整体屋の癒し日記

登録ID
144173
サイト名称
整体屋の癒し日記
URL
http://blog.livedoor.jp/seitaisikoyuri/
紹介文
健康的な生き方とオススメ本紹介のコラボ!幸せに生きるために必要な知識をあなたに
カテゴリ
  • 自営業 (100%) - 1 / 117人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • 地震大国日本
    そんな国で、原子力発電をして大丈夫なのかとは思うけれど。 それにしても、「何時か来る、何時か来る」と言われている大震災。 次の本は、そんな日本の現実を浮き彫りにした小説。 首都崩壊 日本の問題点が色々と書かれているのだが‥‥ ともあれ、日本…08月19日 22時10分
  • 介護の崩壊は近い
    少し前に、「介護福祉士になろうと大学や専門学校に進学する生徒数が最低になった」と報じられた。 外国人の入学者は増えているらしいが、介護の仕事は「キツイ上に、賃金が安い」というコトが前々から報じられているのだから、当然かもしれないが。 そうな…08月18日 22時57分
  • 戦争の記憶
    以前、映画で見た「この世界の片隅に」の原作をやっと読むコトが出来ました。 この世界の片隅に 上・中・下の三巻全て。 映画では描かれなかった部分もあり、その逆もあるので、もう一度映画も見たいと思いました。 少し前に、同じ著者の、 夕凪の街 桜…08月17日 22時12分
  • 警察を信用したいと
    思うのだが、中には捻じ曲げられてしまう人も存在するのだろうと。 本日の本は、シリーズの二冊。 札幌方面中央警察署南支署―誉れあれ そして、 札幌方面中央警察南支署 誇りあれ ニュースというのは、語られてこそであって、我々が知らない問題も多数…08月16日 22時41分
  • 笑えるミステリー
    休みというコトもあり、あまり肩に力が入らないモノを。 どちらも同じ著者の本ですが‥‥ キャリア警部・道定聡の苦悩 そして、 土井徹先生の診療事件簿 本格ミステリーを志向する人には向ないかもしれませんが、休みでゆったりしたい人にはオススメです…08月15日 22時34分
  • 実にユニークな美術書
    本日の紹介はどうしようと思いつつ、何冊か読んでいたら、何とも言い難い本を見つけました。 ヘンタイ美術館 ちなみに、この本とココに紹介されている画家のカラーの作品集とを突き合わせて読むと、より満足するかと。 レオナルド・ダ・ビンチとラ・ファエ…08月14日 22時33分
  • 銀メダルで良かった
    本日は、迎え盆。 お墓参りに行ったりと、中々忙しく一日を終えました。 長期休業というコトで、日々の疲れもドッと出てますし、あまりしっかりとは動けてませんが‥‥ ともあれ、本日、最大の喜びは、男子50キロ競歩で荒井選手が銀メダルを手にしたコト…08月13日 22時22分
  • 明日からはお盆休み
    一週間の長期休養に入ります。 そう思ったら、今までの疲れがドッと出て、ブログを書く気力が‥‥ というコトで、最近読んだ本をザザッと。 銀行のウラ側 銀行に興味のある人、特に銀行で働きたいと思っている人には、良い本かと。 青光の街 悪くはナイ…08月12日 23時01分
  • 本当の悪人に
    なるかどうかは、必ずしもその人だけではナイだろうが、転機となる時に象徴的な人が居て、その人の影響というのもあるだろうと思う。 自伝的な感じなので、左程、上手いとも感じなかったけれど、事実に裏付けされているので、なるほどと思った本がこちら。 …08月11日 23時04分
  • あまりにファジイで‥‥
    長野・岐阜両県にまたがる北アルプスの焼岳で、小規模な噴気を確認したが、噴気は白色で水蒸気とみられ、火山灰などの固形物を伴う噴火ではないので、噴火警戒レベルは1を維持するが、再び発生する可能性や火山ガス噴出の恐れもあるとして、注意を呼び掛けて…08月10日 22時11分
  • 記者という仕事
    元検察官が書いたミステリー小説というコトもあり、かなりリアリティーに富んだ小説がこちら。 司法記者 新聞記者が、同業の女性記者を殺したのではないかと逮捕されたのだが、その真相は如何にという話なのだが、その事件に隠された裏があって、ストーリー…08月09日 21時56分
  • 長寿は幸せか
    歳をするというコトは、身体が段々動かなくなったり、物覚えが悪くなったりと、あまり良いことではナイとつくづく思う。 でも、だからと言って、人生が終わらない限り、誰しも一年一年老いていかざるを得ない。 日本全体が高齢化している今、社会保障の増大…08月08日 22時18分
  • 朗読の効用
    本の読み聞かせと聞くと、親子の読み聞かせをマズ連想するけれども、必ずしもそうではナイという本がこちら。 朗読療法 無論、子供に対する読み聞かせとは違って、どの本を読むかというコトで、選択が上手く行けばカウンセリングになるらしいが。 そう考え…08月07日 22時55分
  • 職について考える
    今日は、休みなので、毛色の変わった二冊の本を読んでみた。 お祈りメール来た、日本死ね 「日本型新卒一括採用」を考える 高学歴女子の貧困 女子は学歴で「幸せ」になれるか? ともあれ、日本という国は新卒採用で正社員になれなければ、大変なのは男女…08月06日 22時18分
  • ネガティブでも大丈夫
    ポジティブ思考へのハウツー本が多い中、真逆だけど、確かにアリかもと思う本がこちら。 「すっごく心細い」がピタリとやむ! ―「生まれつき性格」を大事にできる本 要するに、自分のあるがままを自分で認める以外に、自信は付かないと思っているので、積…08月05日 22時35分
  • 足を回して健康に
    我が家にお見えの方々は、足が変形している場合がとても多いです。 特に多いのが、足の指が真っ直ぐではナイ方々。 それだけで済めば良いのですが、足に硬くなっている部分がある方もいらっしゃいます。 無論、そういう方々の足を柔らかくするのですが、中…08月04日 21時28分
  • 納得の老後は可能か
    消費が低迷し、税収が覚束なくなり、世代の高齢化が進むばかりの日本で、本当にこの先何十年も大丈夫なのかどうか。 納得の老後――日欧在宅ケア探訪 デンマークの老人が、政府を信頼して「高くても税金を払う」と言い切るのを読んでいると、日本では税金が…08月03日 22時31分
  • あるがままに生きる
    森田療法で有名な言葉だが、それに関した本を二冊。 あるがままに生きる と、こちらの本。 「いい人に見られたい」症候群―代償的自己を生きる 共通して言えるコトは、「自分は自分」という気持ちになれるかどうか。 「他人が自分をどう思うか」に、対し…08月02日 21時33分
  • 医者のいらない暮らしがしたい
    タイトルを読んで、思わず借りて来た一冊。 医者のいらない暮らしがしたい ちなみに、ゴルフをとても良い運動と書かれてますが、必ずしもそうとは限りません。 ゴルフは、左右非対称のスポーツなので、あまりしゃかりきにやるとタダ良いとばかりは思えませ…08月01日 22時19分
  • ある意味スゴイなと
    思ってしまったりするのが、こちらの本。 「なまけ心」に効くクスリ プロカウンセラーが教える「ダメな自分」の救い方 プロカウンセラーというのは、中々大変な仕事だなとも。 ともあれ、ある意味誰かに何かを応えて欲しいという人には、良いのかもしれな…07月31日 22時48分
  • 権力と警察と‥‥
    全く傾向の違う本を読んで思うのは、正義というのはどうなっているんだろうかというコト。 雨宮処凛の「生存革命」日記―万国のプレカリアートよ、暴れろ! に描かれる、転び公房みたいな逮捕もあれば、 漏洩 素行調査官 小説なので、こういうスッキリす…07月30日 21時54分
  • 正義という名の凶器
    誰かを非難する行為の中には、自分がその立場だったらそうするかもという気持ちを否定しようとして、という部分があるからとは、結構以前から言われている。 下記の本の中にも書かれているが、ヒットラーがユダヤ人を嫌悪したのは、自分の中にユダヤの血が流…07月29日 21時47分
  • 日本の最大の問題は
    アメリカの後ろを走り続けているというコト。 (株)貧困大国アメリカ この本で、問題視されているのが、多様性の排除。 例えば、困った人達に配られる食料品に使われるSNAPなる制度は、そのカードを使うお金をまず得られる銀行と巨大スーパー、そして…07月28日 22時15分
  • あやまちを認めない心理
    「間違えました」と言ってしまえば良さそうなものを、どうして「記憶にナイなどと言い張るのか」という答えらしきモノが、こちらの本。 なぜあの人はあやまちを認めないのか 言い訳と自己正当化の心理学 [ カロル・タヴリス ] 何故か、アマゾンの調子…07月27日 22時30分
  • 茶番が終わって
    幕引きにしたいと言われている馬鹿げた現実を思うと、日本にこのまま住んでいても大丈夫なのかと思う今日この頃。 国外に目を向けた方がと思わなくもナイのだが、考えさせられる一冊。 和僑 正直、小説のハラハラドキドキ感は、デビュー作の頃の方が断然面…07月26日 22時42分
  • 絶望老人
    タイトルに思わず手にしてしまった本がこちら。 絶望老人 人生を生きるというのは、中々難しい。 歳をすると、若い頃とは違い身体も動かなくなって来る。 記憶力もドンドン落ちて来るし‥‥ それでも、命のある限り生きるしかナイ。 自分には、どんな老…07月25日 22時23分
  • クレームは増えている
    というコトが原因だと改めて思ったのが、数週間前にラーメン店で執拗に謝罪された件。 注文の品を持って来た時に、コップの水をこぼされて、ワンピースが濡れたのだが、「夏だから、別にイイです」と謝罪の際に伝えたのに、次に品物を持って来た時に、「クリ…07月24日 22時06分
  • 絶対安静は危険
    日本の医療制度は、崩壊の危機に瀕しているという話は、以前から有る。 団塊の世代が、後期高齢者になるのは約10年後。 そして、今の少子高齢化が続く限り、当然、医療保険などが今のまま継続出来ると思う方が無理というモノ。 では、どうすれば良いのか…07月23日 22時39分
  • あきらめると悩みが消える
    世の中には、趣味なのかと思うほど、心配したりするのが好きなんじゃないかと思う人も存在する。 そういう方々はともかく、人生は諦めた方が楽しいという本がこちら。 あきらめ上手になると悩みは消える とはいえ、書いてあるコトは、結構、当たり前のコト…07月22日 22時38分
  • 少子化解消の方法論として
    どうすれば良いかという点に付いては、考えさせられる本がこちら。 不安家族―働けない転落社会を克服せよ 但し、財源に関しては、著者の関わる部門には触らないというコトなのか、企業への増税という選択肢も無く、消費税増税とか、社会保障費の削減とか、…07月21日 22時09分
  • 辞めたからこそ語られるコト
    腐敗している周囲の告発を、現役時代にすれば良いと言われても、普通の人は色々なしがらみがあるので、中々、簡単には出来ないモノ。 そういう意味では、辞めてからでも、赤裸々な告白というのは物事の実態を知るには貴重。 検事の仕事について、参考になる…07月20日 22時11分
  • 辞めたからこそ語られるコト
    腐敗している周囲の告発を、現役時代にすれば良いと言われても、普通の人は色々なしがらみがあるので、中々、簡単には出来ないモノ。 そういう意味では、辞めてからでも、赤裸々な告白というのは物事の実態を知るには貴重。 検事の仕事について、参考になる…07月20日 22時08分
  • ネット風評被害を防ぐには
    ネットは便利だが、炎上はやっかい。 ネット風評被害 ともあれ、中には炎上させたい人が居るのではという気もする昨今。 それでも、中には全く自分が悪くナイのに、ネットの風評被害によって、潰されてしまう会社もあるという。 そう思えば、ある程度注意…07月19日 23時00分
  • 人間関係を良くするには
    相手とのやり取りを自分から円滑にしようとするのが一番だというのが、こちらの本。 図解「やっかいな相手」がいなくなる上手なモノの言い方 いわゆるハウツー本ですが、かなり参考になるかも。 自分自身の若い時の失敗談なども、率直に書いてありますし。…07月18日 21時57分
  • 我々が知らない仙台
    東日本大震災の復興は、実際、どうなっているのか、我々にはあまり生の情報が入ってナイのではないかと思った一冊がこちら。 断絶の都市センダイ ブラック国家・日本の縮図 復興のタメに、我々は義捐金や税金を東北の困っている方々に送っているつもりでも…07月17日 22時10分
  • 困窮支援するのは外資という驚き
    必要なのは「慈善」より投資という副タイトルに魅かれて読んだ本がこちら。 ニッポンの貧困 必要なのは「慈善」より「投 資」 貧困層にいる人が2000〜3000万人と推定されているが、解決策として有効とされるのが、子供への貧困問題。 高校を中退…07月16日 22時59分
  • 未来は判らないけれど
    今のままでは、どうにもナラナイというコトだけは判っている。 何度も警告しているが、少子高齢化によって、日本の年金制度は崩壊の危機にあるから。 いったいどうなる?どうする?磯野家の老後 上記の本の紹介文として、「老後資金のつくり方、上手な貯蓄…07月15日 22時35分
  • 競争に打ち勝ったとしても
    必ずしも、人間的に優れているとは限らないのは承知の上だが、それにしても日本は経済も二流になったのかもと思うのが、「不二越」の会長が、「富山で生まれた人は極力採らない」などと発言していたという話題。 どう考えても、法の下の平等に背く行為だろう…07月14日 22時27分
  • 格差大国になるのか
    日本は、アメリカの後ろを走っていると言われている。 アメリカの現状は、やがて来る日本の未来かもしれない。 なので、アメリカの今を知るべだろう。 格差大国アメリカを追う日本のゆくえ 『中間層が没落した国はどうなるのか?』という歴史と共に、アメ…07月13日 22時51分
  • 若者を取り巻く環境
    少子化の解消には、若者に対する日本の教育に問題があるのではないかというコトに対して、真っ向から意見を述べているのがこちらの本。 なぜ日本の若者は自立できないのか 日本の画一的な教育や、価値観に問題があるのではないかと、世界各国の教育との比較…07月12日 22時32分
  • 少子化の解決策は
    そんなに有るとも思えないが、少なくとも男性だけが働くという夫婦の片働きの形を結婚の理想としているのでは難しい。 「専業主夫」になりたい男たち 子供が小さい時はともかく、夫婦は互いに働くのが当たり前の時代になる必要はあるのではなかろうか。 長…07月11日 23時28分
  • ヒアリだけでは無く
    アカカミアリも特定外来生物で、かなり危険な生物なのだと思ったのが、こちらのシリーズ。 潮騒のアニマ 法医昆虫学捜査官 法医昆虫学者の活躍によって、難解な事件の深層が解き明かされる第五弾。 ヒアリよりは、毒性が弱いらしいが、アカカミアリもかな…07月10日 21時17分
  • 国税の仕事というモノ
    確実に、安倍政権の支持率低下の原因の低下の一因になっているだろうと思うのが、前財務省理財局長の国税庁長官の就任。 首相の応援団的な読売新聞系列である日本TVの世論調査でも、安倍内閣の支持率は前月比7.9ポイント下落して31.9%で、第2次安…07月09日 22時40分
  • とてもタメになるけど‥‥
    著者の『逆説の日本史』シリーズは、いわゆる歴史学者とは違った視点で書かれているので、全部は読んでナイけれども、最初の方は結構しっかり読んだ。 なので、『逆説の世界史』を読んでみようと思ったのだが‥‥ 逆説の世界史 1 古代エジプトと中華帝国…07月08日 23時13分
  • 肩こりが芯からほぐれる
    中々、ブログのテーマが見つからない時というのはあるモノで。 そういう時に有り難いのが、これは良いという本。 「肩こり」が芯からほぐれる本: 1日10分 例えば、肩こり解消体操して、姿勢を正して椅子に座り、両肩をゆっくり上げて、やや後方へ肩を…07月07日 22時40分
  • 誰でも貧困になりかねない時代
    というコトは、再三、指摘されつつあるのだが、天災も多くなり、より心配になる。 といって、心配ばかりしていても、何にもナラナイのだが‥‥ 一億総貧困時代 数日前の本で知った、利根川一家殺人事件の生き残った末娘の方は、結局、懲役4年の実刑だった…07月06日 21時44分
  • 古武術と介護
    古武術を使って介護するという話は、耳にはしていたのですが、介護しなくても使えるコトは色々とあります。 図解で判り易い一冊がこちら。 古武術介護塾―日々の介護がラクになる!! 中には、自分の身体をやわらかくする方法も書かれているので、そちらも…07月05日 22時51分
  • 何をたわけた事を
    言論の自由の国であるから、ある程度は何を言っても良いのだが、それにしてもあまりに馬鹿げた話がこちら。 通常は、スルーしてしまうのだけれども、どうしてもこの本だけは無理。 もう親を捨てるしかない 介護・葬式・遺産は、要らない 自分が老人になっ…07月04日 22時20分
  • 老後を考える
    少子化が進むと、こういう事例がとても増えるのではないかと背筋が寒くなる一冊がこちら。 老後親子破産 親の介護で離職して、親の年金で暮らす人々の大変さ。 介護にお金は掛けられず、ボロボロになって行く人も多い。 そもそも、介護保険を使うにもお金…07月03日 22時44分
  • 呼吸の大切さを知る
    東京都議会議員選挙も終わり、流石に国民は馬鹿にされ続けてはイナイというコトが判ってホッとした。 コレで「忖度」から解放されて、先進国の一員としても、法治国家としても恥ずかしくナイ国になって欲しい。 で、ホッとしたなどという言葉に使われる「息…07月02日 22時01分
  • 明日は都議会議員選挙
    一地方選挙ではあるが、今の停滞している国会議員の有り様を見ていると、是非とも国会議員選挙が待ち遠しい。 他の地域の人が、何を言おうと関係無かろうが、それでも投票率が上がって欲しい。 そもそも、今は国政選挙などの投票率が低過ぎで、本当に国民の…07月01日 22時59分