焼肉竹公式ブログ 笑売日記

登録ID
1246541
サイト名称
焼肉竹公式ブログ 笑売日記
URL
http://ameblo.jp/80011691
紹介文
焼肉屋の親父である前の人間ブログ。脂滴る七輪の煙の向こうに私が見たものとは……。
カテゴリ
  • 焼肉 (90%) - 1 / 29人中
  • 滋賀県 (10%) - 12 / 116人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • こだわりVS素直さ
    正直言って、こだわりというものがない。近江牛を看板にしてはいるが、これは私自身が好きでそうしているのではなく、ましてや地産地消に貢献しているつもりもない。ただ、ただ、多くのお客さんのニーズだからである。何も松坂牛や飛騨牛、米沢牛などのブラ…10月06日 05時21分
  • 月見キムチ
    真夜中にキムチを漬けました。だいたいいつもこの時間帯になるのです。昼間の喧騒は落ち着かず、夕方は営業中でままならず、かといって朝は起きられず、草木も牛も眠る丑満時に心満たされた状態ですると、美味しくなる気がするのです。そう言えば、丁度十五…10月05日 22時40分
  • 深まりゆく秋に肉の華
    秋は深まり、心遠ざかる冬の足音。そんな季節、古里の爺ちゃん婆ちゃんの古里に帰ってきたような店で、暖かな炭火を囲み、気の合った仲間や心の結束し合った家族と共に、最高級の近江牛焼肉で箸を交えるのは如何でしょうか。舌鼓をうちながら、日頃の何気な…10月04日 14時22分
  • 美しき風景にふと立ち止まり
    仕入れ先の中川養鶏場近くに来て、あまりにも美しい風景に思わず車を止めて魅入っていた。凛と咲く彼岸花の赤に一面の白い蕎麦の花畑。またこの季節が巡り来る。お袋が亡くなって三度目の秋。曼珠沙華。この世では赤く咲き、あの世では白く咲く。花言葉が過ぎ…10月02日 17時56分
  • 本当の自分に出会うために-1-
    自分が本当は何がしたいのか分からずに、ただ漠然と生きていることに気づく。久しぶりに会った友もそうだった。人が死ぬ間際に後悔することで1番多いのは、冒険しなかったことだという。やりたかったことになぜあの時チャレンジしなかったのかと。でも、そ…09月25日 12時52分
  • 夜の駐車場で
    答えなどどこにもありはしない。当てなどどこにもなく、寂しくて悲しくて、道にしゃがみ込んで膝を抱えても、誰も手を貸してくれない。倒れても、倒れても、自分の手で大地を支えに立ち上がり、ただ今を、自分を生きるだけだと唇噛み締めた。それでもこの旅…09月24日 13時06分
  • 焼肉竹の存在理由
    全責任は店長が負う。常に最高の料理と最大のおもてなしでお客様を迎え入れる。言うは易し、行うは難しですが、高校生を主力にした当店のスタッフたち。それがどんなに難しく、遥か彼方に佇んでいることか。教育不足、マニュアルの欠落は周知の事実。お客様…09月23日 13時07分
  • 掌の故郷
    山の上、掌の故郷。掴めぬもどかしさ。夢や心のように届かない。形があるのに辿り着けない。中途半端だった夏が終わり、赤とんぼが飛ぶ頃。田畑に囲まれた近くて遠い母校を見下ろしている。真ん中やや右の八日市北小学校鬼ごっこ。走り回った体育館。いつの…09月19日 20時47分
  • 嵐の前のペットたち
    嵐の前の静けさとはこの時。夜の台風襲来に備え、家のシャッターをすべて下ろす。暗くなり夜と勘違いしているのか、今はいつもより落ち着いて眠っている我が家のペットたちを心配する。プードル犬プチは雨風の日にも堂々としているが、シーズ犬のハイドは、…09月17日 15時14分
  • 人生の朝
    人は悲しみの中にいる。どんなに笑っていても、心の奥に生きていることの悲しみが宿っていなければ、決して腹の底からは笑えない。人生で一番悲しかったことはと問われれば、母親が亡くなった時だと迷うことなく答えられる。もう、それ以上苦しませないで。…09月17日 12時59分
  • 新たな脇役登場
    ネーミングはふざけてますが、作るのは真剣、味は確かです!メニューに新たなカテゴリーが生まれました。「牛肉の醤油漬け」20年の歳月を経て味付け、見た目を現代風にアレンジして復活させた「ア・カン・ヴェー」(タン使用)の人気に確かな手応えを感じ…09月14日 23時57分
  • 人生はルーレットのように回り続けている
    そもそも人生は不可思議だ。人の命も風まかせ、雲のように生まれては翻弄され、姿形を変え、やがて消えていく。爆弾が雨あられのように降り注ぐ中でも生き残る人がいる一方、たった1発の弾丸であえなく倒れ果てる人。大きな災害に見舞われながら奇跡的に助…09月11日 22時16分
  • やりたいことをやるために
    「2種類の人間がいる。やりたいことやっちゃう人とやらない人。やりたいことやってきたこの人生。おかげで痛い目にもあってきた。散々恥もかいてきた。誰かの言うことを素直に聞いてりゃ、今よりずっと楽だったかもしれない。でもね、これだけは言える。や…09月10日 15時03分
  • 夢から覚めたら
    子供の頃からおっちゃんと呼んでいる人がいる。若い頃、と言っても40代半ばだったおっちゃんは、金を回し、土地を転がし、人から憎まれても血気盛んな手腕を発揮しては自分の商売をこの町一番になるほどに伸ばし、商事会社として手広くやっていた。まだ小…09月09日 15時12分
  • 心の目
    牛肉は、端から端まで金太郎飴のように上質な霜降りであれば良い。しかし、人は違う。一人一人が個性を持ち、その持ち味を生かせるからこそ、世の中や地球は丸くいられる。そしてその性格に基づく信念を勝ち得たら、あとは直向きに己の道を歩めば良い。2店…09月08日 03時54分
  • 「三角バラ」「トンビ」のコンビネーション
    霜降り肉に赤身。好みに合わせて気軽にチョイスできるのも焼肉の魅力です。両方オーダーするのも良し。それぞれ数多くの種類を取り揃えてあるから、霜降り肉一手、あるいは赤身三昧にするのもお好きなように。。。さて、今夜はどういたしましょう? 09月07日 20時12分
  • 無知
    何も知らないから、知を得ようとした。誰も教えてくれないから、答えを求めて手にした書籍を片っ端から探した。真実が見えないから、夜空や湖、山や緑を見つめた。耳障りな騒音ばかり聴こえてくるから、風に耳をそばだてた。愛が感じられないから、路傍に捨て…09月07日 03時29分
  • 少年のうた
    ひねくれた少年がいた。10代後半には、世の中を斜めに見ていると思い込まされていた。でも今は違う。学校制度や世の中が曲がっていたんだと確信した。まともな人間ならば、規則で縛り、生徒の個性より、きをつけ、止まれ、回れ右などと、学校の都合の良い…09月06日 05時36分
  • 焼肉竹の三大テーマ
    こうして焼肉屋のお兄ちゃんから親父と呼ばれるまでこの道でやって来た。稀に見るカイノミ(1,480)若い頃。タンの皮むきは悲惨だった。切れない包丁、研げない包丁。俎上は戦場さながら血まみれになった。もちろん、肉からではなく、我が指からのそれで…09月04日 12時44分