sean’s cinema

登録ID
1514484
サイト名称
sean’s cinema
URL
http://blog.goo.ne.jp/sean4118
紹介文
seanの映画日記です。 映画を観て感想を書くのがライフワークです。
カテゴリ
  • 映画(全般) (100%) - 25 / 248人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • 「ちょっと今から仕事やめてくる」
    このタイトルはあるシーンで主人公がいう台詞だったのだが、 あ〜なるほどね〜という感じだった。ちょっと今から会社を 辞めてくるほど簡単にはいかないのが現実だが(通常はねぇ) ある意味後半はファンタジーと捉えればいいのかもしれない。 悲しいこと…05月27日 22時20分
  • 「家族はつらいよ2」
    我が家も高齢者を抱えているので非常に身に沁みる題材。 前回の熟年離婚には笑えたが、さすがに今回はゲラゲラ 笑いっぱなしというわけにはいかず。何しろ高齢者問題 が目白押しで運転免許返上、独居老人、無縁仏、と不安 要素がテンコ盛り。これらを笑い…05月27日 22時10分
  • 「光」
    音声ガイドという仕事を詳細に描いているのが興味深かった。 普段聞き慣れない説明調の言葉をどう感じるか。これは見て 語る立場と見ず理解する立場ではかなりの大差があると思う。 ヒロインは白黒つけたがる若き美人女性、実生活では苦労を 抱えているが…05月27日 22時00分
  • 「光をくれた人」
    登場人物のどの立場にも共感枠があり正義云々で語り切れない 感情の渦に巻き込まれる作品。タイトルにある、光をくれた人 というのは人物それぞれに生きる力を与えてくれた人のことを いっているのだと思う。一概に娘が可哀相だとは言い切れない 難しさが…05月26日 22時10分
  • 「美しい星」
    原作は未読。三島由紀夫の異色SF小説らしいのだが、だいぶ 脚色はなされている模様。しかしあのリリーのポーズが未だに 脳裏に浮かんでしまう(^^;何なんだ〜アレは。何度も出てくる うちに、スタジオシーンで「あ、今くるぞ、やるぞ!」なんて 待ち…05月26日 22時00分
  • 「たたら侍」
    丁寧に作られた時代劇だとは思うが、いかんせん地味というか、 テーマがぼやけて浮き上がってこない。そもそもたたら吹きと いう製鉄技術がどういうものなのかよく分かっていない観客に 対する説明が足りず。村下の技を伝承すべく生きるはずの若者 が戦乱…05月20日 22時00分
  • 「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」
    最果タヒの詩は読んだことがない。しかし凄い名前だな(^^; タイトルが冒頭の詩の中に出てくる。ヒロインが語る台詞が 詩調だったのはそういうことかと観てから気がついたのだが、 映画初主演という石橋静河の演技は骨太で、詩を映像化した 監督のチャ…05月13日 22時00分
  • 「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」
    疑似家族とかファミリーとか最近そんな作品が多い中で、これも よく似た内容なんだけど、一作目同様ダラダラユルユル、ここぞ の場面でギャグを言う余裕は変わらず。愛らしいグルートが踊る 冒頭のバックでボコボコにされる彼らの雄姿に今回は父子ものを …05月12日 22時20分
  • 「スプリット」
    宣伝で煽って観たら何じゃコリャ!?が得意なシャマランなので 今回も全く期待はしていなかったが、マカヴォイの頑張りがもう 空回りするくらいの珍作。主演の女の子もよく頑張っているので 最後までどうなるんだ?感は引っ張るけれど長すぎ。更にあの〆 …05月12日 22時10分
  • 「パーソナル・ショッパー」
    タイトルからして彼女の仕事が何かヒントを与えるのかと思わせぶり な期待を見事に裏切り、深層心理を描きながら解答は各自考えてねと いう終わり方。なんて不親切な!と思う人、いや面白かったと思う人、 それぞれに分かれそうなところが興味深い作品。自…05月12日 22時00分