World of cap_hiro

登録ID
1472862
サイト名称
World of cap_hiro
URL
http://plaza.rakuten.co.jp/caphiro/
紹介文
パズル王免許皆伝 昔日のAMF Sea Masterです。
カテゴリ

※最新の記事

  • 「思考と直覚」人間の霊魂を思考/スピノザ91
    「思考と直覚」人間の霊魂を思考/スピノザ91 十七世紀にアイザック・ニュートンと微分法の第一発見者の立場を巡って争ったライプニッツですが、ニュートンが1687年に出版した「自然哲学の数学的諸原理」という...08月21日 07時18分
  • 「思考と直覚」人間の霊魂を思考/スピノザ90
    「思考と直覚」人間の霊魂を思考/スピノザ90 西欧の17世紀は教会権威と其れを背景として利用した国家権力が体制として確立していました。其のこと故に世俗に長(た)けたライプニッツの「なぜ世界が存在するの...08月20日 07時03分
  • 「思考と直覚」人間の霊魂を思考/スピノザ89
    「思考と直覚」人間の霊魂を思考/スピノザ89 アイザック・ニュートンの「林檎の落下(Fall of Newton's apple)」は、幼児でさえ絵本で一度はお目にかかる程、17世紀を代表した数学・物理学界における大科学者で...08月19日 06時46分
  • 「思考と直覚」人間の霊魂を思考/スピノザ88
    「思考と直覚」人間の霊魂を思考/スピノザ88 或る意味でライプニッツは政治や外交にも携わり、マインツ選帝侯やハノーヴァー選帝侯に仕えたが故の、自らの地位、スピノザようには社会的地位層を離脱してまでラ...08月18日 06時31分
  • 「思考と直覚」人間の霊魂を思考/スピノザ87
    「思考と直覚」人間の霊魂を思考/スピノザ87 所謂(いわゆる)宗教や哲学及び物理学上の神の能力については、人類史の至宝アインシュタインを持ち出すまでもなく、唯一の「有」、存在に変化変遷はあり得ない全...08月17日 07時21分
  • 「思考と直覚」人間の霊魂を思考/スピノザ86
    「思考と直覚」人間の霊魂を思考/スピノザ86 「ライプニッツは、何故に世界が存在するのか」という問いに対し「汎(あら)ゆることには原因があるとする「充足理由律」即ち、伝統的な論理学の根本原理の一つで...08月16日 06時53分
  • 「思考と直覚」人間の霊魂を思考/スピノザ85
    「思考と直覚」人間の霊魂を思考/スピノザ85 事物の根本的起原、世界の存在の根拠が別問題とすれば、自然学理論として現況の科学では応じ切れません。結局は、形而上の解読方法、「何事も十分な理由なしには起...08月15日 06時48分
  • 「思考と直覚」人間の霊魂を思考/スピノザ84
    「思考と直覚」人間の霊魂を思考/スピノザ84 ライプニッツは1697年の著作「事物の根本的起原」および1714年の著作「理性に基づく自然と恩寵の原理」では、存在の根拠を探る問題として「何故に何も無いのではな...08月14日 06時23分
  • 「思考と直覚」人間の霊魂を思考/スピノザ83
    「思考と直覚」人間の霊魂を思考/スピノザ83 「なぜ何かがあるのか」を問う問題、将又・屡々(はたまた・しばしば)、「なぜ何もないのではなく、何かがあるのか」と同時に扱われる関連した問い「何故に世界は...08月13日 07時38分
  • 「思考と直覚」人間の霊魂を思考/スピノザ82
    「思考と直覚」人間の霊魂を思考/スピノザ82 抑々が世界には始まりがあって終末に向かうとしたエントロピー理論に誤りがあるとすれば、ビッグバンのコア(Core)も唯一つではなく、幾つもの連鎖であり大宇宙の終...08月12日 06時20分
  • 「思考と直覚」人間の霊魂を思考/スピノザ81
    「思考と直覚」人間の霊魂を思考/スピノザ81 抑々(そもそも)の始まり、ビッグバンの核(Core)の銃き爪(ひきがね)となる未(いま)だ、言い換えれば今だに知り得ない、或いは永久に知らざれない「モノ」、其の人...08月11日 06時15分
  • 「思考と直覚」人間の霊魂を思考/スピノザ80
    「思考と直覚」人間の霊魂を思考/スピノザ80 ビッグバンが真空の量子揺らぎから発生したとしても「時間」は「現在的な時間は」其の中では全く異相のものであり、人間の観想的には空間の広がり、重力(量)子の海...08月10日 06時34分
  • 「思考と直覚」人間の霊魂を思考/スピノザ79
    「思考と直覚」人間の霊魂を思考/スピノザ79 最先端の物理学理論の「揺らぎ」なる量子力学の自然法則を「不条理」だと決めつけて「ハイデッガーの見えざる手」並びに「創造に関わる神格」を持ち出しても、量子...08月09日 06時17分
  • 「思考と直覚」人間の霊魂を思考/スピノザ78
    「思考と直覚」人間の霊魂を思考/スピノザ78 最先端の物理科学理論では、「物理学上の世界」をビッグバン(BigBang)を世の始まりとして定義します。ところが、此の説明では「何故に何も無かったのではなく、ビ...08月08日 06時45分
  • 「思考と直覚」人間の霊魂を思考/スピノザ77
    「思考と直覚」人間の霊魂を思考/スピノザ77 哲学であれ宗教であれ、将又、最先端科学であれ。「世界全体存在の中での無の存在を否定或いは肯定する若しくはしない」にしても「何かが在る」ことを否定すること...08月07日 06時53分
  • 「思考と直覚」人間の霊魂を思考/スピノザ76
    「思考と直覚」人間の霊魂を思考/スピノザ76 人間とは産まれ落ちた時点から胎児(Fetus)期の記憶からなのか、或る時期までは母親が全ての解答です。理性らしき知性を獲得する段階を踏むまでは、「何故」に回答...08月06日 06時21分
  • 「思考と直覚」人間の霊魂を思考/スピノザ75
    「思考と直覚」人間の霊魂を思考/スピノザ75 デカルトの懐疑主義ではないが、古来より哲学が抱える大きな課題、其れが人間の体験や経験の感性では捉えきれない形而上の問題です。「唯物論の初めに物ありき」や...08月05日 06時39分
  • 「思考と直覚」人間の霊魂を思考/スピノザ74
    「思考と直覚」人間の霊魂を思考/スピノザ74 紀元前の懐疑論者ピュロン以来の懐疑論者の頂点に立つのが「コギト・エルゴ・スム」の当事者デカルトです。世界環境を幻想其のものだとして捉え、自らの五感の感覚...08月04日 06時14分
  • 「思考と直覚」人間の霊魂を思考/スピノザ73
    「思考と直覚」人間の霊魂を思考/スピノザ73 アイネシデモスの懐疑論の10か条の懐疑の方式トロポイ(tropoi)の第六の感覚の媒体は人間の五官情報の受け止め方の個人による多様性を考慮すれば解ります。生理学的...08月03日 06時54分
  • 「思考と直覚」人間の霊魂を思考/スピノザ72
    「思考と直覚」人間の霊魂を思考/スピノザ72 アイネシデモスの打ち建てた10か条の懐疑の方式トロポイ(tropoi)は、第一に動物其々各種族の身体構造は何等(なんら)定型化されたものでもなく、時間の経過に置いて...08月02日 06時10分
  • 「思考と直覚」人間の霊魂を思考/スピノザ71
    「思考と直覚」人間の霊魂を思考/スピノザ71 17世紀には宗教改革によって教会の権威が地に堕ちた時期に、紀元前1世紀頃のギリシアの懐疑論者ピュロン、著作は残されていないが「ピュロン式議論」などが歴史資...08月01日 06時46分
  • 「思考と直覚」人間の霊魂を思考/スピノザ70
    「思考と直覚」人間の霊魂を思考/スピノザ70 人間誰しも或る時点で「なぜ何かがあるのか」「何故、世界は此のように成り立っているのか」は人類史の過去を問う経験的な問題ではなく、寧ろ(むしろ)、世界の成...07月31日 06時17分
  • 「思考と直覚」人間の霊魂を思考/スピノザ69
    「思考と直覚」人間の霊魂を思考/スピノザ69 「言(神のロゴス)は肉となった」というヨハネの証言を歴史的な真理と解するならば、処女のマリアが聖霊によって身籠(ごも)り、救い主イエスが生まれたとする処...07月30日 06時16分
  • 「思考と直覚」人間の霊魂を思考/スピノザ68
    「思考と直覚」人間の霊魂を思考/スピノザ68 スピノザの「神」存在を比較検討するには、新約聖書が最適でしょう。特にハネ福音書の初めに言葉があった。言葉は神と共にあった。言葉は神であった(ヨハネ1:1)...07月29日 07時33分
  • 「思考と直覚」人間の霊魂を思考/スピノザ67
    「思考と直覚」人間の霊魂を思考/スピノザ67 スピノザは自己の思考を沈思し、此れをを幾何学的論証によって証明したのは、多分に推理するに、一時期、生計のために当時の最新技術である顕微鏡や望遠鏡の「レン...07月28日 06時03分
  • 「思考と直覚」人間の霊魂を思考/スピノザ66
    「思考と直覚」人間の霊魂を思考/スピノザ66 スピノザの思考法の独自性は、自然を超越した存在者をも、一切合切、幾何学的論証によって証明しようとしたところにあります。彼の主著「エチカ」の原題は正式には...07月27日 06時54分
  • 「思考と直覚」人間の霊魂を思考/スピノザ65
    「思考と直覚」人間の霊魂を思考/スピノザ65 自然即ち「世界存在」を超越した存在者を一切認めないスピノザにとっては、スピノザの「神」は、ハイデッガーの「見えざる神」でもなく正教会の云う「見得る神」で...07月26日 06時27分
  • 「思考と直覚」人間の霊魂を思考/スピノザ64
    「思考と直覚」人間の霊魂を思考/スピノザ64 スピノザが頭に描(えが)く「神存在」は、普段、他存在に依存して生活する人間が頭に描く「神存在」とは「異質の神」と捉えられるかもしれません。世界自然を超越...07月25日 06時27分
  • 「思考と直覚」人間の霊魂を思考/スピノザ63
    「思考と直覚」人間の霊魂を思考/スピノザ63 歴史上最も過激な思想家とも呼称されるスピノザ。其れは聖書が神的起源をもつことを疑い、魂の不死を疑うことに起因します。当時の神学論争が喧(かまびすか)しい...07月24日 06時15分
  • 「思考と直覚」人間の霊魂を思考/スピノザ62
    「思考と直覚」人間の霊魂を思考/スピノザ62 スピノザとしては、イエスのキリストとしての復活の象現(しょうげん)は、誰彼無しに起こることではなく、人間其れ其れの要素や把握力に応じた出現であっただろう...07月23日 06時32分
  • 「思考と直覚」人間の霊魂を思考/スピノザ61
    「思考と直覚」人間の霊魂を思考/スピノザ61 スピノザは、キリスト教に関しては多くを述べないまでも、ナザレのイエスがキリストとして復活を具現化するのは、「鶏鳴二声の虚言」で有名な一番弟子ペテロを最後...07月22日 06時13分
  • 「思考と直覚」人間の霊魂を思考/スピノザ60
    「思考と直覚」人間の霊魂を思考/スピノザ60 スピノザが思考の基底に置く「神」存在は1930年代にナチスへ加担したことも度々重なり、論争を引き起こしているハイデッガーの影響が顕著ですが、スピノザの汎神論...07月21日 07時05分
  • 「思考と直覚」人間の霊魂を思考/スピノザ59
    「思考と直覚」人間の霊魂を思考/スピノザ59 スピノザの思考にある「理性」とは絶対存在である「神」の絶対意思・絶対意識を起点とした様態として延長的に持つものであり人間が発想・発現したものではありませ...07月20日 07時03分
  • 「思考と直覚」人間の霊魂を思考/スピノザ58
    「思考と直覚」人間の霊魂を思考/スピノザ58 スピノザの論によれば人間の生物としては獲得した稀なる「理性」は、其の深度・大いさには差はあれども個々其れ々の理性に対応して感情を支配・統御出来得る筈とス...07月18日 06時21分
  • 「思考と直覚」人間の霊魂を思考/スピノザ57
    「思考と直覚」人間の霊魂を思考/スピノザ57 世界内存在の物質の活動には自己の運動特性に内在した保存活動が含有されています。とはいえ、各々の個物が存在に固執する力は、神の性質の永遠なる必然性に由来し...07月17日 07時02分
  • 「思考と直覚」人間の霊魂を思考/スピノザ56
    「思考と直覚」人間の霊魂を思考/スピノザ56 我々人間の精神自体が個々夫々に深さは相違しても永遠の相の下に其れを捉え、身体を神の様態の延長として捉えるならば、導き出される結論は、自らが神の中にあり、...07月16日 06時57分
  • 「思考と直覚」人間の霊魂を思考/スピノザ55
    「思考と直覚」人間の霊魂を思考/スピノザ55 スピノザの存在意識においては、表象的な認識に捕らわれ依存した人間は、完成され付け加わるものがなにものもない、不充分性がないから、自らないから不足を補わな...07月15日 06時14分
  • 「思考と直覚」人間の霊魂を思考/スピノザ54
    「思考と直覚」人間の霊魂を思考/スピノザ54 スピノザの思考は、懐疑論から始まるデカルトとらしい人間は自己の自由意志によって感情を制御し得るとする主張とは異なり、人間の精神と肉体としての身体は分離さ...07月13日 06時23分
  • 「思考と直覚」人間の霊魂を思考/スピノザ53
    「思考と直覚」人間の霊魂を思考/スピノザ53 シッダールタの肉体から精神を昇華させ、其の精神から「我」を棄捨(きしゃ)する真意を当時の西洋の哲学思想家は、先ず、「自己」からの思考に起点を置くために理解...07月12日 08時28分
  • 「思考と直覚」人間の霊魂を思考/スピノザ52
    「思考と直覚」人間の霊魂を思考/スピノザ52 デカルトにしてもスピノザにしても、人間の精神状況の変化・変遷は、其の精神の在り処の肉身である身体の状況の変異に対応しており、精神が全く以って肉体から独立...07月11日 08時17分
  • 「思考と直覚」人間の霊魂を思考/スピノザ51
    「思考と直覚」人間の霊魂を思考/スピノザ51 デカルトはスピノザと同様に神を無限な実体「一としての有」として捉え、他者は在り得(う)可きも無い世界に、「空間」と「時間」線まで含有する特異性を賦与して...07月10日 07時45分
  • 「思考と直覚」人間の霊魂を思考/スピノザ50
    「思考と直覚」人間の霊魂を思考/スピノザ50 人倫を成立させる道理として、それを体得している精神を会得した人間の状態を「徳人と呼称しますが、徳篤き精神を会得した人間を哲学的には「徳人」とは呼びません...07月09日 06時42分
  • 「思考と直覚」人間の霊魂を思考/スピノザ49
    「思考と直覚」人間の霊魂を思考/スピノザ49 倫理学は道徳を定義なさしめ、道徳の「道(Tao)」は中国哲学上の人や物が通る可き「場」であり、宇宙自然の普遍的法則や根元的実在、道徳的な規範、美や真実の根元...07月08日 10時05分
  • 「思考と直覚」人間の霊魂を思考/スピノザ48
    「思考と直覚」人間の霊魂を思考/スピノザ48 人間の霊魂を思考するとはいっても「人間」其のものの言葉が曖昧であってはいけません。「ひと」は「人間という語彙の持つ真相」を理解しているのであろうか甚だ疑...07月05日 08時09分
  • 「思考と直覚」人間の霊魂を思考/スピノザ47
    「思考と直覚」人間の霊魂を思考/スピノザ47 「倫理」中でも形而上哲学で取り扱われる「倫理学」は実践哲学として「道徳」の定義に、些か(いささか)の異なった見解が現代にも持ち込まれていますが、第二の立...07月04日 06時21分
  • 「思考と直覚」人間の霊魂を思考/スピノザ46
    「思考と直覚」人間の霊魂を思考/スピノザ46 20世紀の戦後の日本の普通高校では、必ずと言っていい程、「倫理」という授業課目を設けていました。所謂、義務教育での「道徳」の授業の発展型だったとも云えま...07月03日 06時22分
  • 「思考と直覚」人間の霊魂を思考/スピノザ45
    「思考と直覚」人間の霊魂を思考/スピノザ45 スピノザの主著、倫理学の哲学的研究である「エチカ(倫理学)」では、単に、世間一般、若(も)しくは、宗教及び慣習的道徳をそのままに従容として受容するのではな...07月02日 06時16分
  • 「思考と直覚」人間の霊魂を思考/スピノザ44
    「思考と直覚」人間の霊魂を思考/スピノザ44 哲学上の思考論理として取り上げられ、人間の精神を表象するときに用いられ遡上するのが「概念」と「観念」です。此の「概念」と「観念」の区別を曖昧にしたまま、...07月01日 12時33分