Guidepost

登録ID
1369584
サイト名称
Guidepost
URL
http://s-nega.mi-mu.pupu.jp/
紹介文
主に高校生の恋愛を書く一次創作BL小説です。ドS×ネガティブ天然・後輩×先輩・弟×兄など。R指定あり。毎日更新。管理人は2人
カテゴリ
  • 小説(BL) (100%) - 13 / 168人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • 猫と鼠S05.その関係に名前をつけるなら2
    「そ、そもそもなんで」 駐車場に車を停め、先に降ろされた時はぼんやり買い物袋を持ちながら立っていたけれども、五月先生が同じく車から降りてきた時に僕はハッとなった。 「なんだ」 五月先生が僕を見てくると怖さのせいか落ち着かなさが沸き上がる。 …06月25日 11時00分
  • 猫と鼠S04.その関係に名前をつけるなら1
    最近はそろそろようやく少し、人との接し方に慣れてきた気がする。 なんとなくそう思えるだけでも僕はなんだか嬉しかった。 国語の教師をしているというのにコミュニケーションが苦手過ぎて、作品の登場人物の心情などをよく授業で語れるなと微妙になるほど…06月24日 11時00分
  • 夢のあと
    *明るい話ではありません。 ある意味ネタバレをするとハピエンではありません。 苦手な方はご注意ください。 06月23日 10時30分
  • スキンシップ20
    *R-18指定あり注意 今回のお話は性的表現が含まれる部分がございます。 18歳以上でR指定大丈夫な方のみおすすみ下さい。 06月22日 11時00分
  • スキンシップ19
    *R-18指定あり注意 今回のお話は性的表現が含まれる部分がございます。 18歳以上でR指定大丈夫な方のみおすすみ下さい。 06月21日 11時00分
  • スキンシップ18
    ノックした後、少し間があってからドアが開いた。 「……お前、もう来たの……?」 そして迎えてくれた黒兎は麻輝に向かって、とてつもなく迷惑そうに言ってくる。 え、俺なんかした&helli…06月20日 11時00分
  • スキンシップ17
    最近なんとなく麻輝に対して妙だとは思っていた。 不意に顔が近いと目を逸らしてしまうこともそうだ。 そわそわとして落ち着かなくなる。 不思議だなと黒兎は思ったので麻輝に聞いたら逆に聞き返され、挙句狡いと言われた。全くもって意味が分からない。 …06月19日 11時00分
  • スキンシップ16
    昨日の今日過ぎて麻輝はなんとも落ち着かない気持ちだった。 「んだよお前、今日元気ねーのな」 それもこれも八割がたお前のせいだよと思いながらも麻輝は言ってきた麦彦に微妙な顔を向けるだけにする。 ある意味助かったし暴走を防いでくれた恩人という見…06月18日 11時00分
  • スキンシップ15
    ハッとなり、麻輝は慌てて体を離した。 黒兎を見ると驚いたような顔をしている。 ああそう。これが驚いた顔だよな。 焦っている筈がなんとなくそんなことを思ってしまう。 不意に目の前に顔があった時の黒兎はこんな顔ではなかった。確かに戸惑ったような…06月17日 11時00分
  • スキンシップ14
    「なんかお前の顔、こえぇけど」 自分の教室へ戻り、席についた麻輝に、麦彦が笑いながら言ってくる。 「な、なんでもない」 実際はなんでもなくない。 先ほどの黒兎の発言について、出来れば黒兎と深く深く語りたかった。 「お前の顔が不意に近いと、何…06月16日 11時00分
  • スキンシップ13
    一緒に昼ご飯を食べながらもちらちらと麻輝の手を見る。 食器などを持つ手が動くたびに筋が目立ち、すらりとした長い指がそれらを持っているのだと改めて実感する。 ……やっぱりいい手をしている。 そんなことを黒兎が思って…06月15日 11時00分
  • スキンシップ12
    「マキのが一番」 そう言っても麻輝は「へぇ」とどうでもよさそうに呟きながらあらぬ方向を見ている。 別に手さえ貸してくれているのならそれでも構わない訳だが、数少ない友人としてその態度は冷たいと黒兎はぼんやり思う。 ただこうしていいように触らせ…06月14日 11時00分
  • スキンシップ11
    手がやたらと気になると気づいたのはいつ頃だっただろうか。 黒兎はぼんやりと考えた。 この学校の中等部に入った時には少なくとも自分が手に対してやたらと引き寄せられることを理解はしていた。 多分小学生の中学年から高学年くらいだったのだろうが、実…06月13日 11時00分
  • スキンシップ10
    夢の中での黒兎はそれはもう、手を合わせて祈りたい程可愛かった。 朝、一瞬今自分がどこにいるのか分からなくて混乱しつつもようやく我に返った麻輝は、今の状況よりもなによりも夢を忘れないよう反芻していた。手ではなく、ひたすら麻輝に甘え、触れてくる…06月12日 11時00分
  • スキンシップ9
    頭を冷やす方法を今すぐ急募したい。 なんとか冷やそうとしても冷えてくれない。 麻輝は目をぐるぐる回しそうになりながら必死になって思った。 好きな片思いの相手と泊まる状態で二人きりというだけでも凄いことだというのに、その相手がいつものこととは…06月11日 11時00分
  • スキンシップ8
    改めて戻る時に、麻輝はひたすら落ち着こうとしていた。 いや、別に落ち着いていない訳ではないのだが、意識してしまっていてすぐにそちらへ考えが行ってしまう。 友だちなのだ。 だから二人きりとか関係ないし、泊まるのも普通。そもそも高等部に上がる時…06月10日 11時00分
  • スキンシップ7
    「なんでさっきから茶島は俺を睨むか見張るみたいに見てくんの?」 寮の各部屋は二人部屋なのもあってそれなりの広さがある。ただ床がフローリングになっているのでラグかクッションかでもないとなにもないところに座るのはなんとなく間が抜けていて落ち着か…06月09日 08時40分
  • スキンシップ6
    夜、ごろごろと横になりながら麻輝はため息を吐いた。 何度かそれを繰り返していると向かい側のベッドの上に座って携帯を弄っていた青貴が「鬱陶しい」と呟いてくる。 「そんなつれないこと言わず、優しく『どうしたんだ』って聞いてくれよ」 「&hell…06月08日 11時00分
  • スキンシップ5
    いつも「一番」じゃなくて「自分の手だけ」と言って欲しいとは思っていた。 だが今ほどとてつもなく思ったことはない。 麻輝はまた大きく深呼吸をした。 「俺の手が一番、なの」 「ああ。ムギの手は二番くらい?」 三番もあるのか。その次も? そう聞き…06月07日 11時00分
  • スキンシップ4
    「えっ? クロも誘われたの?」 黒兎の部屋で、麻輝はポカンと黒兎を見た。黒兎は「まーな」といった風に頷いている。 「ちきしょう麦野郎め」 「お前は行かないのか?」 君の為に丁度断ったばかりだよ……! 心の中で速攻…06月06日 11時00分
  • スキンシップ3
    考えていると、あの体育の時以来というより、黒兎が手フェチだと打ち明けて以来、今のように遠慮なく触るようになったような気がした。それまではまだ遠慮があった。 ……ってことは、クロに言うつもりのなかった手フェチという…06月05日 11時00分
  • スキンシップ2
    黒兎はといえば、麻輝の妙な反応をどう受け取ったのか、あの時以来麻輝の手をある程度好きにしてもいいと判断したようだ。 なにかあれば今のように触ってくる。 それでも今思えば一応最初の頃は遠慮気味ではあった。今ほどは触っていなかった気がする。いつ…06月04日 11時00分
  • スキンシップ1
    茶島 麻輝 (さじま まき)はとてつもなく微妙な顔をした。 ひたすら、微妙な顔をする。 だが口元が引きつりそうでつい顔を少し逸らした。ついでに空いているほうの手で口元を覆う。 ダメだ、ニヤけたら、ダメだ。 必死になって自分に言い聞かせる。 …06月03日 11時01分
  • スキンシップ
    ◆スキンシップ◆ 中学の頃に『寺内 黒兎』は中学の頃に『茶島 麻輝』の手を持って「好みだ」と言い放つ。 だけど、それには理由があって―― *赤→R指定 ☆.1 ********** S1. << SIDE STORY …06月03日 11時00分
  • プールと性癖
    それなりの喧騒が心地よくもあるホテルの室内プールで、千景はのんびりとジュースを飲んでいた。 さすがこういうところはジュース一つをとっても美味しいなとニコニコ思う。 「はぁ、なにが悲しいてチカと二人でこんなとこおるねん」 千景が満足している横…06月02日 11時00分
  • ヴェヒターS04.初めての訪問と……
    休みの日、三里は永久と一緒に永久の家へ向かっていた。 以前永久が「アンタを家に連れてこいと千代が煩いんで、今度良かったら俺の家に遊びにきませんか」と言ってきたにも関わらず、中々呼ばれることもなかったのでようやくかと三里は嬉しく思っていた。 …06月01日 11時00分
  • 月と太陽45
    翌朝、目が覚めて目の前に日陽がいる光景に那月は微笑んだ。 眠っている日陽を見つめていると嬉しさと愛しさに胸が痛くなる程だった。 やっぱりずっとこうして一緒にいられたらいいのにと明るい監禁への道に思いを馳せ、そっと楽しんだが苦しくはなかった。…05月31日 11時00分
  • 月と太陽44
    *R-18指定あり注意 今回のお話は性的表現が含まれる部分がございます。 18歳以上でR指定大丈夫な方のみおすすみ下さい。 05月30日 11時00分
  • 月と太陽43
    *R-18指定あり注意 今回のお話は性的表現が含まれる部分がございます。 18歳以上でR指定大丈夫な方のみおすすみ下さい。 05月29日 11時00分
  • 月と太陽42
    自分の洗ってある部屋着を余分に用意しながら、那月のテンションは無駄に高かった。 日陽になら、同情だろうがなんだろうが、優しくしてもらうのはむしろ大歓迎だと思った。 前なら日陽だからこそ同情とかはして欲しくないと思ったかもしれない。 ニコニコ…05月28日 11時00分
  • 月と太陽41
    他愛もない話は楽しい。 一時期そんな話すら出来なくなっていた分、余計に楽しいと日陽は思った。 ふんわりした気分になったり、きゅんとしたり、照れたり。 その流れで思い切って「ところで、今からお前ん家、行っていい?」とハッキリ言い切ると、ひたす…05月27日 11時00分
  • 月と太陽40
    日陽から連絡が来ていて、那月はいそいそと帰る準備をした。 「最近なんか楽しそうだな」 翼が微妙な顔をしながら言ってくる。 「楽しいしね」 「……くそ、彼女か?」 「まぁ、そんな感じ」 実際嬉しいのでニコニコと翼を…05月26日 11時00分
  • 月と太陽39
    部活の最中に見かけた那月と別のクラスの女子に対して、別にそこまでモヤモヤとした訳ではない。 日陽は微妙な顔になりながら思う。 確かに気持ちのいいものではない。だが那月が自分を本当に好いてくれているのはとても分かっているのでそれが揺らぐことは…05月25日 11時00分
  • 月と太陽38
    別に日陽が鈍いと思っている訳ではない。 ないが、それでも最近は日陽の家ばかり行っていることに気づかれるとは、那月はあえて考えていなかった。 日陽ならそういうことをあまり気にしなさそうだと思っていたのだと思う。 なので「俺ん家来るの多くなった…05月24日 11時00分
  • 月と太陽37
    家へ行くなら今までは大抵、日陽が那月の家に行っていた。 だが最近は那月が日陽の家へ来ることが多い。別に構わないので気にしていなかったがふとそれに気づいた。 「俺ん家来るの多くなったよな?」 「そうかな」 那月はニコニコと首を傾げる。 そうだ…05月23日 11時00分
  • 月と太陽36
    好きな相手に対して自分を出せるというのは本当に嬉しいし楽だなと那月は思う。 ひたすら独占欲ばかりなのにそれを隠さなくても怒られないし嫌われない。だから更に日陽が好きになる。 自分の中で抱え込み悩んでいた時はやはり、求められるに足りない存在だ…05月22日 11時00分
  • 月と太陽35
    あの日以来、那月はまた明るくなった。 またというか、本当に、というか。よく笑う。 身近な者以外には相変わらず仮面とやらを被っているのか、以前と変わらず始終穏やかにニコニコとはしているが、日陽に関することに関しては自分を出してくるようになった…05月21日 11時00分
  • 月と太陽34
    朝、那月はいつも日陽よりも早い。 今日も早くに着いて、既に来ている他のクラスメイトと軽く話したりしながら自分の机でぼんやりしていた。すると「つっきー!」という間抜けな呼び名が聞こえてくる。 それとともにいきなり抱きつかれた。 智充だ。 那月…05月20日 11時00分
  • 月と太陽33
    五時間目の授業が終わる頃に二人は教室へ向かった。 教室に戻る前に那月が「日陽が好きだよ」と改めて言ってくる。 「なんだよ突然」 実際突然だった為、顔が熱くなりつつも少し焦ったように日陽は答える。 「何々? どうかしたのか?」 そこへ智充が突…05月19日 11時00分
  • 月と太陽32
    実際、ほんの少しだけ眠っていた。 最近ずっと、あまり眠れなかった那月はその一瞬の眠りで生まれ変わったかのような気持ちになっていた。 いつもなら睡眠不足のせいか、変に少し眠るとダルいし軽く頭痛を覚えることさえある。だが今はとてもすっきりしてい…05月18日 11時00分
  • 月と太陽31
    ひたすら那月が打ち明けた話に、日陽は思わずポカンとしながら聞いていた。 那月が言った話がじんわりと浸透する。 スラスラとではなく少々たどたどしささえありながら那月が言った、日陽を独占したいという気持ちも智充への嫉妬も、なにもかも――それらは…05月17日 11時00分
  • 月と太陽30
    日陽を感じたくて堪らないが、嫌われたり別れたいと思われるくらいなら我慢する。 きっと、多分、……出来る。 笑って言った筈の那月を見て、だが日陽は困惑した顔をしてくる。 上手く笑えなかったのだろうかと那月は心臓を震…05月16日 11時00分
  • 月と太陽29
    止めろと言ってもなにも言わず、止めようとしない那月を日陽はなんとか引き離した。 今もだし最近の、こういう時の那月は以前の那月とは別人のようだ。熱に浮かされたような瞳を見て、日陽は目を背ける。 また流されてしまうような気がして目を合わせられな…05月15日 11時00分
  • 月と太陽28
    日陽が那月をじっと見て、はっきりと言ってきた。 もうやめよう、嫌だ、と。 那月は戸惑う。 もっともっと、と求めていればきっと安心感を得られると思った。 きっとそうだ、と。 だというのに安心感どころか、黒い感情は増すばかりのような気がする。 …05月14日 11時00分
  • 月と太陽27
    *R-18指定あり注意 今回のお話は性的表現が含まれる部分がございます。 18歳以上でR指定大丈夫な方のみおすすみ下さい。 05月13日 11時00分
  • 月と太陽26
    *R-18指定あり注意 今回のお話は性的表現が含まれる部分がございます。 18歳以上でR指定大丈夫な方のみおすすみ下さい。 05月12日 11時00分
  • 月と太陽25
    那月は一体どうしたんだろうか、と日陽は考えていた。 どう考えてもどこかおかしい。 普段は変わらないように見える。前と変わらず、ニコニコとしている。 だけれども最近は昼休みになるたびに那月は日陽をさらう。そしてひたすら抱いてくる。抵抗しても離…05月11日 11時00分
  • 月と太陽24
    日陽とたくさん体を繋げばきっと、という思いで那月は昼休み、学校だというのに日陽を強引に抱いた。 抵抗されたし終わった後も日陽は怒っていた。だがすぐに許してくれたし優しかった。 それに実際繋がっていると、あの黒い感情が湧くどころかひたすら夢中…05月10日 11時00分
  • 月と太陽23
    *R-18指定あり注意 今回のお話は性的表現が含まれる部分がございます。 18歳以上でR指定大丈夫な方のみおすすみ下さい。 05月09日 11時00分
  • 月と太陽22
    少しずつ、少しずつなにかがまるで砂で出来た城が崩れていくかのように、だが砂時計のように静かにさらさらと流れ崩れている気がする。 ただ、それは全くもって那月の中だけのことで、日陽は関係ない。 たまに八つ当たりのように「気を使ってくれたらいいの…05月08日 11時00分
  • 月と太陽21
    一緒に食料品を買うのは思ってた以上に楽しいと日陽は思った。 服を買いに行くのとは違う。それよりもっと日常的で内輪的なものだからだろうか。 ただ、鶏肉と玉ねぎくらい、日陽の家だと多分いつだってあると思う。 買い物から帰ってきて冷蔵庫を開けると…05月07日 11時00分
  • 月と太陽20
    平日はどうしてもなかなかゆっくりと会う時間がない。 那月もそれは仕方がないなとは思っている。 お互い違う部活をやっている。それにどちらかというと那月がやっているテニス部のほうが活動に熱心というか拘束される時間が長い気がする。 それを日陽に言…05月06日 11時00分
  • 月と太陽19
    午前中の休み時間、クラスメイトに話しかけられ何かを答え、そして笑い合っている那月を日陽はぼんやり見ていた。 短い休み時間は昼休みよりも皆それぞれ好き勝手に過ごしている。 女子は大抵ある程度のグループで集まっていることが多くて日陽としてはいつ…05月05日 11時00分
  • 月と太陽18
    *R-18指定あり注意 今回のお話は性的表現が含まれる部分がございます。 18歳以上でR指定大丈夫な方のみおすすみ下さい。 05月04日 11時00分
  • 月と太陽17
    *R-18指定あり注意 今回のお話は性的表現が含まれる部分がございます。 18歳以上でR指定大丈夫な方のみおすすみ下さい。 05月03日 11時00分
  • 月と太陽16
    一緒に休日を過ごした日はとても嬉しくて心穏やかで、満ち足りた気持ちになる。 ずっと外にいて残念ながらくっついたりイチャイチャ出来なかったとしても、日陽の大切な一日を貰ったような気にもなってほんわかとする。 那月はベッドに横になり、ふと目につ…05月02日 11時00分
  • ABOUT
    ■■ はじめに・・・ ■■ *当ブログは2人組で運営しております。 主にイラストが"ミム"、小説を"かなみ"が担当しております。 →プロフィール(ミム・かなみ) *内容は男性同士の恋愛等をメ…05月01日 11時01分
  • 月と太陽
    ◆月と太陽◆ 『黒江 那月』と『秋尾 日陽』は中学時代からの友人関係だった。 とある出来事をきっかけに、二人の関係は大きく変わっていく―― *赤→R指定 ☆.1 ★.2 ★.3 ☆.4 ☆.5 ★.6 ☆.7 ☆.8 ☆.9 ☆.…05月01日 11時01分
  • 月と太陽15
    今まで付き合っている相手と出かける場合、日陽が基本的にはエスコートしていた。 いや、エスコートと言えば大袈裟かもしれない。彼女の行きたいところがあればそこへ行くし、希望はなるべく聞いてきた。 感覚的なものとでも言うのだろうか。付き合っている…05月01日 11時00分