【 書道−書に心寄せて 】

登録ID
1280263
サイト名称
【 書道−書に心寄せて 】
URL
http://blog.livedoor.jp/shodo_itusyukai/
紹介文
書の道に没頭する一生!古典に立脚した「馥郁の書」と他愛のない「自由詩」を書く。
カテゴリ
  • 人文(全般・その他) (100%) - 3 / 196人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • 辺陬(へんすう)
    |辺陬(へんすう)|何気なく静々として、 辺陬の地を歩きたい。 11月21日 05時00分
  • 戒。
    |戒|望蜀の人、放擲する。 11月20日 05時00分
  • 忘我。
    |忘我|物事に熱中して、われをわすれる。 11月19日 05時00分
  • 篤志。
    |篤志|あつい志を持って進もう。 11月18日 05時00分
  • 望外。
    |望外|願いのぞんでいる以上である。・・・・・「 望外の喜び。」この心持ちを大切に。 11月17日 05時00分
  • 都塵 / 比企郡吉見町方面ドライブ。
    |都塵|都会のちり、俗塵を避ける。|比企郡吉見町方面ドライブ|−八丁湖の紅葉−2017年11月15日撮影。埼玉県比企郡吉見町黒岩−安楽寺・三重塔−2017年11月15日撮影。埼玉県比企郡吉見町御所374−吉見百穴−2017年11月15日撮影…11月16日 05時00分
  • 門人の半切臨書作品 / 第39回日本書道学院展・出品作品
    |門人の半切臨書作品||第39回日本書道学院展・出品作品|会期:2017年11月10日〜11月16日会場:東京都美術館 2階第3・4展示室<審査員:増田艸亭>王鳴盛詩 2尺×8尺 11月15日 05時00分
  • 秘める。
    |秘める|心に秘めながら、抜群で別格なる、書を揮毫したい。・・・・・・・・・・・・・・・ 11月14日 05時00分
  • 第二の故郷の海。
    |第二の故郷の海|湯野浜海岸から見る景色、夕日が格別に素晴らしい。 11月13日 05時00分
  • 扇子 / 第15回見沼区ふれあいフェア会場。
    |扇子|扇子に山岡鐵舟の詩歌と鐵舟の感想文を書きました。|第15回見沼区ふれあいフェア会場| 11月12日 05時00分
  • 一から/立志。
    |一から|失敗したり上手くいかなかったり、 一から遣り直し出直し根性でゆく。|立志|目的を定めて、それを、なしとげよう。 11月11日 05時00分
  • 心 / 無知な言葉遣い。
    |心|自運は心を通す、常に心以て書く。|無知な言葉遣い|近頃、言葉遣いの乱れが目立つ、特に芸能人やスポーツ選手に多い。「ヤバイ」・「めちゃ」・「なので」・「ので」など矢鱈に使う話し言葉、正しい遣い方を知らない、呆れるばかり嫌になる。・・・・…11月10日 05時00分
  • 手鑑(てかがみ)
    |手鑑(てかがみ)|鑑賞手習い用または鑑定用として古人の筆跡を集めてとじた本。手本。模範。を手鑑という。 ・・・ 11月09日 05時00分
  • 無刀流剣術大意・山岡鐵舟。
    |無刀流剣術大意・山岡鐵舟| 11月08日 05時00分
  • 山岡鐵舟句 / 山岡鐵舟句を書いて。
    |山岡鐵舟句|折に觸れてまこゝろの、ひとつ心の、こゝろより、萬のことは、なり出にけむ。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・|山岡鐵舟句を書いて|鐵舟らしい人間味溢れる詩歌に心動く。 11月07日 05時00分
  • 山岡鐵舟句。
    |山岡鐵舟句|剣術をうち合す、剣のもとに、迷なく、身をすてゝこそ、生きる道あれ。・・・・・・ 11月06日 05時00分
  • 鐵舟先生。
    |鐵舟先生|幕末の最後の武士となった偉人、山岡鐵舟先生に尊敬の念を抱く、生きざまの思想を現世にいかす。 11月05日 05時00分
  • 見習う。
    |見習う|日本の一部の政治家、鐵舟先生の生き様を見習って欲しい時あり。・・ 11月04日 05時00分
  • 人として。
    |人として|よき人間の道、雑念、邪念、俗念、追い払うべし。 11月03日 05時00分
  • 俗念。
    |俗念|一部の政治家、俗念だらけ。 11月02日 05時00分
  • 刻む。
    |刻む|心に刻む地を、訪ね歩きたい。 11月01日 05時00分
  • 迷いから。
    |迷いから|温泉に浸かりて、雑念を払いのけ、さっぱりしたい。 ・・・・・・・・・・・・・・・ 10月31日 05時00分
  • もののあわれ。
    |もののあわれ| 平安時代以後、日本文学の基調となった美的理念。しみじみとした情趣。・・・・・・・なんとなくあわれなこと、もののあわれを 感じる。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 10月30日 05時00分
  • 浜辺で。
    |浜辺で|浜のほとりを歩き、波の花の趣をみし。 10月29日 05時00分
  • 無駄。
    |無駄|骨折り損のくたびれ、なまじい事を進めず。 10月28日 05時00分
  • 失望感。
    |失望感|昨今の政治家の行為に失望すること多し。 10月27日 05時00分
  • 不器用から。
    |不器用から|手習い等で、手づつから、脱皮しよう。 ・・・・・・・・・・・ 10月26日 05時00分
  • 哲学。
    |哲学| 世界観や人生観などの学び、事物の根本原理を究めよう。 10月25日 05時00分
  • 根気と努力 / 王座。
    |根気と努力| 根気のある者は稽古を休まず、事を推し進める者は努力する。|王座|プロボクシング・ミドル級・チャンピョンになった村田諒太選手は人間的、哲学的に素敵な人。 10月24日 05時00分
  • 鐵舟居士。
    |鐵舟居士| 幕末三舟のひとり山岡鐵舟は、自分のとってこよなしの偉人。 10月23日 05時00分
  • 花。
    |花|花に纏わる言葉は、いろいろと有る。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 10月22日 05時00分
  • 世並み / 柿の木。
    |世並み|世のなりゆきには、かなわずときあり。|柿の木| 長年に亘り育てた、柿の木を一瞬伐採、思い出の多きこと、木の束の間無念さ。柿の木が可哀想だったが、都合で仕方なく伐採した。 10月21日 05時00分
  • 感。
    |感|食感がよい食べ物を、書感もよい書作品を。 10月20日 05時00分
  • 大度。
    |大度|心が広い、泰然たり。 10月19日 05時00分
  • 書くことは / 内に秘める。
    |書くことは|字を書く専門家は、それなりの技術を磨かなければ ならない。書く=?絵や符号・文字をしるす。?文章を しるす。?著作する。・・・書字力、書写力、作文力がそ れぞれに充実され、総合されて、初めて書く活動が円滑に行われる。・・・・・…10月18日 05時00分
  • 燕。
    |燕|つばくら、つばくらめ、つばくろ、つばめ科のわたり鳥、背は青黒色で腹は白い、尾は二つにわれている、益鳥。 ・・・・・ 10月17日 05時00分
  • 対立。
    |対立|はげしさ増す角目だつ、面汚しになりかねない。 10月16日 05時00分
  • 半紙臨書作品(趙孟頫書「歐陽修・秋聲賦」)
    |半紙臨書作品|趙孟頫書「歐陽修・秋聲賦」−非金石之質欲− 10月15日 05時00分
  • 尊敬。
    |尊敬|澄明で超邁の人、尊敬の念を抱く。 10月14日 05時00分
  • 大樹。
    |大樹| 樹齢の長き高木は生物の中で長寿、古から多くの歴史を見つめている。 高く聳え立つ大樹は威風堂々とし、 声なしの揺ぎ無い貫禄の容姿なり。 10月13日 05時00分
  • 門人の臨書作品。
    |門人の臨書作品|祭姪文稿・顔真卿見事な臨書作品です。 10月12日 05時00分
  • 書・見・聞。
    |書・見・聞|書いて見て聞く、書の大切さなり。 10月11日 05時00分
  • 顔。
    |顔|顔は美男美女より、格好よさが漂う顔。 10月10日 05時00分
  • 地味。
    |地味|地味な努力は、軈て結実する。 10月09日 05時00分
  • 寧日。
    |寧日|日々の暮らし常に寧日でありたい。 10月08日 05時00分
  • 探勝。
    |探勝|けしきのよい地をたずねて、 その景色を眺め味わいたい。 10月07日 05時00分
  • 擂芋の料理。
    |擂芋の料理|すり鉢でやまのいもをおろしてするつぶし、 味をつけた料理は食べやすく格別に美味い。 10月06日 05時00分
  • 鐵舟展 / 価値観。
    鐵舟展 平成二十九年六月 小川町出身・幕末三舟のひとり。|感動| 小川町にて、古人を偲び、ラスト侍の、鐵舟展みる。|価値観|何の分野でも言える裏切り者は支持せず。人間の価値無し。 10月05日 05時00分
  • 二字書(積善) / 足下。
    |二字書(積善)|善行を積み重ねる。積み重なった数々の善行をいう。 ・・・・・・・・・・・|足下|足下を確り見つめて歩こう。 10月04日 05時00分
  • 情景。
    |情景|微笑ましい情景はいいなあ。 10月03日 05時00分
  • 事のなりゆき / ポピュリスト。
    |事のなりゆき|この期におよんでは、風雲任せで時を待つ。|ポピュリスト|大衆に迎合しようとする態度の政治家は要らない。裏があり。 10月02日 05時00分
  • しみじみ/清々しい。
    |しみじみ|歳を重ねし、さまざまに、しみじみと、思う事多し。|清々しい|朝の散歩中に挨拶した、中学生の三人に感心し、清々しい気持になった。 10月01日 05時00分