愛陶会日誌

登録ID
1444095
サイト名称
愛陶会日誌
URL
http://tougei33.blog.fc2.com/
紹介文
初めはだれでもシロウトだ! イチから作陶を楽しみたい。
カテゴリ
  • 陶芸 (100%) - 9 / 149人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • 553 愛陶会の作品−2
    細田時代さんの作品1灯台…のような。黒泥で作った灯台のようなスタイルの花器。黒泥にグリーンの色土をかけたのですが、ぼんやりと霧がかかったようで、イマイチでしたね。 (7?×H22? 梅釉)梅釉の大鉢5月に失敗した鉢の リベンジです。今回は …11月20日 10時30分
  • 552 愛陶会の作品
    松野さんの作品ばらの大鉢大きな範囲の絵つけは初めてで、出来れば主役の料理をそっと引き立てるような雰囲気が出ればと・・・・・全体的に薄い色のバラを描き、これだけでは沈み過ぎるので、明るいバラを遠慮がちに添える。葉っぱは濃い緑色になるよう黄色と…11月16日 10時30分
  • 551 染付の土瓶 − 3
    染付の土瓶 − 3反対側の花草の染め付けとかなり趣が異なります。白地というか、 背景が真っ白な感じですね〜。うさぎの絵のモデルはこちら。 (江戸伊万里染付双兎文大皿/東京国立博物館蔵)ちょっと デフォルメ し過ぎでしょうか? スミマセン。本…11月11日 10時30分
  • 550 染付の土瓶 − 2
    染付の土瓶 − 2素焼きにサビ呉須で染付します。中央に花を、 窓枠の周りに草を描きました。裏側はというと、 このときついに気力がなくなり、 別の絵を……。透明釉にドブ浸けします。 (2017/9/19 photo by kon)ストローで吹…11月06日 10時30分
  • 549 染付の土瓶 − 1
    土瓶を作ります。 絵柄は染付けます。今度の土瓶は、 胴をスカッと垂直に立ち上げました。注ぎ口はしっかり厚めで、下のふくらみも大きくします。茶漉しは胴体に直接開けました。 (途中)下/半乾燥で、 ひっくりかえして高台を削ります。取っ手を引っ掛…11月01日 10時30分
  • 548 新土灰長皿織部垂らしがけ
    長皿に新土灰をかけ織部を垂らしがけしました。型で長皿を作ります。土は、 半磁器と古信楽 5:5。底に川の字を彫ります。 これからね〜。拾ってきたブロックの破片でサイドにぐるりと凸凹模様を入れます。実は大失態!でした!素焼きの後、 釉がけしな…10月27日 10時30分
  • 547 切り落とし 織部コーヒーカップ
    文字色素地をカッターで切り落とし 織部釉を掛けました。秋です。 深い織部のコーヒーカップを作りましょう。というわけで、カップが2つ出来ました。織部釉はとかく流れやすいので? 半乾燥で外側をカッティングして、 地肌をあえて凸凹にしてみました。…10月22日 10時30分
  • 55549 染付の土瓶 − 2
    染付の土瓶 − 210月18日 21時45分
  • 546 トルコ釉の角皿−2
    角皿に呉須で白鷺の輪郭を描きます。この後、 上から 「透明釉」 を筆でかぶせ塗りし、その上から撥水ワックス (黄緑色) 塗ります。トルコマットに釉にドブ浸け。トルコ釉の角皿の完成です手本は青磁釉ですが、 トルコマットもいいのでは? (201…10月17日 10時30分
  • 545 トルコ釉の角皿
    角皿に白鷺を描き、 トルコ釉に浸けました。5ミリのタタラを用意し、有り型で切り抜きます。3枚作ります。フチを立ち上げて。焼いたとき底が反りあがらないように、重石を載せて乾燥させます。さらに裏側に川の字を彫り、 横には紋様を彫り込みました。素…10月13日 10時30分
  • 544 唐津草紋皿
    唐津釉で中皿に草紋を描きました秋です。 渋くいきましょう。手前の皿。 奥は赤い招福猫の皿になった。ベンガラ + 侘び寂びの 「鬼板」 で描きます。グッと濃くなります。唐津釉にどぶ漬けです。唐津草紋皿の完成です。いい感じに焼き上がりました。 …10月08日 10時30分
  • 543 月うさぎ染付大皿−2
    月をイメージした円を塗ります。透明釉がほどほどに乾いたら、中央のラテックスを剥がして素焼き地にします。いつもはもっとすんなり行くんだけど、 今日は剥がれにくい…。ラテックスを完全に除去した跡にトルコマット釉を 筆で塗りました。月うさぎ染付大…10月03日 10時30分