野菜を食べやさい

登録ID
1469805
サイト名称
野菜を食べやさい
URL
http://takitada.blog.fc2.com/
紹介文
無農薬、無耕起、無堆肥栽培を通じて 旬の野菜、食と健康、退職後の人生についてユーモアを交えて通信します
カテゴリ
  • 家庭菜園 (100%) - 7 / 400人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • 無耕起農法における播種と移植は簡単(農法 2017.4.27)
    我が菜園では無耕起・無畝立てによる無堆肥有機農法(ぐうたら農法)を実践しておりますが、今回は、播種や移植方法について紹介します。こちらの方も簡単で、まさに「ぐうたら農法」です(笑)。上の写真は万能クワと、それで掘った溝を踏みつけて整地した様…04月26日 22時44分
  • 無耕起栽培では「草を見ずして草を取る」(農法 2017.4.25)
    我が菜園では、無耕起による無堆肥有機農法を実践しておりますが、除草はどうしているのですかという質問がブログ仲間からありました。関連し、今回は、我が菜園における無耕起農法の除草について紹介します。一般に、耕起すると雑草が破壊され、菜園が綺麗に…04月25日 09時16分
  • たくましい菜園の花(菜園と人生 2017.4.23)
    我が菜園のあるつくば市も桜が終わり、これから本格的な春に向かいます。温かい日々が続いておりますが、そんななか菜園で咲いている野生の花を今回は紹介します。上と下の写真はそれらの花です。いずれも、家の庭で余り、菜園に捨てられ、菜園の隅でひっそり…04月23日 08時45分
  • 美味しいヨモギ餅(旬野菜料理 2017.4.21)
    家庭菜園では春は芽ものと言われます。一方、ヨモギが最近の気候で伸び始めました。そこで、美味しいヨモギ餅を作りましたので紹介します。上と下の写真は大きくなってきた菜園で自生しているヨモギです。これらを収穫し、あく抜き用にジュウソウを入れて茹で…04月21日 08時16分
  • 美味しいクコの葉ご飯(クコと健康 2017.4.19)
    クコの新芽が出てきた様子を前回紹介しました。今回は、その新芽(葉)を利用し、クコの葉ご飯を作りましたので紹介します。まず、上の写真は新芽の様子です。柔らかい葉が広がってきた感じで、今が旬と思われます。下の写真はクコの葉ご飯です。クコを塩味で…04月19日 08時16分
  • 春は芽もの(春の野菜 2017.4.17)
    早いもので、マダガスカルから帰国し、2週間が経過しました。この間、菜園の「ナバナ」など旬野菜を楽しんできましたが、今回は我が菜園の旬野菜(野草)について紹介します。家庭菜園では、春は芽ものと言われます。関連し、上の写真は自生のコゴミです。葉…04月17日 08時10分
  • 「若杉ばあちゃん」の長寿の秘訣(食と健康 2017.4.15)
    ブログ仲間が「野草の力をいただきます」 という記事を紹介していました。その記事では自給自足の生活をし、80歳を超えて元気な「若杉ばあちゃん」のことが紹介されておりました。その生き方が本にもなっているようですが、拙ブログの目標であります「自然…04月15日 06時52分
  • 無堆肥有機農法と土作り(4)生ゴミ利用(土作りと肥料 2017.4.13)
    私の土作り、最後は生ゴミ利用です。家庭から出る生ゴミは、タマゴの殻や魚や動物の骨を含み、優れた堆肥用素材として注目され、堆肥にして利用することが勧められています。しかし、生ゴミは水分を多く含み、それを利用した堆肥作りは一般の堆肥作りよりも難…04月13日 08時42分
  • 無堆肥有機農法と土作り(3)緑肥利用(土作り 2017.4.11)
    私の有機農法と土作り、今回は3回目として、緑肥利用について愚考します。欧州の畑作の土作りを見ますと、緑肥の利用が一般的で、堆肥利用は少ない感じです。緑肥については、窒素(N)固定をするマメ科の作物と、土壌改良効果の高いイネ科の作物が有名です…04月11日 11時23分
  • 無堆肥有機農法と土作り(2)有機物の表層施用(土作りと肥料 2017.4.9)
    私の有機農法と土作り、今回は2回目として、有機物の表層施用について愚考します。堆肥は、有機繊維に富み、土壌の団粒構造の発達を促し、その結果、空気層を形成し、適度な水分保持を可能にし、かつ、堆肥に含まれている腐植は肥料保持能力があり、肥沃な土…04月09日 07時23分
  • 無堆肥有機農法と土作り(1)微生物利用(土作りと肥料 2017.4.7)
    前回、これからは、西村和雄先生(2001)提唱の「ぐうたら農法」(無堆肥有機農法)を実践し、極めていきたいと決意を述べました。そして、その基本となる有機農法のポイントは土作りですが、関連し、私の無堆肥有機農法の土作りを4回に分けて紹介し、有…04月07日 10時08分
  • 無堆肥有機農法をめざして(菜園と人生 2017.4.5)
    先日は、帰国の挨拶に関し、温かいコメントをいただきました。ありがとうございました。たいへん励みになりました。さて、日本に帰りました。これからは、目標とする無堆肥有機農法(ぐうたら農法)を極めるため、さらに実践し、その方法や結果を拙ブログでは…04月05日 14時26分
  • まだ肌寒い早春、日本に帰りました(ごあいさつ 2017.4.3)
    先日は、拙ブログのマダガスカルからの帰国あいさつに関し、多数のコメントをいただきましたこと、まずお礼申し上げます。普段は各コメントに個別に挨拶する予定でしたが、帰国途中だったこともあり、できなかったことお許しください。そして、私ことですが、…04月03日 17時11分
  • 楽しかったマダガスカル、日本へ帰ります(ごあいさつ 2017.3.30)
    マダガスカルに来て、2年の任期が終わりました。明日(3月31日)、ケニヤのナイロビ経由で日本に帰ることになりました。日本への到着は4月2日の朝ですが、無事、終わったことに感謝し、ひとことご挨拶申し上げます。まず、仕事ですが、アフリカは援助の…03月29日 23時50分
  • 緑トカゲくんが助けるコマツナ無農薬栽培(マダガスカルとアフリカ 2017.3.2…
    私ことですが、マダガスカルの生活も終わりが近づいてきました。関連し、今回はお世話になった緑トカゲくん(ヒルヤモリくん)の天敵効果について、コマツナ栽培の例で紹介します。まず、上の写真はコマツナのプランタ栽培の収穫物です。葉の裏側が見えていま…03月28日 00時17分
  • 最後に繊維を食べると[うんせいが良くなる(食と健康 2017.3.26)
    俺は「うんせい」など信じない、と言う方も居られるます。しかし、拙ブログの「うんせい」は「ウン性」(ウンコの性質)ですので誤解のないようお願いします。「うんせい」の記事を出したところ、「運勢」ブログ関係者の訪問があったことがありましたが、失礼…03月26日 02時20分
  • 菜園のイチゴは洗わずに食べることができる(病害虫対策 2017.3.24)
    菜園のイチゴの花の蕾が見えてくる頃かと思います。関連し、今回は、菜園のイチゴは無農薬で作れること、洗わずに食べることができることについて愚考します。まず、「ハウスイチゴは危険、「イチゴ、洗わずに食べると人体に危険!銅剤含有の農薬を大量使用、…03月23日 23時50分
  • 遼東の豚(いのこ)(中国名言故事と家庭菜園 2017.3.22)
    中国名言故事と家庭菜園、今回は、第19話として、「遼東の豚(いのこ)」について愚考します。中国の遼東の豚は黒い豚ばかりであったが、あるとき白い豚が生まれた。珍しいと思い、その豚を高く売ろうと隣の町の市場に持って行ったところ、そこには白い豚が…03月21日 23時43分
  • やはり「野菜を食べやさい」(食と健康 2017.3.20)
    「日本人の野菜不足、危機的状況で健康を脅かすレベルに…がんや糖尿病に直結」 という記事が阿修羅掲示板に紹介されていました。拙ブログの主題と密接に関係する記事ですので紹介します。まず、内容の一部分を引用しますと次のとおりです。厚生労働省は、健…03月19日 23時55分
  • アフリカの土を化学肥料で悪くした植民地農業(マダガスカルとアフリカ 2017.3…
    白人が植民地農業で化学肥料を使いアフリカの土を悪くした、と言われておりますが、このことは本当です。畑に有機肥料を使わなかったため、土は酸性化し、硬くなり、作物の育たない土地が増えました。このため、マダガスカルでも知識人の多くは、化学肥料使用…03月17日 23時47分
  • 無耕起と無堆肥の組合せでも野菜は育つのか(農法 2017.3.16)
    私の農法は、無農薬、無耕起、無堆肥を中心とする無堆肥有機農法(ぐうたら農法)ですが、無耕起で無堆肥の硬い土でも野菜は育つのですか、と質問を受けたりします。関連し、今回は、無耕起と無堆肥の組合せについて愚考します。まず、無耕起と無堆肥の関係で…03月16日 00時12分
  • プランタ植え豆苗は5度収穫できる(プランタ栽培 2017.3.14)
    「豆苗のプランタ栽培」については以前に紹介しました。今回は、その豆苗は5回以上収穫できることについて紹介します。上の写真は3回目の収穫時期の様子で、すでに、2回の収穫が終わり、その株の脇芽が伸びてきています。なお、追肥として、生ゴミから作っ…03月13日 23時54分
  • 「墓なし坊主なし弔い」愚考(日本人のルーツ 2017.3.12)
    「墓なし・坊主なし」の弔いをやってわかったこと という記事がダイヤモンドオンラインに出ておりました。前回(2日前)の記事に通じるところがありますので、続編として紹介し、「墓なし坊主なし弔い」について愚考します。まず、その記事の一部(末尾)を…03月12日 00時36分
  • 北海道の葬式に見るアイヌ風習の影響(日本人のルーツ 2017.3.10)
    ブログ仲間が、「北海道の葬儀の様子」、を紹介し、「通夜」に「本葬」よりも人が集まることを指摘しておりました。私の経験ですが、日本の葬式では、夜に行われる「通夜」は身内や隣近所の人がとりあえず集まる儀式の感じかと思います。そして、次の日か数日…03月09日 23時35分
  • ガンとデンプンと野菜と脂質(食と健康 2017.3.8)
    「がんになりたいなら炭水化物」という記事が阿修羅掲示板に紹介されていました。私達高齢者の健康に参考になる記事ですので紹介させていただきます。まず、記事の一部を引用しますと次のとおりです。どのタイプの食物を過剰に食べると癌のリスクを高めるか?…03月08日 00時20分
  • ジョンレノンのLet it beに視る縄文思想(日本人のルーツ 2017.3.6…
    拙ブログでは、「ジョン・レノンの縄文思想」について、「イマジン」の詩を例に紹介したことがあります。一方、ブログ仲間が、ジョン・レノンの日本訪問記事「ジョン1971年羽黒洞」を紹介していました。この記事を見て、ジョン・レノンが日本文化に興味を…03月05日 23時53分
  • 高齢者と睡眠時間とダイズ(食と健康 2017.3.4)
    「7時間睡眠」がもっとも長生きできる理由」という記事がDOLに掲載されていました。前回の昼寝記事と関連し、私たち高齢者に重要な記事と思われますので紹介します。まず、記事の内容の一部を紹介しますと、次のとおりです。睡眠は脳のクリーニング・タイ…03月03日 23時56分
  • 昼寝とコーヒーは高齢者の脳を若がえらせる(マダガスカルとアフリカ 2107.3.…
    私は、今、マダガスカル高地というところで暮らしておりますが、昼寝を昼食後に30分ほどしています。関連し、「昼寝は健康を促進するが、どのくらい寝るのが最適なのだろうか?」という記事が阿修羅掲示板に紹介されていました。私達高齢者に重要と思われま…03月02日 00時20分