RIPS!!〜理学療法士&ゴルファー〜

登録ID
1317955
サイト名称
RIPS!!〜理学療法士&ゴルファー〜
URL
http://ameblo.jp/ptgolfer/
紹介文
最も身体に負担の少ないスイングについて 理学療法士がゴルファーにアドバイスしています。
カテゴリ
  • ゴルフレッスン (100%) - 6 / 113人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • 【ゴルフ関連情報】トレーニングには見た目が重要です!
    ゴルフにもトレーニングが必要です。 トレーニングを始めたゴルファーの多くが結果を出しています。 このブログでも科学的な根拠を紹介していますが、 トレーニングが大変なことは百も承知です。 今回はトレー…08月15日 12時00分
  • 【No.199】パッティングの3次元分析
    ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※パッティングの3次元分析装置であるTOMIデバイスはフェイス角、軌道、パタースピード、インパクトスポットで信頼性と妥当性が高い。Mackenzie et al.2010※※※※※※※…08月10日 17時12分
  • 【No.198】プレッシャーによるパッティングの加速
    ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※パッティングにおいて、プレッシャーは心拍数、心拍のばらつき、クラブヘッドの加速を増大させ、クラブ軌道にも影響を及ぼす。Cooke et al.2010※※※※※※※※※※※※※※※※※…08月06日 14時47分
  • 【No.197】骨盤と胸郭運動の性差
    ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※男性ゴルファーは女性ゴルファーに比較して、ボールコンタクトにおける骨盤の後傾と体幹の右側屈が大きく、軸回旋が小さいが、ピーク角速度が速い。Horan et al.2010※※※※※※…08月01日 12時52分
  • 【No.196】高齢ゴルファーの片脚立位時間とランディング
    ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※高齢ゴルファーは一般の高齢者よりも長く片脚立ちができて、遠くへランディングできる。Tsang et al.2010※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※《中村の解釈…07月28日 13時21分
  • 【No.195】プレッシャー下での息詰まり
    ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※プレッシャー下での息詰まりは認知、注意、情動、状況などいくつかの因子の相互作用による複合的な過程と関係。Gucciardi et al.2010※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※…07月25日 10時29分
  • 【No.194】パッティングにおける疑似的な無視
    ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※『疑似的な無視』と言われる空間認知の徴候が初心者のパッティングエラーに関与。Roberts et al.2010※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※《中村の解釈》…07月21日 18時02分
  • 【No.193】ジュニアゴルファーのストレス
    ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※ジュニアゴルファーにおいて、男性ではラウンド前に唾液コルチゾールが増加し、女性ではラウンド後に増加、また、唾液IgAは男性のみ練習ラウンドより競技で増加。Kim et al.2010…07月18日 10時24分
  • 【No.192】上級者の体幹回旋とウェイトシフト
    ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※上級者はバックスイングにおいてより早期の重心移動を伴う体幹の回旋、ダウンスイングにおいてより早期かつ急速な重心移動を伴う骨盤の回旋。Okuda et al.2011※※※※※※※※※…07月13日 18時31分
  • 【No.191】カップとストロークの意識
    ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※カップとストロークの両方を意識した方が、それぞれを別々に意識するよりも学習効果が高い。Shafizadeh et al.2011※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※…07月09日 18時00分
  • 【No.190】20歳より若いゴルファーと老いたゴルファー
    ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※20歳より若いゴルファーと比較して老いたゴルファーはウェイトシフトの割合が大きい。Kim et al.2011※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※《中村の解釈》 な…07月06日 14時16分
  • 【No.189】1RMスクワット強度とパフォーマンス
    ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※1RMスクワット強度と10m、20m短距離走、垂直跳び、アジリティTテスト、ヘッドスピードに有意な相関。Parchmann et al.2011※※※※※※※※※※※※※※※※※※※…07月02日 13時45分