【 書道−書に心寄せて 】

登録ID
1280263
サイト名称
【 書道−書に心寄せて 】
URL
http://blog.livedoor.jp/shodo_itusyukai/
紹介文
書の道に没頭する一生!古典に立脚した「馥郁の書」と他愛のない「自由詩」を書く。
カテゴリ
  • 芸術・人文(全般) (100%) - 9 / 224人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • 門人の半切臨書作品。
    |門人の半切臨書作品|第22回西安碑林国際臨書展向け作品(千字文) 07月21日 05時00分
  • 書は。
    |書は|書は人の心が直に映し出される。 07月20日 05時00分
  • 力の限り / 目茶・滅茶の意味
    |力の限り|人の足跡はさまざま、必ずしも平坦でない、力の限り生きてきた。|目茶・滅茶の意味| 07月19日 05時00分
  • 自己能力 / 多盡<自詠>
    |自己能力| 自己能力を仕舞い込まないで、最大限に引き出してゆきたい。|多盡<自詠>|高松誌9月号・条幅部参考 07月18日 05時00分
  • しなやか / 陸游詩二首。
    |しなやか|しなやかに人と接し、書もしなやかに書く。|陸游詩二首| 07月17日 05時00分
  • 竹の定め / 仄々。
    |竹の定め| 強靭で美しい一本の竹、 寿命の短きこと子孫を、多く残し儚く絶えゆく。|仄々|柔和な書家の方と接し、仄々とした感を授かる。墨芳会 会長 小池大迹先生との出逢い。 07月16日 05時00分
  • 遜り。
    |遜り|学問を修めて遜り、 常に修養に努力す。 07月15日 05時00分
  • 一字書(安) / 調和体(安定)
    |安||安定| 安定した気持ち、 書を和やかにし、落ち着きはらう。 07月14日 05時00分
  • 一字書(羲) / 調和体(屹度)
    |羲||屹度|苦節を重ねても挫折さえしなければ、何時か屹度きっと望みが叶えられし。 07月13日 05時00分
  • 感情。
    |感情| 生身の人間、苛々したり、怒ったり、喜んだり、嬉しかったり、楽しかったり、辛かったり、寂しかったり、悲しかったり、 泣い たり、等々の心の動きがあり、一生のうち嬉しくて楽しい事が一杯あるといいね。・・・・・・・・・・・・・・・・・・…07月12日 05時00分
  • 書きもの作り。
    |書きもの作り|字書き屋の書きもの作り、さらに書技向上を目ざす。 07月11日 05時00分
  • 夏雲。
    |夏雲|真夏の太陽がぎらぎらと照り輝く、 夏雲の力強い躍動絵を描いている。 07月10日 05時00分
  • 亭亭。
    |亭亭|樹木などが高くそびえたつようす。・・・亭亭たり。 07月09日 05時00分
  • 夜をとおして知りぬく。
    |夜をとおして知りぬく|古典文学に通暁す。 07月08日 05時00分
  • 贈答色紙作品(二作品)
    |色紙|自詠二首(山のけわい・人それぞれ)医師への贈答色紙作品。|色紙|自詠(いま)門人への贈答色紙作品。 07月07日 05時00分
  • 自己能力。
    |自己能力|限界だと諦めず、能力を発揮する。 07月06日 05時00分
  • 追想。
    |追想|歳を重ねてゆくに従い、過去の記憶を懐かしむ。 07月05日 05時00分
  • 景色。
    |景色|山、空と雲に堂々と聳える優雅さ。 ・・・湖、神秘的な静寂さを醸す美。 ・・・・・・川、自然に流れる水の美しさ。 ・・・・・・海、波の躍る豪快さが目を見張る。 ・・自然の景色って いつ見てもいいなあ。 07月04日 05時00分
  • 故郷の浜辺。
    |故郷の浜辺|浜風をうけ浜伝いの道を歩く、 浜辺で遊んでいる千鳥をみる。 07月03日 05時00分
  • すべてのもの。
    |すべてのもの|万物の世各種生物の、共生共存共栄の自然。 07月02日 05時00分
  • 嘆美 / 鐵舟先生。
    |嘆美|丹念に趣を以て書かれた、耽美な書作品に嘆美する。|鐵舟先生|雑念や邪念や俗念を持たない、山岡鐵舟先生幕末の偉人なり。 07月01日 05時00分
  • 体得。
    |体得|体認以て大知となれ。 06月30日 05時00分
  • 添削。
    |添削|よき師に斧正をあおぐ。 06月29日 05時00分
  • 一字書(華)
    |一字書|行書(華)草書(華)二種類の一字書(華)を書いてみました。 06月28日 05時00分
  • 鋭。
    |鋭|鋭敏な人、駸駸たり。 06月27日 05時00分
  • 成長。
    |成長|成熟して、亭亭たり。 06月26日 05時00分
  • 書法 / ドライブ / 山岡鐵舟展 / 小川町図書館 / 割烹旅館二葉。
    |書法|よき書は、森森たり。◇ドライブがてら、山岡鐵舟展、見に行きました。(2017年6月23日)◇小川町(山岡鐵舟展)〜東秩父村(和紙の里)〜長瀞〜秩父〜日高方面|山岡鐵舟展|ポスター。|山岡鐵舟の書||小川町図書館|第一会場・地階ギャラ…06月25日 05時00分
  • 繁。
    |繁|春の風情、蓬蓬たり。 06月24日 05時00分
  • 挑戦。
    |挑戦|挑戦し続けてこそ、夢が叶えられゆく。 06月23日 05時00分
  • 希望。
    |希望|何があっても、希望を失わず。 06月22日 05時00分
  • 公平 / 一字書(斷)
    |公平| 誰しも平等に、幾多の困難を、乗り越えつゝ、生き長らえし。|斷| 06月21日 05時00分
  • 一生。
    |一生| 幼少から長い長い書との付き合い、病にも負けずに挫折する事もなく、 今日までひたすら走ってきた人生、 命のある限り書の道に励んでゆく。 06月20日 05時00分
  • 故に。
    |故に|我が心の礎、かるが故に、川水の流れる道すじ、野中の道ひとつ、珠玉の書を遺してゆく。 ・・・・・・ 06月19日 05時00分
  • 弱竹。
    |弱竹|なよ竹はいいなあ、これから色々と経験してゆく。 06月18日 05時00分
  • よしあし。
    |よしあし|人泣かせはよくない、人馴れるでありたい。 06月17日 05時00分
  • ?も方便。
    |?も方便|うそをつくのは悪いことだが、ものごとを 円滑に運ばせる一つの方法や手段として は必要なこともある。 −ことわざを書く− 06月16日 05時00分
  • 前向きに。
    |前向きに|社会の見識を高めつゝ、正しき認識を得てゆく。 書も然り見識以て認識、人柄と書技を磨きたい。 06月15日 05時00分
  • 達成感。
    |達成感| 涙ぐましい努力、並々ならぬ苦労、移り行くの過程、達成感に浸りし。 06月14日 05時00分
  • ふる里。
    |ふる里| 鶏のいる庭の、長閑な風景よ、古里が恋しや、昔を思い出す。 06月13日 05時00分
  • 津梁。
    |津梁| 芸術書に置く津梁、厳しさと手加減は、 時と状況に応じて、異なる迪びき行う。 06月12日 05時00分
  • しみじみと。
    |しみじみと| 時代の流れ早し、歳 老けてゆきし、 心の褪せる日々、 染み染み感慨す。 06月11日 05時00分
  • 微微 / セージ。
    |微微|大樹に非ずもがな踠き無し、日の目を見ずして微々たり。|セージ| 06月10日 05時00分
  • いにしえ。
    |いにしえ|古を偲び地肌を書く。 06月09日 05時00分
  • 励みの評。
    |励みの評|母親の書作品を見てだらしない雑巾がけみたいと評した娘、 なかなか上手いお洒落な言い回しの感性と感覚に感銘した。 06月08日 05時00分
  • 山のけわい。
    |山のけわい| 山中に立つ靄、山間の青々と、うるおった空、心地よさ漂う。 06月07日 05時00分
  • 夢でも / 第24回大門碑林全国書道展ポスター
    |夢でも| 夢でもいいよ、生きている内、花を咲かそう、花を咲かそう。|第24回大門碑林全国書道展ポスター| 06月06日 05時00分
  • 一字書(淡) / 淡淡と。
    |一字書(淡)||淡淡と|余りくよくよせず、ゆったり淡淡たり。 06月05日 05時00分
  • 平和を願う。
    |平和を願う| 戦後七十年、平和憲法に生まれ変わり平和が 守られてきた我が国は秩序あって素晴らしい。しかし少々の平和呆けが気にかかる。国際情勢の不安さが残る。毅然たる、頼もしい平和国家の維持を貫いて欲しい。 ・・・・・・・・・・・・・・・・…06月04日 05時00分
  • 喜び。
    |喜び| 我が門下生たちが、苗木から巨木へと、成長して呉れる事、何よりも喜びなり。 06月03日 05時00分
  • 草行書作品の揮毫。
    |草行書作品の揮毫|古典に立脚し、特に草行の書作品は、第一の山場、第二の山場、第三の山場へと盛り上がり感を続けて ゆく、人口景色で無く、ごく自然景色の山や川や草原 などを印象付け、深み以て味わい感のある自然な揮毫を心掛ける。・・・・・・・・…06月02日 05時00分
  • 我が足跡を。
    |我が足跡を|人生はかぎり有りし、生きている内後世へ、書の道に付随した事、我が足跡を遺しゆく。 06月01日 05時00分