コントリ!(コントラバスでトリエステ) ヌオーヴォ!

登録ID
1434820
サイト名称
コントリ!(コントラバスでトリエステ) ヌオーヴォ!
URL
http://contrinew.exblog.jp/
紹介文
トリエステに住むコントラバス弾き。イタリアなのにイタリアじゃない、辺境都市トリエステでの生活、音楽の話などです。
カテゴリ
  • イタリア(海外生活・情報) (100%) - 9 / 97人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • 「ボッテジーニのエレジー」についての(マニアックな)考察。
    ボッテジーニのコントラバスのための小品の中でも、「エレジー」は特に人気があると思います。コントラバスの広い音域を利用した美しいメロディーと、長すぎない曲の長さが主な理由でしょうか。僕が最初に弾いた思い出のボッテジーニ作品でもあります。ちなみ…05月28日 18時36分
  • 本払い(ほんばらい)
    友達の友達に頼まれて、とある本の日本語訳版を読んで録音してきました。もちろん本全体ではなく、彼らが使う最初の数ページだけで、色んな言語で録音しそれをミックスするんだとか。実はちょっとはこういう声の録音のお仕事もしたことがあったので段取りも分…05月28日 14時06分
  • 有名老舗パスティッチェリア(お菓子屋さん)「Pirona」閉店・・・。
    久々に前を通りかかってビックリしたのですが、日本のガイドブックやドキュメンタリーにも取り上げられていた、ジョイスが通ったことで名高いお菓子屋さん「ピローナ」が、閉店してました・・・。簡単な張り紙にはイタリア語と英語で、30年に渡った経営者の…05月26日 21時41分
  • Tomeka Reidとの即興音楽ワークショップ。
    アメリカはシカゴから、チェロでジャズやインプロ・ミュージックの活動をしているTomeka Reidという女性がトリエステにツアーでやってきました。そのついでに、弦楽器を使った即興のワークショップをやるというので聴講しに行ったら、なんと「参加…05月25日 15時16分
  • 初聖体拝領式(Prima comunione)に出席。
    聖体拝領式というと、キリスト教関係者の方以外は意味が分からないかと思いますが、カトリックの儀式の一つです。キリストの肉を象徴する「Ostia(聖体)」という無発酵のパンと、キリストの血を象徴するワインを飲む儀式で、普段はミサの最後の方に、祭…05月22日 16時25分
  • Bar Trattoria "Alla Motonave"
    今まではコーヒーやパニーノくらいしかでしか利用したことが無かったこちらのトラットリア、久々に再会した友人と、中心街を散歩していて昼食に立ち寄りました。抜群の立地、トリエステで一番充実している美術館Museo Revoltellaの真ん前です…05月18日 16時27分
  • 5月はここに限る、三年目オスミッツァ・シルヴァーノ。
    2015年に発見し、去年も行った伝統的なオスミッツァ、シルヴァーノ。行きにくい山あいの立地、開けた景色、こだわりの自家製ワインとペーストに惹かれて、今年も行ってきました。このオスミッツァが開いているのは5月の頭、今年は天気がイマイチで寒かっ…05月17日 16時31分
  • イヌと走る人々。
    いつもの仕事帰りの、いつもの目抜き通り。もし犬をつれて走る人々を大量に見かけたら、皆さんならどうしますか。マラソン・イベントの一環だったようですが、なにもこんな夜中にやらなくても・・・。クリックして応援お願いします! 人気ブログランキング05月15日 01時06分
  • トリエステの裏道はやっぱり面白い。
    僕も参加している日本文化のボランティア団体で、またも大人気の料理教室を開催しました。今回は、サン・ジュストの丘の中腹にある、サン・ミケーレ公園(Giardino di San Michele)のキッチンをレンタルしての開催。という訳で、その…05月13日 16時13分
  • フリウリ地震を忘れるな!Simone Cristicchiとの一夜。
    遊んでばかりじゃなく、仕事もしっかりこなしています!この日は、北の都会ウーディネでの催しに、主席コントラバスとして呼んでいただきました。ちょっとは偉くなってるのか、俺?笑。イタリアの東北であるフリウリ・ヴェネツィア・ジュリア州の山手で、19…05月11日 00時10分
  • 道連れスロヴェニア紀行、洞窟三昧。
    ブレッド湖を発つ朝は雨が降っていたので、予定を変更して鍾乳洞へ行く事にしました。トリエステへ帰りつつですと、スロヴェニアの2大鍾乳洞ポストイナとシュコツィヤンはどちらも高速道路で通ることができます。時間の都合や友人夫婦の残りの日程を考えた結…05月10日 02時00分
  • 道連れスロヴェニア紀行、ブレッド湖その2。
    ようやく写真アップロードの解決法が分かったので、頑張って更新していきます!ボートで島から戻ったあとは、ブレッド湖名物のこちらクレムシュニテを食べに行きました。観光客根性丸出しで、せっかくだから元祖と謳われているHotel Park併設のカフ…05月09日 06時09分
  • 道連れスロヴェニア紀行、ブレッド湖その1。
    日本から友人夫婦が、なんとスロヴェニアに旅行に来るというので、一緒に遊んできました。5月1日と2日はスロヴェニアのメーデーでして、ちゃんとバスがあるのかという心配もあり、僕の運転で一緒に遊ぶ事にしたのです。まずは空港近くの宿で二人をピックア…05月04日 15時46分
  • マスタークラス、Yung-Chiao Wei!!
    今年はなんともマスタークラスの多い年です。なんとアメリカはルイジアナ大学から、ソリストのYung-Chiao Weiが教えに来てくれました。さすがアメリカで活躍しているお方、身体の使い方を何より大事にしている方法論で、僕の考えとかなり重なる…05月01日 05時11分
  • 生ハムの天国、サン・ダニエーレのバガット社。
    彼女の家族との遠足の一コマ、もう4年も前に立ち寄った、サン・ダニエーレという町に行ってきました。言わずと知れた生ハムの町。トリエステからは車で1時間ちょっとです。祝日のお昼時、小雨が降っていたので庭の席が使えず、レストラン・スペースの席は埋…04月28日 12時44分
  • 大忙しウーディネ。
    さて、昨日は北の隣町ウーディネにて、大忙しの一日でした。まずは妻を郊外のショッピングモールに連れて行くところからスタート。彼女はそこでのイベントに参加していたのです。 僕だけ中心街に戻り駐車、コンピューターとコントラバスを運びつつ講演会の会…04月24日 19時55分
  • またも連休。
    イースター(パスクア、復活祭)で大規模連休になったことは前にも書きましたが、その翌週も実は連休な人がたくさんいます。というのも、今年は国の休日である4月25日が火曜日なので、月曜日も休んで連休にできるんですね。4月25日は「解放の日」でして…04月23日 00時29分
  • 15年ぶり?のジョギング。
    パスクエッタ(イースター翌日の月曜日)の朝には前述のように「ナポレオンの道(Strada Napoleonica)」を散歩したのですが、その後なんとなくですがむくむくと「走りたい!」欲求が高まってきたので、夕暮れ時に思い切って、実に15年以…04月18日 22時17分
  • 今年のパスクア(イースター)はお勉強。
    キリスト教の一大行事、イースター休暇です。今年は県の判断で、学校は金曜日から火曜日までなんと5連休。僕の学校もそのカレンダーに則っているので、ウソのように降ってわいた5連休です。さて何をしているのかというと、地味に来週の激務に向けて勉強して…04月17日 23時58分
  • ボッテジーニの楽器の構え方について。
    当時の有名人だったボッテジーニは、ありがたいことに写真やイラストで多くの肖像が残っています。そこで今回は、彼の楽器の構え方を中心に考えてみましょう。写真の分析も面白いですが、まずは、彼が旧版メソッドの序文に書いた、その名もズバリ「コントラバ…04月16日 18時04分
  • 地元のアサリ。
    今日はなんだか無性に貝が食べたくなったので、図書館に行くついでに買ってきました。地元トリエステ湾の反対側の港町グラードで採れたそうで、期待が高まります。せっかくなのでワインも地元フリウリ州のものを購入。いつも通り、オリーブオイルとニンニク、…04月13日 23時19分
  • これは便利すぎて困る。アマゾン・ロッカー。
    最近、行きつけのスーパーにこんなものが設置されました。ネット通販の代表格、アマゾンの荷物受け取り専用ロッカーです。注文の際に、配達先にこのロッカーを指定しておけば、届くとメールや携帯メッセージで連絡をくれ、一緒に送られてくる暗証番号を入れる…04月11日 21時27分
  • またえらくカラフルに。
    手紙を読んでくる宿題を出したら、40代のお姉さま学生がこんな風にして持ってきました。楽しんで勉強してくれているようで、何よりです。 クリックして応援お願いします! 人気ブログランキング04月10日 15時34分
  • ボッテジーニの「音色」について。
    ボッテジーニは超絶技巧、ボッテジーニは派手、というのが現代の音楽家の一般的な意見かと思います。もちろんハーモニクスを多用した技巧的なパッセージは彼の一つの魅力ではありますが、彼の「音色」について考えてみたことはあるでしょうか。今回の記事では…04月08日 04時59分
  • こんな事もしてます。。
    せっかくのフリーの日曜日の午後を潰して、全世界の若者のための劇台本&詩のコンテストの表彰式に招待されちゃったので出席。うーん、まだまだ社交術レベルを上げなくては・・・。でも正直、うちでのんびりしてたかったんです。笑。式自体は、英語の同時通訳…04月05日 17時30分
  • トリエステ、良い季節。
    サマータイムに変更になり2週間が経ち、いよいよ夕陽が綺麗な季節になりました。こんな夕陽が天気が良ければ毎日拝めるってのは、やっぱりいいトコです、トリエステ。こちらは別の日、隣町のモンファルコーネで竣工した巨大客船が、トリエステにも挨拶に来ま…04月03日 14時49分
  • ボッテジーニの教則本、オリジナルの書き起こしを行いました。
    ボッテジーニというとコントラバスのヴィルトゥオーゾ(超絶技巧奏者)というイメージが一般的かと思います。現に、たくさんの曲をコントラバスのために書き残してくれていて、そのほとんどは派手でハイポジを多用するもので、まぁ簡単だとは言えません。 今…04月02日 17時55分