こんな気持ちでいられたら

サイト名称
こんな気持ちでいられたら
URL
http://blog.goo.ne.jp/kentagoo1208
紹介文
悩み多き中年病理医が毎日思うこと いつも穏やかで、優しい気持ちでいたいものです。
カテゴリ
  • 医学 (100%) - 22 / 175人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • JAGUAR(ジャガー)の傘
    私はJAGUARの傘を使っている。“しずく形”とかいう、傘の一方向が張り出しているもので、風向きや、持っている荷物の按配で向きを変えて雨風をよける。使い始めてもう5,6年になる。日常ローテーションして使っている3本…10月21日 20時11分
  • 女性と男性の立ち位置は違うのだから
    この年になって、やっと女性と男性の違いというものが理解できるようになってきた。 生物学的に、女性と男性は違っている。構造がこれほど違うのだから、社会的適性も違うのは当然だ。どんなことがどう、女性に向いていて、男性に向いているか、ということ…10月20日 20時02分
  • 友達が来てくれた
    今日は、友人3人が私の家に来てくれた。なんだかんだいっても、鎌倉は遠い。 奥さんやお子さんも一緒で、なかなかのにぎわいだった。 娘もナイトもお手伝いしてくれた。 私のようなのでも、遊びに来てくれる友人がいるのは、ずいぶんな幸せかと。 さあ…10月19日 20時32分
  • 外の世界を見に行こう
    研修医レベルの若い医者が、学会とか研究会の発表に使いたいからと病理組織の写真をもらいにくる。そんなとき感じる情けない思いは以前書いたが、それよりも彼らにとってより深刻な問題があることに気がついた。 あまりにも外の世界を知らない。多くは日本…10月18日 15時15分
  • 私が今、やりたいこと
    不肖コロ健が今、一番やりたいことってなんだろうと考えてみた。 言い換えると、今、なんでもできるとしたら、それはなんだろうと。 そうしたら、私の頭に浮かんだことは、 ・まだ未診断の症例を片づける。 ・一年以上温めている論文を書く。 ・同じく…10月17日 06時49分
  • 深まる秋を楽しみながら
    この前の台風で、サルスベリの花はすっかり落ちてしまった。夏の気配はこれですっかり消えた。 キンモクセイも鎌倉はもう終わってしまっている。東京は今が満開、あとどのくらい香りを楽しむことができるだろう。  街路に植わるハナミズキには…10月16日 20時44分
  • 売れる文、売れない文
    先日、不肖コロ健に原稿の依頼があった。こんな私に仕事を下さった方に感謝しつつ、あることを考えた。 依頼された原稿はもちろん、病理に関連した内容である。私の専門領域のことを書くように依頼されている。そろそろ、とりかかろうと思っている。無事脱…10月15日 19時56分
  • 自然災害の多い国に生きる
    昨日、病院から帰ってからというもの、一時間おきにテレビの台風情報をみていた。そこにはこの細長い国土を縦断する台風の進路が映っていた。不安のうちとはいえ、日付の変わる前には寝床に入り、轟々という暴風の音を聞きながら寝入った。 起きてみれば、…10月14日 06時38分
  • それにしても頭がいいなあ
    これまで私があった中で、5本の指に入るであろうと思われる優秀な先生が研究所にいる。頭脳明晰で、事務処理能力も高い。礼儀正しさも折り紙付きである。 そんな彼と、先週話をする機会があり、そのときに今度の台風19号の話が出た。 不肖コロ健が、「…10月13日 16時02分
  • 私には私なりの限界がある
    昨日一日、ぼーっとしていてほとんど何もできなかった(メール1本出しただけ)。 Facebookを読むと、スーパーマンのように活躍している友人の書き込みがある。そういったものを読むたびに、不肖コロ健も頑張らねばと思うが、なかなかそういかない…10月12日 09時30分
  • 四半世紀、半世紀、1世紀
    今年のノーベル物理学賞を受賞した青色LEDの研究が行われたのが25年前とのこと。四半世紀だ。 先日、昼食中に同僚とその話をしていたとき、不肖コロ健、「四半世紀か。俺は半世紀生きて来たけど、世の中変わったよな。(50年前には)東京オリンピッ…10月11日 10時28分
  • 今年も10月10日は晴れ
    村上春樹は今年もノーベル文学賞を逃して、ハルキストの涙雨が降るかと思ったが、やっぱり10月10日は晴れる。 仕事に出る前、フラットコーテッドレトリバーのナイトの散歩に家の周りを歩きながらそう思った。 10月10日は晴れの特異日で、50年前…10月10日 20時41分
  • 自分の人生と向き合って生きる
    昨晩の皆既月食は私の人生で何回目のものだったのだろう。理科年表でもみて調べたらいいのだろうけど、そういう意味ではなく、月食を見たという記憶そのものがない。 ブログを書くときに、昔のことを思い出そうとしても、いろんなことが忘却の彼方へと消え…10月09日 21時29分
  • 信じたことを諦めず頑張る
    昨晩のノーベル物理学賞を日本人三氏が受賞したとの報、たいへんうれしかった。   そのとき、以前、知り合いの先生に「なぜ、お医者さんになったの?」と尋ねた時のことを思い出した。ちなみに、その先生はある名門大学の理科系学部で修士号ま…10月08日 21時00分
  • 私には友達が少ない
    私には友達、友人、というものが多いのか少ないのか、それともいるのかいないのか。若い頃、そんなことをよく考えた。そういった時の結論として私には友達が少ないが、数人の親友ならいる、と考えていた。だが、その親友たちとも数年会っていない。 友達が…10月07日 07時02分
  • 台風直撃でわかったこと
    10月6日午前、台風18号が関東地方を直撃するということで、昨日の晩から病院に泊まった。家のことも心配だが、妻も息子も娘もいるので、大丈夫だろう。 迅速診断も病理解剖の依頼も入っていないので、病理医が半日くらいいなくても患者さんへの直接の…10月06日 20時23分
  • バリアフリーは子育てママの目線で
    不肖コロ健、今から20年ほど昔、そこそこのイクメンだったと思っている。イクメンだったからといって、それがいいことなのかわるいことなのか、結果としてよかったのかなどわからない。よかったとすれば、子供がどう育ったかというよりも、いまだに私が妻…10月05日 17時38分
  • あれから34時間・・・自分の発表の自己観察
    あれから昨日の朝、切羽詰まって大騒ぎして記事をアップしてから34時間。一部、時間に錯誤があったので、昨日の記事のタイトルを書き換えた。 今はもう、帰りの新幹線。のんびりしたものだ。  某臨床系学会のシンポジウムでの発表にあたり、…10月04日 17時32分
  • あと、30時間
    半年前から頼まれていたシンポジウムでの講演、気がついたらもう明日のことになってしまった。 招待される学会は初めて参加するところで、テーマは臓器は専門だけど、疾患はこれまで扱ったことが無い新ネタ。この間の学会から帰ってからというもの、この講…10月03日 06時43分
  • 2014年9月の読書記録・・・もう終わってしまうの?
    朝日新聞の夕刊で連載されていた、精鋭、おとといであっけなく終わってしまった。朝日新聞の購読をやめたら、医局でとっているのを読むしかないと思っていたのだが、その心配は、これまたあっけなくなくなってしまった。いつ、大活劇が始まるのかと毎回わく…10月02日 22時17分
  • お返事が遅くなってしまい、申し訳ありません
    また、やってしまった。十日前に頼まれていたコンサルテーション診断、先週のうちに診断はつけておいたのに返事を出すのが遅かった。依頼主の先生から、問い合わせの電話がきてしまった。上司らと一緒に診断をつけておいて、診断文を考えているところだった…10月01日 06時50分
  • 今年も残すところあと三月
    サルスベリの花もそろそろ終わり。これで夏も終わりだ。 今年の夏もいろいろあった。 なんでも、あっという間に過ぎてしまって、一つ一つを確かめることはできなかった。 今年も残すところあと3か月。 きっとまた、あっという間に過ぎてしまうのだろう…09月30日 21時12分
  • 悲しいキンモクセイ
    秋分を過ぎ、街にはキンモクセイの馥郁たる香りがそこかしこに漂っている。 このブログ、こんな気持ちでいられたら、でもキンモクセイのことには何度も触れている。 私のお気に入りのキンモクセイは、自宅周辺のほかにも何か所かにあって、いちばんのお気…09月29日 20時26分
  • 今日はじっくり勉強日
    今日は、朝のうちにフラットコーテッドレトリバーのナイトの散歩を済ませ、風邪気味で家にいる娘と一緒に勉強することにした。 某学会のシンポジウムでの発表は今度の土曜日。 発表原稿はできたが、やっと病理の写真がそろったところ。どうしても論文2本…09月28日 11時24分
  • プレゼンテーション能力の著しい劣化
    この間のカンファレンスでの症例のプレゼン。あまり上手にできなかった。最近ちょっとこういうプレゼン力が落ちていると自覚することが多い。 原因はいろいろあるだろう。 まず、勉強不足。 論文の読み込みが足りない。教科書もところどころ忘れていると…09月27日 07時48分
  • みごとに男ばかりなり
    先日、日本維新の会という政党が維新の党と名前を変えた時の旗揚げを報じていたNHKの画面をみて驚いた。 壇上で気勢を上げているのは、見事に男性ばかり。これは圧巻だった。 「これ、一体、なに。男しかいないじゃない。」不肖コロ健、絶句した。別な…09月26日 22時00分
  • これでは女性はつらかろう
    不肖コロ健、通勤経験は長い。片道一時間以上かかる鎌倉東京の通勤はかれこれ20年になる。そんな私だが、最近ちょっと体力が落ちてきたからだろうと思うのだが、通勤電車がつらくなってきた。 こうなってみて通勤電車に乗っている女性はえらい、というか…09月25日 21時05分
  • 女性に意地悪な社会
    「女の人は、幸せでいないといけないの」というのは義理の母の口癖だった。 彼女は今でも、そう思っているに違いない。だが、数年前に未亡人となった彼女を、娘夫婦である私達が今幸せにしてあげているかといわれると十分にはしてあげられてはいない。 女…09月24日 06時22分
  • 帰り道、子猫をじゃらした
    昨晩、病院を出たところにある大きな公園の植え込みの中で、猫がいた。 最初はどんな猫だかわからなかったのだが、よくみたら、子猫だった。 この猫の模様ををどういう柄といえばいいのかわからなかったのでネットで調べてみたら、白が混じっているのでサ…09月23日 09時15分
  • 朝日新聞の謝罪記事にふれて
    相変わらずわが家では朝日新聞の購読をやめることなくダラダラと続けている。妻とも毎日のように、購読を続けるかどうしようかと話し合っているが、答えは出ない。投書欄(声)に、いったん購読をやめるという人の意見が掲載されていたが、毎朝配達してくれ…09月22日 06時59分
  • この段葛、これで見納め
    鶴岡八幡宮の参道、段葛が全面改修されるそうだ。今年の4月に発表された説明では桜の木の植え替えだけで、来年の正月には終わっているという話だったが、どうせやるなら本格的にということか、1年半と長期の改修工事になるらしい。 鎌倉駅前のロータリー…09月21日 10時47分
  • 会場にいる病理医は集まってください
    先週の国際学会でのこと。 とある病態についてのワークショップが行われて、最後に司会者が国際的な診断基準の必要性について述べた。 そうしたら、もう一人の司会者が、「会場に病理の先生はどれぐらいいますか?手を挙げて下さい。」と呼びかけられた。…09月20日 18時11分
  • 将来伸びてもらいたいお医者さん
    おとといの晩、時差ぼけでしんどかったのだが、病理の勉強をしたいという後期研修レジデント10人ほどを相手に、顕微鏡を一緒に覗きながらああだこうだ話していたら、あっという間に2時間過ぎた。この勉強会、学会に出かける前に約束していたので、ずらし…09月19日 19時27分
  • そろそろリセット
    12時過ぎに寝ても、夜中の2時には目が覚めてしまう。それきり目はさえ、6時前の起床まで眠れない。昼間は後頭部のあたりが痛重く、目がショボショボする。 検体、標本はバーコードで認証するので、取り違えることはまずないが、同じ臓器の診断が続く時…09月18日 06時41分
  • 日本は宝の持ち腐れ
    フランスは観光立国だ。初めてフランスに行ってみてそのことがよくわかった。たしかに観光資源に溢れていた。 ブルボン王朝とナポレオンがかき集めた世界中の財宝と人民から搾取して作った立派な宮殿に、年間八千万の人たちが訪れる。これに比べて日本への…09月17日 07時43分
  • 海外と触れるということ
    自分自身の力不足が原因なのはわかっているが、不肖コロ健、医学の研鑽、勉強のために海外に出るようになったのは四十を過ぎてからと遅い。専門が決まったのもその頃であり、その分野での学問上の友人はまだ数えるほどしかいない。   国際学会…09月16日 22時25分
  • STAP細胞論文と朝日新聞の従軍慰安婦報道の共通点(結)
    先週一週間、パリであった学会出張のため、記事はその前から書き溜めておいたものをのせた。この、『STAP細胞論文と朝日新聞の従軍慰安婦報道の共通点』は一連の流れが同じ点だということでテーマにしてみたのだが、どうだっただろう。 そして、学会出…09月15日 19時29分
  • ハレの街で観光立国
    1週間ほど、国際学会のため、パリに出張していて、今夜帰国した。 発表前後の時間を利用していくつかの観光スポットを訪れた。思っていたよりよほど広かったのだが、東京同様、地下鉄が整備されているので移動は楽にできて助かった。 鎌倉同様、パリにも…09月14日 20時58分
  • STAP細胞論文と朝日新聞の従軍慰安婦報道の共通点(転の2)
    朝日新聞の従軍慰安婦報道はSTAP細胞論文のようにはいかなかった。 朝日新聞は部数さえ伸びたらいいと考えていたのではないか。だから、日本人相手に日本語の記事を書いてさえいたら安心だった。だが、そうはいかなかった。 一方の当事者である韓国が…09月13日 07時12分
  • STAP細胞論文と朝日新聞の従軍慰安婦報道の共通点(転の1)
    転機はそれぞれのタイミングで訪れた。 STAP細胞論文は科学論文の常で検証実験が行われたが、再現性のないことがあっという間に露呈した。たったの1週間で樹立できるようなことを書いてしまったのだから、馬脚を現すのも早かった。せめて樹立まで三ヶ…09月12日 18時54分
  • STAP細胞論文と朝日新聞の従軍慰安婦報道の共通点(承)
    朝日新聞は従軍慰安婦問題が、多くの日本人の心をつかんだことで、さらに大々的にキャンペーンを展開した。旧日本軍を絶対悪とする立場の人たちも、格好の題材として利用した。二十万人もの女性を監禁することが、可能かどうかというような議論は封じ込めら…09月11日 18時54分
  • STAP細胞論文と朝日新聞の従軍慰安婦報道の共通点(起)
    これまでにも何度か書いてきたが、不肖コロ健、親の代からの朝日新聞を購読している。従って従軍慰安婦報道は本当にあったのだと思っていた。だから、それがねつ造記事だったということを知って深く落ち込んだ。 また、小保方博士のSTAP細胞の論文も全…09月10日 07時36分
  • 過去のこと、未来のこと (下)
    完璧な過去など誰も持っていないし、確実な未来というものなどどこにも無い。 人類の歴史そのものがそうであるし、宇宙がどうなるかなんて、誰も知らない。 不肖コロ健、ずっと自分過去を悔やんで生きている。 学歴のこと、職業のこと、毎日の仕事のこと…09月08日 07時11分
  • 過去のこと、未来のこと (上)
    過去を変えることはできないが、未来を変えることはできる。 自らが望む未来がはるかかなたにあって到達できそうになく思えても、あきらめたら、未来には永遠にたどり着けない。 そのためにはどうしたらいいか。一つ一つ考えてみる。 何よりもまず、健康…09月07日 23時45分
  • 可能性は示唆されない
    9時から15時までの研究会、疲れた。途中で、幹事会とか総会もあって、事務局を仰せつかっているコロ健、休みなしで一日過ごした。 自分の発表もあったし。 ところで、以前から気になっている事がある。 発表の結論のところで、 「・・・という可能性…09月06日 17時47分
  • 馴れない時間帯の通勤ラッシュ
    関西方面に学会などで出張するときは、都内の病院まで行かないで、新横浜から新幹線に乗る。 いつもの通勤時間なら横須賀線はすいているので9割方座る事ができるのだが、今日のように少し遅い時間だと座る事はできない。鎌倉横浜間は30分もかからないの…09月05日 08時37分
  • 内閣改造とコロ健の日々
    週の半ばを過ぎたばかりといえばそれまでだが、もう木曜日になってしまった。不肖コロ健にも等しく木曜日がきた。 世間では第二次安倍晋三改造内閣が発足した。   二年近く改造をせずにいたということは、前の内閣、おかしな不祥事も起こさず…09月04日 06時38分
  • 傘をさして歩くのは難しい
    おとといの晩はずいぶんな大雨だった。幸いにも一番大きな傘が病院にあった。置き傘のローテーションにも運不運があるが、おとといはラッキーだった。 その大きな傘をさし、いつもどおりに病院から駅まで歩いて帰ったのだが、結局はずいぶん濡れてしまった…09月03日 05時00分
  • 2014年8月の読書記録・・・当事者の考え方
    いずれもさらっと読めるだろうと思っていたのだが、いずれ劣らぬ力作。どちらの著者も真剣に問題を捉えていた。女性問題を女性の視点から、日韓問題を韓国人の視点から。 どちらについても、私たち日本人男子はくさいものに蓋で先延ばしにしてきたことはな…09月02日 06時44分
  • 炎暑対策ベストファイブ
    9月に入った。 今年の猛暑もなんとか乗り切ることができたということで、いろいろやってみた暑さ対策のうち、これは有効だったと思われたこと五つを挙げておこう。 5位 てんか粉 家を出る前はみんなが使っているパウダー、病院についてから仕事に取り…09月01日 06時56分