FUKUUの写真・書芸俳句、または五七五

登録ID
1222653
サイト名称
FUKUUの写真・書芸俳句、または五七五
URL
http://fukuu-haiku.jugem.jp/
紹介文
写真俳句を詠みます。書芸を組み合わせて〜 排ガスの道路に揺れる花が咲く〜そばにある綺麗なモノを拾って、花が咲きますように
カテゴリ
  • 俳句・短歌 (100%) - 17 / 179人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • アベリアの花の重みにこぼれたり
    アベリアの花の重みにこぼれたり あべりあの はなのおもみに こぼれたり 白く咲いた花がこぼれるように 恋したい 咲いた花が 花びらの重みでこぼれていくように 好き と言いたい いつものアスファルトの道を歩く 風が吹いて 左から 手のひらくら…09月20日 14時53分
  • 青と思ひし朝顔の緋色に咲けり 我が身の内よ
    青と思ひし 朝顔の 緋色に咲けり 我が身の内よ あをとおもひし あさがほの ひいろにさけり わがみのうちよ 育てていた朝顔が 咲いたら ピンク色だった 緑色の小さな蕾が割れて ピンクのスカートが ヒラヒラはみ出した 朝顔といえば 青い花が咲…09月18日 21時20分
  • 地下鉄の冷蔵庫めく我は魚
    地下鉄の冷蔵庫めく我は魚ちかてつのれいざうこめくわれはうを電車の車窓に雨が点線を描いて、小さなレンズが現れる夏に開ききった葉の濃い緑色が、雨粒に染まるグレーのコンクリートと交差する雨で湿気が重いけれど車内は冷房が効き過ぎていて、冷蔵庫の中…09月12日 12時30分
  • 熱のある我月の射す水飲めり
    熱のある我 月の射す水飲めり グラスは 外の湿気に たちまち濡れて、 指でぬぐうと 氷が揺れた ねつのあるわれ つきのさすみづのめり グラス越しの水は 光を帯びて 指で触れることはできず、 唇から滑り堕ちた JUGEMテーマ:花の記憶 09月07日 20時34分
  • 世界一かわいい犬や蝉時雨
    世界一かわいい犬や蝉時雨 愛しい君を乗せた 黒塗りの車は いつもの坂道を登って 桜の木を左折して 見えなくなった 桜は 葉を茂らせて 夏の終わりの重さに 揺れた JUGEMテーマ:花の記憶 09月02日 23時17分
  • 月は三日月 月思ふらむ
    月は 三日月 月思ふらむ JUGEMテーマ:花の記憶 08月27日 22時09分
  • 体調のすぐれぬ君や花茗荷
    体調のすぐれぬ君や花茗荷 たいてうの すぐれぬきみや はなめうが 好きな人の体調がすぐれないと 悲しい 悲しんでいてもしょうがないので どうしたら良いか 考える まずは ありのままを受け入れて。。 JUGEMテーマ:花の記憶 08月25日 20時19分
  • ひさしぶりビルの谷間の入道雲
    ひさしぶりビルの谷間の入道雲 会議室には 蝉の声 JUGEMテーマ:花の記憶 08月21日 15時26分
  • ポップコーンはじける仕組み恋蛍
    ポップコーンはじける仕組み恋蛍 ぽっぷこーん はじけるしくみ こひほたる Popcorn Popping Mechanism glow of a firefly 炎環2017年8月 炎環2017年10月 JUGEMテーマ:花の記憶 08月14日 15時29分
  • 歯車のカチリとはまる夏の空
    歯車のカチリとはまる夏の空 はぐるまの かちりとはまる なつのそら ロッキンジャパンは、雨降りのフジロックと比べると ほどよく晴れて、ほどよく曇り空で ラクチン。 よく手入れされた芝生はふわふわで、 座ってステージを待つことにした。 虹色の…08月09日 18時36分
  • 蓮の葉のめくれるままや夕間暮れ
    蓮の葉のめくれるままや夕間暮れ はすのはの めくれるままや ゆふまぐれ 蓮の花を見に行ったら 蕾で、 蓮の葉がきれいに広がっていて 風が吹くたび、めくれて 白い葉の裏がみえた。 風の軌跡だと思った。 めくれては戻り、めくれては戻り。 フワフ…08月04日 19時41分