退廃のモノローグ

登録ID
1547462
サイト名称
退廃のモノローグ
URL
http://lastmonologue.jugem.jp/
紹介文
文学と雑感と女性写真、ファインアート写真 文学作品や雑感を女性ファインアート写真やスナップ写真と共に綴っています
カテゴリ
  • 人物写真 (70%) - 97 / 156人中
  • 写真詩 (30%) - 12 / 23人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • スペック史上主義を捨てる
    モデルさんを撮影していて痛感するのは、身長だとかスリーサイズとかはどうでもよくて、表現や雰囲気が最も大切で、それこそが人を惹きつける人間の魅力でありその人そのものであるということ。 どんなに外見のスペックが高くても動きやポーズが悪かったり、…09月10日 19時31分
  • 夢で見た姿
    女性は文字通り夢のような美しさと様々な魅力をもつ存在だが、絵に描いたり、写真をレタッチする時、記憶の中の姿を再現するのではなく、夢で見た姿を再現をしている気持ちになる。 JUGEMテーマ:写真 09月07日 21時55分
  • ゲーテ「親和力 ”何を滑稽に思うか”」より
    「人間は、何を滑稽だと思うかということによって、何よりもよくその性格を示す」 ゲーテ「親和力」より 些細なことや肩書などで他人を馬鹿にする人は人間が小さく、人の不幸を笑う人間は心が冷たい。 では女性の裸を見れば内容に関わらず嘲笑ったり怪訝な…09月06日 22時44分
  • ゲーテ「温順なクセーニエン ”ルンペン”」より
    「友よ、ルンペンはルンペンだ。 車に乗ったって、馬に乗ったって、徒歩だって。 だから、ルンペンを信じるな。 ルンペンのざんげなんか信じるな。」 〜ゲーテ 温順なクセーニエン ”ルンペン” より〜 ルンペンを信じるな、…09月06日 20時30分
  • 暗くたっていい
    別に暗くたっていい。 共感できるなら。 悲しみをわかりあうことは大切だ。 裸の心をわかりあうことこそ大切だ。 JUGEMテーマ:日常 09月03日 17時21分
  • 静かな喜びと地域のコミュニティ
    生存競争しなくても生きていける時代は 自分が他人より上、自分の欲望を通す、他人を支配する、、、など 優越感やエゴイズムが生活や社会を動かしていく原動力になっていて 公私ともに過度なプレッシャーの中で生きている。 人間は競争に勝つことや他人よ…09月03日 17時00分
  • 洞窟の中の幻想
    洞窟の中には観客がいない。先人たちは昔から知っていた。ここはただの遊び場だった。豪華になっただけだ。 JUGEMテーマ:日常 09月02日 14時11分
  • Deep Purple "Hush"より
    Deep Purple “Hush" I got a certan little girl she's on my mind No doubt about it she looks so fine She…08月30日 10時50分
  • 薄っぺらなメモリー
    愛は見返りを求めないものと言うが、それは親子愛など切れない縁があってこそ、その意味が輝くのであって、一般の隣人愛、友情は愛のキャッチボールがないと成立しないと思う。 一般の人間関係で見返りを求めない愛を尽くすと本人は全てを消耗するだけであり…08月28日 08時14分
  • うそつきは泥棒の始まり...
    嘘つきは泥棒の始まりと言うが 嘘つきが泥棒なのは 嘘で心を奪うからだ。 心を奪ってこそ全てを奪える。 心を奪われると全てを奪われる。 嘘は喰らいやすいように甘美な前菜が用意されていて そして嘘に美が結びつくと 美の魔力に嘘への判断が曇る。 …08月25日 03時48分
  • King Crimson " Fallen angel" よ…
    King Crimson “Fallen angel" Tears of joy at the birth of a brother Never alone from this time Sixteen years t…08月23日 21時47分
  • ハインリッヒ・ハイネ「われは一つの花を」より
    ハインリッヒ・ハイネ 「われは一つの花を」より われは一つの花を慕えど、どの花なるを知らざれば 心悩む。 われはあらゆる花々を眺めて 一つの心臓をさがす 夕暮の輝きに、花々は薫りて うごいすは啼く。 われは一つの心臓をさがす、 わが心のごと…08月22日 21時03分
  • ハインリッヒ・ハイネ「瞳はまるで碧い菫」より
    ハインリッヒ・ハイネ「瞳はまるで碧い菫」 瞳はまるで碧い菫(スミレ) 頬はまるで紅い薔薇。 手はまるで白百合の花。 どの花も競うて咲いた。 しかしーーーこころは腐っていた。 ・・・・・・・ 美しさに女はこころを全て吸い取られていた。 美しさ…08月20日 03時33分
  • ヘルマン・ヘッセ「霧の中」から
    ヘルマン・ヘッセ「霧の中」 不思議だ、霧の中を歩くのは! どの茂みも石も孤独だ。 どの木にも他の木は見えない。 みんなひとりぼっちだ。 私の生活がまだ明るかったころ、 私にとって世界は友達に溢れていた。 いま、霧がおりると、 だれももう見え…08月19日 01時00分
  • ハイネ「詩集の序詩」より
    ハイネ「詩集の序詩」より うぐいすは歌っていた。「おお、美しいスフィンクスよ。 おお、愛よ、おんみがあらゆる幸福に 死の苦しみを交ぜるのは いったいそれは何のためだ? おお、美しいスフィンクスよ。私に この不思議な謎の意味を明かしてくれ! …08月17日 21時04分
  • ヘルマン・ヘッセ「けれどもひそかに私たちはこがれる」より
    ヘルマン・ヘッセ「けれどもひそかに私たちはこがれる」より 空虚の中を、強いられず、思いのままに 自由に私たちの命はいつも戯れの心構えで旋回する。 けれどもひそかに私たちはこがれる、現実に、 生産に、誕生に、悩みに、死に。 ・・・・・・・・・…08月16日 22時59分
  • ハインリヒ・ハイネ「お別れ」より
    ハインリッヒ・ハイネ「お別れ」より 僕は自分の血をしぼって ペリカン鳥のようにあなたに捧げた。 ところであなたはその恩返しに僕にくれた、癪の種と悲しさを。 あなたとしては悪意からのことではなく その額はいつも晴れやかだった。 ざんねんながら…08月14日 23時09分
  • ヘルマン・ヘッセ 「慰め」より
    ヘルマン・ヘッセ 「慰め」より抜粋 数多くの生きてきた年々が 過ぎ去り、何の意味も持たなかった。 何ひとつ、私の手もとに残っているものはなく、 何ひとつ、私の楽しめるものはない。 限り知れぬ姿を 時の流れは私のところへ運んできた。 私はどれ…08月13日 02時16分
  • ヘルマン・ヘッセ 「慰め」より
    ヘルマン・ヘッセ 「慰め」より抜粋 数多くの生きてきた年々が 過ぎ去り、何の意味も持たなかった。 何ひとつ、私の手もとに残っているものはなく、 何ひとつ、私の楽しめるものはない。 限り知れぬ姿を 時の流れは私のところへ運んできた。 私はどれ…08月13日 02時09分
  • ヘルマン・ヘッセ 「いずれも同じ」より
    ヘルマン・ヘッセ 「いずれも同じ」より 若い時代を通じ、 私は快楽を追った。 そしてその後は陰鬱に閉ざされ、 悩みと痛みとにひたった。 苦痛と快楽とは今は私にとって 全くの兄弟同士になり、溶け合っている。 喜びを与えるにせよ、悲しみを与える…08月12日 02時09分
  • 「人生は悪しき冗談なり」ゲーテ・西東詩篇 観察の書より
    「人生は悪しき冗談なり」 ゲーテ​・西東詩篇 観察の書 人間の発達した脳みそは、科学技術を生み出し、様々な問題を知的に解決してくれるものだけど 人間自身の些細な問題を取り返しのつかないくらい大きな問題にしてしまう増幅アンプのよう…08月09日 03時08分
  • 時代は永遠の自分探しへ。ヘルマン・ヘッセ「野を越えて」から思う
    ヘルマン・ヘッセ「野を越えて」より 空を越えて雲は行き、 野を越えて風はよぎる。 野を越えてさすらうのは、 私の母の迷える子。 ・・・・・・・・・・・・・ 科学技術の発達が職業を増やし、 高まった生産性が社会全体を裕福にし、 職業選択の自由…08月08日 08時16分
  • 生き抜くための自己抹殺と狂気
    生き抜くためには 自分を殺すことが必要で 自分を殺して生きて行くには 狂気が必要になる。 それは 抑圧された自我には、 人知れず己を解放する狂気が必要。 人が狂気に惹かれるのは そこに解放された魂を見出すからだ。 虐げられた者は狂気こそが救…08月04日 05時25分