メリエンダの読書ノート

登録ID
1551720
サイト名称
メリエンダの読書ノート
URL
http://meriendabook.blog120.fc2.com/
紹介文
読んだ本の題名さえ忘れてしまう今日この頃 読んだ本の覚書&自分への読書のススメ。
カテゴリ
  • 読書日記 (100%) - 22 / 157人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • こうして作れば医者はいらない
    同じような名前と内容の本なのでいつも同じものを読んでいるような錯覚に。でもこの本が一番実践的で手元に置くには便利そう。普段見逃している素材やつい省いている下ごしらえなど取り入れてみたいヒントもいくつか。医者に行かないじゃなくていらないと言え…05月26日 04時11分
  • 身ぎれいな終いじたく
    西村さんの「ようこそ海辺の田舎暮らしへ」つながりでこの本に出合った。読者層は一致すると思われので。天沼さんについては初めて知った。しかも大好きな「デポー39」のオーナーだったんだ。等々力から引っ越して30年も経つというのにいまだに自由が丘の…05月23日 18時26分
  • ようこそ海辺の田舎暮らしへ
    図書館にリクエストしてもなかったので久しぶりに買いました。廃版になってしまっているので中古本ですが。ミセスの表紙を飾っていたチャーミングな女性の生き方もとってもチャーミングだったと今頃知りました。手元に置いて折々その生活のエッセンスをおすそ…05月23日 18時05分
  • 若杉ばあちゃんの食用訓
    健康フリークの私にとって目新しいことは何にも書いてない。ただ最近、食の許容量をかなり増大していたので少し見直したり、引き締めたりしなきゃあというきっかけに。ルーズにするとてきめんに体もルーズになるんだものね。05月16日 16時59分
  • よもぎの力
    ネットサーフィン途中の著書の紹介で。一番新しいので借りたけど残念ながらヨモギシーズンが終わり。来年春先にもう一度借りることにしよう。05月16日 09時26分
  • カモイ・ヴァラエティ
    やっぱり下着を表舞台に出してライトを当てた方は性にもあっけらかん。絵も人形も文章も。でもなぜかご本人からはそんな雰囲気があまり感じられなかった気がするのはなぜ。可愛がる犬や猫同様にすべてが自然体で向き合うからでしょうね。観念的なものがなくて…05月08日 03時15分
  • 指の魔法
    菊池和子さんのシリーズ。どれもよく似た内容だけれどとにかく自分の体の仕組みを知って自分の体のが死ぬまで元気であるために自分の体を自分で育てていこうという気迫に満ちている。ヨガに通いながら菊池和子さんの本で叱咤激励されているとかなりいい状態で…05月08日 02時55分
  • きくち体操
    ヨガをやり出してその動きや効果体の部位の名前など知りたいなと思っているその時にぴったりな内容。菊池先生の講演は10年以上も前に聞いたことがあってとても印象的だったけど今や全国的に浸透して大活躍。この体操の普及で高齢者も死ぬまで元気でいられ…04月25日 08時48分
  • 雛の鮨
    最近実用本を読んでいたらたっぱり眠り際には小説がと娘の本をお借りした。それなりの読み方なので簡単に読めて面白かったけれど突っ込みどころはあるよねえと思ったらやっぱりレビューは辛口ばかり。料理本でも、捕り物帖とも言えないすべてその前段階?気軽…04月25日 08時40分
  • 老いの作法
    長く生きてきて若い人にはそれなりに生き方示せる気概を持ちたい。死が射程距離内となれば生き方にもおのずと品格が、、、。と行きたいところだけれどなかなかそうは、、、。せめて迷惑をかけない老後と死のために。年を取ることを愚痴と言い訳の道具にはした…04月18日 12時12分
  • 西郷どん(下)
    続いて後編。以前慶喜について読んだ気がするけれど西郷側から見れば随分したたかな人間像。それでも成功した無血革命。とはいえ有能で才覚ある若者のなんと多くが犠牲になったことか。有能・才覚に信じられないほどの人望まであった西郷まで。命を賭してまで…04月13日 07時42分
  • 西郷どん(上)
    NHK大河ドラマの原作。図書館で3か月待ちだった。昨年12月に林真理子さんの講演があったので他の作品とともに予約。歴史小説も歴史そのものもとんと弱くて大河ドラマもほとんど見ない。それでもとっつきの良い読みやすさはさすがでした。重厚というので…04月13日 05時02分
  • 日の名残り
    イシグロカズオの2作目内容(「BOOK」データベースより)品格ある執事の道を追求し続けてきたスティーブンスは、短い旅に出た。美しい田園風景の道すがら様々な思い出がよぎる。長年仕えたダーリントン卿への敬慕、執事の鑑だった亡父、女中頭への淡い想…04月13日 04時46分