【 書道−書に心寄せて 】

登録ID
1280263
サイト名称
【 書道−書に心寄せて 】
URL
http://blog.livedoor.jp/shodo_itusyukai/
紹介文
書の道に没頭する一生!古典に立脚した「馥郁の書」と他愛のない「自由詩」を書く。
カテゴリ
  • 芸術・人文(全般) (100%) - 13 / 233人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • 把手共行。
    |把手共行|(てをとって ともにゆく)手に把って共に行く、仲良く一緒に歩こうと言う。 05月30日 05時00分
  • 吝い・吝嗇。
    |吝い・吝嗇|度の過ぎ吝坊は嫌われし、人付き合いは気前のよさ。 05月29日 05時00分
  • 焦れる / 書展向け練習作品。
    |焦れる|己の至らなさ、試練に焦れる。|書展向け練習作品|日本書道学院展向け自運作品と西安碑林国際臨書展向け臨書作品。 05月28日 05時00分
  • 詞林 / 駘蕩。
    |詞林| 詞林も二十五冊に入り、書と同じくらい親しむ。|駘蕩|春風のたいとうたり。 05月27日 05時00分
  • 枝。
    |枝|萬朶を見て、書に活かす。 05月26日 05時00分
  • 悪。
    |悪|獰悪な人は、敬遠すべし。 05月25日 05時00分
  • 評価。
    |評価|プロ中のプロから、尚且つ素人からも、 最大評価を得たら、最高傑作の書作品。 05月24日 05時00分
  • 昭和の懐古。
    |昭和の懐古| 四十年以降の昭和時代は、何から何まで魅せられる。 05月23日 05時00分
  • 宝。
    |宝|よき友よき門人は、我が生涯の宝です。 05月22日 05時00分
  • 暮らし。
    |暮らし| 暮しの一生、悔い無きに、悔い無きを、生きる証し。 05月21日 05時00分
  • 信念。
    |信念|意志と意思を貫きつゝ、 師弟関係の立場を守り、 築き上げた根を失わず。 05月20日 05時00分
  • 書斎。
    |書斎| 05月19日 05時00分
  • 一字書(逢)
    |一字書(逢)| 05月18日 05時00分
  • 出逢い。
    |出逢い|よき人との出逢い、よき事に為りけり。 05月17日 05時00分
  • 少字書・調和体。
    |少字書・調和体|彫心鏤骨。心に彫りつけ、骨にほりこめる。 05月16日 05時00分
  • 情操。
    |情操|心耳を以て見つめ、情操を豊かに高め、心底に磨かざれば、よき結果は程遠い。 05月15日 05時00分
  • 書の芸術 / 一字書(藝)
    |書の芸術|書作品の色いろ、書道展で味わう。|一字書(藝)| 05月14日 05時00分
  • 景色 / 一字書(葉)
    |景色| その時の人心模様、晴れたり曇ったり、 自然に咲きし景観、花の美にうっとり。|一字書(葉)| 05月13日 05時00分
  • 何故。
    |何故|人類はなぜ競ったり争ったりするの、 ほかの動物に無い特種な生き物なり。 05月12日 05時00分
  • 理想。
    |理想|理想的な書を、目差してゆく。 05月11日 05時00分
  • 一途。
    |一途| 我が一生、書一途に、親しみ乍、生き抜く。 05月10日 05時00分
  • 集字資料。
    |集字資料|日本書道学院展向け出品の集字(王鳴盛詩) 05月09日 05時00分
  • 見沼たんぼの生きもの調べ。
    |見沼たんぼの生きもの調べ|NPO法人沼ファーム21出版協力:さいたま市見沼見区/発行2017年2月。−中身の一部−体験水田の米作りと田んぼのしくみ。 05月08日 05時00分
  • 坂本龍馬の書簡。
    |坂本龍馬の書簡|推定文久三年八月十四日(1863年)坂本乙女宛。北海道坂本龍馬記念館蔵。讀賣新聞朝刊(4月22日)より。 05月07日 05時00分
  • 表現。
    |表現|書の表現は、漭沆たり、泱泱たり、淼茫たり、で書く 。・・・・・・・・・・・・・ 深く広大なさま、雲のわき立つさま、 水の広々としてはてしないさまで書く。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 05月06日 05時00分
  • 本気度 / 花。
    |本気度|支えて呉れた人を無駄にせず、 書道人生の末期的意向を戒め、学書の道は覚悟と恩を忘れず、本気度で当たれば実現へ向う。|花|小さい可憐な白い花を咲かす。 05月05日 05時00分
  • 美。
    |美|花は偽りがない有りの儘の美しさに見惚れる。 05月04日 05時00分
  • 旅路。
    |旅路|短き人生の旅路、よき旅を続けし。 05月03日 05時00分
  • 思川。
    |思川|川の流れ想いし、感慨にふけゆく、生涯忘れじ思川。・・・・・・・・・・・・・・ 05月02日 05時00分
  • 花。
    |花| 人の心のよしあしは分からない、花の美しさいつ見ても飽きない。|花|花の美しさに見惚れます。 05月01日 05時00分
  • 心変わりの常識。
    |心変わりの常識| 縁無き元門人は常識以て、ほかの書道会に移るべし。 04月30日 05時00分
  • 栃木の思川。
    |栃木の思川| 小山城址から思川、 何と素敵な川の名、思う心ふかきなり。 04月29日 05時00分
  • 蔵の街。
    |蔵の街|江戸時代より例幣使街道の宿場町として、また舟運で栄えた問屋町として、北関東の商都と呼ばれた。・・・・ 蔵の街として知られる栃木市は、江戸時代から市の中心部を流れる巴波川 (うずまがわ) を利用した交易によって栄えてきました。 ・・…04月28日 05時00分
  • 掲示物。
    |掲示物|大宮教室内の掲示物。西安碑林国際臨書展・高野山競書大会ポスター。 西安碑林国際臨書展は殆どの門人が積極的に出品します。高野山競書大会は僅かな出品に留まります。・・・・・・・・・・・・|掲示物|時折、お知らせ事項、書道情報、小生の自…04月27日 05時00分
  • 短歌(自詠・やま婦き) / 山吹の花。
    |やま婦(ふ)き|やま布(ふ)き能(の)満(ま)多(た)め具(く)利(り)支(き)てう連(れ)之(し)さ夜(よ)登(と)しを可(か)左(さ)年(ね)し古(こ)古(こ)耳(に)あり遣(け)り|山吹の花|自宅の庭先で咲いている。(4月12日撮影…04月26日 05時00分
  • やまぶき / 山吹の花。
    |やまぶき|山吹の、又めぐり来て、嬉しさよ、歳を重ねし、いま此処に有り。・・・|やまふき|散らし書き仮名作品。明日は、この詩を若干変え短歌として仮名作品を掲載。 |山吹の花| 04月25日 05時00分
  • 堅持。
    |堅持| 書の道は果てしなく卒業なしの生涯学習、教わる立場と教える立場を堅持してゆく。 04月24日 05時00分
  • 指導 / 春。
    |指導|巷に俗っぽく素人っぽい指導力の無い書道教室を見掛けし、 迷い気味で此の様な指導者に習っている門人は気の毒なり。指導するからには高い技量と深い知識を研究し身につける、 資質を大にしなければ人を指導する資格は無いと自覚する。|春|初々し…04月23日 05時00分
  • 韓国風俗絵書画。
    |韓国風俗絵書画|韓国ソウルで購入した?風飾り物。 04月22日 05時00分
  • 印泥。
    |印泥|印を押すときに、つける色料。絹紙が使用されて以来、朱を用いて押印するようになった。印肉、朱肉とも呼ばれる。・・・・・・・・・・・・・・ 04月21日 05時00分
  • 一字書<登> / 花水木の花。
    |登|甲骨文の一字書(8年くらい前の書作品)|花水木の花| 04月20日 05時00分
  • 全生庵/三遊亭圓朝翁碑/山岡鐵舟墓案内。
    |全生庵|臨済宗国泰寺派 全生庵東京都台東区谷中5−4−7|三遊亭圓朝翁碑|全生庵敷地内に在る。御墓もある。|山岡鐵舟墓案内|全生庵境内に立派な御墓がある。 04月19日 05時00分
  • 全生庵<山岡鐵舟(碑・墓)>
    |全生|3月6日全生庵(東京都台東区谷中)へ行きました。石碑は全生庵の入口前に在る。・・・・・・・・・・・・・・・・|山岡鐵舟居士之賛の碑||山岡鐵舟の墓|大きい立派な墓前で合掌しました。 04月18日 05時00分
  • 道。
    |道|振り返らず、今を大切に、 歩むことが、人生のみち。 04月17日 05時00分
  • 真心 / 桜の花。
    |真心|心が通う人、忐忑たり、浩然たり。|桜の花|さいたま市内で咲いている桜の花。 04月16日 05時00分
  • 忐忑 / 一字書<輿>
    |忐忑|まごころのこもったさま。気持ちが落ちつかないさま。 そわそわするさま。忐忑(たんとく)という。熟語は意味深く面白い。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・|輿|輿論(よろん)の輿(よ)です。 04月15日 05時00分
  • 庚申供養 / 金柑の木。
    |庚申供養|瑠璃山・薬王寺境内に在る。−埼玉県さいたま市見沼区島町−|金柑の木|自宅の庭先に在る。 04月14日 05時00分
  • 墨水。
    |墨水|自分の心を、見つめ習う。 04月13日 05時00分
  • 適不適。
    |適不適|出来損ない作に甘んじず、根気よく何度も遣り直し、 自己の実力以上を目指し、出来栄えのよい書をかく。 04月12日 05時00分
  • 調和体<自詠・忖度“文語的”>
    |自詠・忖度“文語的”|善し悪しを見極め、忖度の注意を払う。−忖度の意味−他人の心を推しはかること。推察。推測。推量。 04月11日 05時00分
  • 調和体<自詠・自然なら>
    |自詠・自然なら| 不自然に馴れ馴れしく近づく人は要注意、ごく自然に接し常識的な人なら問題なし。 04月10日 05時00分
  • 調和体<自詠・充実>
    |自詠・充実|希望に満ちた日々の、充実感を味わいたい。 04月09日 05時00分
  • 調和体<自詠・心に染みる>
    |自詠・心に染みる|書の難しさ、心に染みる。 苦節の辛抱、乗り越えし。 04月08日 05時00分
  • 調和体<自詠・舞い上がる>
    |自詠・舞い上がる| 果実が熟した完成度の高いしなやかな、空高く舞い上がれる書をかきたいもの、 それが出来ないでいる私の歯痒さ募る。 04月07日 05時00分
  • 調和体<自詠・枯淡>
    |自詠・枯淡|俗気や欲気がなく、あっさりしている中 にもしぶくおもむきのある書をかく。・・・ 04月06日 05時00分
  • 調和体<自詠・山並み>
    |自詠・山並み| 長閑な地から、山並みの景色、心が落ち着く、自然の晴々さ。 04月05日 05時00分
  • 調和体<自詠・あらゆること>
    |自詠・あらゆること|書の学びの道筋は、百事を知る事なり。 04月04日 05時00分
  • 調和体<自詠・書>
    |自詠・書|書も撓やか、たわわナリ。 04月03日 05時00分
  • 調和体<三つの読み方>
    |三つの読み方|湯桶読み〜・・・・・・・・・・重箱読み〜・・・・・・・・・・慣用読み〜・・・・・・・・・・※世論〜正しい読み方は「せろん」と読む。 04月02日 05時00分
  • 調和体<自詠・世路(せいろ)>
    |自詠・世路|世渡り上手と下手、人には色々と有り。・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・せいろの、上手い人、下手な人、いろいろ。 04月01日 05時00分