看護師の語り〜ICU6年→外科病棟1年目のノート〜

サイト名称
看護師の語り〜ICU6年→外科病棟1年目のノート〜
URL
http://ameblo.jp/take-ayumu/
紹介文
看護学生さんを応援してます。 医療問題、看護、雑談を書いてます。
カテゴリ
  • 看護 (100%) - 40 / 178人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • 患者さんの尿が少ない!どうしたらいいの〜。。その5
    さてと・・・・なんか・・・一つ目の悩みなのに、えらい回数かかるな・・・ 看護師って大変ね。。 では・・・尿が作られて無い場合は、まず、インとアウトを考えよう。これがまず基本。入ってくるものが減れば、当然、尿量も少なくなります。体液が減れば…02月22日 00時15分
  • 大学卒業見込み・・・まだやってたの!?みたいな・・・
    このブログをはじめた当初から見てくれてる人はかなり減ってるかもしれないけど・・・あの時、看護学生さんや看護学校を受験した人は・・・もう立派な看護師になって新人のプリセプターとかやってるのかな。4年前に、実は看護学士を取ろうと放送大学の3年…02月21日 13時19分
  • 患者さんの尿が少ない!どうしたらいいの〜。。その4
    ある日のこと・・・又のーねんちゃんが慌ててステーションに戻ってきました。。の「ガクさんすみません!Aさんの尿量が少ないんです!!昨日は1日トータル2000mlもでてるのに、今日は12時間で400mlしかでてないんですよ!先生に報告したほう…02月17日 22時43分
  • 患者さんの尿が少ない!どうしたらいいの〜。。その3
    尿が膀胱に溜まっているのに、尿がでない・・・(尿閉)についてもう少し考えてみよう。尿が作られているのに排尿できない。つまり、膀胱〜尿道口の間に、何らかの問題があるってことが想像できる。もちろん腎臓〜膀胱の間に問題がある場合もあるけど、人間…02月16日 23時00分
  • 患者さんの尿が少ない!どうしたらいいの〜。。その2
    例えばの話・・・・ある家で殺人事件がありました。若い女性が殺害されました。でね。いきなり、犯人は一番最初に現場に駆けつけた警察官だ!なんて、いきなり疑わないよね・・・まずは、家に住んでいる家族とか、交友関係とか、その辺を怪しむよね。それと…02月16日 22時16分
  • 患者さんの尿が少ない!どうしたらいいの〜。。その1
    さて、そんじゃはじまり。はじまり。ある日、能年ちゃんが受け持ち患者さんの訪室後に、廊下をものすごい勢いで走り、ステーションに戻ってきます。救急病棟24時のようです。。「ガクさんすみません!患者さんのフォーレからおしっこが全然でてないんです…02月16日 21時34分
  • テーマ設定。。
    さぁ さっそくいってみよ〜。とその前に・・・このテーマの設定は・・・・・学校を卒業して初めて急性期病院に就職した、文字通りの新人看護師性格はちょっと天然であわてんぼう。でも愛想は良く憎めないような若手新人。名前は・・・うーん 何にしよう・…02月16日 15時49分
  • もうすぐ国家試験ですね!
    薬剤の誤投与については、一旦終了して・・・もうすぐ、看護師国家試験ですね!国試と言えば・・・天候があれるイメージが大きいです。自分の時も大雪でした。今年は・・・どうかな?っていうか・・・東京マラソンとかぶってるんじゃ・・・?これは・・・皆…02月15日 11時14分
  • 偉大なる日本のシステムエンジニアの皆さんへ
    機能評価を受けている病院なら、薬剤の投与については、一通り一定基準のマニュアルが整備されていると思う。この、マニュアルは完璧にこなせていれば、死亡事故は起きないと思うあい、薬剤インシデントも起きないはずなのだ。だけど・・・インシデントや重…02月15日 10時18分
  • 死亡事故だけは0にしなくてはならない。
      ちょっと間が開いてしまいました・・・・続き行きます。まぁ いろいろ書きましたが・・・正直・・・・現時点で、大なり小なり、薬剤のミスは0にはできないでしょう。それは、臨床で働いている皆さんがよくわかっているはず。薬剤のインシデ…02月14日 22時44分
  • 死亡事故だけは0にしなくてはならない。
    アメンバー限定公開記事です。 02月14日 22時44分
  • 何を根拠に「安全な医療を提供します」なのか?
    今回の事故をおこした病院もそうだし、自分の病院もそうだし、その他の病院もそうだけど・・・病院の理念に「安全で質の高い医療を提供します」とか書いてあるけど・・・この「安全」の根拠はいったいどこからくるのか?これは自分の考えだけど・・・1・病…01月22日 22時19分
  • 筋弛緩剤誤投与死亡事件から考える安全とは・・・
    1・筋弛緩剤誤投与 悲しいがこれが現実。 2・人間だけのチェックだけでは100%は防げない。 3・緊急とは? 4・マンパワーが足りない。忙しい。という問題 続く・・・<参考にしている図書>ねころんで読めるWHO患者安全カリキュラムガイド:…01月22日 22時13分
  • マンパワーが足りない。忙しい。という問題
    ・人が足りない。忙しい。インシデントレポートや、ヒヤリハットミーティングなどで要因としてよく挙げられる。「人さえもっといれば、ダブルチェックももっとスムーズにできるにの・・・」こういう声も多い。マンパワー不足は精神的な焦りを生み出し、作業…01月20日 08時39分
  • 緊急とは?
    今日はちょっと「緊急」について考えたいと思う。臨床における緊急とは一体どういう状態なのか??これは、人それぞれ考え方に微妙な違いがあると思う。医師、看護師、コメディカル、患者、家族、その他・・・・さらに、この枠の中でも人によって考え方に差…01月19日 11時38分
  • 人間だけのチェックだけでは100%は防げない。
    先日の筋弛緩剤の誤投与の事故について、色々考えてみた。結論からすると・・・現在のシステム(うちの病院)では、どんなに注意しても100%薬の事故を防ぐことはできない。良くて95〜98%位だと思う。なので、残りの2%の確立で今回のような重大な…01月16日 16時41分
  • 筋弛緩剤誤投与 悲しいがこれが現実。
    大阪府立急性期・総合医療センター(大阪市住吉区)は31日、がん治療のため入院していた60歳代の男性に誤って筋弛緩(しかん)剤を投与し、男性が死亡したと発表した。同センターは、男性の家族に経緯を説明して謝罪するとともに、大阪府警住吉署に報告…01月03日 21時28分