整体屋の癒し日記

登録ID
144173
サイト名称
整体屋の癒し日記
URL
http://blog.livedoor.jp/seitaisikoyuri/
紹介文
健康的な生き方とオススメ本紹介のコラボ!幸せに生きるために必要な知識をあなたに
カテゴリ
  • 自営業 (100%) - 1 / 117人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • テロは本当に防げるか
    小説というのは、著者が創作したモノなので、特にシリーズ物なら大団円で終わったりするけれど、現実はそう甘くナイ。 アイドルの握手会とかでも、刃物の持ち込みなどのトラブルがある日本で、マジに何かしようとした時に確実に止められるかどうか。 クラッ…06月25日 19時52分
  • ゲスな親の元に生まれて
    しまうと大変という物語。 ダブルマリッジ The Double Marriage ともあれ、著者としては日本があまりに『人権侵害の国』であると、思っているからこそ書かれた作品ではないかと。 日本の戸籍制度の問題や、それに絡む色々な話題が満載…06月24日 22時28分
  • 教育はマズ
    「平気で嘘はつかない」というのが、第一ではないかと思うのだけれど、道徳教育を推進している政府が嘘ばかり付いているのではと国民が思っているとしたら、もうブラック・ユーモアというべきか、茶番の世界。 文科省を巡る、官僚達の辻褄が合わない話など、…06月23日 23時18分
  • ストレスを軽減するには
    ストレスは無くならないけれど、ストレスを消すコトは出来る。 ストレスを上手に受け流して、適度なストレスにコントロールすれば、快適に生きられると説くのが、こちらの本。 脳からストレスを消す技術 その方法は、二つ。 一日、五分間、出来れば太陽の…06月22日 21時11分
  • 問題を解決するには
    クレーマーというレッテルを貼ってしまうと見えなくなるモノもあるのではないかと思ったのが、こちらの本。 モンスターペアレントの正体―クレーマー化する親たち そもそも、クレーマー化されない為には、チャンと断ってから相手とのやり取りを録音して対応…06月21日 22時24分
  • 騙されてはイケナイ
    どうも日本人は、平気で騙そうとする人に対して無防備なのか、簡単に信じてしまいがち。 今の文科省を巡る一連の騒動もだが、若者の弱みに付け込んだブラックバイトがあまりに酷い。 良い時代に学生時代を過ごした年代には、とても信じ難い気もするのだが、…06月20日 23時05分
  • 介護破綻
    神奈川県で、八十代の夫が死に、その介護をしていた妻が川で死んでいるのが見つかったという。 その手の色々な問題を纏めたのが、こちらの本。 介護漂流: 認知症事故と支えきれない家族 何にしろ、介護に回すお金が絞られているので、こういう状況が起き…06月19日 22時39分
  • 寝たきりにならないタメに
    健康保険も、介護保険も、将来持たないのではないかという話もあるからこそ、我々が取り組むべきは、なるべく健康で居るコト。 特に、「寝たきり」になったら大変なので、今の内から手を打っておきたいモノ。 で、その辺を纏めた本がこちら。 いくつになっ…06月18日 22時12分
  • 法医学という仕事
    6人に1人が、本当の死因がわからないまま葬られているという。 不審死であったとしても、解剖する医師の不足や金銭的事情のタメに、余程の場合で無ければ解剖出来ないので、殺人が見過ごされている可能性が高いというのが、こちらの本。 法医学者、死者と…06月17日 22時55分
  • 人間失格
    太宰治の作品の問題を指摘してあるだけでナク、二転三転するミステリー。 太宰作品のファンでも、そうでナイ人でも、思わずラストに唸ってしまいそうなのが、こちら。 「人間失格」殺人事件 ともあれ、太宰は青春時代に掛かる「はしか」みたいなモノとも言…06月16日 22時42分
  • 騙し合いの法則
    政治家の方々が目指している方向なのかもしれないが、ともあれこちらは動物の習性の本。 騙し合いの法則 生き抜くための「自己防衛術」 政治家一個人として、良心が痛まないのかなという言動も多かったりするのだが、要するに「群れていると、最小限でも餌…06月15日 21時31分
  • 意表を突いたミステリー
    始まりは、陳腐な話なのかと思ったら、あれよあれよという感じで、どんでん返し。 アッと言う間に読み終えてしまいました。 泥棒だって謎を解く ともあれ、警官が犯罪を隠蔽した功労として、出世して貰える今の世の中に対する、アンチテーゼなのかも。 現…06月14日 21時17分
  • ここまでの総理は
    少し前だったら、完全に引導を渡されていたに違いナイと思うのだが、きっと性格形成時期に色々な葛藤があったのではないかと勘繰ってしまうのは、こちらの本を読んだタメか。 総理大臣暗殺クラブ ある高校のクラブを巡るストーリーなのだが、結構、読ませて…06月13日 21時54分
  • ネットの闇を知る
    インターネットは便利だけど、頭の良い人達の中には、悪いコトに使おうとする人も居るみたいで。 闇ウェブ 若い柔軟な時代から使っていれば、もっとしっかり理解出来るのかもしれないけど、正直、何とか読み終えました。 とはいえ、とても使いこなすのは無…06月12日 22時04分
  • 巧妙化する詐欺の背景
    新聞に、詐欺の被害が毎日載っているのが、普通になってしまった。 どうしてダマされるのかと言われても、相手がプロだからとしか言えないほど、努力もしているのだというコトが判る本がこちら。 老人喰い:高齢者を狙う詐欺の正体 結構、衝撃的な話なので…06月11日 22時52分
  • 女性天皇を拒否する人達へ
    正直な話として、どうしても女性天皇を誕生させたいとも、男系で男性をとも思わないのですが、どうも歴史を本当に知っているのかと思う人々の話を聞いていると、黙っていられないので。 そもそも、今は本当に天皇家の歴史をチャンと知っているのかしらという…06月10日 22時32分
  • 本当にそうかと疑うべき
    世の中には、自分の権威を笠に色々なコトを言う人が多く存在する。 ともあれ、温泉県の一つである長野県の人間としては、流石にどうなのと思う話でも平気で書かれたりするのだが、例えば、こちらの本。 お風呂と脳のいい話 よくみんなは温泉の成分や効能が…06月09日 22時12分
  • ウソつき村は滅びる
    進化論の本なのですが、まるで日本の未来を暗示している様な‥‥ 新潮選書 強い者は生き残れない 環境から考える新しい進化論 超簡単に、何故「ウソつき村は滅びる」かというと、ウソつきだけの村ではいがみ合いばかりで、助け合いがないので、結局、村人…06月08日 21時55分
  • 政治家の行動は
    どうやれば自分が上手く立ち回れるかという気は常々しているのだが、それにしても此処までとは思わなかった。 拉致被害者たちを見殺しにした安倍晋三と冷血な面々 ともあれ、今の加計学園の騒動を見ていてもそうだが、最も大きな負担を背負うのが、最大で建…06月07日 21時20分
  • 損害保険査定員という仕事
    事実は小説より奇なりとはいうものの、やはり小説としての一捻りが大事だったりするモノ。 そういう意味で、「そんな風になってたの」と思ってしまう不思議な短編集。 現調 小説は、長編の方が好きなのだが、この手の話は短編が相応しい。 事故には、色々…06月06日 23時34分
  • がん治療は不確定要素が一杯
    久々に読んだ久坂部羊さんの長編小説は、期待を裏切らない一冊。 虚栄 医療を取り巻く様々な思惑や、首相の思い付きで予算が動く様など、正にタイムリーかも。 そもそも、人間が全ての病気を制圧するなど、中々無理な話。 そういう意味では、ガンはその代…06月05日 21時44分
  • 生命科学は塗り替えられる
    我々は、「こういう説があるんですよ」と言われると、スグに信じてしまったりするのだが、ところが科学は日進月歩なので、そうだと思ったコトも新しい技術が確立されてみると、全然違ったりするのだという。 脳を使うのがうまい人、ヘタな人 〜東大教授の世…06月04日 23時02分
  • スピリチュアルな考え方も
    『本当にそうなの?』と思ってしまう部分もあるのですが、ともあれ、人生を前向きに生きるには、こういう考え方も有りなのかもしれないと思う本がこちら。 生まれた意味を知れば、人は一瞬で変われる - 胎内記憶・前世記憶研究でわかった幸せへの近道 正…06月03日 23時12分
  • 人生に必要なものは
    何処かで読んだ様な言葉だなと思ったら、タイトルは五木寛之さんの本から確認を取ってはいるけれど、借りて来た言葉なのだとか。 人生に必要なものは、じつは驚くほど少ない ―元気良く死に飛び込むための生き方指南 そうしたチョットした違和感が拭えない…06月02日 22時08分
  • テロとはいうけれど‥‥
    テロという言葉は、とても邪悪な人達がする凶悪な事件を連想するけれど、こちらはその思い込みをかなり捻った力作。 新聞小説だったらしく、饒舌な部分もあるけれど、中々面白い。 消滅 - VANISHING POINT ともあれ、「朝日新聞は言論テ…06月01日 20時48分
  • 色々な症候群を知る
    少し前の本ではあるが、読んで見ると確かにそういう症候群があったなとか、そんな症候群もあったのかという気持ちになる。 それでも、そういう色々な症候群の傾向を読んでいると、もしかしたら自分もそういう状況にあるのかもと思う人は多いのではないか。 …05月31日 22時00分
  • 健康とは、そして幸福とは
    健康も求め過ぎれば、「健康の為なら死んでもいい」的なパラドクスに陥ってしまう。 故に、どうするべきかという本がこちら。 人間にとって健康とは何か 最後は、幸福とはというテーマで終わっているので、少し謎な感じではあるのだが、結局、とても簡略に…05月30日 22時08分
  • 医療問題の話かと
    思って読んでいたら、日本の政治はこんなにドロドロしてるよという結末になってしまっているのだけれど、安倍晋三首相を密着リポートした著書などで知られる元TBSワシントン支局長のジャーナリスト山口敬之氏から性犯罪を受けたとして告発している女性が、…05月29日 20時25分
  • がんになったら読みたい一冊
    そもそも、病気になってしまったら、まず第一に必要なのは『絶対に治ってみせる』という患者の強い意思だと思う。 『誰かが治してくれるのではないか』というような、貴方任せの姿勢では、とても治らないのではないか。 故に、この著者の本を読んで、どうす…05月28日 23時07分
  • 柔軟性を失うとストレスが溜まる
    一言で纏めると、こんな感じかなとも思うのが、こちらの本。 男はなぜこんなに苦しいのか そもそも、人生の於いて無理を続ければ、何時か壁にぶつかるというモノ。 平素から、他者へのアンテナを高くして、相手の気持ちを慮っていると、大丈夫だが、そうで…05月27日 22時38分
  • 失われた古代文明の
    鍵を握る石版を巡る長編小説とくれば、読まずにはいられません。 バビロンの秘文字 三部作なのですが、うっかりして二部を借り忘れていたコトに気付き、チャンと借りて来て、ドップリと楽しんでおります。 とにかく、今の時代は中々、長編小説が出ない。 …05月26日 22時37分
  • 忖度すると定年も延長
    連日、立腹日記を書くとは思わなかったのだが‥‥ 何に立腹しているかというと、安倍晋三首相の改憲提案を「ありがたい」と歓迎した統合幕僚長の発言を野党が批判する中、統幕長の定年が2度延長されたのは初めてとの記事を読んだから。 少し前に、安倍晋三…05月25日 23時19分
  • それにしても
    昨日を本を、よりじっくり読み返せば読み返すホド、今の政府の対応には首を捻る。 明日、発売の週刊誌には、「『総理のご意向』文書は本物」と証言する元文科省事務次官の告白と、買春疑惑を報道した読売の情報元は官邸であり、下半身スキャンダルによって報…05月24日 22時19分
  • 性悪説を考える
    昔から、孟子の性善説よりも、荀子の性悪説の方を信じている。 というか、人間は努力して善である様に勤めるべきだと思っているので、性悪説の考え方の方が受け入れやすい。 そして、残酷な人が存在しても、元々の性が悪なら仕方ナイと諦めも付く。 性悪説…05月23日 22時36分
  • 世の中には
    「ガンになったら人が、受動喫煙状態で働くのは可哀想ではないか」という主張に対して、「働かければ良い」などと野次を飛ばすのが、高給を貰っている国会議員という、ブラック・ジョーク満載の現実を生きている国民も可哀想な現実に、日々打ちのめされそうな…05月22日 23時40分
  • 単純な計算じゃナイ経済学
    「好むから気になるのか」「気になるから好むのか」といった命題と共に、色々と考えさせてくれるのがこちらの本。 経済学的にありえない。 特に面白かったのが、最初の命題。 「学生はバイトをすべきか否か」というコトで、どちらに価値が有るかを考えて、…05月21日 22時42分
  • 戦間期という考え方
    戦間期とは、戦争と戦争の間の期間を指す言い方で、今は「戦後」ではナク、「戦間期」かもしれないというのは、こちらの本。 絶望という抵抗 確かに、今の政府の目指す方向を考えるとそうかもしれないとすら思います。 劣化し続ける、今の政治に対する強烈…05月20日 23時11分
  • なぁなぁで済ますのか
    それにしても、本当に驚いたのが、学校法人「 加計 学園」が国家戦略特区に大学の獣医学部を新設する計画を巡り、文書が出されたのが、本当か否かという問題。 担当職員ら7人に聞き取りを行ったところ、いずれも「記憶がない」と答えたことなどから、「存…05月19日 22時58分
  • 時は流れても
    簡単には喪失の気持ちを整理するのは難しい。 東日本大震災の傷跡は、簡単には塞がらないだろう。 特に、福島原発事故が簡単には収束しそうにナイ現状では。 そんな人々の気持ちを代弁した感じの本がこちら。 ムーンナイト・ダイバー 「生きるというコト…05月18日 23時02分
  • 書店の気持ちが判る本
    御客様から、自分で買ったのに、友人からプレゼントされて二冊になってしまったからと、本のプレゼントを頂きました。 桜風堂ものがたり 万引きの話が出て来たけれど、小売りの商売をしていた人なら、絶対にそれによるダメージが、店をダメにするというコト…05月17日 22時54分
  • 逆説的な話題が満載
    物事を一刀両断されていくのを見ていると、それなりにスッキリします。 世の中には、タブーもあれば、実質タブーの話題もあり、そういう感じの話を中心に書かれてます。 不愉快なことには理由がある ともあれ、結構シニカルではありますが、「幸福とは主観…05月16日 23時15分
  • 北朝鮮問題を理解するタメに
    読んで見たのが、こちらの本。 佐藤優の10分で読む未来 キーワードで即理解 戦争の予兆編 そして、ついでにこちらも。 佐藤優の10分で読む未来 キーワードで即理解 新帝国主義編 世の中のニュースをを見ているだけでは、時として本質が見えないコ…05月15日 22時39分
  • 東山魁夷館の特別展に行きました
    長野市にある信濃美術館の別館である東山魁夷館は、老朽化のタメに改修するので今月末には閉館して、改修後に新たにオープンするまでお休みになります。 その前に、館で収蔵している本制作を一挙公開してから、今の東山魁夷館にサヨウナラしようと、特別展を…05月14日 20時50分
  • サプリメントに期待し過ぎない
    我々も、仕事柄良く聞かれる質問の中で、一二を争うのが「サプリメントは効きますか?」というモノ。 「あくまで、サプリメントは栄養補助食品であって、本来、効くとか効かないというモノでは無い」と伝えます。 すると大体、「どうも高いお金を出して飲ん…05月13日 22時21分
  • 狙われる個人情報
    インターネットの広告には、煩く感じるモノも多いが、それも訳があるらしい。 と言うのも、二度同じ場所をクリックするならば、それを購入する可能性が高いと考えれているからなんだという。 こちらの本によるとだが、 あなたの余命教えます ともあれ、世…05月12日 21時25分
  • 下り坂の社会を生きる
    成熟した社会は、下る以外に方法はナイ。 「満れば欠けるのは世の習い」なのだから、腹を括って衰退局面の時代を我々は生きなくてはナラナイという対談本がこちら。 下り坂社会を生きる ともあれ、上り坂の時は公害なども問題になるのだから、上向きばかり…05月11日 23時10分
  • クリーンな警察を望む
    世の中には、上の指示には逆らえないというコトはままあり、それは警察も同じらしいが、それでも小説の中でだけは、ある程度はスッキリ解決という場合もある。 なので、時にはそれを期待して読んでみるのだが‥‥ 突破口 組織犯罪対策部マネロン室 金融機…05月10日 23時00分
  • 共謀罪は冤罪を生む
    可能性が高いだろうと、下の小説を読んで思いました。 それがこちら。 砂の街路図 戦前でも、戦後でも、誰かを犯人だと思った時の警察の対応が描かれてますが、『もし、共謀罪があったら、確実に、犯人にさせられそう』だと思います。 ともあれ、いわゆる…05月09日 22時40分
  • 本日はかなり毛色の
    変わった本の紹介です。 前に何時の手の経済学の本を紹介したのか、はたまたしてナイのか忘れる位。 貸して頂いた本ですが、今の若者向けにマンガである程度説明して、残りは説明文と言った感じです。 もし営業の桜庭が、経済学を学んだら ある程度の年配…05月08日 21時29分
  • 精神科医隠された真実
    本当に久々に、自分のパソコンで書いてます。 で、普通モードに戻って、本の御紹介を。 精神科医 隠された真実 『はじめに』と題した部分で、著者は「外科や内科の病気、たとえば外科なら骨折したとかケガをしたとか、内科なら糖尿病とか胃潰瘍といったも…05月07日 23時29分
  • 国際マンガミュージアムへ
    何時もと違う日記も、もう今日まで。 明日は、いよいよ帰郷して、何時もの日記に戻る予定です。 最終日は娘のリクエストに応えて、国際マンガミュージアムに行って来ました。 すぐ側に、本能寺があって、入って行くと読経を行ってました。 近くに行って、…05月06日 20時54分
  • 下鴨神社と京都御所と泉仙
    今日は、糺森を北上して下鴨神社に行くと、弓の神事に遭遇しました。 流石は京都。 何処かしらで、色々な行事が目白押しです。 そういう神事あるとも思わず、娘に有名ドコを紹介してあげようと思っただけなんですが、ラッキーでした。 次に向かったのが、…05月05日 18時59分
  • 東福寺と中華料理
    今日は、東福寺に行って、お庭などを拝見してから、娘が修行していた吹田の駅近くにある食べ放題の中華料理屋さんに行って来ました。 東福寺の中は、見させて頂いたことはあるのですが、お庭は拝見してなかったので、じっくり眺めさせて頂きました。 秋の紅…05月04日 22時04分
  • 伏見稲荷で神事を見ました
    今日も色々な場所に行きましたが、特に印象的だったのが、伏見稲荷の稲荷祭。 神事もそうですが、あまりの人の多さにビックリしました。 伏見には、友人が住んでいたので、何度も遊びに行きましたが、行こう行こうと思いつつのまま年月が、過ぎてしまってま…05月03日 22時35分
  • 太秦の映画村に行って来ました
    昨日、太秦の映画村に行こうとしたらもう終わっていたので、改めて今日は午前中から行って来ました。 簡単に見て回れると思っていたのが間違いで、何時間も楽しむ事が出来ました。 中でも為になったのが、寺子屋教室の忍者についてのお話でした。 火打ち石…05月02日 21時47分
  • 本日はとても忙しく
    いろんな場所に行って来ました。 息子の下宿の整備をしたりなどなど。 でも、パソコンではないので、上手に書くことが難しく。 なので、しばらくはこんな調子の更新になるかもしれません。 我が家に帰ったら、また頑張りますので、しばらくはお許し願いま…05月01日 22時43分
  • 昨日は申し訳ありませんでした
    昨日は、ブログを書いたのですが、アップできずに終わりました。 息子の様子を見がてら、旅する予定で伊勢神宮に行って来ました。 悠久から続く時間の重みを感じてました。 出雲大社との関連や、諏訪大社との繋がりも、そこここに見え古代の新たな歴史像も…05月01日 07時38分