コントリ!(コントラバスでトリエステ) ヌオーヴォ!

登録ID
1434820
サイト名称
コントリ!(コントラバスでトリエステ) ヌオーヴォ!
URL
http://contrinew.exblog.jp/
紹介文
トリエステに住むコントラバス弾き。イタリアなのにイタリアじゃない、辺境都市トリエステでの生活、音楽の話などです。
カテゴリ
  • イタリア(海外生活・情報) (100%) - 9 / 94人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • 寒すぎる9月。
    例年よりも遥かに気温が低く、秋本番どころか冬の入りかと思わせるようなトリエステですが、それもそのはず、1965年以来の寒い9月だそうです。僕は痩せっぽちでして寒さに弱いので、いまいちパッとしない毎日を送っています。そんなときにも、花を愛でた…09月22日 16時34分
  • 廃墟好きにはたまらない?トリエステの旧港(Porto Vecchio)
    トラムが故障中の代替えバスもいつまでも無いだろうし、ジョギングの度にバスに乗るのも少し煩わしく感じ始めたので、家から徒歩で行けるジョギング・スポットを探していたところ、駅の後ろ側にあるトリエステの旧港がついに市の管轄に正式移譲という記事を読…09月19日 15時17分
  • フリウリ地震の講演、三回目。
    人気歌手シモーネ・クリスティッキ(Simone Cristicchi)を迎えての、1976年にフリウリ州で起こった震災をモチーフにした音楽・朗読劇が今年の5月、8月に続いて、9月15日にも行われました。今回は震災の主要な被害地の一つ、Gem…09月18日 04時59分
  • 窓の外の鳥の巣。
    うちはマンションの4階なのですが、窓の前まで下の庭の木が伸びてきています。もう2週間くらい前でしょうか、イタリア語で「Tortora(トルトラ、日本語だとキジバトとか、コキジバトとか言うらしいです)」と呼ばれる鳥のつがいが巣を作っているのを…09月14日 03時46分
  • ボッテジーニの「メンデルスゾーン風」に関する(これまたマニアックな)考察、その2…
    さて、「メンデルスゾーン風」に関する記事の続きです。前の記事はこちら。 この曲の作曲年も多くの他のボッテジーニ作品と同じように不明ですが、同じ自筆譜に含まれている他の曲を鑑みると、キャリア後期の作品かと思われます。メンデルスゾーンのオリジナ…09月11日 03時25分
  • Kaneko Misuzu "Io, l'uccellino e il…
    イタリア語では良い訳を見つけられなかったし、イタリア語を錆び付かせないためにも、お気に入りの詩をイタリア語に訳してみました。原作のあどけない子供のような視線を大事にするため、できるだけ簡単な言葉を使うように配慮しました。 "Io, l'uc…09月09日 19時02分
  • ボッテジーニの「メンデルスゾーン風」に関する(これまたマニアックな)考察。
    こちらでは9月からが新学期ですので、思い立って新曲を練習し出すことに決めました。それが、ボッテジーニの「協奏的グランデ・アレグロ、メンデルスゾーン風」です。メンデルスゾーンの有名なバイオリン協奏曲の第一楽章の構造を模倣したこちらの作品、ドイ…09月07日 23時27分
  • 朝ごはんのような昼ごはん。
    こちらに来て一年くらいは頑張って朝から米を炊いて食べてましたが、その後はズルズルとイタリア式朝食(コーヒー、牛乳とビスケットのみ)の楽さに引きずられて現在に至っています。写真は昨日の昼食です(渡し箸ですいません・・・)。全てイタリア人の妻が…09月06日 15時07分
  • ドボルザークの新世界より、コントラバス弾きの視点。
    ウーディネの優秀なユースオケ、Filarmonici Friulaniとのお仕事の毎日です。今年はスメタナの交響詩モルダウ、グリーグのペールギュント組曲、そしてドボルザークの有名曲「新世界より」という名曲揃い、お給料は安いですがプログラムに…09月03日 16時07分
  • トリエステの名物トラム、復旧はこの秋(2017)か。
    2016年の8月に事故があって以来、もう何度目?の運航停止に陥っていた名物の山登りトラムですが、車体の修理も済み、復活の予定が立ったようです。最近ではテスト運行もしています。車体自体が文化遺産、もう市場では手に入らないパーツもたくさんあり、…08月30日 14時15分
  • ロマンチックとはこういうものだ。ラフマニノフのプレリュードをコントラバスで。
    僕の先生Stefano Sciascia(ステファノ・シャシャ)が、本気でロマン期の曲を弾くとこうなります。6分半、ただただ胸が切ない。この曲は、僕にとって個人的に大当たりの曲でして、何回聴いても胸が熱くなります。。おとぎ話とセットになった…08月28日 22時18分
  • 崖の下のオケ。
    またもや、「変なところでのコンサート」コレクションが増えました。笑。トリエステから海沿いを下り、クロアチアはイストリア半島の先端付近にあるこちらの元採石場でのコンサート。ステージからの眺めはこんな感じ。この辺の海沿いのリゾート地が観光の一環…08月25日 00時15分
  • お仕事再開、トランペットのマウロ・マウール氏。
    数日、日本のサーバーへアクセスしにくい不都合がありましたが、どうやら復旧しました。ドイツやスペインからもダメだったようで、何だったんだろ?トリエステの後ろの丘の上にある、サン・ジュスト城の中庭での野外コンサートでした。かのモリコーネ(イタリ…08月21日 17時09分
  • イワシの頭を信じたい。
    イタリアンな食事が続くと、揺り戻しのように米が食べたくなります。スーパーに新鮮そうなイワシが出ていたので、即購入。生姜と煮ました。日本から買って帰ってきた雪平鍋が大活躍です。煮汁の飛びが段違いに良く、うまく「煮絡める」ことができました。 初…08月18日 21時30分
  • 夏休み満喫のFerragosto!
    イタリアでは、8月15日がFerragostoといって、国の休日です。イタリアならではの休日で、ローマ帝国のアウグスト帝が始めたとか。一般的なイタリア人は既にバカンスモード全開ですので今更ひとつ休日があったってあんまり気にしないみたいです。…08月17日 17時06分
  • 読書メモ2017夏。
    ブログに書いたか書かなかったか、とにかく文庫を中心に16冊もの本を日本から持ち帰りました。今こちらは夏休み真っ最中ですので、イタリアの青空の下で大好きな日本語の本をゆっくり読める、という非常に嬉しい事態になっています。僕は本を読むのが速いの…08月14日 22時45分
  • トリエステの底力的な建物の一つ。
    毎日通っていてほとんど気にもしていませんでしたが、よく見てみるととっても立派なこちらの建物。屋上にオベリスク(古代エジプトに端を発した、記念塔)が4本も立っています。別角度より。まだ詳細は調べていませんが、こういった建物からも、トリエステの…08月12日 21時49分
  • パッセージの反復練習、あなたは前から?後ろから?
    日本でやった「コントラバス勉強会」というのは、まぁ一応ゲストである僕が主導という形にはなってしまうのですが、気を付けて参加者の方にも意見を言って頂くように仕向けました。日本の音楽界に関しては全くの門外漢である僕としては、参加者の方々との意見…08月08日 23時45分
  • 真夏日続きのトリエステ。
    記録的な猛暑が続いていたトリエステですが、昨夜激しい雷雨に襲われ、今朝はどうにか涼しげな空気になりました。ここ数日で、レジャー先での事故が相次ぎ、命を落としたお年寄りの方が数人いました。とにかく異常な暑さだったようで、既にこの秋のブドウの収…08月07日 17時04分
  • 日本での音楽活動報告(2017夏)。
    日本での日々の事をこのブログに書くのは本筋ではないと言っておきながら、このブログを音楽活動の記録に使っていることもまた真実なので、日本で行った(数少ない)音楽活動はまとめておこうと思います。 こちらの記事にて案内を出していた通り、東京での勉…08月05日 00時03分
  • イタリア帰国してから数日。
    イタリアに帰って来てから3日ほど経ちました。いくつか小さいトラブルを抱えながらも、コンサートを一つこなし、ようやく時差ボケから抜け出た感じがしています。トラブルというのは、 1 スマホのSDカード接続が死んだ。 これは日本にいた時から具合が…08月03日 18時29分
  • 2017年、夏の一時帰国まとめ。
    3週間ばかりの日本への一時帰国を終え、またトリエステへと帰ってきました。今回の帰国でも、親戚や友人をはじめ、新しく知り合った方々にも非常に親切にしていただき、充実した時間を過ごさせていただきました。このブログで日本の事を振り返るのは本筋では…08月01日 17時32分