はーとらんど写真感

登録ID
1432595
サイト名称
はーとらんど写真感
URL
http://yaguchiten.exblog.jp/
紹介文
風景写真の撮影をしています.2012年9月にインドを旅して10月から12月までブログにアップしてます
カテゴリ

※最新の記事

  • 東京の空4
    10月23日 17時12分
  • 東京の空3
    雲が踊る9月の空 10月22日 17時50分
  • September of green light
    残暑が厳しかった9月にタイムスリップ ベンチの背中越しから見た緑色の光 もう少し涼しくなったら恋人たちが座って愛を語りあうのだろう 10月21日 17時31分
  • Of the light ring
    10月20日 19時18分
  • 東京の空2
    分厚い雲と光の道 雲に阻まれる前に撮れた でも雲から出る前の光芒が見られたかも、どっちが良かったかな? 10月19日 17時56分
  • 東京の空1
    雲から光の柱が立った 10月18日 20時40分
  • 武蔵野紀行50
    ネットで面白いニュースとか見ていたら市ヶ谷の市谷亀岡八幡宮に 銅製の鳥居がある事を知って8月下旬頃に行って来た 行ってみると物凄い階段を上る事になった でも5年前に行った和歌山の熊野神社へ行く坂道や階段の方がきつかったから 屁でもないと思っ…10月17日 18時35分
  • 武蔵野紀行49
    下町資料館を出て上野公園を駅まで、ちょっとぶらぶらした時に見つけた大木の根っ子 まるでエイリアンだった 10月16日 20時10分
  • 武蔵野紀行48
    他にも、嗚呼懐かしいなと云うモノがあった 五右衛門風呂である 五右衛門風呂は母親の実家にあって、こちらは鉄釜のように見えるが 母親の方は確か石釜だったような、無いような 底は熱いので風呂に合わせた板敷を沈めて入る 何故そうするのか疑問になっ…10月15日 20時33分
  • 武蔵野紀行47
    下町風俗資料館の付設展示場の旧吉田屋酒店に行った1週間後に 上野公園内にある下町風俗資料館を訪れた 大正から昭和までの長屋からテレビが普及し始めた昭和の風景を見たくなったのだ 上野公園にには何度も行った事があり資料館は知っていたが素通りして…10月14日 18時17分
  • 武蔵野紀行46
    寛永寺の初代住職は徳川家康の右腕と云われた天海で織田信長に焼き討ちにされた比叡山延暦寺の僧侶を務めていた なので西の比叡山延暦寺を見たて山号は東叡山寛永寺の山号を持っている 灯籠に装飾された睨みを効かせた龍と墨に展示したあった鬼瓦 寛永寺は…10月13日 18時38分
  • 武蔵野紀行45
    西日が寛永寺周辺に射して光の具合が良い雰囲気を作り出して行った 続く 10月12日 19時50分
  • 武蔵野紀行44
    寛永寺は元禄11年に上野公園の大噴水の地に建立されたが 慶応4年の彰義隊の戦争の時に焼失して 明治12年に再建された 続く 10月11日 18時32分
  • 武蔵野紀行43
    酒樽、樽酒って気の香りがして一層酒の味が引き立って美味しいんだよな 何に使用するもの何だろう 明治か大正時代のお酒のポスターかな? 僕の知っている好きな昭和のCMがある 三船敏郎の「男は黙ってサッポロビール」だ 日本酒の量り売りを当時はして…10月10日 20時16分
  • 武蔵野紀行42
    酒店の角に置いてあった井戸ポンプ 店内に入る事にする 続く 10月08日 18時20分
  • 武蔵野紀行41
    2番目の物件はカヤバ珈琲から道路を隔てた所にある旧吉田屋酒店だ 明治43年に建てられ昭和61年まで営業していたのを 上野桜木町に移築して江戸商家の建築様式を現在に伝えている 上野公園の不忍池湖畔にある下町風俗資料館の敷設展示場である 玉林寺…10月07日 17時47分
  • 武蔵野紀行40
    玉林寺に行く途中で良いポイントがあり 帰りに撮ろうと思っていた物件が二つあった その物件の一つがカヤバ珈琲である このサテン(大阪では喫茶店の事をサテンと言っていた。最近ではオシャレにカフェと呼んでいるが そういう呼び方は僕は好きじゃないの…10月06日 19時01分
  • 武蔵野紀行39
    谷中は寺町だけあって道沿いに寺が点在していた 目的の場所へ行っていたら、お寺の山門から、ちらっと松の木が見えた 何故か気になって戻って妙情寺と云うお寺に入って行くと 立派な横に枝葉を伸ばした松の木があった かなりの樹勢だと思って写真に撮った…10月05日 19時09分
  • 武蔵野紀行38
    祠を過ぎて、ずんずん歩いて行くと見覚えのある場所に辿り着いた 5年前に谷中を歩いた時に見たミカドパン屋のヒマラヤスギと2度目の再会をしたのだ 昔、店主が鉢植えでヒマラヤスギを育てていたら あれよ、あれよ、と、丈夫に育ち、現在では90年超えの…10月04日 17時49分
  • 武蔵野紀行37
    そして昭和名残りの井戸ポンプとご対面 かなり使い込んでいるようで下町で地下水が出る場所と云うのも貴重である 水をろ過する為の布が巻いてあり水は煮沸消毒すれば飲めるのかな 飲めなくても外出した時に手や顔を洗う為に使用しているか、だろうが 少な…10月03日 20時53分
  • 武蔵野紀行36
    玉林寺の裏路地から昭和の名残りの井戸ポンプを見に行く その前に玉林寺境内にたっていたヒマラヤスギについてだが ヒマラヤスギについてコメントされていた方がいて思い出した事があった ヒマラヤスギはインドからパキスタンのヒマラヤ山脈に分布していて…10月02日 19時24分
  • 武蔵野紀行35
    スダジイの古木を撮った後に見た玉林寺の裏庭と表の境内で撮った風景 そして表の境内で見た景色 鬼瓦 像の置物があった。ご住職がインドに行った時のお土産かな?それとも、タイかな 石に刻まれた梵字 だと、思う 調べたら、似ていたけど違うかな ちな…10月01日 17時16分
  • 武蔵野紀行34
    玉林寺のこんもりとした丘でタブノキやスダジイを撮って降りて行くと 鎮守の森が創り出した木漏れ日に眼が行った なので今回は木漏れ日を中心に写真をまとめた 荒れ果てた石垣に木漏れ日が射して石垣の表情が神々が会合を開いているような感じを受けたし …09月30日 18時36分
  • 武蔵野紀行33
    8月末だったか9月初旬だったか休みの日に朝のテレビで散歩番組で 上野と谷中の特集を放送していて 片手間に見ていたら古い井戸水ポンプを谷中で探していて 丁度ご近所さんに場所を聞くと玉林寺の裏路地にあると教えられていたが そこからCMか入り長い…09月29日 20時06分
  • 武蔵野紀行32
    横たわっている傍らに彼岸花が咲いていた 今回は彼岸花が目的ではなく大イチョウを撮る為だったので 9月10日に彼岸花が満開になっていたのに驚いた 彼岸花は、ネットでの情報で何時も撮っていたり たまたま咲いていたとかで僕は撮っていて大体が僕の記…09月28日 18時41分
  • 武蔵野紀行31
    いつだったか東京文京区小石川の名所を検索していたら 光園寺にある1本の古木の大イチョウ記事を見つけた 戦前に文部省から日本一の大イチョウとして指定された大イチョウである 大イチョウは東京大空襲で被災し上部が焼失した しかし植物の持つ再生能力…09月27日 19時01分
  • 平井諏訪神社例大祭2017 3
    長持道中が終わって神楽殿から太鼓の音が聞こえて来たので行ってみると お面を付けて舞い踊っていた これは神楽と云う神事で神に奉納する為の舞いだそうだ 終わり 09月26日 18時44分
  • 平井諏訪神社例大祭例大祭2017 2
    次の日は予報通り雨が朝から降っていた 今年は1年に1回ある祭りの4年に1回だったか2年毎だったか、大祭で 今年の大祭は日本三大奇祭の中の一つで長野の諏訪地方の御柱祭のなかの一つの 長持道中が招へいされて下町を練り歩くのだそうだ 見た事が無い…09月25日 19時39分
  • 平井諏訪神社例大祭2017 1
    台風接近のニュースで賑わう9月の3連休の初日の土曜日は 以外にも雨が降らず何処も出かけず部屋でまったりしていた そんな夕方の18時過ぎ、外から「ヤレイケ!ソレイケ」と、神輿を担ぐ男衆の声が聞こえてきた カメラを持って外に出ると辺りは暗く外付…09月24日 19時14分
  • 武蔵野紀行30
    動物霊園の階段を下りて、あっちにふらふら、こっちにふらふらしながら歩いて行くと 以前に撮ったお堂があった。前はお堂の境内には入らず側面だけ撮った事がある 今回も側面をアングルを変えて撮った このお堂は28でも書いているが深大寺の由来となった…09月23日 19時38分
  • 武蔵野紀行29
    僕のブログをご覧の皆様へ 最近エキサイトにフリーページが出来て合間を見ながら5年前に旅したインドの写真を 再セレクトして南から北インドの旅の記事を作りました 時間がある方はご覧下さい タイトルは、「バラタマータ・母なる大地」から変更して「イ…09月22日 19時31分
  • 武蔵野紀行28
    深大寺に入る事にした 深大寺は武蔵野台地の崖線から湧き出す水源地で周辺の田畑や森を潤し 豊富な水を使って蕎麦栽培もされて深大寺界隈の名物となり現在に至っている 深大寺の名勝は仏法を求めて天竺に旅した玄奘三蔵を守護したとされる 水神「深沙大王…09月21日 18時26分
  • 武蔵野紀行27
    深大寺水生植物園を出て深大寺界隈を歩いた この界隈は何年か前に来て2度目になる。いや、10年前ぐらいに歩いていたので3度目になる 1度目は確か冬で2度目は春、今回は初秋になる 深大寺の石垣堀を流れる小川 小川の縁に咲いていた花 深大寺の石垣…09月20日 19時43分
  • 武蔵野紀行26
    僕が城址公園に来た目的は前記事に書いたように 水生植物園のコオホネと、もう一つはこの近辺の小学生が育てている蕎麦の花を 見る事だったが残念ながら二つ共見る事が出来なかった 蕎麦の花が咲く時期は栽培場所の看板に書いてあったのをみると 春に種ま…09月19日 19時54分
  • 武蔵野紀行25
    草の茂みからむっとする熱気が僕の体をほてらせる これを「草いきれ」と云うのだな 09月18日 19時39分
  • 武蔵野紀行24
    城址を常緑樹の深い緑を撮りながら巡った 9月上旬なのに、もうぱんぱすぐらすの季節? 早いなぁ 10月頃だと思っていたけど僕が撮るのが遅いだけなのかな パンパスグラスをアップで撮る 他の公園で見るのより穂が大きく堂々としていた パンパスグラス…09月17日 18時07分
  • 武蔵野紀行23
    水生植物園から小高い丘に入ると芝生公園が広がっている 扇谷上杉氏が築城した戦国時代の上司跡だ 土塁跡 発掘された城の柱跡に石が置かれていた アート的な石の配置 こんな感じで柱が組まれていたんだな 続く 09月17日 06時53分
  • 武蔵野紀行22
    水生植物園の周辺を歩いた 湿地帯に広がる森の緑が生き生きとしていた 09月16日 07時19分
  • 武蔵野紀行21
    20の続きです 水辺に咲く花とか野草は、どうして小さいのだろう マクロなので踏ん張って撮るから滝のように汗が出てしまう ミズキンバイ 草むらに隠れていた白い花 多分 ボタンヅル 線香花火のような形の花 ? 君の名は? 多分、ヤブミョウガの実…09月14日 20時01分
  • 武蔵野紀行20
    神代植物公園と深大寺の中間にある神代城址の水生植物園に 9月上旬の日曜日に行って来た 目的は城址公園と7月から9月ぐらいまで咲いているコオホネを見る事だったが 姿が見えず終わってしまったようだった。何年か前の7月ぐらいに 石神井公園にある三…09月13日 19時39分
  • 武蔵野紀行19
    大円寺に入ると見事な樹木が本堂を囲んでいた 此処へは500羅漢の石仏達が斜面に座していると知って 雅叙園の帰りに寄る事にしていた 魔除けの鬼瓦が八方を睨んでいた 五百羅漢を撮る前に境内をウロウロしていたら あるモノを見つけた 1度目のインド…09月11日 18時46分
  • 武蔵野紀行18
    雅叙園を出ると天気が悪く、おまけに蒸し暑さを感じ 汗がじわじわと出て来た。今まで涼しい所にいたので 余計に暑さを感じるのかも知れない 天気が悪いのでカラーからモノクロにして 雅叙園から少し下った所に立つシイの古木を撮りに行く シイは江戸時代…09月10日 18時39分
  • 武蔵野紀行17
    晄の世界から現実へと引き戻されたが、まだ余韻から覚めず ロビーの外に小さい庭園があったので色と晄の酔いを醒まそうと外に出た ポツリ、ポツリと咲いていた花、 何とかセージって名前なんだけど その、何とかが分からない 水がちょろちょろと岩を伝っ…09月08日 19時44分
  • 武蔵野紀行16
    天井を見上げると扇の天井絵が描かれていた。扇は縁起物だそうだ ケヤキ造りの廊下に年輪が浮き出ていた 鍵の形にも種類があるんだな 続く 09月07日 18時58分
  • 武蔵野紀行15
    百段階段は実際は縁起の良い99階段が7部屋の宴会場に結ばれ 座敷の床の間や障子、ガラス窓に至るまで見事な装飾が施された歴史的な木造建築と 出会えた事に嬉しく思った 続く 09月06日 19時53分
  • 武蔵野紀行14
    99階段を上がり切り七部屋目を見終ったが 昭和初期の明り取りや階段の擦り傷などに視点が行き 気になったモノ達を写真に納めながら下って行く事にした 続く 09月05日 20時53分
  • 武蔵野紀行13
    あかりに酔う いろに酔う 09月04日 18時09分
  • 武蔵野紀行12
    組子細工 釘を一本も使わずに組んだ伝統工芸 トトロに似ていて、ユーモラスな陶磁器、、、、だと思う 提灯 灯を目立たせるためバックを落とした 夏の風物詩 風鈴 中望遠を持って来なかったので風鈴を単体で切り取るのが難しく かと言って全体を入れる…09月02日 08時42分