cave syndrome

登録ID
1483178
サイト名称
cave syndrome
URL
http://www.noos.ne.jp/cavesyndrome/
紹介文
現代の科学・宗教・哲学、あらゆるジャンルを超える概念である新しい宇宙観「ヌーソロジー」について
カテゴリ
  • 哲学・思想 (70%) - 131 / 338人中
  • 自然科学 (30%) - 36 / 196人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • 木の実と食べる鳥と見つめる鳥のお話再び
    目の前の空間には二種類の空間が重なり合っている。この二重の空間知覚のことをヌーソロジーではバイスペイシャル(bi-spacial)感覚と名付けることにした。一つは時空、もう一つは素粒子の空間だ。 時空は経験的自我の活 […]09月15日 10時10分
  • シュタイナーとのコラボ本、価格変更。 少しだけお求めやすくなりました!
    来る9月25日発売予定の「シュタイナー思想とヌーソロジー」。当初、発売価格1万円、ページ数1100強、ということで、かなりのマニア本の様相を呈していたのですが、この度、編集者、出版社サイドの尽力により、価格を8,000円 […]09月13日 09時58分
  • まずは「永遠」の決意のもとに、そのキャンバスを開くこと
    記憶には二つの種類がある。ベルクソン的に言うなら、それは追憶的記憶と収縮的記憶ということにでもなろうか。追憶的記憶は文字通り思い出されたものであるが、収縮的記憶とは、思い出されたもの自体の記憶である。言い換えれば、物質自 […]09月11日 13時33分
  • ヌーソロジーのいう「次元」について
    人間の意識は次元を交差するだけで、次元自体は全く見えていない??これは、OCOTが交信のごく初期に伝えてきた内容だ。 今考えれば、ヌーソロジーの思考の歩みは、この「次元」の正体を明らかにし、この次元の認識を通して宇宙 […]09月06日 10時02分
  • ロゴスの変質に向けて??理性によって理性を解体するために
    物理学は物質の究極にたどり着いた結果、そこに精神、つまり観測者自身の持続(虚的なもの)を見るに至った??まぁ、これがヌース的思考の出発点を意味するのだけど、にもかかわらず、その方向への思考の侵入を頑なに拒んでいるのが時間 […]09月01日 09時54分
  • ヌーソロジーにとっての「エーテル界のキリスト」
    明日土曜日に行われるアトリウム『ヌーソロジーがシュタイナー思想に見たもの』の話は、先週行った福山での講演会での話を膨らませたものにしようと思っている。シュタイナーとのコラボ本が9月末に発刊になるということで、その本の内容 […]08月25日 09時52分
  • SU(2)とSO(3)、ふたたび
    SO(3)認識からSU(2)認識へ。これがこれからの時代の物質に対するわたしたちの観察態度の指針になると言えるだろう。 一つの物体を目の前で回転させて見たとき、それを単なる物体の3次元回転と見なすなら、それはSO(3 […]08月23日 10時16分
  • 画龍点睛を欠く??
    今の量子論は科学理論としてはもちろん申し分のないものだと思うんだけど、宇宙論としては使えないんだよね。要は「画竜点睛を欠く」ってやつなの。まさに龍の目が入っていないってこと。龍の目………もう、分かるよね。その目というのが […]08月21日 09時47分
  • 今こそ、新しい〈知識(グノーシス)〉を!!
    前回の〔3〕で書いた「位置の変換」という概念のフレームワークを簡単に図示すると下図のようになる。 これは持続(精神)が〈物(物質)〉として現前してくる最も根底的な仕組みを表している。ブルーの線が持続、自他の協同によっ […]08月16日 10時09分
  • 川瀬氏独自の思考線によるヌーソロジーへの導入論
    川瀬さんがまたまた丁寧にヌーソロジーの入り口について書いてくれています。川瀬節は今回も健在。いろいろなアクセス面があって、ヌーソロジーはほんと楽しい。まさに、さっき書いた個体の連帯性の世界ですね。それぞれがオリジナリティ […]08月07日 09時43分
  • 【ヌースの基本概念】人間の外面と内面の発見がもたらしてくる世界の全体像について
    今回は少し長くなるかもしれないけど、人間の外面と内面が見えてきたときに人間という存在がどのようなものに見えてくるかという話を少ししてみるね。 ヌーソロジーが語るトランスフォーマー型ゲシュタルトというのは、人間の空間認 […]08月04日 10時09分
  • 【ヌースの基本概念】人間の外面・内面とその役割
    前回はヌーソロジーの初っ端に出てくる「人間の外面・内面」という概念を幾何学的に解説して、それを複素空間と結びつけて話したわけだけど、今日は、それぞれの空間が意識の中でどういう役割をしているのか、そのことについて少し話して […]08月02日 09時44分