おとうちゃんの責任、オンナコドモの幸せ。

登録ID
1373535
サイト名称
おとうちゃんの責任、オンナコドモの幸せ。
URL
http://ameblo.jp/higashinojiri/
紹介文
左で保守、無党派民間、貧乏中年。 サルでもできる?政治家稼業、90日で市長をつくろう、など。
カテゴリ
  • 政治 (50%)
  • 政治家志望 (50%) - 3 / 8人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • 競争社会から協奏社会へ(その3)
    ずいぶん間をあけて、その1、その2に続く話なのだが、そっちを読んでいなくても構わないように書いていこうと思う。 一言でいえば、「生存競争」というようなものが人類のいわゆる「進歩」を促してきたことを認めつつ、21世紀は、「それぞれがその役割を…05月20日 09時22分
  • あじゃなん3回目は、私がプレゼンター。
    1回目・2回目をこのブログでも紹介した「あじゃなん」(あじゃあじゃ南砺Talk)3回目はタカズーリ喜多にて、5月10日に行われた。富山新聞で数回にわたって紹介されたので、見た方もあるだろう。 今回もプレゼンターは3名、シンガーソングライター…05月15日 23時41分
  • 続・人類はいつから人類か。
    先日の投稿の続きである。13日夜放送の、NHKスペシャル人類誕生の第二集、「最強ライバルとの出会いそして別れ」では、ネアンデルタール人とホモ・サピエンスとの関係が語られた。 およそ60〜20万年前にいた「ホモ・ハイデルベルゲンシス」は、ホモ…05月14日 21時09分
  • タカズーリ喜多
    昨日「あじゃなん」の3回目が行われたのが、五箇山の庄川右岸、旧平村から上平に入ったところにある「タカズーリ喜多」というお宿。古民家を改修して今年1月にオープンしたばかりだ。とてもいい感じだったのだが、あれこれ文字で書くより、写真で紹介した方…05月12日 00時32分
  • 人類はいつから人類か。
    NHKスペシャル人類誕生の第一集「こうして人が生まれた」を、けっこう真剣に見た。 人類はいつから人類か、という問いは、〇〇だから一人前だ、とか、〇〇じゃなければ人じゃない、みたいな話につながることもあるので、やや取り扱い注意だが、まあ単純に…05月11日 23時49分
  • 松本市美術館で、草間彌生。
    5月4日みどりの日、松本市美術館で草間彌生の展覧会「私の愛のすべて」を見てきた。 松本市街に入ると、もう、水玉の旗が並んでいて、9時の開館だが、10時近くに到着。当然美術館の駐車場はいっぱい。クルマは、近くにオープンしたイオンの駐車場に案内…05月05日 21時37分
  • 「あじゃなん」第2回
    第一回をこのブログでも紹介した「あじゃあじゃ南砺talk」(あじゃなん)。その二回目が3月30日に行われているので、ずいぶん日は経ったが、その内容を記録しておく。 プレゼンターは今回も3人、 司会もする「みの」ちゃんからは、定年退職したお父…04月25日 23時04分
  • 病院は時間泥棒?(人生の時間を伸ばしたくて来るのにね)
    scene 1 scene 2 scene 3 04月24日 11時46分
  • チューリップ畑
    今日からチューリップフェアも始まって、昨年も書いたように、フェア以外のチューリップも美しい。チューリップ畑は、咲いたそばから花首を取ってしまうので、なかなか「花の絨毯」らしい写真は撮れないのだが、2枚だけアップしておく。下は4月12日、鷹栖…04月20日 18時23分
  • 競争社会から協奏社会へ(その2)
    その1の続きである。「協奏」社会というのは私の造語だが、字の違う「共創」社会、というのはかなり使われている概念で、共創 とは、Co-Creation の日本語訳、ということのようである。競争(Competition)を優位にするためには、む…04月13日 19時27分
  • 競争社会から協奏社会へ(その1)
    「きょうそう」という仮名で変換すると、競争、競走、強壮、狂騒、といった単語が並ぶ。かなり下の方に「協奏」は出てきて、使われるのは協奏曲(コンチェルト)ぐらいのものであろう。英語のコンサートも、イタリア語のコンチェルトも、ラテン語のconce…04月09日 11時57分
  • 桜八景
    平成29年の年度末から、30年の年度初め、やや仕事が慌ただしくブログ更新を10日以上サボっていたら、どうでもいい最新記事に、25もの「いいね」がついてしまった。この間、暖かい日が続いて、桜の写真が溜まったのでアップしておく。写真のもっと上手…04月03日 21時10分
  • 民主主義の理想は、満場一致
    議論が、賛成と反対に分かれたとき、多数決で決することを、「民主主義」だ、という人がいる。 多数決を重んじるのは、一人一票だという意味で、民主主義というよりは、「平等」の論理である。 民主主義というのは平たくいえば、全員が責任を持つ、というこ…04月03日 20時31分