さくらのブログ

登録ID
1446297
サイト名称
さくらのブログ
URL
http://ameblo.jp/harmony-life0901/
紹介文
日々に出会う風景を写真に俳句に表現します
カテゴリ
  • 俳句・短歌 (100%) - 3 / 177人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • 蚊を叩く何故頬っぺ刺す恨み節  俳句・短歌 ブログランキングへ 05月22日 20時00分
  • 夏が来る
    夏が来る爪赤く染め恋しよう 俳句・短歌 ブログランキングへ 05月21日 20時00分
  • 姫女苑
    草の名を娘に問われ姫女苑 俳句・短歌 ブログランキングへ 05月20日 20時00分
  • 新茶
    客人を引き留めたくて新茶汲む居心地のいい方っていますね。一緒にいると元気になります。時間の経つのも忘れてしまいます。 俳句・短歌 ブログランキングへ 05月19日 20時00分
  • 薄暑
    薄暑来ぬ腰のくびれの現れて 俳句・短歌 ブログランキングへ 05月18日 20時00分
  • 野ばら
    手折る手の躊躇うほどの野ばらかな自然の中で咲いているのが一番似合います。わが家に連れて帰るのは諦めました。 俳句・短歌 ブログランキングへ 05月17日 20時00分
  • 風薫る
    書き出しに風薫るつく便り来る 俳句・短歌 ブログランキングへ 05月16日 20時00分
  • アマリリス
    アマリリス毒気を吸ひて赤に咲く赤は魔よけの色。真っ赤に咲いたアマリリスに力をもらう。 俳句・短歌 ブログランキングへ 05月15日 20時00分
  • サラダ菜
    サラダ菜と私も水を吸う五月テラスで育てたサラダ菜。 俳句・短歌 ブログランキングへ 05月14日 20時00分
  • 母の日
    母の日や上手に紅をひく娘よちよち歩きの頃からお洒落さんだった娘。私の口紅を塗って鏡の前でうっとり。それがまた小さなお手手ではみ出すこともなく上手に塗るんです(笑)そんな娘も三年前に花嫁さんになりました。 俳句・短歌 ブログランキングへ 05月13日 20時00分
  • 麦の秋
    亡き伯父の懐かしき文字麦の秋 俳句・短歌 ブログランキングへ 05月12日 20時00分
  • 夏めくや
    夏めくや対のグラスも三年目冷たい緑茶にルイボスティー。そしてお気に入りの対のグラス。 俳句・短歌 ブログランキングへ 05月11日 20時00分
  • 夏隣
    夏隣ビニール傘の向こう側 俳句・短歌 ブログランキングへ 05月10日 20時00分
  • 初苺
    待ちかねた酸っぱさ残る初苺 05月08日 20時00分
  • 青葉時雨
    雨もよし青葉時雨を頬に受け 俳句・短歌 ブログランキングへ 05月08日 20時00分
  • 緑の夜
    帰さない言い訳探す緑の夜 俳句・短歌 ブログランキングへ 05月07日 20時00分
  • 苺摘む
    食べ頃は今日か明日か苺摘む 俳句・短歌 ブログランキングへ 05月06日 20時00分
  • 聖五月
    聖五月一時間後にこの場所で 俳句・短歌 ブログランキングへ 05月05日 20時00分
  • 夏近し
    目で追うはボタニタル柄夏近し 俳句・短歌 ブログランキングへ 05月04日 20時00分
  • 春の宵
    春の宵指南書よりも響く歌 俳句・短歌 ブログランキングへ 05月03日 20時00分
  • 春の月
    水面にも本音はどちら春の月 俳句・短歌 ブログランキングへ 05月01日 20時00分
  • クローバー
    冠を編む数だけのクローバー 俳句・短歌 ブログランキングへ 04月30日 20時00分
  • 昭和の日
    昭和の日迎えるたびに遠くなり 俳句・短歌 ブログランキングへ 04月29日 20時00分
  • 若葉風
    若葉風朗報のせて吹いてくる 俳句・短歌 ブログランキングへ 04月28日 20時00分
  • 春送る
    手を取りて差し伸べられて春送る 04月27日 20時00分
  • 芍薬
    振り向けば芍薬握る母がをり 04月25日 20時00分
  • 春の昼
    春の昼時計の音は聞こえない 俳句・短歌 ブログランキングへ 04月24日 20時00分
  • 風光る
    頬に手に赤みのさして風光る 04月23日 20時00分
  • 春の闇
    暴かれた嘘に安堵し春の闇寂しかったこと。悲しかったこと。自分にまで嘘をついてパンドラの箱にしまってあったのに...その目は何でも暴いてしまう。でも何故かホッとしている自分に気づく。もうありのままでいいんだね。 04月21日 20時00分
  • 春暑し
    春暑し残り一つのテラス席 04月20日 20時00分
  • つつじ咲く
    髪を切るハミングも出てつつじ咲くあちこちにつつじが咲き始めました。街中が華やかになり気が満ちています。それに刺激されたのか見上げた青空に眩しい陽射しに空き地の雑草に何気ない日常に心が弾みます。 俳句・短歌 ブログランキングへ 04月19日 20時00分
  • 麗けし
    陽だまりが胸の辺りに麗けし時間がゆっくりと流れるお気に入りの場所。 俳句・短歌 ブログランキングへ 04月18日 20時00分
  • 母子草
    今日もまた復路を生きて母子草 俳句・短歌 ブログランキングへ 04月16日 20時00分
  • 春嵐
    歩道から空き缶の音春嵐 俳句・短歌 ブログランキングへ 04月15日 20時00分
  • 春の鯉
    あの頃を覚えているか春の鯉数年前桜の時期に訪れた古寺に再訪。そういえばあの日もこのお堀の鯉を眺めたっけ。天気も風の匂いもそして喧騒から離れたかった自分のこともはっきりと覚えてる。 俳句・短歌 ブログランキングへ 04月14日 20時00分
  • 紫木蓮
    酔狂もまた良しとする紫木蓮今まで気づかなかった自分を歓迎してみよう。 俳句・短歌 ブログランキングへ 04月13日 20時00分
  • すぐそばの春
    すぐそばの落ちている春拾い上げここ数年近隣で名所と呼ばれる桜を追いかけたりもしたけれど...今はすぐそばにある風景に心が動く。空き地の蒲公英だったり、近所の公園の桜だったり。 俳句・短歌 ブログランキングへ 04月12日 20時00分
  • この春は急ぎ足
    この春の速度違反に追いつけず加速度をつけて季節が駆け抜けていく。あたふた、あたふた。 俳句・短歌 ブログランキングへ 04月11日 20時00分
  • 花冷え
    餡ぱんと熱い珈琲花の冷え桜あんぱん。ひと口かじると餡子の中の塩漬けにされた桜葉の香りが広がります。お洒落なベーカリーのどのパンよりも最高のおもてなしをしてくれます。今日は熱い珈琲と一緒に。 俳句・短歌 ブログランキングへ 04月10日 20時00分
  • 霾ぐもり
    電源を取り上げられて霾ぐもり新年度が始まりスイッチON。うん、なかなかいい感じ。あれっ、今日はエンジンがかからない。まさかの失速。まっ、いいか!ゆっくり待つか。 俳句・短歌 ブログランキングへ 04月09日 20時00分
  • 春の月
    囁かれ囁きかけて春の月自問自答をする時は月とお喋りしたことにする。 俳句・短歌 ブログランキングへ 04月08日 20時00分
  • 一片の花びら
    鞄には昨日の春の名残かな鞄の中を整理していたら一片の桜の花びらが。何だか嬉しい夜でした。 俳句・短歌 ブログランキングへ 04月07日 20時00分
  • 葉桜
    葉桜の先近づいてくる未来膨らんだ桜の蕾にわくわくしたことも満開の桜に気持ちが溢れたことも今は何故か葉桜が好き。 俳句・短歌 ブログランキングへ 04月06日 20時00分
  • 春愁
    打て走れ春愁空に解き放て一挙手一投足を声の限りにひたすら応援。知らず知らずにこちらの心も浮いてくる。 俳句・短歌 ブログランキングへ 04月05日 20時00分
  • 桜散る
    桜散る悲喜こもごもの知らせありあるがまま、淡々と。 04月04日 20時00分
  • 桜えび
    飯粒をほんのり染めて桜えび桜えびと油揚げの炊き込みご飯。ご飯もほんのり桜色。 04月03日 20時00分
  • 春日傘
    色々を隠しておこう春日傘そろそろと日焼けの気になる季節。玄関に日傘を出しました。春愁...春特有のざわざわ感も隠してくれるかな。 04月02日 20時00分
  • 四月馬鹿
    四月馬鹿鏡よ鏡問うてみる今日はエイプリルフール。「鏡よ鏡、世界で一番美しいのはだあれ」洗面台の鏡の前で馬鹿なことをやってみる。鏡は何と答えるだろう。 俳句・短歌 ブログランキングへ 04月01日 20時00分