酒と出会いとお寺とお宮

登録ID
1469629
サイト名称
酒と出会いとお寺とお宮
URL
http://mahorobasake.blog.fc2.com/
紹介文
飲んだ日本酒と寺社巡りの記録です。 酒蔵を訪ねたりイベントに出かけてはいろんな日本酒を楽しんでいます。
カテゴリ
  • 日本酒 (100%) - 20 / 131人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • 浅野日本酒店 kyoto
    京都市南区の「浅野日本酒店 kyoto」へ、行ってきました。2016年7月にイオンモールkyoto 1Fにオープンしたスタンディングバー併設の純米酒専門の日本酒店です。京都の酒を中心に全国の純米酒が並べられています。スタンディングバーでは冷…08月19日 12時00分
  • 出雲大神宮(いずもだいじんぐう) その4
    京都府亀岡市の出雲大神宮の続きです。御神体山の参道をまっすぐ下ると、笑殿社(わらへどのしゃ)があります。笑殿社です。事代主命(ことしろぬしのみこと)・少那毘古名命(すくなひこなのみこと)をまつっています。笑殿社からさらに下ると蔵(宝物庫)が…08月18日 12時00分
  • 出雲大神宮(いずもだいじんぐう) その3
    京都府亀岡市の出雲大神宮の続きです。春日社に向かって右手に鳥居があり、稲荷社への参道が続きます。稲荷社です。稲荷社に向かって左手奥にある「御蔭の滝(みかげのたき)」です。龍神乃神をまつる滝とされています。稲荷社の手前の鳥居から右手にある石段…08月17日 12時00分
  • 出雲大神宮(いずもだいじんぐう) その2
    京都府亀岡市の出雲大神宮の続きです。中門に向かって左手にある神饌所です。神に供えられる食事を支度する社殿です。拝殿に向かって左手にあるオガタマノキです。オガタマとは招霊の意味があり神事に用いられるそうです。2010年まで樹齢1500年以上と…08月16日 12時00分
  • 出雲大神宮(いずもだいじんぐう) その1
    京都府亀岡市の出雲大神宮へ、行ってきました。創建の年代は不詳ですが、古くから御蔭山を神体としてまつられていたと考えられています。社伝では709年に社殿が建てられたとされています。丹波国風土記に出雲大社(島根県出雲市)へ分霊したと記述があるこ…08月15日 12時00分
  • 愛宕(あたご)神社 後編
    京都府亀岡市の愛宕神社の続きです。本殿に向かって左手、一段下がった場所にある天満宮社です。天満宮社に向かって左手、一段下がった場所には滝のようなものも。滝から、さらに進むと鳥居があり2社が見えます。鳥居の正面にある稲荷社です。宇都宮大明神・…08月14日 12時00分
  • 愛宕(あたご)神社 前編
    京都府亀岡市の愛宕神社へ、行ってきました。創建の詳細は不明ですが、社伝によると507年に社殿が建てられ創祀されたとなっています。平安時代に編纂された延喜式神名帳には阿多古神社と記載されています。天武天皇の頃に分霊が京都の鷹峰(京都市北区)に…08月13日 12時00分
  • 丹波七福神めぐり その7 東光寺(とうこうじ)
    京都府亀岡市の「丹波七福神めぐり」の続きです。第6番の極楽寺(ごくらくじ)からレンタサイクルで約5分(徒歩約8分)で第7番東光寺に着きます。仁和年間(885〜889年)に園城寺(三井寺、滋賀県大津市)の開基で延暦寺の第5世天台座主の円珍(智…08月12日 12時00分
  • 丹波七福神めぐり その6 極楽寺(ごくらくじ)
    京都府亀岡市の「丹波七福神めぐり」の続きです。第5番の耕雲寺(こううんじ)からレンタサイクルで約7分(徒歩約10分)で第6番極楽寺に着きます。創建は164620年頃と伝わっています。山門です。山門を入ると左手に参道が続き本堂があります。本堂…08月11日 12時00分
  • 丹波七福神めぐり その5 耕雲寺(こううんじ)
    京都府亀岡市の「丹波七福神めぐり」の続きです。第4番の金光寺(こんこうじ)からレンタサイクルで約10分で第5番耕雲寺に着きます。徒歩の場合は、金光寺から山麓を抜ける道があり、5分ほどで耕雲寺に着くことができます。創建は1620年頃と伝わって…08月10日 12時00分
  • 丹波七福神めぐり その4 金光寺(こんこうじ)
    京都府亀岡市の「丹波七福神めぐり」の続きです。第3番の蔵宝寺(ぞうほうじ)からレンタサイクルで約10分(徒歩約15分)で第4番金光寺に着きます。1654年に文覚上人によって創建されたと伝えられています。山門です。山門を入って左手にある梵鐘堂…08月09日 12時00分
  • 丹波七福神めぐり その3 蔵宝寺(ぞうほうじ)
    京都府亀岡市の「丹波七福神めぐり」の続きです。第2番の養仙寺(ようせんじ)からレンタサイクルで約10分(徒歩約15分)で第3番蔵宝寺に着きます。創建の詳細は不明ですが、1616年に妙心寺長興院(京都市右京区)の僧・南渓が開山し再建したと伝え…08月08日 12時00分
  • 丹波七福神めぐり その2 養仙寺(ようせんじ)
    京都府亀岡市の「丹波七福神めぐり」の続きです。第1番の神応寺(じんおうじ)からレンタサイクルで約3分(徒歩約7分)で第2番養仙寺に着きます。山門です。養仙寺は寛正年間(1460〜1466年)に創建したと伝えられています。山門脇で七福神の1つ…08月07日 12時00分
  • 丹波七福神めぐり その1 神応寺(じんおうじ)
    京都府亀岡市の「丹波七福神めぐり」へ、行ってきました。丹波七福神めぐりは、JR亀岡駅の北にある7つの寺院を巡るコースですが、南の第1番神応寺から北の第7番東光寺まで約5?の道のりで、日本で一番早く巡れる七福神めぐりともいわれています。写真は…08月06日 12時00分
  • 酒蔵訪問 丹山(たんざん)酒造
    京都府亀岡市の丹山酒造へ、行ってきました。1882年創業で、代表銘柄は「丹山(たんざん)」・「渚(なぎさ)」です。蔵です。一般による蔵内部の見学はできませんが、事前に予約すると蔵の入口でDVDによる説明を見ながらの試飲は可能です。ショップの…08月05日 12時00分
  • 酒蔵訪問 関(せき)酒造
    京都府亀岡市の関酒造へ、行ってきました。1875年創業で、代表銘柄は「この花桜(このはなざくら)」です。関家は亀岡に35町(35ヘクタール)もの田畑を持つ豪農で、江戸時代末期頃から副業として酒造りを始めたとも伝わっています。創業については、…08月04日 12時00分
  • 平成29年度 松尾(まつのう)大社 醸造文化顕彰会総会 その3
    京都市西京区の松尾大社で開催された「平成29年度 松尾大社 醸造文化顕彰会(醸の会(じょうのかい)総会」の続きです。津軽三味線DUO はたこうじ&itaruさんも演奏の合間に乾杯!奉賛品の酒、 宮城県加美郡加美町の田中酒造店。「真鶴(まなつ…08月03日 12時00分
  • 平成29年度 松尾(まつのう)大社 醸造文化顕彰会総会 その2
    京都市西京区の松尾大社で開催された「平成29年度 松尾大社 醸造文化顕彰会(醸の会(じょうのかい)総会」の続きです。毎回、約1時間の講演があります。今回は、国際日本文化研究センターの小松和彦所長による講演です。小松和彦所長です。「酒と妖怪」…08月02日 12時00分
  • 平成29年度 松尾(まつのう)大社 醸造文化顕彰会総会 その1
    京都市西京区の松尾大社で、「平成29年度 松尾大社 醸造文化顕彰会(醸の会(じょうのかい)総会」が開催され、行ってきました。松尾大社醸造文化顕彰会は、2001年に松尾大社御鎮座1300年を記念して、醸造文化の研鑚・交流・発展などに努めること…08月01日 12時00分
  • つるやパン
    滋賀県長浜市の「つるやパン」へ、行ってきました。1951年創業の「つるやパン木ノ本本店」です。滋賀県では知らない人はいないとも言われている有名なパン屋さんです。JR木ノ本駅から徒歩約7分、「七本鎗(しちほんやり)」を醸す冨田酒造の2軒隣にあ…07月31日 12時00分
  • 酒蔵訪問 山路(やまじ)酒造
    滋賀県長浜市の山路酒造へ、行ってきました。1532年創業で、代表銘柄は「北国街道(ほっこくかいどう)」です。女将の話では、全国で5番目に古い酒蔵だそうです。横から見た蔵です。残念ながら、一般の蔵見学は行っていません。販売所を兼ねた建物です。…07月30日 12時00分
  • 木之本地蔵院(きのもとじぞういん) その3
    滋賀県長浜市の木ノ本地蔵院の続きです。参道の左手、手水舎の隣にある毘沙門天堂です。毘沙門天堂に向かって右手奥に秋葉堂の拝所があります。秋葉堂拝所奥にある秋葉堂です。参道の右手にある金比羅大権現堂です。金比羅大権現堂に向かって左隣にある鎮守五…07月29日 12時00分
  • 木之本地蔵院(きのもとじぞういん) その2
    滋賀県長浜市の木之本地蔵院のつづきです書院玄関です。1878年の明治天皇北陸行幸の際に宿泊されています。書院にある玉座の間です。玉座の間に向かって右隣には阿弥陀如来像がまつられている仏間もあります。書院の北側は庭園になっています。庭園です。…07月28日 12時00分
  • 木之本地蔵院(きのもとじぞういん) その1
    兵庫県長浜市の木之本地蔵院へ、行ってきました。675年に薬師寺(奈良市)の僧・祚蓮(それん)が大阪の難波の浦に流れ着いた地蔵尊を安置する場所を探していたところ、休憩をするため降ろした柳の木の下から動かなくなったため伽藍を建ててまつったといわ…07月27日 12時00分
  • 酒蔵訪問 冨田(とみた)酒造
    44滋賀県長浜市の冨田酒造へ、行ってきました。1533年に当地に移り住み造り酒屋を営む傍ら庄屋をつとめたと伝わり、代表銘柄は「七本鎗(しちほんやり)」です。母屋は1744年建築で、明治天皇北陸巡幸の際に、岩倉具視(いわくらともみ)が宿泊して…07月26日 12時00分
  • 長浜浪漫ビール(ながはまろまんびーる)
    滋賀県長浜市の長浜浪漫ビールへ、行ってきました。1995年にクラフトビールの製造会社として創業しています。江戸時代の米蔵を改造しブルワリーとレストランを造っています。煮沸釜です。2階に発酵タンクや貯蔵タンクがあります。1階奥にはポットスチル…07月25日 12時00分
  • 大通寺(だいつうじ) その4
    滋賀県長浜市の大通寺の続きです。含山軒(がんざんけん)の西隣にある蘭亭(らんてい)一の間です。1755年建築で重要文化財です。建物の名称に由来する円山応挙による「蘭亭曲水の図」が描かれています。床柱側面には透かし彫りの彫刻がはめられています…07月24日 12時00分
  • 大通寺(だいつうじ) その3
    滋賀県長浜市の大通寺の続きです。新御座の西側には、鶴の間・枯木の間・雀の間・山水の間・蘇鉄の間とよばれる鞘の間(さやのま、細長い部屋)があります。雀の間の襖絵です。それぞれの間には、その名称のもとになった襖絵が描かれています。枯木の間の襖絵…07月23日 12時00分
  • 大通寺(だいつうじ) その2
    滋賀県長浜市の大通寺の続きです。玄関脇に吊られている梵鐘で、1363年作です。大広間です。本堂と同じく伏見城の遺構で、東本願寺から移築したものです。江戸時代初期の建築で重要文化財です。写真左から、附書院(つけしょいん)・違棚(ちがいだな)・…07月22日 12時00分
  • 大通寺(だいつうじ) その1
    滋賀県長浜市の大通寺へ、行ってきました。天正時代(1573〜1592年)に長浜の町中に寄合道場を設けたのが始まりとされ、1602年に教如(きょうにょ)を開基として長浜城跡に創建、1652年に現在地に移転しています。正式名称は真宗大谷派長浜別…07月21日 12時00分
  • 佐藤(さとう)酒造(廃業蔵)
    滋賀県長浜市の旧佐藤酒造へ、行ってきました。明治中期創業で、代表銘柄は「湖濱(こはま)」でした。1973年に長浜管内の8酒造会社が協業化して滋賀第一酒造協同組合として生まれ変わりますが、2011年2月に廃業(解散)しています。反対側からの様…07月20日 12時00分
  • 舎那院(しゃないん)
    滋賀県長浜市の舎那院へ、行ってきました。814年に空海(弘法大師)を開基として創建し、当初は新放生寺という寺号だったと伝えられています。1069年に後三条天皇より将軍山の勅号を賜り、長浜八幡宮の神宮寺として繁栄しますが、織田信長の兵火で焼失…07月19日 12時00分
  • 長浜(ながはま)八幡宮 その3
    滋賀県長浜市の長浜八幡宮の続きです。本殿に向かって左手にある都久夫須麻神社(つくぶすまじんじゃ)です。都久夫須麻神社です。琵琶湖北部に浮かぶ竹生島(滋賀県長浜市)にも同じ名前の神社があります。(竹生島神社ともいわれています)都久夫須麻神社に…07月18日 12時00分
  • 長浜(ながはま)八幡宮 その2
    滋賀県長浜市の長浜八幡宮の続きです。南の鳥居を入って正面にある拝殿です。拝殿の後方にある本殿拝所です。本殿は八幡宮では珍し、伊勢神宮と同じ神明造りになっています。祭神は足仲彦尊(たらしなかつひこのみこと=仲哀天皇)、誉田別尊(ほんだわけのみ…07月17日 12時00分
  • 長浜(ながはま)八幡宮 その1
    滋賀県長浜市の長浜八幡宮へ、行ってきました。1609年に後三条天皇の勅願を受け、源義家が石清水八幡宮(京都府八幡市)を勧請して創建したものと伝えられています。写真は西の鳥居です。西の鳥居からは石燈籠のある参道が続きます。参道の途中左手にある…07月16日 12時00分
  • サッポロ生ビール黒ラベル《パーフェクトデイズ2017》京都
    京都市下京区の京都駅構内北東交番横スペースで「サッポロ生ビール黒ラベル《パーフェクトデイズ2017》京都」が開催され、行ってきました。パーフェクト黒ラベルを楽しめる体験型スタンディングバーで、2017年6月下旬〜7月上旬に全国8都市で開催さ…07月15日 12時00分
  • 八重垣倶楽部 八重垣(やえがき)を楽しむ会
    大阪市北区の「創作和食ダイニング もぐら」で「八重垣倶楽部 八重垣を楽しむ会」が開催され、行ってきました。八重垣倶楽部は、兵庫県姫路市のヤヱガキ酒造のメンバー倶楽部です。(入会金・会費無料)定期的に「八重垣を楽しむ会」が行われています。ヤヱ…07月14日 12時00分
  • 灘三郷酒蔵巡り その16 櫻正宗(さくらまさむね)記念館 櫻宴編(2)〜濱田屋(…
    神戸市灘区から東灘区にある灘三郷酒蔵巡りの続きです。櫻正宗記念館 櫻宴2階にある呑処「三杯屋」です。夕方5時から酒と肴を楽しむことができます。呑処「三杯屋」の様子です。カウンター席のみです。酒は1日3杯までです。25種類の酒が用意されていて…07月13日 12時00分
  • 灘三郷酒蔵巡り その16 櫻正宗(さくらまさむね)記念館 櫻宴編(1)
    神戸市灘区から東灘区にある灘三郷酒蔵巡りの続きです。櫻正宗記念館 櫻宴(さくらえん)入口の長屋門です。1995年の阪神淡路大震災で1792年建築の内蔵が倒壊しましたが、長屋門は倒壊を免れています。長屋門から道を挟んで正面にある櫻正宗 櫻喜蔵…07月12日 12時00分
  • 灘三郷酒蔵巡り その15 小山本家(こやまほんけ)酒造灘浜福鶴蔵編(3)
    神戸市灘区から東灘区にある灘三郷酒蔵巡りの続きです。浜福鶴吟醸工房1階部分にはショップが併設されています。限定酒の試飲も可能です。「限定 浜福鶴 仕込参號 純米吟醸 生原酒」<データー>純米吟醸生原酒、山田錦、精米歩合60%、アルコール分1…07月11日 12時00分
  • 灘三郷酒蔵巡り その14 小山本家(こやまほんけ)酒造灘浜福鶴蔵編
    神戸市灘区から東灘区にある灘三郷酒蔵巡りの続きです。浜福鶴吟醸工房では酒造りのすべての工程がガラス越しに見ることができるようになっています。まず初めに酒造りの工程を描いたパネルやビデオがあります。10人以上で予約すると案内をしていただくこと…07月10日 12時00分
  • 灘三郷酒蔵巡り その13 剣菱(けんびし)酒造魚崎蔵〜小山本家(こやまほんけ)酒…
    神戸市灘区から東灘区にある灘三郷酒蔵巡りの続きです。菊正宗酒造記念館の東にある住吉川を渡るとすぐに剣菱酒造魚崎蔵に着きます。剣菱酒造は本社や内蔵が東灘区御影本町にあるため灘三郷・御影郷ですが、魚崎蔵の場所は東灘区魚崎南町なので、灘三郷・魚崎…07月09日 12時00分
  • 灘三郷酒蔵巡り その12 菊正宗(きくまさむね)酒造記念館編(2)
    神戸市灘区から東灘区にある灘三郷酒蔵巡りの続きです。菊正宗酒造記念館では、重要有形民俗文化財に指定された酒造資料などが570点近く展示されています。写真は、杜氏や蔵人の生活する会所場(かいしょば)を再現したものです。麹室(こうじむろ)の様子…07月08日 12時00分
  • 灘三郷酒蔵巡り その11 菊正宗(きくまさむね)酒造記念館(1)
    神戸市灘区から東灘区にある灘三郷酒蔵巡りの続きです。白鶴(はくつる)酒造資料館から徒歩約7分で菊正宗酒造嘉宝蔵が見えてきます。一般の蔵見学は行われていませんが、毎年1〜2月に蔵開きが開催され、蔵見学が行われています。菊正宗酒造記念館参考室で…07月07日 12時00分
  • 灘三郷酒蔵巡り その10 白鶴酒造資料館(2)
    神戸市灘区から東灘区にある灘三郷酒蔵巡りの続きです。白鶴資料館にはショップがあり、試飲ができる「きき酒コーナー」もあります。まずは、白鶴酒資料館限定品。(ネットショップで購入可能)「白鶴(はくつる)蔵酒(くらざけ)」<データー>特別純米原酒…07月06日 12時00分
  • 灘三郷酒蔵巡り その9 白鶴酒造資料館(1)
    神戸市灘区から東灘区にある灘三郷酒蔵巡りの続きです。白鶴酒造記念館です。元は本店壱号蔵でした。大正初期建築で1969年まで醸造をしていた蔵を整備して1982年に開館しています。1995年の阪神淡路大震災で被災しましたが、1997年に復興開館…07月05日 12時00分
  • 灘三郷酒蔵巡り その8 旧泉勇之介(いずみゆうのすけ)商店〜白鶴(はくつる)酒造
    神戸市灘区から東灘区にある灘三郷酒蔵巡りの続きです。泉酒造から東へ徒歩1分ほどで石屋川に着きます。写真右のビルの奥、戸建て住宅の建っている場所には、阪神淡路大震災で唯一残った木造酒蔵がありました。在りし日の木造酒蔵、泉勇之介商店です。188…07月04日 12時00分
  • 灘三郷酒蔵巡り その7 泉(いずみ)酒造編
    神戸市灘区から東灘区にある灘三郷酒蔵巡りの続きです。神戸酒心館から東へ徒歩2分ほどで、灘三郷の御影郷にある泉酒造に着きます。表札の上には杉玉が吊るされています。1756年に兵庫。・有馬郡道場村で創業、3代目泉仙介の時に現在地に移転、1995…07月03日 12時00分
  • 灘三郷酒蔵巡り その6 神戸酒心館(こうべしゅしんかん)編
    神戸市灘区から東灘区にある灘三郷酒蔵巡りの続きです。灘三郷・御影郷(みかげごう)にある神戸酒心館入口の長屋門です。1751年創業で、代表銘柄は「福寿(ふくじゅ)」です。1995年の阪神淡路大震災までは福寿酒造でした。震災で全ての木造酒蔵が倒…07月02日 12時00分
  • 2017(H29)BY スタート
    2017(H29)BY、新年度の開始です。醸造業界・酒造業界では年度の区切り方は7/1〜翌6/30になっています。BYはBrewery Yearの略で、酒造年度や醸造年度といわれています。1964年までは10/1〜翌9/30でしたが、196…07月01日 07時00分