メリエンダの読書ノート

登録ID
1551720
サイト名称
メリエンダの読書ノート
URL
http://meriendabook.blog120.fc2.com/
紹介文
読んだ本の題名さえ忘れてしまう今日この頃 読んだ本の覚書&自分への読書のススメ。
カテゴリ
  • 読書日記 (100%) - 13 / 184人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • 最後の秘境 東京藝大:天才たちのカオスな日常
    作者の2作びっくりマーク一番線に謎が到着しますはわざわざ読む甲斐もなかったと思われたけれど初めてのノンフィクションかつ入試倍率は東大の3倍! 卒業後は行方不明多数!!「芸術界の東大」の型破りな日常。才能勝負の難関入試を突破した天才たちは、や…06月09日 11時39分
  • びっくりマーク
    何にびっくりするわけ?確かになんじゃこれ?の世界。若者にこんな殺戮場面ばかり繰り返していいのかな。死を何とも思わないそれも他人の死に関して無頓着。こんなことをテーマにしか無感動の若者を読書に引き付けられないのかなあ?老衰死の壁が間近に迫るば…05月21日 11時53分
  • 光の山
    内容紹介震災後の苦難に満ちた日々の中で、七編の小説が生まれた……地震・津波の記憶が鮮烈に蘇る「蟋蟀(こおろぎ)」「小太郎の義憤」、原発事故後の放射能と除染を背景にした「アメンボ」「拝み虫」「東天紅」、厳粛さとユーモアが混在し、不思議な光に包…05月20日 03時00分
  • 一番線に謎が到着します
    どんどん読み進める気楽本ではあるけれど私には筋が読めてしまいちょっと物足りなかった。若い人に人気の作家というのでわかりやすく読みやすい。表現もアニメチック。05月14日 14時22分
  • 中陰の花
    近いうちに講演でお話が効けるので読んでみた。すでに年齢的にはいつ死んでもおかしくないと思われるので死後は気になるところ。この本を読んでその問いが胸に落ちるかというとそんなことはないけれどなくなった人が成仏する情景として穏やかに読めた。芥川賞…05月09日 08時51分