わたすげ

登録ID
1497815
サイト名称
わたすげ
URL
http://hckhc2911.blog23.fc2.com/
紹介文
目に写る心の記憶をブログにしました。 何も考えず撮った風景写真の数々をストックを含めブログに載せています。
カテゴリ
  • 写真(風景・自然) (100%) - 15 / 322人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • 築池
    築池(つくいけ)と言っても知らない人が殆どでは無いでしょうか。昨日のブログ記事にした八王子市の都立長池公園の中に有る池です。かっては農業用水の溜池だったのではないかと思います。溜池の役目は終わりましたが深い森の緑を写す満々と水を貯める池がま…06月25日 20時57分
  • 里山の棚田
    東京八王子市の長池公園に行って来ました。多摩ニュータウンの一角に有る都立の公園の一つです。丘陵を切り開いて作った公園だけに自然がとても多く、里山と言うのかも知れません。そんな里山で山村で見かける水田と何の変わらぬ棚田を目にしました。公園の一…06月24日 22時10分
  • 百貨店の夕暮れ
    梅雨の晴れ間、夕焼けを求めて仕事の帰りに会社近くのデパートへ行って来た。期待した夕焼けは見る事が出来ませんでしたが、何となく明日は晴れる様な雨雲交じりの夕暮れ。屋上遊園地の隣にはビアーガーデンが今日からオープンしていました。梅雨に入ったばか…06月23日 22時56分
  • 川越蔵造りのお店
    仕事帰りに寄った夕暮れ時の川越一番街。観光で訪れた人は必ず目にし、写真を撮るのではないかと思う陶器店の山和と美術具店の深善さん。山善さんの重厚な建物は何時来ても足が止まってしまいます。鬼瓦や土壁の格子窓の扉、人が暮らす住宅とはとても思えませ…06月22日 20時45分
  • 夕暮れの川越仲町界隈
    会社の帰りにふらっと歩いた川越の街。日中は観光客で溢れる仲町界隈は観光客も居なくなり本当の川越の姿を取り戻します。今尚江戸と大正の名残が残る通りは車さえ走っていなければタイムスリップした様な気持ちになります。夕方の午後7時だと言うのにどの店…06月21日 22時37分
  • 川越の夏
    仕事帰りに勤め先の川越市内を歩いて来ました。観光客でゴッタ返す街中も静かな通りに戻り、観光地の面影は見られません。これが川越の姿なのか知れません。日本でも有数の暑い街川越に夏の雰囲気が漂り出しています。※撮影 2017 6月20日ランキング…06月21日 00時09分
  • セラピーロード
    東京都檜原都民の森に有る”大滝の路”。東京都では唯一認定を受けている森林セラーピーロードだそうです。1km程の三頭大滝へ続く路は新緑に覆われ、歩くだけで病が治る様な気がしてきます。足元には間伐材のチップが敷かれ、とても快適に歩く事が出来ます…06月19日 19時39分
  • 田に一雨
    朝からどんより曇った日曜日。今日も雨は降るまいと出かけた夕暮れ。東京ではほとんど見かける事が無くなった水田に突然の雨。ようやく梅雨らしくなって来ましたね。※撮影 2017 東京都日野市にてランキングに参加中です 皆様のポチ!が、大変励みにな…06月18日 20時13分
  • 梅雨空を飛ぶ軍用機
    梅雨の晴れ間だった昨日とは一転、梅雨に戻ってしまった休日の朝。雨こそ降ってはいませんが、横田基地へと着陸態勢に入るアメリカ空軍の人員輸送機の爆音に叩き起こされた。昨日の伊豆沖でのイージス艦衝突事故が関係でも有るのだろうか!?日曜日くらい飛ぶ…06月18日 11時04分
  • 静かな湖畔の夕暮れ
    5月の連休に訪ねた青森・十和田湖の夕暮れ。何気無く車で湖畔を走っていたら日没に遭遇しました。遊覧船越しに沈む夕陽で赤く染まる湖面がとても美しく思わず車を留めてしまいました。十和田湖も観光客が減り、係留されているだけで動く事は無いそうです。※…06月17日 09時47分
  • 吊り橋の上で自撮りする登山者
    三頭山(ミトウサン)から流れ落ちる三頭大滝を背に自撮りする登山者。滝を見る為に架けられた吊り橋は高所恐怖症の方は足がすくんで渡れない程の高さに有ります。怖がる事も無くこの女性はスタスタと来てスマホで撮っておられました。秋の紅葉、冬の氷瀑の頃…06月15日 20時06分
  • 新緑の三頭山 変形ブナ
    奥多摩三頭山の森歩きの続きです。350ccのペットボトル一本とカレーパンを駐車場の売店で調達しタラタラ登った森歩きも頂上へ着いてしまいました。駐車場を出てから僅か一時間半程の山歩きと言いましょうかハイキングと言いましょうか・・・・。登山道の…06月14日 20時42分
  • 新緑の三頭山 涸れ沢
    新緑の東京都民の森山歩きの続きです。三頭大滝に注ぐ水の出所はブナの生い茂る森に蓄えられた豊富な雪解け水でした。山の斜面から湧き出る僅かな水が集まり、流れ落ちて滝となっていたんですね。やがて秋川へ注ぎ、多摩川と合流し海へ注ぐ源頭の一つかと思う…06月13日 20時43分
  • 新緑の三頭山 ブナの路へ
    新緑の三頭山(ミトウサン)森歩きの続きです。大滝の源頭はどうなっているんだ?と単純な疑問で登り始めた三頭山。これ以上無い程に整備された登山道はブナの森へと導きます。保水率の高いブナが豊かな森や滝を作っていたんですね。陽の当たらぬ水の涸れた沢…06月12日 21時46分
  • 新緑の三頭山へ
    梅雨の晴れ間、奥多摩の東京都民の森へ行って来ました。三頭大滝を見に行ったのですが新緑の美しさに導かれ三頭山(1531m)も登り帰って来ました。もう花の季節は終わったのか、ミヤマガマズミだけが咲く登山道。木々の新緑が出そろい、陽の当たらぬ登山…06月11日 18時43分
  • 梅雨の晴れ間と花菖蒲
    今日は梅雨入りして初めての休日。どうせ天気が悪いだろうと山へ行く予定もキャンセルし迎えた週末。何処へ行く予定も無く、近くの八王子市片倉城址公園まで花菖蒲を見に行って来ました。梅雨所か真夏日となった今日の天気で花弁が垂れ出しています。折角来た…06月10日 18時29分
  • 鰺ヶ沢の海
    一月前の五月の連休に訪ねた青森。弘前から白神山地へ向かっていたのですがナビの設定を間違えて辿り着いた鰺ヶ沢。初めて見る五能線の線路と冬の名残が残る津軽の海。雪の日本海沿いを走る五能線の列車の景色が目に浮かんで来ます。何を今更春青森紀行の一コ…06月09日 22時26分
  • 箭弓神社
    埼玉県東松山市に有る箭弓神社 (やきゅうじんじゃ)に仕事の帰りに立寄って見ました。関東では五大稲荷神社の一で、和銅時代から続く由緒有る神社らしいです。箭弓(やきゅう)と言う漢字は日常では全く使う事が無いので聞いた時は読めませんでした。英語で…06月08日 20時31分
  • 高幡不動尊の額紫陽花
    高幡不動尊に咲き出した紫陽花。今日は境内で一番多く見られた額紫陽花をアップして見ました。街中でも良く見られる種類の一つですね。真夏日の様な中での紫陽花見物、関東地方も今日梅雨入りしました。高幡不動尊の紫陽花シリーズ終わり。※撮影 2017 …06月07日 20時39分
  • 高幡不動の山紫陽花
    今日も東京日野市に有る高幡不動尊の夏景色です。季節を通して素晴らしい自然が楽しめる高幡不動。この季節は初夏を告げる山紫陽花が木々が生い茂る寺の境内を埋めています。鎌倉の明月院ブルーに負けじと高幡ブルーの花を選んで写して見ました。紫陽花には一…06月06日 20時15分
  • 高幡不動尊 もみじと紫陽花
    先週の日曜日に訪ねた東京日野市高幡不動尊の続きです。すっかり初夏の様相に変わった寺の境内はもみじの新緑がとても鮮やかに色図いています。椚やもみじの木々に覆われ陽の当たらぬ森に射す光で浮かび上がる紫陽花。まるで光りを放つ紫陽花の庭園灯の様に見…06月05日 20時14分
  • 高幡不動 地蔵と紫陽花
    紫陽花の名所高幡不動尊の今日の午後。ようやく境内の1/3位の紫陽花が開花しています。暑い午後にも関わらず大勢の方が紫陽花を見に来られていました。やっぱり紫陽花は緑が映える雨が似合いますね。 ※撮影 2017 6月4日ランキングに参加中です …06月04日 15時56分
  • エアーフォース3
    家のベランダから見るアメリカ軍の航空ショー。何とも一番うるさいのがこのヘリコプターとファントム戦闘機。雲の中から突然現れ、飛び去って行く姿を撮るのは連写で無ければとても無理です。沖縄や青森・三沢だけでは無い日本の米軍基地問題。小池さん、どう…06月04日 07時24分
  • エアーフォース2
    雲の中に轟く爆音と共に現れるアメリカ軍の輸送機。訓練を終え東京日野市上空を横田基地へ向け着陸態勢に入っています。恐ろしい程の爆音を撒き散らしながら飛ぶ姿は旅客機とは異種の光景に見えます。アメリカ軍に対し割とフレンドリーな東京都民、基地騒音問…06月03日 09時34分
  • エアーフォース
    私の住む家の真上を飛ぶアメリカ空軍の空中給油機。東京都の多摩地区には沖縄県以外では日本最大のアメリカ軍基地である横田基地が有ります。5市1町の広大な市街地に跨るアメリカ空軍と航空自衛隊の基地です。街の上空を日夜飛ぶ戦闘機や乗員輸送機の騒音は…06月01日 19時31分
  • 高幡不動弁天池に咲く紫陽花と著莪
    先週の土曜日(5月27日)に訪ねた東京日野市の高幡不動尊。深い緑に覆われる寺の境内の一角に有る弁天池。池の廻りに咲く山紫陽花と著莪の花。早いもので5月も今日で終わり、あっという間に夏がやって来ます。梅雨入りの前触れなのか今日は天気が大変不安…05月31日 20時23分
  • 棚田の午後
    埼玉県横瀬町”寺坂棚田”の午後。朝の内は曇っていた棚田も午後には真夏日となりました。田植えが終わった水田には水の匂いを嗅ぎ付け、合鴨が飛んで来ています。掘り起こされた水田の中に小虫がいるのを知っているんですね。この時期にしか見られ無い水田の…05月30日 20時14分
  • 寺坂棚田の春
    寺坂棚田と言っても殆んどの方が知りませんね。棚田は全国何処にでも有るのですが埼玉県では一番大きな棚田です。田舎育ちの私には山間の田んぼと言うのは当たり前の景色ですが何処か感じる物が有ります。猫の額ほどの水田と国家繁栄の為に山を削り落とされた…05月29日 20時55分
  • 田植え
    埼玉県横瀬町の寺坂棚田へ行って来ました。棚田には稲が植えられ、青々とする水田が見られるはずでしたが田植えの真っ最中。埼玉県では数少ない棚田を守る為に田植えツァーなる物を催して基金を募っているんですね。人数にして100名程の方が代掻きした田に…05月28日 18時45分
  • 紫陽花の咲く頃
    すっかり春が過ぎ去った感じのする街の景色。紫陽花の名所として有名な東京日野市の高幡不動に山紫陽花が咲き出しています。この数日で咲き出したばかりのまだ青々とする紫陽花。まもなく雨の季節が今年もやって来ますね。※撮影 2017 5月27日ランキ…05月27日 20時32分
  • 払沢の滝
    今月5日子供の日に訪ねた東京檜原の”払沢の滝”。連休に訪ねた奥入瀬渓流で見た水の風景が忘れられず、近場の秋川渓谷に足を運んで見ました。ゴールデンウィークと言う事も有り、小さな滝の周りには溢れんばかりの人です。滝の廻りにはようやく緑が出始め、…05月26日 20時54分
  • 初夏の西丹沢山歩き バイケイソウと木道
    西丹沢の山歩きの続きです。加入道山から大室山へ続く尾根で見られるバイケイソウの大群生。白いルピナスに似た花を咲かせるのですが、まだ何処にも花は開いていませんでした。バイケイソウを保護する為に作られた木道を見ていると尾瀬の湿原をイメージしてし…05月25日 18時38分
  • 初夏の西丹沢山歩き 朽ちたブナと背負子と富士
    中々終わらない西丹沢・大室山の山遊び。広葉樹の多い丹沢山系の中でも西丹沢は大きなブナの林を見る事が出来ます。そんなブナの林に横たわる朽ちたブナの木。深い緑に覆われていたであろう倒木の廻りは間伐されたかの様に陽が当たっています。森林保護の為に…05月24日 20時45分
  • 初夏の西丹沢山歩き 木道
    たらたら登る西丹沢の山歩きも終盤となりました。バイケイソウの群生が生い茂る若葉の林を超えるとそこは大室山頂上。持ち物と言えば僅かな食べ物に雨具とカメラ、靴は運動靴のおじさん達は3時間程で着いてしまいました。全く展望の無い大室山山頂で空っぽの…05月23日 20時36分
  • 初夏の西丹沢山歩き ”熊避け”
    初夏の西丹沢・加入道山〜大室山登山の続きです。これと言った特徴を持たない二つの山、楽しみは尾根から見る富士の山。山の所在地が神奈川県山北町と言う事も有り手に取る様に富士山が真近に見えます。尾根をこのまま下って行けば山中湖辺りへ行けます。おじ…05月22日 20時28分
  • 木立ちから見る春富士
    西丹沢加入道山へ向かう途中白石峠付近で目にした木立ち越しに見る富士山。朝の7時近くと言う事も有り姿がくっきりと見る事が出来ました。時間が経つに連れ気温も上がり、富士山も少しずつ霞んで行きます。今回登山に来た加入道山〜大室山の頂上は全く展望が…05月21日 20時01分
  • 新緑と富士
    真夏日の様な暑さになった休日、西丹沢の大室山へ行って来ました。この時期丹沢の山を彩るシロヤシオにアカヤシオを見に行ったのですが少し早かった様です。今年の丹沢は雪も多く、寒い日が続いたせいで遅れているのでは無いでしょうか。白石峠から見る富士山…05月20日 18時00分
  • 奥入瀬渓流 銚子の滝と蕗の薹
    5月も半ばを過ぎ、すっかり初夏の風景に様変わりした街の風景。ゴールデンウィークに訪ねた奥入瀬渓流で目にした春。渓流の入り口銚子の滝付近では残雪残る川辺では蕗の薹が彼方此方で見られました。雪が解けた芽から蕗の薹の花が咲き出しています。地元の人…05月19日 20時35分
  • シーハイルの歌
    ちょっと場違いな記事です。青森の何処からでも見える名峰岩木山。今回青森を訪ねたのは岩木山を一度この目で見る事でした。登山を本格的に始めた20歳前半、山岳会の先輩から教えられた”シーハイルの歌”と言う山の歌。山のテントの中では必ずと言って良い…05月18日 20時30分
  • 青森ウォーターフロント
    5月の連休に遊びに行った青森。わずか二日程の滞在中にふらっと寄った青森ウォーターフロント。青森ベイブリッジと青函連絡船”八甲田丸”の彼方に岩木山が見えます。連絡船が運行していた頃は函館から船で来ると岩木山が出迎えてくれたのでしょう。ニョキニ…05月17日 21時13分
  • 奥入瀬渓流の春?
    渓流の流れや滝の美しさだけでは無く春の山間に見られる奥入瀬の春。幾年の歳月で朽ち、土に還ろうとする倒木にも春が見られます。倒木の上に堆積した土砂の上に咲くノコンギクの花、傍らに顔を出すコゴミ。冬枯れした森に射し込む陽射しの中、彼方此方で見る…05月16日 21時22分
  • 春の奥入瀬渓流?
    春の奥入瀬渓流、今日は九段の滝のお隣”白糸の滝”を載せて見ました。この滝も緑生い茂る季節は見逃してしまう滝ではないかと思います。白糸どころか、かなりの水量で落ちる滝の姿に足が止まってしまいました。深い緑の中に落ちる滝の姿は素晴らしいものと思…05月15日 21時34分
  • 春の奥入瀬渓流?
    春の奥入瀬渓流の続きです。冬枯れした木立ちの中に忽然と流れ落ちる”不老の滝”。2年前の夏に訪れた時は深い緑に覆われ、滝の下部しか見られませんでしたがこの時期は全貌が見られました。木々に緑が生い茂るとガイドブックが無ければ通り過ぎてしまうので…05月14日 19時47分
  • 春の奥入瀬渓流
    雪が解け、春が訪れた十和田奥入瀬渓流。銚子大滝から始まる渓流沿いの大滝、小滝はとても見応えがあります。糸を垂らすように水を落す”九段の滝”、つい二ヶ月程前までは氷瀑だったのではないでしょうか。渓流沿いにはニリンソウやノコンギクの花が咲き、春…05月13日 19時17分
  • 奥入瀬激流
    5月3日十和田湖畔で一泊した早朝、奥入瀬へ行って見ました。冬が終わったばかりの銚子大滝付近の木々は冬枯れのままです。新緑の奥入瀬渓流をイメージして行ったのですが、川も渓流と言うより増水した激流の様です。冬が終わった十和田湖からの雪解け水が流…05月12日 20時44分
  • 十和田湖宇樽部の朝
    ゴールデンウィークに駆け足で遊んだきままな青森の独り旅。今回の目的白神山地へのナビインプットを間違え鰺ヶ沢へ着いてしまいました。急遽場所を変え、辿り着いた十和田湖宇樽部。尾瀬から山道具をそのまま車に放り込んで来ましたので何処でも寝られます。…05月11日 22時33分
  • 弘前城と岩木山
    天守の石垣が膨らみ石垣修復工事に伴い仮置き中の弘前城。この城を曳いて移動したと言うのも凄いです。桜の根元に雪を入れ、祭りの為に開花を遅らせた枝垂れ桜が満開に咲いています。天守越しに雪を被った岩木山が見えます。津軽の春、とても美しいですね。ラ…05月10日 21時09分
  • 間に合わなかった弘前の桜
    5月の連休に訪ねた青森の弘前城。連休になると必ずと言って良い程出て来る桜の景色を一目見様と行って見ました。訪ねた3日はお堀の桜も見頃が過ぎ、花筏となって堀を埋めていました。散った桜で埋まる堀を観光客が船頭船で最後の桜を楽しんでいます。間に合…05月09日 19時12分
  • 岩木山
    5月の連休に訪ねた青森で目にした岩木山。東北道から青森に入り何処からでも目にする事が出来る別名”津軽富士”。四方八方何処から見ても美しい山なのでしょう。長い冬が終わり、春を迎える風景に足が止まってしまいました。山を取り巻く様に続く林檎畑には…05月08日 21時26分
  • 春の尾瀬 下山
    ゴールデンウィークに遊んだ春の尾瀬。9連休と言う事も有りもう少し居たかったのですが仲間の仕事の関係で下山します。山を下る日に限って五月晴れの素晴らしい天気になりました。もう来る事は無いであろう尾瀬・燧ケ岳を心行くまで眺め下山の途に着きました…05月07日 19時54分
  • 春の尾瀬 尾瀬沼の夜明け
    尾瀬長蔵小屋付近から見る尾瀬の夜明け。モルゲンロートに染まる燧ケ岳などと期待したのですが小屋付近で見る事は無理でした。満々と水を貯める夏の尾瀬沼の夜明けとはとてもかけ離れています。若干赤く染まる燧ケ岳が顔を出し始めた尾瀬沼に写り込む景色がと…05月06日 20時19分
  • 春の尾瀬 尾瀬沼〜燧ケ岳
    尾瀬沼にテントを設営後直ぐ燧ケ岳に向かいます。燧ケ岳に向かう登山者は皆テント泊まり、我々の他に1パーティ5人しかいません。 出発して直ぐ晴れていた天気が予報通り崩れ出します。時折轟く雷、視界が見え無くなる程の降雪、樹林帯迄行き先を考えようと…05月05日 21時56分
  • 春の尾瀬 三平峠〜尾瀬沼
    4月29、30日と遊びに行った春の尾瀬の続きです。三平峠まで登ると一気に視界が開け、尾瀬沼そして燧ケ岳が目の前に現れます。今年は例年の倍の積雪量らしく沼は全て雪で埋まっています。そんな雪の上を歩く登山者を落ちないかと冷や冷やしながら見ていま…05月04日 21時47分
  • 春の尾瀬 大清水〜三平峠
    群馬県片品村大清水から入山し、尾瀬への入り口三平峠を目指す”怪しい登山隊”。今年の尾瀬は雪が多く土の上を歩く事は一切有りません。早朝5時、雪で埋まった登山道をひたすら登る仲間。雪で埋まった三平峠に3時間余りで到着、ここまで上がれば尾瀬に足を…05月01日 18時36分