悟りの世界に遊ぶだけ〜(*^o^)乂( ̄ー ̄*)

登録ID
1470744
サイト名称
悟りの世界に遊ぶだけ〜(*^o^)乂( ̄ー ̄*)
URL
http://ameblo.jp/kidotomoaki/
紹介文
悟りを特別なものとして崇め、仰々しく語る時代は終わりました、、悟りをより身近に、ごくごく当たり前の自然なものとして生きる時代へ共に参りましょう!(*^^)v
カテゴリ
  • 哲学・思想 (100%) - 13 / 324人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • 禅〜探すべき場所に深まる
    というわけで、流れなので、今日は私のティーチャーの文章より、、 禅では、呼吸、姿勢、トイレの清掃の仕方、禅堂への出入りの作法、 ご飯茶碗の持ち方に多大な注意が払われます。 悟りを求めて張り切っている新参者の目には、 そうした平凡な物事の細部…11月25日 02時02分
  • 今ここを生きる、悟りを生きる
    さて、最近度々引用させて頂いている、鈴木俊隆禅師の逸話より、、 ある日、禅師と修行者たちが、作務 (さむ = 雑事) のための道具を持って、 暑く埃っぽい山道を登っていたそうです、、 山頂に着くと、彼らはシャベルを忘れて来たことに気づきまし…11月24日 03時48分
  • 禅の体感と心の安定
    「恐れ」 や 「都合」 といった、いわゆる、自己中心的なエネルギー、 あるいは、「個体性」 や 「個人の感覚」 などと言っても良いですが、、 それらを手放し、目の前の出会いの中、出来事の中に進んで入って行くこと、、 さらには、、過去の出来事…11月22日 04時38分
  • 「正しさ」と 「分かり得なさ」
    さて、昨日の補足、、 つまるところが、、矛盾のないように整合性を持たせようとするのが思考感覚の習性であり、 理屈にそぐわないことは 「認められない」 「受け入れらない」 「納得いかない」 となるのが常であると言って良いでしょう、、 けれども…11月21日 04時18分
  • 矛盾のない真実はない
    さて、久々に、先月購入した、 アメリカ禅の父、鈴木俊隆禅師の逸話を集めた、とある本より 禅師曰く、、「もし矛盾しないなら、それは真実ではない」 いいね!実にいい!! ←←←って偉そうね?(;'∀') さて、この逸話がトリガーとなって、私が禅…11月20日 04時07分
  • 個人の都合と非二元性
    さて、自我の習性についてひとつ、、 私がまま言うところの、自我性、、いわゆる 「恐れ」 のエネルギーに端を発した、 防衛と維持、所有のプログラムなんて言い方もできるかもしれませんが、、 このエネルギーは往々にして、「楽」 な方へ逃れようと画…11月19日 03時36分
  • 観照しよう、そうしよう
    思考を用いないと、 今日が何月何日か、、あるいは、自分が今どこにいるかということを、、 不意に忘れることがままあります、、 けれどもどういうわけだか、、このことだけは忘れませんね、、 今が 「今」 であるということ、、ここが 「ここ」 であ…11月17日 04時59分
  • 今居る場所以外に他ない
    さて、日々の生活は、恰好な禅の修行道場です、、 というのも、、この相対に 「見える」 世界にあって、 完全な覚醒が現れているときもあれば、しばしば 「個体性」 といったところの収縮や執着が、 「恐れ」 や 「都合」 などをトリガーに自然なダ…11月16日 04時37分
  • 分かり得ない安堵
    さて、前回登場した、「分かり得ない」 というキーワード、、 実際の所、この 「分かり得ない」 扉が開くとき、、そこに広がるのは、、安堵です、、 一方で、不思議に思うのも当然の反応でしょう、、 なんで分からないのに安心できるの?? 分かること…11月15日 04時38分
  • 「幸」と「不幸」を闘わせない
    こうしたスピリチュアルのジャンルの中には、、 不運なこと、不幸なこと、辛い経験、苦しみ、、 こうした出来事が起きた際など、、 無理くりに、、 良いことが起きた、自分はきっとツイてる、こういうときこそ感謝しよう、幸せだと思おう、良い気分でいよ…11月14日 04時33分
  • 気づきながら見てください
    ある日、ある時、ある場所で、、ある若者が迷っていたそうな、、 探しても見つからない、、答えって何なの、、真実ってどこにあるのーー!!!! その時、「在る」 老人がそこを通りかかった、、 ふむふむ、、君は、「何か」 をお探しのようだね、、( ̄…11月13日 04時41分
  • 瞑想〜「どこか」の放棄
    というわけで、 瞑想の流れなので、瞑想で、、笑 私たちの本質は、、瞑想の質そのものであって、私たちがそれ以外であることはできない以上、、 本質的なレベルでの、「瞑想をする」 ということはでき得ない、、といったところの大前提を踏まえつつ、、 …11月12日 03時36分
  • 正しい瞑想の認識
    というわけで、珍しく瞑想についてでも、、φ(.. ) かれこれ私も、、3〜4年ほどは瞑想を続けているわけですが、、 はじめの頃はあまり 「上手に」 瞑想ができませんでした、、Oo。。( ̄¬ ̄*) というより、どういう状態?が瞑想なのかよく分…11月10日 03時14分
  • 正しい自我との向き合い方
    というわけで、鈴木俊隆禅師の言葉で、、 思わず、、こう ( → ( *´艸`) )なってしまった言葉、、笑 道場のスケジュールが厳しい、大変だという修行者の一人に、、 鈴木禅師はこう言ったそうです、、 「あなたが疲れているときには、あなたの…11月08日 04時36分
  • 非二元性へのアクセスキー
    今居るその場所が、、人生の目的地です、、 目の前に居るその人が、、どんな現れ方をしていようと最愛の人です、、 往々にして思考は、「どこか」 や 「いつか」 を夢見る習性を用いて私たちを魅了して来ますが、、 これまで一度として、、「どこか」 …11月06日 04時15分
  • 悟りはここに無ければどこにもない
    鈴木俊隆禅師の逸話より、、 修行者が禅師に、自分が驚くべき広がりの中に溶解してしまった経験について、語りました。 禅師曰く、、「そう、それを悟りと呼ぶことはできるかもしれない」 そしてこう続けました、、「しかし、忘れてしまうに限る。ところで…11月04日 04時33分
  • 「救い」へのアクセスポイント
    自我 (恐れ) にとって不快に感じる出来事に遭遇した時、、 往々にして私たちは、、そこから離れよう、ここではないどこかへ逃げ込もう、、 あるいは、、そうした出来事から被った、体感的に 「負」 とされる感情や記憶のループに苛まれ続けると、、 …11月02日 04時08分
  • 今ここに居ない方法はない
    さて、先日ご紹介した、鈴木俊隆禅師の逸話より、、φ(.. ) 接心に初めて参加したある女性の話、、 ※接心とは、、一週間ほどの禅の合宿で寝ても覚めても坐禅に明け暮れる修行のこと、、 女性曰く、、 これは何かの間違いです!こんなことは続けられ…11月01日 04時21分
  • 感情も思考も誰のものでもない
    さて、思考については専門家ですが、、笑 感情については、、ま、それほどではありません、、笑 こちらはセラピストの皆さんの領域だとも思いますので、、m(__)m ま、とは言いつつ、、ちょっとだけ、、 沸き起こる思考や、執拗な感情、、これらを …10月31日 04時23分
  • 禅は、あなたの目の前にある
    ある禅師にこうした質問が投げかけられた、、 「老師は、禅はあらゆるところにあるとおっしゃいますが、 では、なぜ私たちは禅センターに来なくてはならないのですか?」 禅師曰く、、 「禅は、いたるところにある、、しかし、あなたにとっては禅は今ここ…10月30日 04時32分
  • 禅〜身体と共に目覚める
    さて、禅を学び始めた当初、、 身心一如 (しんしんいちにょ) ということを教わりました、、φ(.. ) これは、心も体も分けられない、「一つ」 であるということなわけですが、、 実際、、「心」 や 「体」 といったものは、便宜上の区分でしか…10月29日 04時15分
  • 不自由から逃げない自由
    ある特定の状況や人を前にしたりするとき、、 堅苦しかったり、ぎこちなかったり、ストレスやプレッシャーを感じる場面というのは、、 体感的には得も言われない、「不自由」 な感覚を感じるのが一般的です、、 けれども、この感覚が、、「自分」 にとっ…10月27日 04時00分
  • 覚醒とは、今ここに居ること
    どういうわけかのご縁で、、今更ながらルーシーって映画を見ましたよ、、 あんまり、あーいうアクション系は得意ではないのですが、、 どういうわけでしょう、、全く以て毎度、分かり得ませんね、、|д゚) 覚醒?がテーマになっているからか、、 上映当…10月25日 04時19分
  • 禅〜真実を生きる誓い
    私たちは、どこに居ても今ここに居る以上、、 あるいはまた、今ここ以外のどこにも居ることができない以上、、 何をしているときでも、、 どこに居るときでも、 誰と居る時でも、、 人生の目的地、ゴール地点は、今居るその場所であるということです、、…10月24日 04時18分
  • 空即是色の物語
    禅には、こういう言葉があります、、 私が道に入る前、川は川であり、山は山だった その道をさらに深く進むと、私は混乱してしまった 川はいまやもう川のようではなく 山ももう山のようではなかった 何もかもめちゃくちゃにひっくり返ってしまった それ…10月22日 05時00分
  • 色即是空の物語
    概念や定義、観念といった条件付けにハマらず、 ただ今ここに居ること、、 分かり得ないという空間から開かれる、まったくそのままの在り様を空 (くう) と言います、、 ですから、実際のところ、、 空 (くう) を探す必要もなければ、空 (くう)…10月20日 05時02分
  • 禅〜今をもてなす誓い
    さて、日々、、ZEN!ZEN!ZEN!ZEN!!とうるさいメッセンジャーですが、、(;'∀') 禅というものをブログで伝えるにあたり、 言葉を少しずつ変えながら取り組んではおりますが、、φ(.. ) そう言えばと、、何だかんだで、禅を知った…10月18日 04時12分
  • 禅〜真実との同調
    「どこか」 に辿り着かなければと急かされたり、焦りを感じたりするとき、、 「どこか」 に辿り着かない限り、人生の目的は成し遂げらないと途方に暮れるときなど、、 これは、意識を、「どこか」 に連れ出だし、 それに魅了されるがあまり、「どこか」…10月17日 04時35分
  • 分かり得ない空間に留まる力
    というわけで、思考は、物事が起きた後に、、 これはこういう (意味の、あるいは、価値の) 出来事だ、、 自分は今、そのような状況の中に居る、、という具合に、 すぐさま知識や常識、観念と言われるものを頼りに、 現象を枠にはめ、固定化し、その状…10月16日 03時24分
  • 「思い込む力」に「気づく力」
    思考、、 物事に意味や名前を付け、分割し、枠にはめ、固定化する、、 悟り系ではしばしば、、分離の道具と言われる働き、、 であると同時に、、思考には、、 その 「創作した分離の産物」 を私たちに 「信じ込ませる力」 があると言って良いでしょう…10月15日 04時50分
  • 「どこか」に行かなくても辿り着いている不思議
    「どこか」 にゴールがあるはずだ、、 「どこか」 に行けばきっと 「自分」 は辿り着けるはずだ、、 「私」 の目的地は、今のここではない 「どこか」 なんだ、、 といった具合に、、私たちは、今目の前には決してありはしない、「どこか」 を信じ…10月13日 04時28分
  • 無心にして大道に帰する
    たぶん、懐かしのOSHOおじさんだったと思いますが、、 思いがけず、こんな言葉を思い出したものです、、 「あなた」 が居ては、宇宙がその器の中に入れない 「あなた」 が不在のとき、宇宙がその器を満たす、、的な、、 少し前に書いた記事では、、…10月12日 03時52分
  • 「在る」とき「許し」は起きている
    自我は、「恐れ」 故の所有性のために、、 あらゆるものにしがみ付こうとするのがまさにそのプログラム上の性質であると言えるでしょう、、 一般的に 「負」 とされるものにまで、自らの防衛のためということで、 (以後、同じようなことが起きた時は真…10月10日 03時20分
  • どんなときも動かない質
    さて、寝起きに、思いっきり机の角っこにガコン!! なんともバースデイ前に、足の指を良い感じに腫らしております、、(T▽T;) 我が妹が先月、、足指の骨折で半月ほど仕事を休んだという話もあり、、 あるがままってやつは、、マジ許せん代物ですね!…10月09日 03時42分
  • 「自分」を手放して、真実を生きる
    さて、「禅」 というもののの印象が、いわゆる、禅仏教のような、 堅苦しくて、日々悟りのための修行に明け暮れる、どこか無機質なものだという印象はどうしてもぬぐえません、、 けれども、実際に、禅のエッセンスに触れ、それを衣として生きるという方向…10月08日 03時57分
  • 気づきと受容の物語
    「怒り」 に気づいているとき、あなたは 「怒り」 を見ている者です、、 「混乱」 に気づいているとき、あなたは 「混乱」 を見ている者です、、 「焦り」 に気づいているとき、あなたは 「焦り」 を見ている者です、、 「恐れ」 に気づいている…10月07日 01時09分
  • 明け渡しとは
    さて、エネルギー的な観点からすれば、 ある種、器 (うつわ) の中に、「都合」 や 「抵抗」 といったところの 「自分」 のエネルギーが満ちていると、、 まるで、流れの中にあって、川底に沈み込む石ころのように、見かけ上、頑として動かず、 一…10月06日 04時11分
  • 自己を忘れるとは
    道元禅師曰く、、 仏道を習うというは、自己を習うなり 自己を習うというは、自己を忘るるなり 自己を忘るるというは、万法に証せらるるなり さて、、貧しさや争い、混迷、混沌として先の見えない時代背景にあって、 仏道へと 「救い」 を求めて来た人…10月04日 04時11分
  • 分からないまま在ってみる
    なぜ、分からないのか、、あるいは、なぜ、分からなくなるのか、、 それは、どこかに答えがあるはずだ、、何らかの答えを自分は手にできるはずだ、、 といった具合に、、 それをつかもう、とらえよう、解明しようという思考が起きているからであるとも言え…10月03日 04時31分
  • 禅〜相対と絶対をつなぐ道
    ある日の夕暮れ、、一人の少年が、、 戸締り前のある教師のところへ駈け込んで来た、、 せ、せ、先生!!つ、つ、ついに!!悟りの経験をしました!!ヽ(*'0'*)ツ ・・・・・( ̄ー ̄) ほう、、そうですか、、 は、はい!!!ついに分かったんで…10月01日 05時37分