自分を変える旅から、自分に還る旅へ。

登録ID
1343606
サイト名称
自分を変える旅から、自分に還る旅へ。
URL
http://ins8.net/diary
紹介文
翻訳家の山川紘矢さん亜希子さんご夫妻、あさりみちこさんとの共著『なんだ!こんなふうに生きればよかったのか』が出版されました。『人生のシフト 』徳間書店
カテゴリ
  • 哲学・思想 (100%) - 20 / 318人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • ゴール・チェーンの崩壊。
    理由のいっさいを手放して、自分を信頼してみることからスタートすること。理由があるから信頼するのではなくて、ただ信頼すると今この瞬間に決めてから取り掛かること。直に、その信頼に触れてしまえば、信じようとする理由もない、そもそも疑う理由すらあり…04月26日 17時37分
  • 愛は形而上の重力。
    地球人のパラダイムから、宇宙人のパラダイムへ。 地球のあちらこちらに散らばっているすべてが、実はたったひとつの中心(重心)を共有し、ひとつに統合されています。 地球人は横にバラバラと並んでいるわけではないんですね。04月21日 06時45分
  • 意識の諸相とフラットランド。
    スクエア(三角形)にスフィア(球体)が現れて、「お前は2次元の夢を見ているんだ! 3次元に目を覚ませ!」と誘ったように、スフィアにテセラック(超立方体)が現れるかもしれません。04月17日 08時27分
  • 意識の諸相とシミュレーション仮説。
    「現実だと確信していたものが夢だったことはないか、ネオ? その夢から目覚めることができないとしたら? 夢と現実の世界を、どうやって区別する?」04月13日 14時46分
  • 意識の諸相:意識とはいったい何なのか?
    そして、彼女は機械的な身体に「ゴースト」がインストールされた存在として復活するわけです。攻殻機動隊では、ゴーストという言葉で表現される霊的な意識、魂といえるような概念、それが何であるのか、というテーマを持っています。それは人類のテクノロジー…04月12日 13時54分
  • あなたの世界を創る、女神の物語。
    「自分が何を達成するのか?」 が主導となった時代はもはや終わりつつあり、その次にやってくるのはこれです。 「自分が何者であるのか?」 それは男女に共通した大切なテーマです。この時代の変容の中でも、女性性や女神といったテーマは、今現在、多くの…04月11日 09時11分
  • 陰陽の本当の意味「バリエーション」
    世界は自分に向かってやってきて、自分から過ぎ去っていきます。 風のように頬をなでて流れていきます。 変化の中心にただ安堵して、ただ座っている自分。 その自分の存在に氣づいたとき、人生は生き「易い」経験へとシフトします。04月10日 06時50分
  • 魔法少女:思い出のブライディ・マーフィー(5)
    この物語での主人公はインキュベーター(キュゥべえ)となかなか契約をかわさず傍観者として物語に関わり続け、なんと最終話まで「魔法少女になるという契約」をひっぱります。そして最終話、ある「願い」によって、この宇宙から抜け出すという結末に至ります…04月07日 07時21分
  • 意識状態:思い出のブライディ・マーフィー(4)
    背景は目に見えるコンテンツ(情報内容)ではありません。それでも、そのコンテンツはコンテクスト(背景)によって、まったく意味が変わるのです。 背景というのは、そのコンテンツのどこにもいない、ということです。 『フラットランド』という物語の中で…03月31日 09時45分
  • タキオン:思い出のブライディ・マーフィー(3)
    過去の自分にメールを送ることができたら……過去のあの失敗をしないよう自分に忠告を送ったり、 未来だからこそわかる成功の秘訣を詳細に伝えたり、あれもこれも、色々なことができるのに……実は、3年前の自分にメールを送る方法があります。03月30日 05時23分
  • 潜在意識:思い出のブライディ・マーフィー(2)
    僕はときどき、この潜在意識という言葉にどこか、前時代的な根性論のような響きを感じることがあります。説明できないことは何でもかんでも取りあえず「潜在意識」としておけば簡単に理屈が通ったような錯覚におちいることができます。03月27日 06時50分
  • 前世療法:思い出のブライディ・マーフィー(1)
    ブライディ・マーフィーの語る思い出は、多くの批判を受けつつも、アメリカ国内で「生まれ変わり」についての大ブームを巻き起こした。03月24日 13時21分
  • ノンデュアリティというデュアリティ(7)
    ドーナツはけして揚げパンではない。揚げパンはドーナツではないのと同じくらい、ドーナツは揚げパンではない。ということは、ドーナツにはやはり、穴はあるんだ。穴を構成する部分は無いわけだが、ドーナツ生地があることでやっぱり穴はあるし、ドーナツはド…03月21日 06時46分
  • イマジナル・ディスク。
    チョウの幼虫はあ、あるタイミングで目に映るものすべて。手の届くものすべてを食べつくす過食の状態となります。このときの芋虫は、自分の体重の数百倍もの量を食べることができます。キャパオーバーなんて超え、手当たり次第をどんどん食い尽くしていきます…03月18日 11時48分
  • ノンデュアリティというデュアリティ(6)
    自分のアップロード。技術的にコンピューターに「自分」をアップロードできるようになったとき。それは果たして「自分」なのだろうか?そんなユーザーたちの疑問に技術者たちは、どのように答えるのでしょうか?03月16日 11時21分
  • 姫路・ハートに聞くことの大切さ。
    タッチーこと立花岳志さんとのトークイベント『 The Power of the Heart 』 powerd by 田中ゆうこさん。長野→東京→と開催してきて、今回は 姫路 となりました。姫路はいつも新幹線で通っているのですけど、実際に訪れ…03月14日 11時57分
  • 逃げるは逃げる方向への前進。
    「逃げるは恥だが役に立つ」というのは、ハンガリーのことわざのようですね。逃げるとき、その逃げる方向から見たら。それは後退ではなく、前進です。これはポジティブ・シンキングというより、中庸な見方。03月09日 11時06分
  • この宇宙はゲーム。
    よく考えてみれば、 この世界、あらゆる物が、ドーナツの穴のようなもんです。 穴というのは、その穴を構成する物はありません。それがあったら、それを穴とは呼ばないでしょう。でも、確かにドーナツの真ん中に穴はありますよね? それは存在しないけれど…03月06日 13時57分
  • 星の王子のこと(3)
    となり村に神様と話すことのできる女性がいる、そんなウワサを聞いて、年老いた神父がやってきた。彼は、その怪しげな女をひどく疑っていたので、それが嘘なのだと皆の前でなんとか証明したかったのだ。神父が広場に出ると多くの村人たちが集まり、彼女に質問…03月03日 11時18分
  • 芋粥。
    五位は、芋粥を飲んでゐる狐を眺めながら、此処へ来ない前の彼自身を、なつかしく、心の中でふり返つた。 それは、多くの侍たちに愚弄されてゐる彼である。京童きやうわらべにさへ「何ぢや。この鼻赤めが」と、罵られてゐる彼である。しかし、同時に又、芋粥…03月02日 09時02分