日々雑記

登録ID
1141918
サイト名称
日々雑記
URL
http://t-rakugakiki.seesaa.net/
紹介文
新書・文庫 お勧め本の紹介です。 小説、評論、音楽、映画、スポーツで人生を楽しめる本を紹介します。
カテゴリ
  • 本・書籍 (100%) - 8 / 318人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • 佐藤信弥 古代中国 周王国とは?
    こんばんは。 宮城谷昌光さんのファンにとって、古代周王朝はなじみ深い王朝です。 先日本屋さんで、新書の棚を見ていると「周」という文字が目に留まりました。「周」といえば、春秋時代と戦国時代。前半、周王朝は統一王朝を保っていましたが、第12代の…01月20日 23時27分
  • スター・ウォーズ 最後のジェダイの面白さ
    こんにちは。 昨年、ついに待ちに待ったスター・ウォーズの最新作が公開となりました。 このお正月、時間を見つけてさっそく新しい「スター・ウォーズ」を観てきました。 とにかくこの映画は、近年のハリウッド映画の中ではマーベルものと並んでドル箱シリ…01月14日 10時48分
  • 松岡圭祐 8月15日に埋もれていた意味
    こんばんは。 趣味の本屋巡りは、ときどき思わぬワンダーに出会うことがあります。 本屋さんには、明らかに店員さんの好みが反映されています。本屋さんごとに平積みされている本や本に掲げられるポップは異なっています。波長の合う本屋さんとそうでもない…01月10日 21時42分
  • 大隅典子 人の脳はこうして創られる
    こんばんは。 我々ホモ・サピエンスがこの地球に登場したのは何時の事か。これまで、ホモ・サピエンスがアフリカで生まれたのは約20万年前と言われていました。ところが、昨年の6月に驚きの発見が報告されたのです。それは、ドイツの研究者が、北アフリカ…01月07日 22時26分
  • 2018年 明けましておめでとうございます。
    2018年1月1日新年 明けましておめでとうございます。今年は、平成30年。齢も一周して還暦、結婚も平成とともに30周年を迎えました。今年は、特に感慨があります。めでたさも中くらいなりおらが春これからも人生の楽しみをひとつひとつ噛みしめたく…01月01日 09時40分
  • 真山仁 ハゲタカシリーズ2.5登場(その2)
    こんばんは。 今年も残すところわずかとなりましたが、皆さんにとって2017年はどんな年だったでしょうか。 日本では、解散総選挙によってたった58.6%の国民の支持によって勝利した安倍政権が発足5年目となり、新たに子育て支援を打ち出してさらな…12月31日 16時25分
  • 真山仁 ハゲタカシリーズ2.5登場(その1)
    こんばんは。 先日、真山仁氏の10周年記念本「売国」を読んだばかりでしたが、本屋さんに行くと文庫本の平済みにまたも真山さんの本が並んでいるではありませんか。 検察庁の新シリーズにも胸が躍りましたが、こちらは人気シリーズ「ハゲタカ」のスピンオ…12月29日 21時42分
  • 池内紀 ナチスと闘うトーマス・マンを書く
    こんばんは。 今年のノーベル文学賞は、日本出身の作家カズオ・イシグロ氏が受賞しました。 その授賞理由は、「偉大な感情の力をもつ小説で、我々の世界とのつながりの感覚が不確かなものでしかないという、底知れない淵を明らかにした。」というものです。…12月21日 22時30分
  • 真山仁 東京地検特捜部が挑む巨悪
    こんばんは。 今週は、真山仁氏の作家10周年記念の小説を読んでいました。「売国」(真山仁著 文春文庫 2016年) 久しぶりにスケールの大きな作品に心が躍りました。【真山小説の面白さ】 文庫版の解説は文芸評論家の関口苑生さんが書いています。…12月13日 17時51分
  • 長野正孝 「日本書紀」の謎を技術で解く?
    こんにちは。 日本の古代は、縄文時代から弥生時代、そして古墳時代を経ていよいよ飛鳥時代へと移っていきます。古墳時代は、卑弥呼がいた3世紀半ばから7世紀ころとされていますが、飛鳥時代とは、奈良の明日香の地にヤマト王権の都があったことからそう呼…12月10日 10時51分
  • 瀬川拓郎 縄文人とは何者だったのか
    こんばんは。 縄文時代とか縄文人、という言葉は日本人としてロマンを感じる言葉です。 文字がなかった時代、日本人がどんな生活を送っていたのかは、考古学による遺跡の発掘によってしか明らかになることがありません。 縄文とは、はじめ「縄紋」と書かれ…12月03日 23時12分