメの子育ては、第2ラウンドに入りました。東久留米駅でも、2回目の子育てが始まっています。1回目の巣を修復して再利用しているのですが、親は同じなのか違うのか、そこがわかりません。 今回紹介する親子は、今季初めてこの巣を使います。時期的には…07月12日 23時44分
  • カルガモのヒナ軍団
    やっと時間ができたので川を歩いたら、カルガモのヒナに出合いました。時期が時期だけに、すっかり大きくなっています。7羽の集団でした。しかし、親の姿がありません。事情があったのかもしれません。《Panasonic Lumix-FZ200》 07月11日 23時27分
  • 今年もハグロトンボを見た
    毎年、この時期になると川の周辺でハグロトンボを見ます。ひらひらと飛ぶのが特徴で、見ていてなごみます。まだ、川に近い日陰にいます。梅雨明けごろには川に出てきて飛んでくれるのではないかと思います。 オスは胴体が金緑色の光沢があるのですぐにわかり…07月10日 22時33分
  • ヤブミョウガが咲いた
    自宅近くにある雑木林で、今年もヤブミョウガが咲きました。白いのが花のようです。秋になると濃い青紫の実をつけます。 花といっても地味なので、ただ撮っても面白みがありません。ちょうど、雑木林に夕日が差し込んでいたので、光をバックに撮ってみました…07月09日 02時07分
  • 荒れ地に飛ぶアオサギ
    いつもの黒目川。アオサギが飛んでくれたのはいいけれど、背景が最悪でした。一時的な大雨で川が増水し、草をなぎ倒してしまいました。そこを飛んだものだから、荒野の写真になってしまいました。バックの処理が、なんて余裕はどこにもありませんでした。《P…07月07日 23時38分
  • 夏のアオサギ
    やっと夏らしい写真が撮れました。今年は梅雨らしくない日が続き、いまになって大雨がきました。黒目川の岸に生えた草がなぎ倒されています。しかし、水量は一気に減り、この時期としては川に深さがありません。写真のアオサギが歩いているところは、こんなに…07月07日 00時16分
  • 真冬のスズメ
    いずれも今年1月に撮ったスズメです。川面の色が時間や場所によって変化するので、それを撮るのも冬の楽しみです。《Nikon D7100 + AF-S NIKKOR 70-300mm》 07月05日 00時29分
  • 産卵も楽じゃない オイカワ
    久しぶりに黒目川を歩きました。冬の写真ばかり紹介してきましたが、やっと夏の写真を撮ることができました。オイカワの産卵です。 このところ雨が降って、黒目川の水量がちょっぴり増えた感じです。それでもいつもの夏と比べれば少ない。今年は渇水の心配が…07月02日 17時12分
  • ライオンになったダイサギ
    へんてこりんな題名ですが、北風に吹かれて逆毛立つダイサギです。これも今年1月の写真。夏場はダイサギが来てくれないので、黒い嘴を紹介できないのが残念です。《Nikon D7100 + AF-S NIKKOR 70-300mm》 07月01日 00時33分
  • ステキな川面にカルガモ1羽
    これも今年1月下旬に撮った写真です。冬は寒いですが、川面に表情があります。夏場ではぜったいに撮れない色合いが、これ。《Panasonic Lumix-G7 + 14-140mm》 06月30日 00時43分
  • 寒さに負けないダイサギ
    1月半ばの午前7時。空は明るいものの、日差しはまだ届かない。霜が被った土手の前からダイサギが飛び立ちました。シャッタースピードが上がらないので、引いて撮りました。ダイサギは寒さが苦にならないのでしょうか。平気で飛び回ります。《Nikon D…06月28日 01時49分
  • 西日のコサギ
    ことし1月半ばに撮った写真です。午後3時半すぎの黒目川。冬の夕暮れはいかにも寒そうです。《OLYMPUS STYLUS SP-100EE》 06月26日 22時23分
  • 朝霧に舞うカラス
    1月に撮った写真です。朝霧が太陽に輝いていたのでレンズを向け、ピントを合わせたところで、カラスが飛び立ちました。慌ててシャッターを切ったものの、ピントは水面に合ったまま。しかし、2枚目はなんだかピントが合っているようにも見えますね。 せっか…06月24日 00時40分
  • 朱の霧に飛ぶコサギ
    これも1月、真冬の写真です。午前7時すぎ、太陽が川面に当たるころ、朝霧が朱に染まりました。岸辺でたたずんでいたコサギが対岸に飛んでくれました。《Nikon D7100 + AF-S NIKKOR 70-300mm》 06月23日 01時08分
  • カルガモの朝
    ことし1月、黒目川の早朝。周辺の家を照らした朝日が反射して川面が光っていました。そこにカルガモがやってきて、朝食と相成りました。《Nikon D7100 + AF-S NIKKOR 70-300mm》 06月22日 00時09分
  • コサギと波紋
    ことし1月、雨の日に撮った写真です。 雨がつくった波紋。コサギがつくった波紋。2つの波紋が面白かったのでシャッターを切りました。《Panasonic Lumix-G7 + 14-140mm》 06月21日 00時28分
  • 今季初見 カルガモ親子
    カルガモ親子を今季、初めて見ました。黒目川遊歩道で休憩しながら川を見たら、いました。親ガモが5羽のヒナを連れていました。ヒナはかわいいです。 カルガモ親子を見るのは、いつもより1カ月くらい遅そうです。黒目川・落合川を歩けていない証拠ですね。…06月19日 00時02分
  • 夜明けのカルガモ
    また冬の写真に戻ります。1月に撮りました。夜明けの太陽が黒目川周辺の家に反射し、その光が川面を赤く染めました。冬だから見られる色です。カルガモにはどんなふうに見えているんでしょうか。《Nikon D7100 + AF-S NIKKOR 70…06月16日 23時48分
  • 羽を繕うコサギ
    久しぶりにコサギを見ました。トップライトのような光だったので、撮りにくかったです。羽を繕い始めたので、明るいところは白飛び覚悟で写真を撮りました。《Panasonic Lumix-FZ200》 06月16日 00時40分
  • ハクセキレイの若がいた!
    忙しさにかまけているうちに季節だけがすすんでいきます。困ったもんです。 それでも昨日、6月14日、ハクセキレイの若を見ました。オイカワの産卵を確かめようと川をのぞき込んだら、目の前にいました。若いので、警戒心がイマイチです。急いでカメラを取…06月15日 00時21分
  • 魚をくわえ直すダイサギ
    魚を飲み込むときは、頭から。くわえ方によっては飲み込みにくいので、一度空中に浮かしてからくわえ直します。このときが危険で、慌てると魚を落としてしまいます。今回は、うまくいきました。1月の写真です。《Nikon D7100 + AF-S NI…06月13日 00時18分
  • コサギの舞い
    コサギの運動神経の良さは、こういうところでわかります。魚を襲っている姿です。失敗も多いのですが、その制御力の高さにはうなります。写真はピントがイマイチでした。ことし1月の写真です。《Nikon D7100 + AF-S NIKKOR 70-…06月12日 01時48分
  • 走るダイサギ
    鳥なんだから飛べばいいのに、なぜ走る? 1月、真冬の写真です。 逃げていく魚の姿が見えるもんだから、ついつい走ってしまうんでしょうね。これがコサギなら小さく飛んで魚の前に出て、振り向きざま急降下するんでしょうが、ダイサギにできる芸当ではあり…06月11日 00時12分
  • 早朝のダイサギ 魚が捕れず
    前回の続きです。ことし1月の写真。朝食にありつきたいダイサギは、果敢に挑戦しますが、まったく捕れません。魚を捕ってくれた方が私にも都合がいいので、「がんばれ!」と心で応援。しかし、その効果はありませんでした。そういうときもあるよね。《Nik…06月10日 02時36分
  • サギの川面は金屏風
    真冬、1月早朝の黒目川。反射した朝日が川面を黄金色に染めました。その川面を金屏風に見立てて写真を撮りました。《Nikon D7100 + AF-S NIKKOR 70-300mm》 06月09日 00時35分
  • ダイサギの獲物はデカかった
    引き続き真冬に撮った写真です。1月初旬。ダイサギガ岸辺近くに進み、水にいきなり嘴を突っ込みました。撮れた魚はデカイ! 型のいいオイカワだと思います。ダイサギもどことなくうれしそう。 こういう大きな魚をいま捕ってほしいのに、サギがいません。こ…06月08日 02時02分
  • ちょっと、突くなよ! ダイサギ
    今回も真冬、1月の写真です。この時期は、朝の光が好きです。 今年の冬は、ダイサギをよく見ました。多いときで7羽いました。コサギと同じで、群れると争いたくなるようです。じゃまだじゃまだ、どけどけってな感じでしょうか。アオサギも追いかけっこをし…06月06日 23時17分
  • コサギと正面対決
    今回も真冬、1月の写真です。 橋の上からサギたちを撮っていたら、正面からコサギが向かってきました。これはおもしろい! どこまでアップが撮れるか。気負っていたら、コサギが急カーブして飛び去ってしまいました。変なおっさんが待ち構えていたから、そ…06月06日 00時56分
  • あれ〜〜〜のカワウ君
    今回も真冬、1月の写真です。ハイライトは4枚目の写真です。 うまそうな魚をくわえたカワウ君。私の方に寄って来て見せびらかしています。あっという間に飲み込んでしまうのがカワウのワザ。見せびらかしてる暇があるのかと思っていたら、突然、魚が暴れだ…06月05日 01時24分
  • 枯れ葦とカワセミ
    冬の写真を整理していたら、こんなのが出てきました。撮ったことすら忘れていました。眺めていると思い出すもので、枯れた葦に埋まった感じのカワセミを撮りたいと思って、アップにしませんでした。1月初旬に撮影。《Panasonic Lumix-G7 …06月04日 00時58分
  • 魚は放さない ダイサギ
    ことし1月、真冬の写真です。 小型のダイサギが魚をゲットしました。わざとらしく頭上近くを飛んでいくコサギ。ダイサギは身を縮めました。しかし、魚はくわえたまま。みごと、胃袋に収めました。《Panasonic Lumix-G7 + 100-30…06月03日 00時32分
  • 仙人になったアオサギ
    アオサギって、どうして変な写真が撮れちゃうんでしょうねえ。何の前触れもなく口を開けることがあります。魚を食べた直後でもなく、ペリットを吐いているようでもなく…。 おかしいのは、そのあとで羽が逆毛だってしまうところです。鳥仙人と呼んでやりまし…06月02日 00時19分