整体屋の癒し日記

登録ID
144173
サイト名称
整体屋の癒し日記
URL
http://blog.livedoor.jp/seitaisikoyuri/
紹介文
健康的な生き方とオススメ本紹介のコラボ!幸せに生きるために必要な知識をあなたに
カテゴリ
  • 健康法 (100%) - 1 / 226人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • ビジネスは最初が勝負
    とは言うものの、本当にそれだけで良いのかという気分にもさせられた本。 ビジネスは最初の2秒が勝負! 相手に信頼されるには、パフォーマンスが大事であるというのは判るのだが、あまりそれに固執してしまうと、中身は空っぽだが、ジェスチャーだけは上手…12月14日 20時34分
  • どうしてこんな国に
    なってしまったのかというコトを、『なるほど、そういうコトから』と悪い意味で納得してしまった本がこちら。 日本を壊す政商 パソナ南部靖之の政・官・芸能人脈 要するに、与野党を問わずお金をばら撒いて、最後には税金で儲けさせて貰うという人々が存在…12月13日 22時05分
  • 医療の選択
    日本の医療は、世界的に見ると、どうなのかというコトを丁寧に解説してくれる一冊がこちら。 医療の選択 アメリカの医療制度みたいになってしまえば、病気をしたら破産して家を取られる覚悟も必要になりかねない。 今の国民皆保険を継続するには、どういう…12月12日 21時26分
  • 命の格差を止めるには
    所得の不平等が、寿命に影響を与える。 そして、それは低所得者だけにではナク、高所得者も同じだという主張の本がこちら。 命の格差は止められるか: ハーバード日本人教授の、世界が注目する授業 どうしてそうなるかと言えば、格差はストレスを生み、信…12月11日 21時11分
  • 正しい政策を
    少子高齢化が進むというのに、福祉予算はあまり増えてはいない。 トマ・ピケティの「21世紀の資本」を巡って、全く違った意見を述べている本がある。 中流崩壊 日本のサラリーマンが下層化していく そして、 【図解】ピケティ入門 たった21枚の図で…12月10日 21時08分
  • 争わないコトが大事
    トランプ大統領が、エルサレムをイスラエルの首都と認める発言をして、アラブ諸国を混乱に導こうとしているが、その辺の歴史を明快に教えてくれるのが、以前、紹介した本の類似本でこちら。 お金の流れでわかる世界の歴史 富、経済、権力・・・・・・はこう…12月09日 21時33分
  • 無意味な人生など、ひとつもない
    この世には一人として同じ人はいません。どんなに自分が小さなとるに足らない存在に思えたとしても、世界はその小さなあなたがいて成り立っている。無意味な存在、無意味な人生など、ひとつもないのです。と言われて、救われる人は多いのではナイでしょうか。…12月08日 22時08分
  • 幸福の源泉は「しなやか」な精神
    日本は、資本主義国としてはピークを過ぎ、長い下り坂を下って行こうとしている時に、我々はどう生きるべきかを書いた良書がこちら。 不幸な国の幸福論 そんな時代にあっても、我々は生きて行くしかないのであれば、幸不幸は考え方次第なのだから、無いもの…12月07日 21時09分
  • よくわかる心理学
    図解だと、難しい話も判り易い。 流石に、史上最強とまでは思わないが、中々面白かったのがこちらの本。 よくわかる人間関係の心理学 史上最強図解 というのも、少し前に読んだ本に、 嘘つきは鼻をこする―ニュースに見るしぐさのリスク という本に、「…12月06日 21時01分
  • ミッドライフ・クライシス
    日本では、更年期と言われているが、外国ではミッドライフ・クライシスと言われているらしい。 もう若くはナイという事を、現実として突き付けられ、どうしたら良いのか、このままの人生で良いのか、色々と迷ってしまったり‥‥ ミッドライフ・クライシスに…12月05日 21時54分
  • 笑う門には福?
    薬よりも、笑う方がか身体に良いかもしれないという話もある。 是非、読んで笑って欲しいので、こちらを。 続・世界の日本人ジョーク集 正直、前作と比べると、世界の日本への見方が不況の国として、厳しくなっている気もします。 それでも、自分のコトは…12月04日 22時51分
  • 自分中心の生き方を
    「自己チュー」は嫌われるけど、他者中心の生活は疲れる。 「自分の気持ちを大事にして、それから相手との距離を測る」方がズッと楽。 そうした話が書いてある本が、こちら。 もっと自分中心でうまくいく―「意識の法則」が人生の流れを変える 簡単には、…12月03日 20時18分
  • 傷ついたまま生きてみる
    人間、生きていると嫌になるコトは、結構色々とある。 でも、ある程度生きて来ると、そういうコトに囚われていても、幸せにはナラナイと気付くことがある。 スパッと忘れようとしても、忘れられないコトではあるけど、それでも毎日、新しい日はやって来るの…12月02日 21時26分
  • 戦争はお金を巡って起きる
    というコトが、とても如実に判る本がこちら。 お金の流れで探る現代権力史 「世界の今」が驚くほどよくわかる 少し前に書いた本の姉妹本です。 同時に読んではいましたが、同じ傾向の話をしても何なので、少し時間差をあけて取り上げてみました。 丁度、…12月01日 21時33分
  • 生活保護の謎
    偽名を使って生活保護費を6年間であわせて1200万円をだまし取ったとして、東京で逮捕された男性が居るというが、どうしてこんな事が起こるのかと思う。 丁度、少し前に読んだ本がこちら。 生活保護の謎 上記の本によると、そんなに不正は多くは無いの…11月30日 21時09分
  • 相撲界は暴力団か?
    今日の、日馬富士の引退会見を見て、本当に呆れてしまった。 礼儀と礼節がなっていない時に、それを正し、直し、教えてあげるのは先輩としての義務として、殴ったり怪我させても大丈夫なんて、小説で読む暴力団が舎弟に対する態度と一緒。 それが異常だと思…11月29日 21時12分
  • ネットで変化するメディア
    本の題名を見て、一度はどうしようか迷ったのですが、しばらく経って再び目に入った時に読む決意をしたので、この題名が吉と出て居るのかどうかは微妙な気もするのですが、逆にこの題名だったから読んだという人も居るかもしれませんね。 なぜアマゾンは1円…11月28日 20時48分
  • 超少子化になるのも当然
    熊本市議会で、赤ちゃんを同席して議場に入ったとして大問題になったという。 それにしても、日本では生まれて三年は親の元で過ごせと言っている様な、ゴリゴリの頭が古い人の方が、議場に子供を入れるのはまかりならぬと言っているみたいで。 以前から、連…11月27日 22時00分
  • 「特定の者が潤う国」は滅びる
    元国税調査官の方が書いた本で、著者の本は何冊も読んでいたので借りて読んだら、とても良い本だったので御紹介します。 お金の流れで読む日本の歴史 元国税調査官が「古代~現代史」にガサ入れ 要するに、日本の戦後復興は、「国民の所得が増えれば、経済…11月26日 21時00分
  • はじめてのマルクス
    昨夜の延長で、読んでみたのがこちらの本。 はじめてのマルクス というコトで、まだ本物の『資本論』を読む元気にはなっておりませんが‥‥ ともあれ、資本主義が行き過ぎてしまうと、労働者が奴隷になってしまうという話も語られています。 そして、どう…11月25日 20時46分
  • 若者だけが可哀想ではナク
    全世代的に、極々少数を除いては、雇用環境が厳しくなっているのではないか。 「若者はかわいそう」論のウソ という本もありはするが、結局は、世の中の企業がなるべく労働者に、賃金を払わなければ儲かるというコトを推し進めているので、 ブラック企業2…11月24日 21時49分
  • ダマされてしまったのか?
    人というのは変わるモノという気がした本がこちら。 ダマされるな!―目からウロコの政治経済学 メインの金子勝さんは、昔とあまり変わらない発言をなさっているが、それに対して対談相手の丸川さんは、自分で問題だと言っていた陣営に身を任せての政治家稼…11月23日 22時10分
  • 言い訳は無用
    日馬富士の問題が、連日報道されているが、本質的なコトを忘れてはいないだろうか。 世の中にいじめがあったとしても、いじめられた方も悪いという論説がまかり通る世の中って、かなり変。 いじめられた方が自殺でもすれば、この状況から逃れられると思って…11月22日 20時33分
  • 将来予測は難しいけれど
    過去の本を読み返すと、色々なコトが判って来る。 少子亡国論―低出生率社会をどう乗り切るか 約二十年も前に、少子化に対する警告を発している人が居たり、 格差社会サバイバル 10年ホド前に、今の地方と都会との格差を見抜いている人が居て、どちらも…11月21日 22時23分
  • すぐそばにある貧困
    世の中には、自分の仕事と運命的な出会いをする人が居るのだなと思った一冊。 すぐそばにある「貧困」 現実を書いているだけなのに、まるで小説かの様に、事実が流れて行く。 良かれと思ってやったコトなのに、逆に大変なコトになってしまったり。 ぶっつ…11月20日 21時45分
  • 高齢初犯にならないタメに
    ありふれた高齢者が、ある日突然「魔が差して」罪を犯してしまう事件が増えているのだという。 高齢初犯 犯罪とは限らないけれど、無謀な運転をする高齢者は増えていると実感する。 別に認知症というほどではナイけれど、退職金でおそらく今まで買えなかっ…11月19日 21時53分
  • 話し方で成否が決まる
    人には、無くて七癖と言うけれど、口癖とか、しゃべり方の癖や、その基となる考え方の癖が存在します。 全てを、直すというコトは難しいけれど、こういうやり方で話そうとした方が、上手く行くというルールはある程度存在する。 それを知った上で話すのと、…11月18日 21時15分
  • せめて医療費を節約しよう
    昨日の話題は、かなりショックだったけれど、それでも我々は生きて行くしかナイ。 となると、どう生きれば良いかという問題になる。 平成24年度の国民医療費は約38.4兆円で、介護費と生活保護費を加えると約51兆円。 しかし、その年の税収は42兆…11月17日 21時51分
  • 家に棄てられる老人
    人生の最期は家で過ごした方が良いというのは、聞こえは良いけれど、ある意味綺麗事だという話を聞かされた。 既に、老人問題は色々と世の中に喧伝されているけれど、何しろ事実は小説より奇というか、過激らしい。 超高齢社会の基礎知識 この本が書かれた…11月16日 21時16分
  • 久々の傑作ミステリー
    昔から、作家の初期には人生に於ける大作や傑作が多いと言われているが、初めて読んだ作家だが、実によく煉られたミステリー。 ヘルメスの相続 終戦のドサクサから、現代の相続のコトまで、色々な知識と共に痛快な展開で楽しませてくれる。 伏線が伏線を呼…11月15日 22時13分
  • 日本と外国の違いを知る
    何はともあれ、一番驚いたのがアイスコーヒーというのが、日本発祥だったコト。 クール・ジャパン!? 外国人が見たニッポン ちなみに、本当かなと思ってネットで調べたら、そうでもなさそうではあるけれど‥‥ ただ、日本なら氷を入れるコトを考えて、濃…11月14日 21時31分
  • バカが多いのには理由がある
    結構、考えさせられる本がこちら。 バカが多いのには理由がある ちなみに、著者の言い分が全部正しいとは思わないけれど‥‥ 少なくとも、昨日の本に出て来る人々は、「人類の歴史上、もっとも幸福な時代に生きている」と断言されたら、本当に辛いだろうし…11月13日 21時21分
  • 一億総貧困化?
    世の中は景気が良いと言われているが、本当にそうなのだろうか? そうかもしれないが、違うかもしれないと、何時も思う。 何となく、スパーや飲食店の活気が無い。 久し振りに行ってみると、閉店していたというトコもある。 下流中年 一億総貧困化の行方…11月12日 22時06分
  • 二大政党制は良いものか
    というコトについて、書かれた本というので読んでみたのが、こちらの本。 二大政党制批判論〜もうひとつのデモクラシーへ〜 政権交代が起きやすい二大政党制こそが政治を「良くする」とは限らないという論旨で、大量の死に票が出る「小選挙区制」こそが、投…11月11日 21時35分
  • 邪気と戦う
    昨日、気功の話をしたけれども、ある意味今の時代は邪気が世の中に充満しているとも言える。 座間市で起きた連続殺人事件も、まるで何かに憑かれている様な‥‥ 憑物 鬼龍光一シリーズ 最近、このシリーズを読んでいるからかもしれないが。 小説の様に、…11月10日 22時28分
  • 気の世界
    体調が悪い人の気は、淀んでいるコトが多い。 なので、自分の気力を高めたいとは思っているのだが、中々、難しい。 それでも、読んでみた本がこちら。 西野流呼吸法“気”の奥義―身体と心が一変し、人生が開ける ともあれ、読んだだけで何とかなるなら簡…11月09日 21時44分
  • やっぱり長編が好き
    短編小説よりも、やっぱりこの方は長編が面白い。 テロリストの処方 別に短編が悪いワケでは無いのだが、やっぱり小説の醍醐味は『続きはどうなる』と思いつつ、ページを加速度的にめくるワクワク感。 この先の、医療が進むであろう現実と、不要な医療への…11月08日 22時55分
  • 気の利いた短編集
    昨日に引き続き、中々面白い短編集。 こちらも長編が面白い著者ですが、短編も結構いけます。 主役とそれを喰う感じの脇役の活躍が。 合理的にあり得ない 上水流涼子の解明 これは、上手くするとシリーズにも成れそう。 現代版、必殺モノと言えるかも。…11月07日 22時03分
  • ブラックユーモア満載の短編
    現実的なホラーというのは、後からジワジワ効いてくる。 医師である著者だから思い付く様な一冊。 反社会品 好き嫌いは別にして、短編の中で一番捻りが効いているのは「不義の子」。 男性には、読後感が悪すぎだろうが、ラストのオチは本当に意外。 どち…11月06日 21時07分
  • 天気痛とは?
    天気と身体の痛みが密接な関係があるというコトは、仕事柄知っておりましたが、「天気痛」という言葉が有るというのは知りませんでした。 で、読んでみたのが、こちらの本。 天気痛 つらい痛み・不安の原因と治療方法 この本にも書かれていますが、自律神…11月05日 23時23分
  • バカに民主主義は無理なのか?
    思わず、題名に釣られて読んでしまった本なのだが、中々、鋭い論説で実に示唆的な本がこちら。 バカに民主主義は無理なのか? 日本人の貴方任せの体質を批判し、身内に甘い判断に厳しい指摘をしている。 中でも、ユニークなのが、まとめに於けるシビアな言…11月04日 20時38分
  • 臥龍公園で菊祭り
    本日も、しっかりしたブログを書けそうにありません。 昨日の疲れが残ってますし、今日の予約分の仕事もありましたし。 それでも、気分転換に母校の高校の近くにある臥龍公園に、昼休みの時間に行って来ました。 今年は、自分で「巴錦」という菊を、去年、…11月03日 22時11分
  • そして、今日は「ブラックジャックによろしく」
    本日、久々に超お仕事してしまいました。 明日が祝日で休みだからというワケでは無く、実は大変にナラナイ為に、明日も事前予約の方をお取りして山を作らない様にはしていたのですが、中々、上手くは行かず‥‥ で、終わり次第ダラダラして、明日への気持ち…11月02日 22時24分
  • 本日は「めだめ」に夢中です
    仕事の合間に、大人買いした「のだめカンタービレ」を読んでおります。 のだめカンタービレ 映画や、テレビドラマ、そしてアニメなど、子供達と一緒に見てはいたのですが、原作は初めて読んでます。 とても面白いのですが、流石に25冊もあると、いくら早…11月01日 22時22分