日常を哲学せよ

登録ID
1412924
サイト名称
日常を哲学せよ
URL
http://blog.livedoor.jp/takkyuya/
紹介文
旅行記、料理、書評などアラカルトブログ。【最近の一言】久しぶりに旅行記を書き始めました。
カテゴリ

※最新の記事

  • [書評]超一流はアクティブラーニングを、やっている。/相川秀希
    超一流はアクティブラーニングを、やっている。 [単行本(ソフトカバー)]相川 秀希東京書籍2016-07-09★★★アクティブラーニングは昨今の教育界を賑わす重大ワードの一つになっている。もっとも、数年前から使用されてきた言葉ではあるが、意…01月21日 22時00分
  • [書評]スリープ・レボリューション/アリアナ・ハフィントン
    スリープ・レボリューション 最高の結果を残すための 「睡眠革命」 [単行本]アリアナ・ハフィントン日経BP社2016-11-23★★★★2017年の流行の一つに“ 睡眠 ”を挙げたい。かつて寝ていないことの美学を語った多くの日本人の度胆を抜…01月18日 19時30分
  • [書評]夢の叶え方を知っていますか?/森博嗣
    夢の叶え方を知っていますか? (朝日新書) [Kindle版]森博嗣朝日新聞出版2017-01-13★★☆森博嗣の本は何冊も読んできたが、その中ではやや劣る。敢えて読まなくてもいいなかと感じた。森博嗣の十八番は本質を捉える思考である。夢の叶…01月17日 23時30分
  • [映画評]アナと雪の女王
    アナと雪の女王 (吹替版) [Amazonビデオ]2014-07-09★★地上波初登場ということで、どんなもんかと見てみた。さすがにこれを映画館で観ようという気は当時抱けなかった。悪くはないが、うーん、これがそんなにヒットするのかーという印…01月16日 22時00分
  • [映画評]ワイルド・スピード ICE BREAK
    ワイルド・スピード ICE BREAK (字幕版) [Amazonビデオ]ビン・ディーゼル2017-07-20★★★★ワイルドスピードは映画館で観るに限る。これだけは譲れない。前作『スカイミッション』が素晴らしかったことも相まって、「今作は…01月14日 20時30分
  • GOSPEL
    「GOSPEL」は洋館の中で厳かに喫茶を楽しめるユニークな店だ。旧名はOTENBA KIKIで一世を風靡した名店らしい。席が空いていても、客を無理に入れようとせず、あくまでゆったり楽しんでもらえることを最優先に考えられている。待っている人…01月13日 19時00分
  • asian chample foods goya
    京都・百万遍は学生街らしく賑やかで大きな交差点が目立つ。そこから東に坂を登る(今出川通りを山側へ進む)とユニークな店が立ち並ぶ。asian chample foods goyaもその一軒で、圧倒的な外観がこれぞとばかりに南国感を醸し出してい…01月12日 00時41分
  • [書評]文化庁国語課の勘違いしやすい日本語
    文化庁国語課の勘違いしやすい日本語 [単行本(ソフトカバー)]文化庁国語課幻冬舎2015-12-17★★★★“ 語彙力 ”がブームだ。本屋でも似たような書が乱立しており、どれを手に取っていいか困るほど。本書はその中では堅めの部類に入るのだろ…01月10日 20時30分
  • [書評]これまで誰も教えてくれなかった受験勉強をしなければいけない本当の理由/関…
    これまで誰も教えてくれなかった受験勉強をしなければいけない本当の理由 [単行本]関正生 伊藤賀一秀英予備校2013-05-01★★★★とりあえず勉強しろという狂気的な教育に釘を刺す一冊。眉唾モノと見せかけてエッセンシャル思考な内容。「受験勉…01月08日 23時30分
  • Tweets 2017/December
    大きなミッションを2つ果たした12月でした。2017年12月1日〜31日・久しぶりに図書館にこもるサタデー。・チャンピオンズカップの出馬表見てると今のダート界がいかに寂しいか実感できる。古川のテイエムジンソクが1番人気って・・・。個人的には…01月06日 22時30分
  • 2018年の抱負(ぽんず)
    新年あけましておめでとうございます。昨年はアラカルトブログ「日常を哲学せよ」にお越しいただき、ありがとうございました。今年の3月でこのブログは4歳になります。これまで2つのブログを渡り歩き、それぞれ4年書いてきましたので、もうすぐブロガー歴…01月03日 22時30分
  • 2017年を振り返る(総括)
    社会の認識が大きく変わる1年だった。2017年は「変革の年」だと思う。働き方改革では、これまでの社畜的な働き方は否定され、睡眠に関する認識も大きく変わり、もはや寝ないことやモーレツ社員の美学は全否定された。これら変わった内容自体もかなり目を…12月31日 23時59分
  • 2017年重大ニュースを振り返る
    2017年の重大ニュースを国内・国外に分けて振り返ります。思うところは色々あるけれど、できるだけ感想は端的に。※参考 → 昨年の記事【国内】2017年、日本にとっては「外交」の重要性が高まる年だったと思う。中心は北朝鮮の脅威。実際にミサイル…12月31日 20時17分
  • 年間ベスト2017(邦楽編)
    ぽんず的年間ベスト(邦楽編)を発表します。2016年の邦楽も充実していたけれど、今年はそれを上回る良作に恵まれた。アルバムはすっと出てきた10枚を何となく順位付けしてみました。楽曲の方は絞ってもこれだけ挙げてしまうのは豊作の証。ホントに感謝…12月30日 17時33分
  • 年間ベスト2017(洋楽編)
    年末恒例のぽんず的年間ベスト(洋楽編)を発表します。今年の洋楽シーンは、自分の中では不振の一言です。以前ほど聴かなくなったというのもあるけれど、コレというアルバムを挙げよと言われた時に思い付くものがまるでない。期待していたROYAL BLO…12月30日 12時13分
  • 2017年の競馬を振り返る
    恒例の今年の競馬振り返り。今年はなんといってもキタサンブラックの1年でした。G?を6戦も主役を張りながら有馬で有終の美を飾るのですから、本当にすごい馬です。それを導いた武豊も生きるレジェンドですね。他のジョッキーで同じ成績が収められたかと問…12月29日 23時30分
  • 松尾昭彦ONEMAN SHOW@心斎橋BRONZE
    2017.6.25【松尾昭彦ONEMAN SHOW】@心斎橋BRONZE2016年6月、松尾昭彦率いるJELLYFiSH FLOWER’Sが突如活動休止を発表。理由は、松尾氏がメニエール病を患ったため。「ライブハウスで松尾さんの声がもう聴け…12月26日 23時30分
  • [書評]書く力 私たちはこうして文章を磨いた/池上彰
    書く力 私たちはこうして文章を磨いた (朝日新書) [新書]池上彰朝日新聞出版2017-01-13★★★☆池上彰と、読売新聞コラム(=編集手帳)を執筆する竹内政明さんとの対談本。書くことのプロフェッショナルである二人のいわゆる種明かし本にあ…12月21日 19時30分
  • 【書評】「トランプ時代」の新世界秩序/三浦 瑠麗
    「トランプ時代」の新世界秩序(潮新書) [新書]三浦 瑠麗潮出版社2017-01-20★★★☆今や女性論客と言えばすっかりこの人の代名詞となった、三浦瑠麗さん。的確な分析、鋭く端的なコメントは感心させられる。朝生で田原総一朗を度々論破する場…12月19日 20時30分
  • [映画評]ピンポン
    ピンポン [Amazonビデオ]窪塚洋介2013-11-26★★★★☆青春時代の味を思い出させてくれる名作。久しぶりに地上波で放送されていたので見てみた。“ I Can Fly!!”“ 月にタッチするなんてわけないよ ”など、ペコを演じる窪…12月18日 21時00分
  • 【書評】何度でもオールライトと歌え/後藤正文
    何度でもオールライトと歌え [単行本(ソフトカバー)]後藤正文ミシマ社2016-04-27★★★☆アジカンのゴッチのエッセイ集。相変わらず文章センスが良い。絶妙な言葉のチョイス、軽快なリズムは『ゴッチ語録』から変わらない。3.11の大震災後…12月17日 23時30分
  • [映画評]函館珈琲
    函館珈琲 [DVD] [DVD]黄川田将也マクザム2017-03-03★★★☆2016年に製作された作品。タイトルと予告編を見て飛びついた。舞台は函館、古い西洋風アパート翡翠館(ひすいかん)。若者の葛藤を描いた群青劇。翡翠館はそこを仕事場兼…12月15日 19時00分
  • [書評]知の操縦法/佐藤 優
    知の操縦法 [単行本]佐藤 優平凡社2016-11-25★★★☆本が売れるかどうかは半分以上タイトルで決まる、なんていう嘘か真かわからんことを昔本で読んだことがあるが、なるほどこのタイトルは売れること必須、特に男心をくすぐる名タイトルだと感…12月13日 21時30分
  • ドラマ2017 Summer (7-9月)
    夏クールは黒革の手帖とコードブルーが良かった。作品賞は迷った結果、ドラマの醍醐味である「次が見たい」欲を掻き立ててくれた黒革の手帖をチョイス。主演の武井咲はもちろん、毎回代わる代わる登場する悪役が抜群。「黒革の手帖」出演: 武井咲、江口洋介…12月12日 19時00分
  • Okaffe
    京都は四条通を南に迷い込むとおもしろい店々が隠れ潜んでいる。喫茶・カフェ部門では「Okaffe(オカフェ)」がその最たる店ではないだろうか。流行りのカフェというわけでもないし、昔ながらの喫茶店というわけでもない。若者から老人まで足を運びやす…12月10日 23時56分
  • 高山・白川郷の旅 第4回 「DAY2−念願の白川郷−」
    2017.3.26高山・白川郷の旅 第4回 「DAY2−念願の白川郷ー」いつか来たいと思っていた白川郷、何となくもっと年老いてから来るものと思っていたら思いのほか早く実現した。ものすごく良かった!!というほどではないが、「白川郷」という…12月09日 17時30分
  • 肉バルが点在する時代に生まれて良かった
    タイトルに全ての想いを込めました。肉バルbuff、恐るべし。タワーポテサラには何か感動。サラダもしっかり肉!薄めながら口の中を圧巻!パテはいつも神。旨味パンチの王者。チーズにマーマレード。こやつ、できる。==================…12月08日 20時30分
  • [映画評]LA LA LAND
    ★★★★2016年の映画界(洋画)を圧巻したラ・ラ・ランド。監督デイミアン・チャゼルの前作『セッション』が素晴らしかったので、迷いなく映画館へ足を運んだ。主演はライアン・ゴズリング、エマ・ストーン。うん、いいじゃないか。感想を要約すると、エ…12月07日 19時30分
  • 浮き世離れの反動
    師走突入。月日の移ろい早く、夏が終わったかと思ったらすっかり冬の装いである。10月の頭にタイ、11月の頭には名古屋・佐久島を訪れた。まだまだ溜め込んだ旅欲は残っているが、いくらかは解消されたように思う。最近つくづく思うのが、人生で大変なこと…12月04日 23時30分