意志による楽観主義のための読書日記

登録ID
1450925
サイト名称
意志による楽観主義のための読書日記
URL
http://blog.goo.ne.jp/tetsu814-august
紹介文
面白きこともなき世を面白くするのは楽観力 楽観は意志により力を得る、それを支えるのが良い本
カテゴリ
  • 本・書籍 (10%) - 28 / 350人中
  • 読書日記 (90%) - 12 / 185人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • 秋霧の街 柴田哲孝 ***
    最後まで読んで、著者が「下山事件 最後の証言」の著者であることを知った。感想をまとめておくには余計な情報とも言えなくはないが、それでも私にとっては該書は印象に残る一冊だったのである。下山事件に関しては、40年も前の学生時代に読んだ松本清張の…06月21日 15時12分
  • KAMIKAKUSHI 神隠し 長野慶太 ****
    よくできたミステリーだと思う。日本の大学を出てアメリカでMBA取得して、アメリカ在住でコンサルタント、そういう作者だから書けるアメリカの問題点。タイトルからして日本舞台の小説だと思ったら、主人公はアメリカ人ジャーナリストのグレッグ、舞台はL…06月15日 09時34分
  • 神歌 山下卓 ***
    野際昭輔はグローバル企業でグローバルリスクを対象とする保険会社PDSに勤める。以前は海外での傭兵経験もある。一線の現場から身を引く時期ではないかと会社のCEOや日本支社長の山崎からアドバイスされるが、まだ現場に未練はある。3か月の休暇をもら…05月29日 05時07分
  • B面昭和史 半藤一利 ****
    A面とは政治経済外交軍事、B面は庶民の生活を記述。通常の歴史書ではA面中心の記述で、昭和史に関して言うと、「なぜ無謀な戦争に突入してしまったのか、人々は反対しなかったのか、どう思っていたのか」などという疑問を持つ。親や祖父母の世代が戦争を経…05月08日 06時28分
  • 沈黙のレシピエント 渥美饒児 ***
    退職目前の叩き上げ刑事武藤、妻に先立たれ独身だが、刑事としてはそのほうが無心に働けると自己満足している。指定暴力団の桑原を暴力団組織内での通報協力者として使いながら、桑原が組織内で窮地に陥ったときには体を張って救う、これが物語の終盤で生きて…05月01日 07時23分