自然からのたより

登録ID
1145584
サイト名称
自然からのたより
URL
http://blog.goo.ne.jp/taka_owl_bb/
紹介文
鳥、虫たちを写真で紹介します小さな森の四季の生き物たちの命の輝きを写真でお伝えします。
カテゴリ
  • 鳥写真 (100%) - 27 / 163人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • ジェンツーペンギン雛への餌やり
    雛が嘴を突いて親が口を開けると、親の口の中に顔を突っ込みます。 お腹すいた! ねえねえ ついつい口を開けて でも出てきません ホント? それじゃ、あげましょう やっともらえた! もっと もっと もお終わりよ ■ 南極 プチ情報 ご機嫌斜めの…09月18日 00時00分
  • 鯨の骨を風除けにするジェンツーペンギン
    午前中2回目の上陸です。鯨の骨を巣や風除けに使って子育てしていました。なにしろ南極では植物が育たないので建材がありません。ちょっとでも高いことは有利です。 鯨の骨を再利用 中央は背骨でしょうか? ちょっと高くなってます 風除けにちょうどいい…09月17日 00時00分
  • マダラフルマカモメ
    マダラフルマカモメが海上で浮遊物のような物を食べていました。 海上で 浮遊物を食べて 口開けてます 海面を駆けて 駆けて 浮上 綺麗な翼の模様 飛び上がるのも大変 片足で叩いて あと少し 浮きました ■ 南極 プチ情報 ナンキョクアジサシ、…09月16日 00時00分
  • ジェンツーペンギン親子
    餌をねだる雛に親は叱るのですが、なかなか納得しません。でもそのうは膨らんでました。 今度は寝ている雛の背中をガブリ、何が気にいらなかったのでしょう? 餌をねだる雛に もうあげたでしょ! 叱られてもしつこく もうありませんよ どうして? どう…09月12日 00時00分
  • ヒゲペンギンの喧嘩
    ここでは最小のヒゲペンギンですが、三種のなかでは一番気性が荒いそうで、いつも喧嘩が絶えません。トウゾクカモメなどに狙われやすので、生き残るために自然とそうなるのでしょうね。 嘴どうしを開けて 怒ってます 噛みつかんばかり 近づいては 遠ざか…09月11日 00時00分
  • マダラフルマカモメが舞って
    海面を飛び立っては降りるを繰り返していました。どうやら海面にある何かを食べていたようでした。 海面に足をつけて 降り立ちました 海面をけって 浮上 おっと危ない 足を大きく開いて逆さまに 落下か? 前のめりになって なんとか踏ん張って 駆け…09月10日 00時00分
  • ヒゲペンギン泳ぐ
    ペンギンが泳いでいる姿を見られるのは、とても珍しいことで、海を泳ぐのに尾羽をうまく使っていました。 顔を出して 尾羽をあげた 尾羽を横にふって 降ろして 頭を海中に入れて 餌を取ったか? 呼吸して また下を見てます 呼吸して 海の中を見て …09月03日 00時00分
  • オオフルマカモメも子育て中
    オオフルマカモメのコロニーに1羽の雛がいました。親は大切そうに腹の下で温めていました。 白い雛発見! 小さいです 餌もらってます 親の優しい顔 親の舌みえます 雛の嘴見えます 盛んに食べてます 元気元気 食欲旺盛 満足気 可愛いです 雛の嘴…09月02日 00時00分
  • ジェンツーペンギンの交尾
    もうみんな子育てしているのにちょっと遅いですね、このカップル。寒くならない前に子育て終わるのでしょうか? ■ 南極 プチ情報 エレファント岬のジェンツーペンギン ジェンツーペンギンもお休み中でした。寝てます お腹いっぱい どこでもOK うと…09月01日 00時00分
  • ジェンツーペンギン親子の駆けっこ
    餌ほしさに雛は親を追いかけます。親は雛のトレーニングとばかり、懸命に走って逃げていました。 待って 親は後ろを振り向いて 懸命に走る雛 雛の方が太ってます 後ろを見ながら 待って待って まだがんばってるの? ■ 南極 プチ情報 ジェンツーペ…08月30日 00時00分
  • カニクイアザラシとゾウアザラシ♀
    白い毛皮と瞳がきれいでした。地上には僅かに苔が生えていました。 Jアラート初体験、うれしくないことです。 カニクイアザラシ睡眠中 何しに来たの? 人間観察 今日も曇りか うっとうしいな このままゴロン 僅かに苔が生えて 雌のゾウアザラシ鼻を…08月29日 00時00分
  • オオフルマカモメ淡色型
    オオフルマカモメには、全身が白いタイプもいて、とてもきれいでした。 黒い羽はわずか 抱卵中かな? こちらはまだのよう 立ち上がった ほぼ白い きれい ■ 南極 プチ情報 エレファント岬全景 全体を囲むように陸地があり、ゾウアザラシが寝ていま…08月28日 00時00分
  • キタオオフルマカモメ
    首などに茶色味が多く、嘴の先がオレンジ色です。ジェンツーペンギンと比べると大きさがわかるでしょう、とても大きいです。 管鼻孔は嘴基部の上にあり、海水からこしとった余分な塩分を排出します。とても大きく発達していますね。 ◆ キタオオフルマカモ…08月26日 00時00分
  • ヒゲペンギン帰宅の挨拶
    ペンギンの夫婦は帰ってくるととても丁寧な挨拶をします。海にはそれほどの危険が満ち溢れているのでしょうか? 頭を下げた後、お互いに空に向かって首を延ばして、声をあげます。これで終わりかな、と思ったらさにあらず、まだまだ続くのでした。5分以上も…08月25日 00時00分
  • ヒゲペンギンの腹スキー
    雪が多くなると、沈んでしまうので、腹ばいになって腹スキーのほうが効率がいいです。 腹ばいになって 楽ちんだよ 雪に埋もれちゃう 暑い暑い 暑いから雪でも食べて マイペース 帰ったよと鳴いて 雪深いなあ 疲れた! 雪が深いと大変 降り続く雪 …08月24日 00時00分
  • ナンキョクムナジロヒメウとサヤハシチドリ
    ナンキョクムナジロヒメウの卵を狙うサヤハシチドリ、でもそううまくはいきません。雪の中を餌を探すサヤハシチドリでした。 営巣地に飛んできた 怒るナンキョクムナジロヒメウ 巣に近づけさせない 警戒中 あわよくば卵を狙う ヒゲさんも警戒 二羽のサ…08月22日 00時00分
  • クジラ・ウォッチング3
    この程度の尾びれの上げ具合では深く潜らないので、またすぐ近くに浮上するでしょう。ゾディアック・ボートを操縦するのは探検チーム唯一の日本人、林ユキエさんです。氷山のなかをザトウクジラたちは悠々と泳いでいました。 氷山とゾディアック・ボート 氷…08月21日 00時00分
  • クジラ・ウォッチング2
    今回5,6頭のザトウクジラに会えましたが、尾びれや胴体にはいろいろな傷やフジツボがついているので、個体識別可能でした。 すぐそばの海面に浮上しましたが、静かに動いてくれました。ボートを転覆させるようなことはしない賢い哺乳類だそうです。 すぐ…08月20日 00時00分
  • アデリーペンギンが歩く
    ペンギンの嘴と舌には鋭い棘のようなかえしがあり、捉えた獲物を逃がさない構造になっていました。 上陸して歩く よいしょ よいしょ 一休み 石を運ぶアデリー 嘴と舌には鋭いかえしが 大股で、さあ、海へお食事 海へ 行くぞ 入ろう 顔をつけて ド…08月18日 00時00分
  • ジェンツーペンギン親子
    ジェンツーペンギンには頭に白いカチューシャがあるのですが、雛にはまだありませんでした。 ジェンツーペンギンの雛たちは、ある程度大きくなるとトウゾクカモメなどに襲われる心配がないので、自分たちだけの集団で親の帰りを待ちます。ここはクレイシ、共…08月17日 00時00分
  • アデリーペンギン親子
    アデリーペンギンの雛は全身黒い毛で覆われています。ちょっとでも高台の巣は水がたまらないので有利です。 親より大きい 兄弟、がっちりした足 岩の上の巣 ここは素晴らしい まだ小さな雛 親子をつなぐ糸 はいはい つぶらな瞳が可愛い もっともっと…08月16日 00時00分
  • ペンギンの周囲をうろつくサヤハシチドリ
    サヤハシチドリはペンギンたちの周囲をうろついて、餌を探していました。 ◆ サヤハシチドリ チドリ目サヤハシチドリ科 38cm Snowy Sheathbill 56S1 ペンギンの所に来て 餌を探す サヤハシチドリを見つめるペンギン 嘴から…08月14日 00時00分
  • ペンギンたちがお出かけ
    これから餌を食べに海にお出かけです。ヒゲペンギンは一番小さいので、トウゾクカモメに雛を取られやすいので皆で協力して防衛します。 飛び込み 次々 飛び込みます 足の裏黒い 様子見 あごの下が黒い子 ヒゲペンギンが残った ■ 南極 プチ情報 初…08月13日 00時00分
  • 三種のペンギンが勢ぞろい
    この島には三種のペンギンが勢ぞろいしてました。大きいほうから、ジェンツーペンギン、アデリーペンギン、ヒゲペンギンで、同じ所で仲良く子育てしていました。 左からヒゲ、アデリー、ジェンツー みんなで移動 左へ 立ち止まって みんなで右に 移動し…08月12日 00時00分