ペンと絵筆inアフリカ

登録ID
1249320
サイト名称
ペンと絵筆inアフリカ
URL
http://pen.osada.co.za
紹介文
アメリカ5年、南アフリカ25年、海外在住歴計30年のアーチスト・ライター・武道家・旅人。
カテゴリ
  • 海外永住 (100%) - 8 / 128人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • トランプ、アフリカにも悪影響 野生動物保護の危機
    アフリカにはあまり影響がないと思われていたトランプ政権だが、11月15日(水)大変迷惑な発表を行った。「アフリカでの狩猟を促進する」というのである。その理由は、アメリカ人ハンターがアフリカに出向き、絶滅危惧種を含む大型動物を殺すために大金を…11月20日 01時28分
  • 「立派な国ランキング」発表。世界に最も貢献している国は?
    6月23日、「Good Country Index」が発表された。この指標における「グッド・カントリー」の定義は、自国の枠を超え、より良い世界を築くために貢献している国。いわば、「立派な国ランキング」である。調査を行ったのは、過去20年間に…11月16日 23時44分
  • 南アフリカの公的医療 悲惨な現実(3)お父さんの死
    10月16日朝4時、エミリア(お母さん)から電話。アケ(お父さん)が亡くなった。たった今、病院から連絡が入ったという。10月9日の夕方に入院してから、6日半後の死だった。その間、検査も診断もされず、医師にも看護婦にもスタッフにも冷たく扱われ…11月11日 23時43分
  • 南アフリカの公的医療 悲惨な現実(2)タンボ記念病院
    アテ(お父さん)が国立総合病院「タンボ記念病院」に入院した。タンボ記念病院はジョハネスバーグから東へ30キロ。ボックスバーグという町にある。今までの経過をまとめると、10月9日(月) しばらく下痢が続いたので病院に行く。この時点では普通に会…11月04日 01時01分
  • 南アフリカの公的医療 悲惨な現実(1)お父さんが入院
    「南アフリカの公立病院に行ったら、元気な人でも病気になってしまう。」どういう話の展開だっただろうか。エチオピア旅行中、誰かがそんなことを言った。冗談めかしたかなり本気の言葉に、その場にいた南アフリカ人たちは全員が真顔で頷いた。その数日後、エ…10月30日 23時12分
  • フィンランドの夏が世界一である10の理由
    日本で夏至の頃、北欧諸国では「ミッドサマー」が祝われる。夏が超短い北の国の人々にとって、ミッドサマーは一年の中でも大切なお祭りだ。Vivasというウェブサイトで、「フィンランドの夏が世界一である10の理由」という記事を見つけ大笑いした。ひと…10月27日 12時12分
  • 娘をレイプした男たちを殺傷した「ライオン・ママ」 不起訴に
    「ライオン・ママ」の異名を持つ女性がいる。南アフリカ東ケープ州在住の56歳。性犯罪の被害者となった娘のアイデンティティを守るため、実名は公表されていない。ライオン・ママが住むのは、舗装された道路まで歩いて20分という、小さな村。こんな村でも…10月23日 16時09分
  • ロッシーニのシンデレラ METライブビューイング
    METライブビューイング(Metropolitan Opera Live in HD)今シーズン最後の出し物は、ジョアキーノ・ロッシーニ(Gioachino Rossini)の『チェネレントラ』(La Cenerentola)。童話『シンデ…10月18日 20時57分