スパニッシュ・オデッセイ

登録ID
1525059
サイト名称
スパニッシュ・オデッセイ
URL
http://blog.goo.ne.jp/donelvis
紹介文
ラテンアメリカのスペイン語とトリビアなど コスタリカ、メキシコ、ペルーを中心に。ヴァージョン・アップしました。
カテゴリ

※最新の記事

  • 大澳の遊覧ボート
    大澳に到着したのはちょうどお昼ごろであった。 バスターミナルを降りると、香港の中心部とは全く違うのどかな風景である。 バスターミナルから少々歩くと、大澳の湾があり、遊覧ボート乗り場があった。 料金は記録が残っていないので、正確なことはいえな…06月20日 08時58分
  • 大澳へ
    3月24日(金) この日は起床時間の記録がない。7時ごろには起きたと思う。天気は薄曇り、のち晴れ。 朝食はホテルの近くのコンビニで女房殿が買ってきたサンドイッチと牛乳で済ませる。 まずは、昨晩見かけた古い町並みの写真を撮りに行く。 いずれ取…06月10日 18時37分
  • 香港のホテルのコンセントと翌日の予定
    インド料理を食べ終えて、ホテルに戻る。万歩計として使っていた携帯電話(ガラケー)のバッテリーがほとんどない。充電しなければならない。 ところが、ホテルのコンセントの形状は日本のと違うし、電圧も通常、200ボルトである。 うまい具合にアダプタ…06月04日 20時02分
  • インド料理屋へ
    目当てのインド料理屋は香港到着の夜に行った夜市の近くにある。女房殿がホテルのスマホで場所は調べておいた。地下鉄の油麻地駅で降りて、夜市方面へ向かう。途中、開発から取り残されているような古い店が並んでいる区画があった。夜なので、あまりいい写真…05月30日 20時26分
  • 尖沙咀のライトアップ
    ビクトリア・ピークから帰ってきて、ホテルで休憩する。 女房殿の友人の情報によると、夜8時に九龍側の先端の尖沙咀(Tsim Sha Tsui)と対岸の香港島でビルのライトアップがあるという。 せっかくなので見に行くことにした。あとでわかったこ…05月24日 18時55分
  • ビクトリア・ピーク(山頂)の展望台と帰りのケーブルカー
    ビクトリア・ピークの展望台の屋上に着いた。テラスになっている。狭くはないが、それほど広いわけではない。香港の観光案内の写真に使われるスポットである。 まずは写真を撮る。 【手前が香港島。向こう側が大陸の九龍サイド】 午前中のもやが少し残って…05月21日 16時52分
  • 山頂行きのバス停から山頂へ
    薬用飲料のようなものを飲んで、元気になったようである。さらに歩くと、気の弱い人は卒倒するようなものがあった。 【香港名物のハト】 【豚の頭。1個20香港ドル(約280円)。安いのだろうか。】 売り物のハトや豚の下のほうに箱があり、その中に猫…05月19日 20時07分
  • 飲茶のあと、町を散策
    飲茶を終えて外に出る。通りの向こう側がなんだか面白そうだったので、行ってみる。 風船のような飾りが吊り下げられている。通りには肥満体の人形が何体か置いてある。 記念写真を撮った後、天気もよくなってきたので、香港名所のビクトリア・ピークに行く…05月18日 18時36分
  • 飲茶にてハト料理を食す
    飲茶の予約の時間が近くなってきた。 スーパーの近くに予約しているレストランはある。高層ビルの2階である。レストランは大広間が一部屋あるだけである。部屋の奥の方がステージのように少し高くなっていて、そちらのほうに通された。女房殿の友人もステー…05月16日 21時01分
  • 飲茶に招待される
    【女房殿の従兄の作品】 3月23日(木)薄曇り。前日の雨の名残か、もやっとしている。 7時に目覚めたが、昨日の疲れが残っていたので、起床は8時15分。よく寝た。 朝食はホテルの近くのパン屋で女房殿が買って来たパンと牛乳で。パンはチキン1枚入…05月14日 19時44分
  • 中国広東省中山市三郷鎮からマカオ経由で香港へ
    【女房殿の従兄の作品】 三郷鎮の実家の近くに女房殿の祖父(Con 爺さん)の長男、Tío Charlie (コスタリカ、サンホセ市郊外のサンペドロ地区の中華料理屋の主人)の娘が住んでいた。いろいろな人に会ったが、誰が誰やらよくわからない。 …05月11日 18時13分
  • コスタリカにおける Con 爺さんの登録名
    【女房殿のいとこの作品】 コスタリカでの Con 爺さんのフル・ネームは Rafael Con Yong となっているが、マカオでパスポートを取ったとすれば、中国名ではなく、この名前で登録されているのではないだろうか。 マカオはポルトガル領…05月09日 18時30分
  • Con 爺さんと息子たち
    【三郷鎮の実家付近にて】 三郷鎮にある Con 爺さんゆかりの家をあとにしなければならない。この家にはコスタリカで知り合いになった、女房殿のおじたち(コスタリカの中華料理屋のおやじさん、Tío Charlie と中山大学教授のキンおじさん)…05月08日 20時08分
  • 三郷鎮の家
    【女房殿のいとこの作品】 女房殿の父方の祖父が住んでいた家にやってきた。100年前の写真を見ると、大家族だったようで、さぞにぎやかだったことだろう。 おもむろに家の中に入る。天井がずいぶん高い。正面の上のほうに写真が飾ってある。 中央が C…05月07日 20時49分
  • 三郷鎮へ
    【女房殿のいとこの作品】 広州市の中山大学を後にして、来た道を戻り、中山市の三郷(sanxiang、サンシャン)鎮に向かう。鎮とは町のようなものらしいが、詳しくはリンクをご覧いただきたい。 「郷」は簡体字では「?」と書く。簡体字はだいぶ勉強…05月06日 20時19分
  • 中山大学構内のレストランにて昼食
    【女房殿のいとこの作品】 中山大学内のレストランに入る。女房殿のおじさん一家といとこ一家に筆者夫婦の総勢10人以上である。大きなテーブルに案内される。ここには日本でもおなじみ(日本発祥)の回転テーブルがある。 着席すると程なくスープが出てき…05月05日 19時53分
  • キンおじさん
    【女房殿のいとこの作品】 女房殿のおじさんの娘に案内されておじさんのアパートの中に入る。マカオのいとこのアパートは狭かったが、ここは広い。部屋もきれいに整頓されている。家具も立派である。書棚にはおじさんが書いた本も並んでいる。おじさんは中国…05月04日 20時09分
  • 広州市中山大学へ
    珠海市から約100キロ、高速道路を走って広州市で出る。高速料金は60〜70元(1000円前後)だった。日本よりはずいぶん安い。支払いは女房殿のいとこの息子が中国元のキャッシュでしてくれた。こちらは香港ドルしか持ち合わせていない。 高速を出て…05月03日 19時29分
  • 珠海から中山市経由で広州市へ
    マカオを出て中国本土に入る。ここは広東省珠海市である。 マカオは車は左側通行だったが、中国本土は右側である。中国本土では右ハンドルの車は通行できないのかどうかは知らないが、ここでレンタカーを借りることになっている。オフィスは徒歩15分ぐらい…05月01日 17時50分