BLエロ小説 短編集

登録ID
1420546
サイト名称
BLエロ小説 短編集
URL
http://fe26679.blog.fc2.com/
紹介文
BLのオリジナル短編小説集ですっ! リクエストにもお応えしますよ!
カテゴリ
  • 小説(BL) (100%) - 4 / 167人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • 男達は無慈悲な快楽地獄に放り込まれる
    「あぁぁっ…ひっ、は、あぁ…あぁぁぁっ……!」「あぅっ、んぁ…あぁ! あぅぅぅっ……!!」衣服を一つ残らず剥ぎ取られ、裸体にされた二人の男が甘く乱れた悲鳴を発しながら拘束を解こうともがいている。汗に塗れた裸体を震わせながら手足に力を込め、黒…08月21日 21時00分
  • 悪人は刑事を快楽で狂わせる
    「んぎゅぅぅぅーっ!! おぶっ、ご、ぼほぉっ! うー! んぐぅぅぅぅぅーっ!!」くぐもった絶叫を上げながら、男がまた絶頂へと追いやられた。床の金具から伸びた短い鎖の先にある革の枷を嵌められた手足が絶頂に合わせてガクガクと震え、腰に巻かれたベ…08月17日 21時00分
  • 男達はラバースーツの中で絶頂を繰り返して壊れる
    「あっ…あ、おぉぉっ!!」「ほっ、おぉっ! あー! あぁーっ!!」意味を持たない甘く歪んだ絶叫を発しながら、男達はまた絶頂へと追いやられた。何度も何度も絶頂を強要された男根の先端から、ほとんど白の混じっていない体液が弱々しく零れ落ち、肉体は…08月14日 21時00分
  • 哀れな青年は苦悶の様子を鬼畜な男に観察される
    「んっ…んうぅぅ! うーぅっ! ぐ…ふぐぅぅぅぅーっ!!」視界を覆う黒い革製の目隠しの下で眉根を寄せ、口に噛まされた黒のギャグボールの穴から濡れた悲鳴と唾液を零しながら、青年はもう何十度目かも分からない絶頂へと追い立てられた。台の上に乗せら…08月07日 21時00分
  • 縄は嬲られる保安官の肉体をきつく縛める
    背中に回させられた手首を縄で縛って捻り上げられ、二の腕を胸部に括り付ける縄に短く結合された男は上半身の自由を完全に奪われてしまっている。身体の前であぐらに近い状態になるよう重ねた足首を縄で緩み無く縛られ、その足首の縄に結んだ別の縄で作った輪…08月04日 21時00分
  • 全身に淫具を取り付けられ探偵はよがり狂わされる
    昼食を済ませた男が部屋に戻ってくると、そこには数時間前と全く変わらない光景があった。声が外に漏れないように設計された部屋には、数時間前に失神した時と同じ体勢で拘束されたまま眠っている裸体の探偵の男がおり、探偵を失神に追いやった淫らな責め具達…08月02日 21時00分
  • 助けの来ない状況で少年は壊れるまで嬲られる
    遊びに出掛けた休日の夕方、人知れずヒーローとして悪と戦い街を守っている少年は家へと続く道の途中で数人の男達に襲われ、抵抗も虚しく変身する余裕も与えられずに連れ去らわれ、衣服と所持品を全て取り上げられた裸体に拘束を施されてしまった。「ん…んぅ…08月01日 21時00分
  • 哀れな刑事は男根への奉仕を強要される
    「あっ…あぁ、あぅ……もう…やめて、くれぇ。ゆるひて、ゆるじ、で…っ!」陽の光の届かぬ地下空間に、男の弱々しい哀願の声が聞こえる。その声の主は、一人の刑事の男。自分を逆恨みする悪人達の手で拉致され、助けの望めぬ地下空間で衣服を剥ぎ取られた裸…07月31日 21時00分
  • 教師は逆らえない肉奴隷に堕とされる
    どれ程鍛え上げられた肉体を持っていても、飲み物に睡眠薬を混ぜられ深い眠りに落とされては抵抗など出来ない。衣服を全て剥ぎ取られた裸体にされても、裸体にされた肉体を細長いテーブルに仰向けで寝かされ手首同士と足首同士を短く繋ぐ枷を天板の下で嵌めら…07月29日 21時00分
  • 少年は満ち足りた笑みを浮かべる
    視界を塞ぐ黒布の目隠しを施され、口に穴の開いたギャグボールを噛まされた青年は見る事を禁じられ、意味のある言葉を発する事も出来ないようにされている。手首と足首に内側にクッションの付いた革の枷を嵌められ、その四つの枷とベッドの脚を鎖で繋がれてし…07月27日 21時00分
  • 男達はステージ上の捜査員を眺める
    金で買収された味方に裏切られ、敵の手に堕ちてしまった捜査員の男は、敵の男達によって厳重な縄拘束を施され、跳び箱に似た形状の台の上に取り付けられたバイブを尻穴で飲み込まされ、一晩中尻穴を掻き回される刺激のみで絶頂を強いられ続けた。背中で手首を…07月26日 21時00分
  • 淫らな粒は次々と押し込まれる
    目を覆うようにして幾重にも巻き付けられた黒色の強力なテープは視界を完全に閉ざし、男に周囲の様子を確認する事を禁じている。口内に詰め込まれた布とその布を吐き出せないようにと口に貼り付けられた目の物と同じテープは、男に助けを呼ぶ事はもちろん、左…07月24日 21時00分
  • 部屋は少年を弄ぶ為だけに用意される
    「ん…んー……む、うぅぅっ…」窓が無く、扉は一つしか無い部屋。防音性の高い素材で作られた壁や天井に囲まれており、中でどんなに騒いでも外に音が漏れないよう設計された部屋の床に敷かれた柔らかな薄桃色のマットの上で、少年が弱々しい唸り声を上げてい…07月20日 21時30分
  • 二匹の犬は淫らできついお仕置きを施される
    「嫌だぁぁぁっ! 許して、くださいぃっ! やめて、やめ、んむぐぅぅぅぅ!!」「お願いしますぅっ! もう、逃げたり、しませんから! 助けて! うぐぅぅぅぅーっ!!」両手両足を幾重にも巻かれた布によって折り畳んだまま伸ばせないように拘束され、そ…07月17日 21時00分
  • 少年魔族は青年勇者に腰掛ける
    見た目が幼いと言えども、魔王が信頼する優秀な部下の一人。そう考え、勇者の青年は万全の準備と鍛錬を終えた後に少年魔族の城を訪れ、討伐を試みた。だが、青年勇者の考えは甘かった。全く油断などしていなかったというのに、見た目で実力を過小評価するなど…07月16日 21時00分
  • 青年達は長く過激な夏休みを過ごす
    蝉の鳴き声がうるさいくらいに聞こえ、それと同時に木々が風に揺すられる涼やかな音も聞こえてくる。そんな山の中にぽつんと建っている古びた民家の畳の上に、二人の青年がいた。片方は、民家の元の持ち主である足腰の弱った祖母の代わりにと、家の中の掃除や…07月14日 21時00分
  • 黒に覆われた刑事達は甘く無慈悲に追い詰められる
    「あ…おぉっ。ほ、おぉ、おぅぅぅ…っ!」「ふぅーっ…うぅ、ふっ、あうぅっ…」苦悶に歪んだ呻き声が、誰かを閉じ込める為だけに作られた地下牢の中から弱々しく響く。その呻き声の主は、二人の男。悪人達の罠に掛けられて抵抗虚しく捕らえられて地下牢へと…07月13日 21時00分
  • 淫らな仕掛けは青年ヒーローをイき狂わせる
    「ん…んぅ……っ」青年ヒーローが、深い眠りから目を覚ます。そして、視界を塞ぐ黒い目隠しと口を塞ぐ棒状の枷に気付き、左右の乳首と男根に取り付けられ尻穴を奥深くまで貫いている異物に気付き、伸ばした腕の両手首と肘を壁に縫い付け持ち上げさせられた足…07月11日 21時00分
  • 裸体は身じろぎも許されずに絶頂を強いられる
    口に、言葉を発する事と舌を噛む事を禁じる黒い棒状の枷を噛まされ。左右の手首に嵌められた黒革の枷と黒い首輪の後部を短い鎖で繋がれ。足首と太ももに巻かれた枷同士を手首と同じように短い鎖で繋がれてしまった兵士長の男が、敵国の施設にある地下牢に置か…07月09日 21時00分
  • 刑事達はケースの中でしゃぶり合う
    殺風景な部屋の中央に置かれた、大きなアタッシェケース。床から動かないよう、蓋が勝手に開かないよう床に打ち付けられた金具と鎖を使って厳重に固定されたアタッシェケース。その中に、二人の刑事の男が入れられていた。道具と共に衣服を一つ残らず奪われた…07月07日 21時00分
  • 青年達は支配されて悦びを抱く
    山奥に建てられた屋敷の一室で、二人の青年が衣服を剥ぎ取られた裸体に拘束を与えられ、身動きを完全に封じられていた。天板が長方形になっているテーブルに仰向けで寝かされた青年達の左右の手首は頭上に伸ばしたまま天板に黒いベルトで縛り付けられ、大きく…07月05日 21時00分
  • 檻に入れられ捜査員は発情を強いられる
    コンクリートの壁に覆われた殺風景な部屋の中に、頑丈な金属で作られた檻が置かれている。電話ボックスに近い形状をした縦に長いその檻は、猛獣を入れておく物とは明らかに違う。事実、檻の中には猛獣ではない存在が閉じ込められている。犯罪組織を調査してい…07月04日 21時00分
  • 刑事は捕らわれ淫らな肉の塊に堕とされる
    「あ…あぁっ…?」目を覚ました刑事の男は、すぐさま自分の肉体の異変に気付いた。目を開いても黒に覆われていて何も見えない、口を閉じようとしても丸い金属を噛まされている口は閉じられず言葉を発する事も出来ない。加えて、着ていたはずの衣服は一枚残ら…07月03日 21時00分
  • 虎は無慈悲な連続絶頂を強いられる
    窓と扉と照明以外は、天井も床も壁も全て白い素材に覆われている部屋に、一人の虎獣人の男がいた。部屋に唯一置かれた家具であるベッドに、裸体を拘束具で厳重に繋がれ。防音がしっかりと施された部屋に一人きりで放置されたまま、無感情な機械達にいたぶられ…07月02日 21時00分
  • 痒みと痛みで男は堕とされる
    背中に回された両手首に巻き付けられた黒革の枷は男の腰に巻かれた黒革のベルトに短い鎖で繋がれており、男は手の自由を奪われてしまっている。左右の膝を括る革のベルトは男の首に巻かれた革の首輪に鎖で繋がれており、男は身体を内側に緩く折り畳んだ状態か…07月01日 21時00分