cave syndrome

登録ID
1483178
サイト名称
cave syndrome
URL
http://www.noos.ne.jp/cavesyndrome/
紹介文
現代の科学・宗教・哲学、あらゆるジャンルを超える概念である新しい宇宙観「ヌーソロジー」について
カテゴリ
  • 哲学・思想 (70%) - 130 / 320人中
  • 自然科学 (30%) - 33 / 182人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • 「等化する」ということのイマージュ
    ヌーソロジーでは精神を「等化」の力として定義し、その形態を空間的には円、時間的には回転として見る。このとき、位相は無数の差異を意味している。差異の中で最大のものは普通「対立」と呼ばれるが、対立関係は円の直径部分に現れる。 […]11月22日 10時29分
  • 死にゆく天使たち
    「天使の顔は過去を向いている」と言ったのはベンヤミンだったか、それともクレーだったか。楽園から吹いてくる風はいつも逆風。その風は時を未来へと運ぶ。そのために天使は「今」に降りることができない。それゆえ、歴史はその都度この […]11月20日 10時02分
  • 2039年に確実化するものとは?
    「元素とはカタチの総体」というOCOT情報があります。ここでいう「カタチ」とは「見られるもの」としての形象ではなく、「見るもの」の形象の意です。見るものとは、ヌーソロジーの文脈では持続空間(精神)のことなので、必然的に元 […]11月15日 14時17分
  • ハレー彗星以前と以後の世界
    旧友であるトーラス氏が1980年代初期に描いていた自分の漫画の原稿をfacebookに投稿していた。たまたま、11月11日がOCOT記念日(1989年11月11日)ということもあって、個人史的には疾風怒涛の時代だった80 […]11月13日 12時05分
  • 「物質」が目の前にあるということ
    SU(2)からの時間と空間の発生は、ドゥルーズ風に言うなら、潜在的なものによる現働的なものの構成である。すなわち、生起?出来事?立ち現れ。現働的なもの(現在)は、そこですぐに潜在的なもの(過去)へと連続的に移動し、潜在的 […]11月10日 11時26分
  • フォニオの芽吹き
    言葉は存在の住処だと言うハイデガー。すごく抵抗がある。むしろ、言葉は仄暗い土の中で目覚めを待つ種子のようなものとして考えたい。そういうイメージの方がしっくりくる。 今は薄暗い所で活動しているが、言葉もやがて目を開き、 […]11月01日 09時41分
  • 『アメリカン・ホラー・ストーリー』のジェシカ・ラングが素晴らしい
    最近、アメドラの『アメリカン・ホラー・ヒストリー』にハマっていて、ジェシカ・ラングって若い頃はエロ女優だったよなっと思ってYOUTUBEを調べてみたら、ゲスな男の勘ぐりが、見事キングコングとなって映っていたというお話。10月30日 09時56分
  • 近未来神秘学のあけぼの?
    複素空間の描像の思考は、それそのもので、すでに主客非分離の思考になっていると考えています。 複素空間から時間と空間が構成されてくるとする物理学における理論的現実は、私たちの経験的認識を可能にする超越論的構成が複素空間 […]10月27日 09時45分
  • 記憶の場所の記憶??Dreams of Dalí: 360º Video
    量子空間とは記憶の場所の記憶だ。私たちは記憶を忘却しているのではなく、記憶の場所の記憶を忘却してしまっている。幅の勢力によって、今は廃墟と化してしまっている、この聖なる寺院の記憶を蘇らせること。そうすれば、失われた超古代 […]10月25日 10時38分
  • 宇宙的正気を取り戻すこと
    OCOT情報がなぜ素粒子を最重要視するかというと、それが根源的理念だからだ。彼はそれを「オリオンにおける七つの力」と呼んでいた。方向子、毎子、重子、調整子(漢字はすべて当て字)………etc。実に奇妙な名称だ。 彼のい […]10月23日 18時23分
  • 高次の現実??まずは、自分を形作っている回転マシーンの存在を知ること
    時間と空間が意識に生み出されている仕組みは、複素空間の組織化という観点から言うなら、極めて単純なものなんだよね。 その原因は、主体が自らの虚軸(奥行き)の位置を他者の奥行きに同調させているところにあるんだ。??あの人 […]10月18日 09時45分
  • Sculpture invisible??見えない彫刻
    マグリットと同じ問題意識を持って活動している最近のアーティストでは、彫刻家のアントニー・ゴームリーが面白い。身体が直観する空間の外と内。そこで交差する幾何学。。ヌーソロジーも見えない彫刻なんだけどね。 https://w […]10月11日 14時04分
  • 人間の条件(2)
    新刊『シュタイナー思想とヌーソロジー』。P.429で、ヌーソロジーの基本概念である「人間の内面と外面という空間概念」について説明しています。 この概念がよりイメージしやすくなるための参考記事を僕のブログ記事から引っ張 […]10月10日 10時17分
  • 新刊本の装丁の原画『cell-ignition』について
    今回の新刊本は、編集者の江口さん、共著者の福田さん、大野さんは言うまでもなく、表紙デザインの原画を快く提供してくれた、マシマ氏+アマミ氏たちと一緒に作ったグループ作品と言っていいと思います。 実は全員仲間なんだよね。 […]10月06日 11時02分
  • 「ある」と「いる」の世界から、「なる」の世界へ
    「ある」とは事物の世界。「いる」とは事物を対象として見ているものの世界。僕らは今、この「ある」と「いる」の世界の中で生きている。 「ある」は「いる」に感覚を与え、一方、「いる」は「ある」を思考する。感じることと考える […]10月02日 10時32分