First Chance to See

登録ID
1365675
サイト名称
First Chance to See
URL
http://ameblo.jp/hedgehog42/
紹介文
イギリスの映画やテレビや小説のこと+α エコな暮らしも実践中。
カテゴリ
  • 海外ドラマ (20%) - 90 / 195人中
  • 読書日記 (20%) - 149 / 155人中
  • 洋書 (20%) - 13 / 35人中
  • 海外映画 (20%) - 122 / 145人中
  • 食材・食品 (20%) - 93 / 104人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • 『パレーズ・エンド第2巻 ノー・モア・パレーズ』
    『パレーズ・エンド第1巻 為さざる者あり』からまたされること約2年、ようやく出ました『第2巻 ノー・モア・パレーズ』!   にしても、1巻目を読んだ時はどんな感想を書いてたっけ、と、自分のブログ記事をチェックしてみたと…05月20日 22時58分
  • Doctor Who: Rose
    BBCの長寿SFドラマ「ドクター・フー」は、日本はともかくイギリス本国では絶対的な人気と知名度を誇っている??というのは間違いではないが、1963年の番組開始以来、ずっとそうだったわけではない。むしろ、人気が低下して1989年に番組製作が…05月16日 22時02分
  • Fyodor Dostoevsky - The Idiot
    フョードル・ドストエフスキーの『白痴』を、BBC Radio4が2002年にラジオドラマ化。再放送を機にBBC iPlayerで聴けるようになったので、今がチャンスと飛びついた。1話約60分で全4話。  ……確かに私はドストエフ…05月13日 10時14分
  • The Good Soldier
    『パレーズ・エンド第1巻 為さざる者あり』の出版から待たされること約2年、ようやく先月末に発売された『パレーズ・エンド第2巻 ノー・モア・パレード』は、一気に読んだらもったいないので敢えてちびちび読んでいる。おかげで今、私の頭の中はすっか…05月11日 21時55分
  • 今年は4羽
    職場の溜め池で、カルガモの雛が孵った。昨年は托卵したものの孵化しなかっただけに、喜びもひとしおである。 今年は4羽、例年よりも少ないからか、いつもと比べてぴよぴよ鳴く声は控えめだが、私が写真を撮ろうと近づくと逃げ去る速度はいつもと同じ。 ど…05月08日 21時36分
  • 『アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル』
    お誘いを受けて、日本での一般公開に先駆けて試写会で見せていただいた。   ライバルの選手を知人を使って襲撃させた罪でフィギュアスケート界を永久追放されたトーニャ・ハーディングの実像を描く伝記ドラマ??ではあるが、この話…04月30日 18時17分
  • 「ターナー展 風景の詩」
    東京・新宿の損保ジャパン日本興亜美術館で今日から始まった「ターナー展 風景の詩」に行ってきた。   ターナーは昔から好きな画家で、機会があれば逃さず見るようにしているが、それでもまだ「もうお腹いっぱい」という気分にはな…04月24日 20時17分
  • Come Home
    クリストファー・エクルストン主演、につられて観たBBCのドラマ。1話1時間で、全3話。   クリストファー・エクルストン演じるグレッグは、11ヶ月前のある日突然、妻のマリーに「この家でこれ以上暮らすのは無理、息が詰まっ…04月23日 16時03分
  • 『ダンガル きっと、つよくなる』
    インド映画はあまり私の得意分野ではないけれどアーミル・カーン主演作だけは別??という話は、以前、アーミル・カーン主演の『PK』についてのブログ記事の中で書いた。それから約1年半、アーミル・カーンの新作映画『ダンガル きっと、つよくなる』が…04月22日 20時57分
  • Ordeal by Innocence
    2015年の『そして誰もいなくなった』、2016年の『検察側の証人』に続く、BBCによるアガサ・クリスティ原作のテレビドラマ第3弾、『無実はさいなむ』。『そして誰もいなくなった』をかっこいいエイダン・ターナーにつられて観たように、今回の『…04月18日 20時07分
  • 「プーシキン美術館展 旅するフランス風景画」
    「プーシキン美術館展 旅するフランス風景画」@東京都美術館、開催初日に行ってきた。  何が何でも初日に駆けつけたいと思っていたというより、この手の美術展は開催の後半になればなるほど混雑が予想されるので、だったらさっさと行っておこ…04月15日 09時45分
  • Algernon Blackwood - The Willows
    アルジャノン・ブラックウッドは20世紀前半に活躍したイギリスの怪奇小説作家だが、私はこれまで一度も読んだことがない。いや、より正確に、より正直に言うと、この作家の名前すら知らなかった??私のご贔屓俳優ロジャー・アラムが2005年にブラック…04月13日 21時37分
  • アンドリュー・スコット主演「ハムレット」
    テレビドラマ「Sherlock」シリーズのモリアーティことアンドリュー・スコットがロンドン・アルメイダ劇場で「ハムレット」をやる、という話は私のツイッターのTLでも話題になっていて、もちろん私のミーハー心も大いに動かされた。とは言え、観に…04月08日 22時03分
  • 自生のクレソン
    桜の開花直前から気温の高い日が続いて、職場の桜も先の週末であらかた散ってしまった。が、その代わり、手入れもされず放置状態の裏庭は、自生の植物であっという間にお花畑と化している。   私は植物全般に興味も知識もないので「…04月02日 21時27分