整体屋の癒し日記

登録ID
144173
サイト名称
整体屋の癒し日記
URL
http://blog.livedoor.jp/seitaisikoyuri/
紹介文
健康的な生き方とオススメ本紹介のコラボ!幸せに生きるために必要な知識をあなたに
カテゴリ
  • 自営業 (100%) - 1 / 121人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • 甘い考えは禁物
    日大のブランドは、かなり低下してしまったと思うけれど、それにしても理事長という職も世襲だったりするタメか、以前の女子レスリングの問題の時も酷かったが、日大もそれに輪をかけている。 ともあれ、少子化の現在、大学経営も大変になっているので、 消…05月25日 23時11分
  • 多元的な目を持とう
    若い頃から、何冊も本を読んで来たのは、ある意味この世の中で知らない真実が有るのなら知りたいという単純な欲求からである。 その中でも、特に日本の古代史ほど、胸が躍るものはナイ。 そして、その先に今の日本が有るのだと思うと、余計に真実の日本史を…05月24日 20時45分
  • 今だけ良ければは通用しない
    別名「残業代ゼロ法案」が国会を通過しそうになっているが、そんな労働者を使い倒す様なコトをしたら、人口がマスマス減るのは間違いナイ。 日大も、政府の真似をして、嘘で嘘を固めようとしているが、そんな学校の体質だと判ってしまえば、入学する人は減る…05月23日 21時28分
  • 過ちて改めざる
    関西学院大学の選手をタックルで傷つけてしまった日大の選手の会見を見て、思い出した言葉が二つ。 どちらも、論語に出てたハズで、かなり昔の高校時代に習った漢文の言葉。 「過ちて改めざる是を過ちという」と、「過ちて改むるに憚ること勿れ」 海馬に入…05月22日 21時27分
  • 戦争というモノは
    結局、戦中戦後のドサクサに紛れて、利益を手にするコトが出来るからこそ、したがる人が多いのだと思う本がこちら。 Dの遺言 M資金の金塊を探すシリーズの続編。 ともあれ、ダイヤモンドも供出させられたとは知らなかった。(祖父が、金貨を供出させられ…05月21日 20時58分
  • 実に暗示的な
    考えさせられる小説です。 道警の裏金問題で、左遷されつつ難事件を解決して行く警官魂を見せつけるシリーズ物の話なんですが‥‥ 真夏の雷管 公務員なので、無理に退職させられないので、彼等は頑張っていられますが、民間になってしまった会社員だと、不…05月20日 21時41分
  • 東大寺の暗号
    久々の「歴史大好き日記」になります。 何冊か読んではいますが、是非ともコレを書きたいとか、新説というのはあまり無いモノで‥‥ 東大寺の暗号 藤原氏の計略と、それに対抗する為に東大寺は造られた可能性があるという説なのですが、結構斬新で面白かっ…05月19日 21時50分
  • 犠牲の累進性
    昔、親が良く言っていた言葉は、「上見て暮らすな、下見て暮らせ」という言葉だったが、家業の手伝いを子供の頃からしていたので、『必ずしもお金があっても、幸せではナイ人も居るのだ』というコトを見ていて感じた。 なので、本人が幸せであれば、お金が無…05月18日 22時16分
  • 投資を考えている人に
    是非とも、知っておいて欲しい本がこちら。 投資なんか、おやめなさい この本に書かれている様なコトを、若い頃に親が証券会社に勧められているのをみて、実に馬鹿馬鹿しいので止めさせました。 それでも、投資したいと思うのなら、実際に自分で選んで、こ…05月17日 23時42分
  • 新自由主義の犯罪
    少し前の本ですが、「儲かれば何をやっても良い」という新自由主義の考え方が、今はより定着しているのかもしれないと思ったのが、こちらの本。 新自由主義の犯罪―「属国ニッポン」経済版〈2〉 目次を読んだだけで、なるほどと思ってしまうのが、 ●新自…05月16日 21時37分
  • 昨日は申し訳ありませんでした
    あまりに疲れ果てていて、途中まで書いた所で、寝落ちしてしまいました。 慌てて、数行追加しただけでアップしましたが、もしかしたら、「利休は、本能寺の変の裏側の確たる証拠の可能性を知ったタメに切腹させられたのかも」という斬新な説が書かれていて、…05月15日 22時24分
  • 疲れが出まくりで眠くて
    眠くて仕方がありません。 休み明けで仕事も多かったですし。 昨日、読んでとても面白かった歴史小説がこちら。 利休の闇 利休と秀吉の新たな確執が見えて来ます。 05月14日 23時40分
  • 今日は大町へ
    行って、日帰り温泉入浴して来ました。 昨日、結構強い地震があったので、どうかなとは思いましたが、土砂崩れがあったらしい道などは、避けて行ったので、大丈夫でした。 それにしても、火山の噴火とか、天変地異が続きますね。 地球が不安定になっている…05月13日 23時18分
  • 格差の芽は早目に
    摘まないとダメなのではと思ったのが、こちらの本。 バカ格差 「日本では格差が広がった広がったと言われてはいますが、それでも世界的に見るとまだまだ豊かな国」と述べているのですが、格差というのは一旦、広がってしまうと、簡単には取り返しが付かない…05月12日 22時18分
  • アメリカの後追いで大丈夫なのか
    と思ってしまうのが、こちら。 (株)貧困大国アメリカ 日本も種子法を取り止め、生活保護も現金支給でナクしようという論調をタマに見かけるが、それはアメリカの後追いなのかもしれない。 低所得者や高齢者、障害者や失業者を食料支援するタメ、クレジッ…05月11日 21時44分
  • 幸せになろう
    既にお亡くなりになりましたが、ある意味自分に正直に生きたという意味で、結構好きだった作家の作品を久々に読んでみました。 幸せ上手 当たり前のコトを書いてあるのだけれど、人生当たり前に生きるというのが、案外難しい。 ともあれ、本当に簡潔に述べ…05月10日 22時13分
  • 良い法話は
    心を洗ってくれるけど、宗派は違っても、根本はさほど違わないので、どうやっても、どの宗教に帰依するか全く決められないのだけれど、それでも、時々はその手の本を読むのは好き。 ただ一心に咲く - 桜が教えてくれる人生で大切なこと そして、 忘れる…05月09日 21時36分
  • 在宅で静かに死ぬには
    病院であったとしても、平穏に死ねれば良いのですが、今はギリギリまで死なせない努力をされてしまうので、自宅で平穏に死ねるのであれば、それも良いかと。 両親は共に、自宅で突然死だったので、それは平穏とは思えないけれど、本人達にとっては楽だっただ…05月08日 22時43分
  • それにしても政治は
    裏で色々とあるのだなぁと、改めて思ったのがこちらの本。 YUIGON それにしても、普通の感覚では、とても大変そうでやってみたい職業ではナイのだけれど‥‥ 今、改めて読んでみると、昔の人は、戦争時代を実際に知っていたので、肝が据わっていたと…05月07日 23時17分
  • 人生これから
    と思える良い本です。 老いを照らす 生きたい様に生きて、出家してからも、ホボ生きたい様に生きているのは、スゴイ事だと思います。 されど、やはり僧なので、講和は面白いと言われているダケに、頷かせてくれます。 ともあれ、本当に驚いたのは、真似を…05月06日 20時43分
  • 宗教を知りたいなら
    是非、一読して欲しいのが、こちらの一冊。 隠された歴史 そもそも仏教とは何ものか? 以前から、多くの宗教には、かなりの類似性があると感じていたので、そういう意味ではとても面白かったのですが、宗教によって救われている人も居るのも事実なので、何…05月05日 22時01分
  • 今日は少しだけノンビリ
    午前は再び主人の生家の草取りに、行って来ました。 午後から、自分の生まれた家でゆっくりさせて頂いてます。 再び、娘のスマホにての投稿なので、上手くは書けません。 でも、久々に読書はしっかり出来てます。 明日は、色々書けそうなので、今日はお許…05月04日 22時17分
  • 何を書こうと思いつつ
    何冊か、読んではみたのですが、中々ピンと来るものがありませんでした。 ともあれ、それとは別に、読んでいる途中なのが、こちらの本。 美は乱調にあり 大正12年、関東大震災の混乱に乗じた甘粕憲兵大尉の手によって、無政府主義者・大杉栄、その6歳の…05月03日 23時24分
  • 昨日は記事を書いたつもりだったのに
    二日続けて、主人の生まれた家の草取りをしていたので、疲れてしまって書き忘れてしまったみたいです。 これから、こんな感じで忘れてしまったというコトが増えてしまうかも‥‥(歳ですね) 本日のブログは、もう少ししたらチャンと考えようと思ってますが…05月03日 18時45分
  • それにしても‥‥
    一昨年のベストセラー故に、ブックオフで投げ売りしていたので、安く買ってしまいました。(こうやって、本好きな人間が買わなくなったのが著者の方々のタメにはイケナイとは思いますが、何しろ本は買うと溜まるばかりなので、どうしても図書館中心になってし…05月01日 22時41分
  • 健康神話にだまされるな
    ようやく、我が家に帰って来ました。 で、前に少しだけ予告したのが、タイトルもビックリのこちらの本。 健康神話にだまされるな 特に、驚きなのは、「科学的研究」は万能ではないという章。 というのも、研究結果と健康法は一致するとは限らない。 加え…04月30日 23時16分
  • 川崎大師にお参りして来ました
    子供達と一緒に、初めて川崎大師にお参りに行って来ました。 あまり外国人観光客が見当たらないので、逆に驚いてしまいました。 今は、有名な観光名所に行くと、ビックリするほど外国の方々がいらっしゃるのが当り前になっているので、そういう観光地も在る…04月29日 20時01分
  • これから息子のトコへ
    娘と出掛けます。 そして、本日からアクセスカウンターを外して、気楽にブログを書こうと思います。(以前から、そうしようかと思っていたのですが、思い切って今日が主人の誕生日なので、あまり関係ありませんが、取りあえず何かのケジメというコトで、決心…04月28日 16時34分
  • 進歩は良いコトばかりではナイ
    というコトは、あらゆる場面で感じます。 その話を特に、医学の部門で特化して書いた本がこちら。 新型出生前診断と「命の選択」 初版なので仕方ナイ事なのだろうが、男性が「XY」とあるべきトコを「XX」と誤植してあるのに気付かないのは、著者並びに…04月27日 22時31分
  • 仏教の答えを聞いてみる
    ひろさちやさんの本は、時々読みたくなります。 人生の超難問 Q&A 誰しも人生はままならないモノだが、そういうモノだと割り切ってしまえば、そんなに腹も立たない。 でも、そういう時に、ちょっと苦しく感じるので、世の中ってそういうモノだ…04月26日 22時28分
  • どちらが大切・理論と臨床
    勿論、理想を言えばどちらも大切ではありましょうが、特にと言われたら、患者にとっては臨床でしょう。 何故、病気になったのかという説明や、どういう症状なのかというコトよりも、自分の病気が治るかどうかが大切だろうと思いますが、今は理論が重んじられ…04月25日 23時28分
  • リンチはダメなんだけど
    そうでもしなくちゃダメだという著者の気持ちが、多少は理解出来そうな一冊。 GEEKSTER 秋葉原署捜査一係 九重祐子 警察組織は上ばかり見ていて、本気で下々の困っている時に、助けてくれるのかという問題は、特に人口の多い都会ではあり得そう。…04月24日 22時02分
  • 日本だけでナク
    巨悪は蔓延るのだなという気がしてしまう本がこちら。 受難 韓国で大型旅客フェリー「世月号」が沈没、三百人超の犠牲者が出る大惨事があったけれど、その裏側というのは他国というコトもあり、多少は知っていても、深く知らなかったが、政権との癒着の凄さ…04月23日 21時52分
  • 世代の違いを感じる結婚観
    今の若い人から見れば、我々とは感覚はかなり違うと思うけれど、それでも十年一昔と言われる様に、十年位年代が違うと、世の中に対する見方は全然違う。 団塊の世代近辺の方々の話を聞いていると、結構、あれだけ学生運動やウーマン・リブなどの運動をされて…04月22日 21時44分
  • 今週は疲れました
    週の半ばに体調を崩し、何とか持ち直しましたが、もう限界かも。 眠くて仕方がありません。 今日のブログ位は、乗り切ろうと思いましたが、どうも無理。 寒暖の差が激しいので、多くの方々が体調を崩しています。 皆様も、体調に気を付けて、季節の変わり…04月21日 22時14分
  • 痛い男は存在する
    それにしても、財務省の往生際の悪さは致命的。 せめて、こちらの本を読んでみてという感じですね。 高学歴男はなぜモテないのか そもそも、セクハラというのは、好きな相手なら大丈夫でも、嫌いな相手だと絶対にダメという事なのに、多くの男性達は、勝手…04月20日 22時04分
  • あまりに信じ難いけれど‥‥
    私学とはいえ、世の中の税金を多額に注ぎ込んだ大学で、こんなコトが有るのだとはにわかに信じ難いのだが‥‥ 加計学園の獣医学部の1年生を対象とした教養教育科目では、陰謀論でしかない書籍を、学生に対して講義の参考書として薦めた上に、ヘイト本までも…04月19日 22時35分
  • 世の中の裏側を知る
    という努力もある程度は必要だと思います。 それにしても、新潟県知事の辞職理由も、財務省事務次官の辞任会見も、世間知らずというか、ワザと知らないフリをしたというか、常識が無かったというコトなんでしょうが‥‥ 反社会的勢力 この中にも、留学生制…04月18日 22時57分
  • それにしても‥‥
    財務省の方々の頭は、どうなっているのか。 ハラスメントという考え方は、最近の発想なので、昔のママの考えで何時まで生きてられると思うのかと思ってしまう。 確かに、我々が若い時は、女性の泣き寝入りなど、当たり前だった。 でも、今はそういう時代で…04月17日 21時55分
  • 「しらけ世代」と呼ばれたけれど
    今、話題になっている財務省の人々は、いわゆる「しらけ世代」。 ベビーブームが過ぎた後の出生数が最も少なくなった時期に生まれ、高度経済成長とあれだけ世の中を騒がせた学生運動時代が終わった後に高校を出た。 最後の、国立大学一期校、二期校の受験を…04月16日 22時28分
  • どうも気になる
    最近、本を読んでいて、どうしてそんなコトを思ってしまう時がある。 例えば、とても面白いミステリーなのに、遺言を書かなかったら、その人には母親と妹夫婦とその子供しか居ないのに、見たことも聞いたこともない親戚がわんさか現れて、壮絶な遺産相続戦争…04月15日 22時55分
  • 季節の変わり目は
    体調を崩す方が増えるので、こちらも疲れます。 一日の中でとか、昨日と違ってなど、気温の上り下がりも激しく、衣服などで調整しなければなりませんし。 昨日、少し書きましたが、 サイレント・マイノリティ 難民調査官 昨日の本の続編です。 アメリカ…04月14日 22時43分
  • 言い逃れの出来ない時代
    お釈迦様でも、「嘘は方便」というコトで、相手を思っての嘘なら許されると言われているけれど、流石に相手を思ってでも、忖度故の嘘は許されまい。 以前だったら、言った言わないで水掛け論になるコトでも、今は携帯電話の普及が目覚ましいので、スグに写真…04月13日 22時36分
  • 久々の良作
    心がほっこりする本。 壁の男 著者の小説にしては、かなり変わったジャンルの本になるとは思いますが。 人生には、色々なコトがあるけれど、それでも生きて行くというコトの意味をしみじみ考えさせられる本。 日々、嫌な話題が多いからこそ、こんな感じの…04月12日 23時00分
  • 孤独死という最期
    孤独死というのは、ある意味人間関係の貧困がもたらすのだと、感じてしまう一冊。 孤独死大国 予備軍1000万人時代のリアル 他人と付き合うのは、それなりに面倒。 でも、それを乗り越え無ければ、ある時突然に亡くなった時に、誰も気付かれず死体が腐…04月11日 22時13分
  • アメリカは、日本は
    アメリカの二大政党制は、どちらを選んでもホボ同じ政治になりかねないというのが、こちらの本。 アメリカは変われるか?―立ち上がる市民たち! それでも、個人の中には、変わるタメの努力を発揮しようとする人が生まれつつある。 翻って、日本はどうだろ…04月10日 23時13分
  • 更新遅れて済みません
    眠くなりながら、何とか本を読んだり、寝たりしていたら、こんな時間になりました。 貧困クライシス 国民総「最底辺」社会 以前、「下流老人」を読んだので、こちらも読みたいと思って読んでみました。 今の様な社会では、誰もが最底辺に堕ちかねないとい…04月09日 23時41分
  • かなり怖いけど
    でも、本当に良く出来ているミステリー。 アルテーミスの采配 というか、若き女性達への警告文なのかもしれないけれど‥‥ AV女優の裏側とか、嫉妬の怖さ、そして復讐心の恐ろしさとか。 世の中の裏側を、これでもかと見せつけてくれます。 初めて読ん…04月08日 21時16分
  • 人生をやり直せれば
    と思っても、ある程度の年齢になってしまうと難しい。 それでも、若い内なら何とかなる可能性は高い。 自分の反省から、同じ様な境遇の女子高校生を立ち直らせたいと考えた女性の本がこちら。 難民高校生----絶望社会を生き抜く「私たち」のリアル 第…04月07日 21時57分
  • 人生は大変な事もあるけれど
    小説ではあるけれど、親と子などの問題を考えさせられるのが、この本。 あしたの君へ 不器用だけど、家庭裁判所調査官の仕事に取り組む新人のお話です。 人生には、思いもよらない場合もあるというコトを、考えさせてくれる一冊です。 中身については、あ…04月06日 22時36分
  • 東大卒でも貧困ワーカー
    今や、労働力を買い叩く時代である。 故に、相手が東大卒であろうと事情は一緒。 その結果をレポートする理解を得れるだけには、役立ったとは言えるのだろうけども。 東大卒貧困ワーカー 親の介護のためにテレビ局を辞めたら、待っていたのは非正規社員と…04月05日 22時30分
  • もし、こんな力があるなら
    今の、混迷している政治を何とかして欲しいとすら思ってしまいがちなのが、こちらの本。 魔術師の視線 世の中には、色々な人が存在していると思いますが、それを上手く書いてます。 それにしても、もう少し日本の政治は、どうにかならないのでしょうか。 …04月04日 23時46分
  • 自分で考える大切さ
    かなり前の本ですが、結局、もっと今はダメダメになっているのではと思ってしまうのが、こちらの本。 ご臨終メディア―質問しないマスコミと一人で考えない日本人 各社横並びの、記者クラブに始まって、メディアが御用新聞などと揶揄されて久しい。 今は、…04月03日 22時56分
  • 煩悩は解決出来るのか?
    娘が読んでみようかと借りた本を、読んでみた。 出身大学の姉妹校だった龍谷大学出身の僧侶というコトなので、親鸞上人の教えというコトになる。(ちなみに、必修の仏教学はサボりまくりで、何とか可で卒業させて頂きましたが‥‥) お坊さん、「女子の煩悩…04月02日 21時38分
  • 意欲こそ長生きの秘訣
    もう、四月になってしまって、本当に月日の流れるのは速いと、歳をする毎により思います。 題名は、売らんかなという感じになってますが、この著者の本を読んだ中で、今までの中で一番イイ事を言っていると思った本がこちら。 「稼ぐ」脳 "医学…04月01日 21時33分